星鋼京掲示板


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 538
タイトル ユイカ(作成中)
投稿日 : 2017/11/29(Wed) 02:16:16
投稿者 フシミ@藩王
参照先
[
{
"title": "帝國騎士ユイカ・キングダム",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "人種:星鋼京の民(ユイカ版)",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"id": 130219,
"title": "星鋼京の民",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-07 18:02:13.235383",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:13.235383",
"children": [
{
"id": 130203,
"title": "構成人種や立場",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.204162",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.204162",
"children": [
{
"id": 130200,
"title": "多重合併国たる星鋼京",
"description": "星鋼京は合併を多く受け入れて来た兼ね合いから、複数の人種によって構成されている。\n国民の多くは北国人系で、その中にも伏見系国民と奇眼系国民の二つの人種が存在する。\n多くは標準的な北国人の特徴を持つ伏見系だが、両の瞳の色が異なる者がいれば、それは奇眼系出身あるいはその系譜の者となる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.170859",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.170859",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 4
},
{
"id": 130201,
"title": "出身を問わない将来の展望",
"description": "また、星鋼京では移民の出であったとしても、その功績に応じて平等に地位を得ることが出来る。\n具体例としては航空機産業に強い芥辺境系の国民の中でもパイロットなどは合併の際の鎮護の活躍をもって貴族として領地を得て、\nこの国に根を下ろしている者も少なくない(そして、出身地が同じ者が領民として同郷の貴族の元に集まることになる)",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.195569",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.195569",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 5
},
{
"id": 130202,
"title": "貴族主義の国民",
"description": "星鋼京は帝國の中でもひときわ強い貴族主義国家と言われている。\n星鋼京での貴族とは地域代表としての側面が強く、従軍の際に関しては領民からの支援を受けて貴族が出征することになる。\nこれは貴族の多くが星鋼京の誕生時、混乱に陥った際にひときわ早く愛機を駆り、内乱を抑えて国民を護ったことに由来している。\n領民は彼らを自らの守護者として見るが故、彼らを支え、彼らに自身の有りようを託すのである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.199009",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.199009",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 6
}
],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 3
},
{
"id": 130207,
"title": "身体的特徴",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.438984",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.438984",
"children": [
{
"id": 130204,
"title": "異国生まれと肌の色、瞳の色",
"description": "芥辺境藩国からの元移民を中心とする西国人系国民も国内には一定数存在する。\n頭髪の色は北国人と類似している為、肌の色の濃さ以外ではほぼ見分けがつかない。\n(なお、瞳の色は奇眼系との混血で色が変わることもあるため、国内には様々な色の瞳のものが存在している)",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.42328",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.42328",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 8
},
{
"id": 130205,
"title": "しっかりとした体格",
"description": "北国人系の国民が多い為か、国全体を見渡すと背の高いものが多い印象を受ける。\n特に男性は殊更背が高いが、高すぎるためにパイロットを諦めるものもいる(コックピットに収まらないのだ)\nそのため、パイロットコックピットより狭いこともあるコ・パイロットは小柄な女性が担当することも多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.429631",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.429631",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 9
},
{
"id": 130206,
"title": "見目麗しいが……",
"description": "これは偶然に、というべきか構成人種の如何を問わずに国民は比較的見目麗しいものが多い。\n北国人系は整った、西国人系はエキゾチックな、混血のものはその両方の魅力を併せ持つ。\nしかし、国内の大半が見目麗しくなった結果、婚姻や恋愛においてはあまり外見は重要視されなくなった(見慣れてしまった)",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.434245",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.434245",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 10
}
],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 7
},
{
"id": 130210,
"title": "性格的特徴",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.641441",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.641441",
"children": [
{
"id": 130208,
"title": "セリフが長い!",
"description": "特に伏見系の国民に多いが兎にも角にもセリフが長い。美辞麗句、様々な言葉を尽くして歌うように喋る者が多い。\n忙しい時などは非常に困るが、平時においては会話は華やかになる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.627641",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.627641",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 12
},
{
"id": 130209,
"title": "気前が良い",
"description": "星鋼京では、特に貴族が顕著であるが、大概のものが気前が良い。\n“ケチは名折れ”と言われるほどで、名誉を重んじるがために、景気良く賃金などを高めに出してしまい、後々没落するものも多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.631738",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.631738",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 13
}
],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 11
},
{
"id": 130218,
"title": "星鋼京の家庭・文化",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.840514",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.840514",
"children": [
{
"id": 130211,
"title": "食事は大勢で……",
"description": "星鋼京には外食文化があまり発展していない。せいぜい他国の人間が利用するための店がある程度である。\n基本的には家庭に招き、大いにもてなす。食べきれないほどの料理、豪華で豊富な食器はその家のステータスを表している。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.816311",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.816311",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 15
},
{
"id": 130212,
"title": "養子縁組",
"description": "星鋼京では北国人の例に漏れず、養子縁組などが盛んである。\nこれは家系の存続などもあるが、基本的に家の枠が広がることを良しとするためである。\n親同士が親友の場合、子の取り換えが行われることもあるため、両親が“生みの親”と“育ての親”とで二組存在する子どもも珍しくはない。 \n一方、孤児などに関しても貴族などは喜んで養子として迎え入れることが多いが、それが美徳であると信じているが故である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.819151",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.819151",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 16
},
{
"id": 130213,
"title": "室内遊戯が好き",
"description": "厳冬期などでは外で遊ぶことが出来ないためか、藩の子どもの多くは幼少期は室内遊戯に興じる。\n特に卓上遊戯などの競技性のあるものは人気であり、藩の子どもはそういった遊戯を通じて、様々な考え方を学ぶ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.821947",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.821947",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 17
},
{
"id": 130214,
"title": "“家”を重んじる。",
"description": "家系としても、住居としても星鋼京の民にとっては“家”は重要視されている。\n冬の寒さが厳しい星鋼京にとって、家屋とは命を守るものであり、その屋根の下で暮らす家族は助け合って冬を越えねばならない。\nこれは人間だけではなく、犬妖精なども同様であり、兄弟同然に育つものも少なくない。\nそのため、星鋼京の人間にとって“兄弟”“姉妹”とは血が繋がっていなくとも、何は無くとも助け、守るものなのである。\n(実際、血の繋がっていない兄弟姉妹は珍しくなく、酔った勢いで兄弟の契りを結ぶものも少なくない)\n星鋼京の人間から兄弟家族として認められるのは、一つの名誉である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.82465",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.82465",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 18
},
{
"id": 130215,
"title": "一般的な星鋼京国民の生涯",
"description": "星鋼京で生まれた子は貴族の子も、庶民の子も親の下で暮らし、育っていく。\nまた、金銭的事情あるいは親の早逝などで育成が困難な場合、里子や養子に出されることになる。\n多くは友人間、あるいは自分が属する領主(もしくは領主貴族の運営する孤児院)などに預けられ、幼少期を過ごす。\nその際、幼年学校までは貴族の子も庶民の子も教育機会は同じだが、以降は貴族は更なる学問の、庶子は職人や軍事などへの道に進むものが多い。\nもちろん、庶子の子においても功績をあげ、騎士の爵位を与えられ、領地を得るものもいないではない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.827686",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.827686",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 19
},
{
"id": 130216,
"title": "女性の権利とメード",
"description": "北国、特に星鋼京ではままある話であるが、若い女性でメード関連の職に就くものが多い。\nこれはメードになることで、雇い主から結婚の斡旋を受けれる、家事全般の花嫁修業ができる等のメリットがあるためである。\nまた、メードの中にも雇い主(多くは貴族、すなわちパイロット)の側で活躍し、自らも騎士としての戸籍を得るものがいる。\nこれは騎士籍を得て、貴族となることで独立した家となり、縁談(恋愛)の自由も得ることができるためである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.830251",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.830251",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 20
},
{
"id": 130217,
"title": "騎士とパイロット",
"description": "星鋼京においてパイロットというのは神聖な職として扱われている。\n貴族文化は騎士の興隆と共に花開いたものであり、騎士とはすなわちパイロットを指していた。\n国と民を守るために鉄騎を駆るパイロットは北国系だけでなく、他の多くの新たに加わった民にとっても同様であった。\n騎士、すなわちパイロットは故に、それらの想いを背負い、護国のために戦うことを良しとしている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.832558",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.832558",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 21
}
],
"position": "4",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 14
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 2
}
],
"localID": 1
},
{
"title": "職業:ユイカのみなし職業",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"id": 117100,
"title": "帝國貴族(星鋼京版)",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-08 19:28:18.180859",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:18.180859",
"children": [
{
"id": 117099,
"title": "帝國貴族(帝國共通)",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-08 19:28:17.49461",
"updated_at": "2017-10-09 17:48:24.49185",
"children": [
{
"id": 117083,
"title": "帝國貴族とは",
"description": "帝國貴族とはわんわん帝國における貴族階級に属するものの総称である。階級であり、厳密には職業ではない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:14.353965",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:14.353965",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 25
},
{
"id": 117092,
"title": "貴族の地位",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-08 19:28:14.576491",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:14.576491",
"children": [
{
"id": 117084,
"title": "貴族籍",
"description": "帝國貴族は藩王など華族から任命されることでその籍を得ることが出来る。\n一種の大貴族である藩王も皇帝や王女などの皇族、あるいは宰相などより上位のものから任じられる必要がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:14.403495",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:14.403495",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 27
},
{
"id": 117085,
"title": "世襲による地位",
"description": "貴族という身分を得るための方法として世襲がある。これは親や祖父母が貴族であり、その領地や身分を引き継ぐといいうものである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:14.417601",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:14.417601",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 28
},
{
"id": 117086,
"title": "叙勲による地位",
"description": "もうひとつは、手柄を立て主君に認められることで貴族としての地位を叙勲されることである。帝國では一般的に家を興したばかりの貴族は「騎士」としての爵位からはじめることが多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:14.427264",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:14.427264",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 29
},
{
"id": 117087,
"title": "補項:騎士の継承",
"description": "基本的に騎士の地位は一代限りのものとなる。これは騎士の叙勲の理由が、当人の活躍によるものであるためである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:14.439355",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:14.439355",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 30
},
{
"id": 117088,
"title": "補項2:騎士の家系事情",
"description": "騎士が一代限りである理由に、最下級の貴族であるため、その地位を維持し続けることが難しいというものがある。\nとはいえ、一族代々騎士という家系も存在しする。これは代々の君主に忠誠を捧げ、武勲を挙げ続ける家である場合が多い。\nもちろん、歴代の活躍が実り、君主の爵位が上がれば、それに伴い男爵などに任じられることもある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:14.451348",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:14.451348",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 31
},
{
"id": 117089,
"title": "爵位の種類",
"description": "帝國における貴族の爵位はそれぞれ、騎士・男爵・子爵・伯爵・侯爵・公爵・大公の七つである。その中でも、子爵位は特殊な事情を持つ場合がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:14.462301",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:14.462301",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 32
},
{
"id": 117090,
"title": "補項:子爵位の特殊な事例",
"description": "帝國において子爵位に任じられるものは、皇帝あるいは王女などの皇族の親縁関係を元に命じられる場合がある。\n代表的なものは旧・伏見藩国藩王がニューワールドに領地を得た際、現皇帝(当時の第一王女)の従兄弟であった為、子爵位を与えられた例がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:14.476025",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:14.476025",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 33
},
{
"id": 117091,
"title": "余談:皇帝のはんこ",
"description": "余談ではあるが、帝國藩王の叙勲にあたっては、現皇帝であるポチ皇帝が任命の書類に手ずから判を押し、決裁して下さる。\n帝國藩王にとっては最初の誉であり、叙勲時に皇帝が機嫌が良ければたくさん押してもらう事がある。\n(なお、たくさん押してもらった場合も書類上、爵位が上がるなどはなく、押した方・押された方の双方がご機嫌というだけである)",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:14.490384",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:14.490384",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 34
}
],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 26
},
{
"id": 117098,
"title": "貴族の名誉・権利",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-08 19:28:16.145566",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:16.145566",
"children": [
{
"id": 117093,
"title": "貴族の立場",
"description": "貴族とはその国における重要な地位を占める支配階級ではあるが、最上の位置に属するわけではない。\nあくまでも君主の代理人としての立場であり、民衆を育み、君主に益をもたらす必要がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:16.076791",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:16.076791",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 36
},
{
"id": 117094,
"title": "貴族の権利",
"description": "帝國における貴族とは特権階級の一種である。領地を持ち、その領地を運営することで生活を送ることが出来る。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:16.087062",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:16.087062",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 37
},
{
"id": 117095,
"title": "貴族の名誉",
"description": "それ故、貴族の名誉とは勲を立て、主君の覚えめでたくある事であるが、それと同時に領民に誇られることもまた同様の重さを持つ誉である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:16.09743",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:16.09743",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 38
},
{
"id": 117096,
"title": "補項:領民の支持",
"description": "君主からの信頼を元に地位と権力を与えられ、主君の領地を代わりに運営する以上、如何に成果をあげようとも評判が悪ければ諸共主君の評価を下げる。\n故に、領民からの支持熱き貴族であれば、他の権力者や周辺貴族からも一目を置かれ、斯様な人物を配下に置く君主の評判も上がる。\nその為、領民の支持を損なうことは、領主貴族にとっては忌避すべき事である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:16.106338",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:16.106338",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 39
},
{
"id": 117097,
"title": "補項2:領民の離反",
"description": "領地運営を損ない、領地に住まう民の心が離れれば、その道行きは暗いものとなる。\n良ければサボタージュ、悪ければ叛乱を起こされる可能性も皆無ではない。\nもちろん、領地運営能力を疑われれば、爵位剥奪、領地没収も十二分にありうる。\nそれは大貴族である藩王ですら、例外ではない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:16.114549",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:16.114549",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 40
},
{
"id": 117107,
"title": "貴族法の対象",
"description": "帝國貴族は貴族法の対象となる。貴族が犯罪を犯した場合、一般刑法や軍法ではなく、貴族法で裁かれることになる。\nただし、貴族法として裁かれる場合は、貴族として領地内や務めに関する事であり、帝国軍などの軍務に属する者であれば軍法の対象になることもある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:58:38.529474",
"updated_at": "2017-10-08 19:58:38.529474",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 41
}
],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 35
},
{
"id": 117114,
"title": "貴族の義務",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-08 19:58:38.701864",
"updated_at": "2017-10-08 19:58:38.701864",
"children": [
{
"id": 117108,
"title": "ノブレス・オブリージュ",
"description": "帝國貴族は多くの権利と地位と共に、それ以上の義務を負う。\n義務を果たさない事での罰則はないが、精神的・社会的な傷を得ることになる。\n帝國貴族は多くを持つがゆえに、多くを為さねばならない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:58:38.688302",
"updated_at": "2017-10-08 19:58:38.688302",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 43
},
{
"id": 117109,
"title": "民衆の模範として",
"description": "領地民、あるいは近隣領の民衆にとっての指標となるような存在であることが望まれる。\n個人としての人格もであるが、施政者としての立ち振る舞いもそこに含まれる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:58:38.690799",
"updated_at": "2017-10-08 19:58:38.690799",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 44
},
{
"id": 117110,
"title": "慈善活動",
"description": "帝國貴族には領民をはじめ、多くの民が幸福であるための慈善活動が望まれている。\nこれは現皇帝であるポチ皇帝が民衆を深く想う君主であるため、その臣下たるもそうあれという風潮が強い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:58:38.692318",
"updated_at": "2017-10-08 19:58:38.692318",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 45
},
{
"id": 117111,
"title": "補項:寄進と喜捨",
"description": "帝國では名のある貴族が行った慈善活動は、後々に熱狂的ムーブメントとなりうる事が多々ある。\n代表例では大貴族である緋璃・ロッシ卿の行った児童支援であるが、後々帝國中の諸貴族が続き、孤児院が乱立した。\n民衆を思っての事ではあるが、一度風潮が出来れば寄進や喜捨を惜しまない風潮がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:58:38.693771",
"updated_at": "2017-10-08 19:58:38.693771",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 46
},
{
"id": 117112,
"title": "帝國への忠誠",
"description": "帝國貴族の中でも最大の義務は、君主たる帝國と皇帝への忠誠である。\n帝國の不益となる行動、皇帝陛下への不敬はもちろん貴族法においても、重罪に値する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:58:38.695124",
"updated_at": "2017-10-08 19:58:38.695124",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 47
},
{
"id": 117113,
"title": "帝國への献身",
"description": "君主である皇帝、そして帝國への献身の義務は重い。\n多くの領地を持つ藩王ならなお更であり、帝國が戦に赴くとあらば、軍役あるいは軍務援助の為の税を支払わねばならない。\nこれらの献身を怠る事は不忠を疑われるに等しく、場合によっては処罰の対象となる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:58:38.696634",
"updated_at": "2017-10-08 19:58:38.696634",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 48
}
],
"position": "4",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 42
},
{
"id": 120775,
"title": "貴族の能力",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 17:21:45.369608",
"updated_at": "2017-10-09 17:21:45.369608",
"children": [
{
"id": 120769,
"title": "優雅な振る舞い",
"description": "社交界においては以下に優れた立場のものであっても、あるいは優れた立場であるからこそ、典雅な振る舞いを求められる。\nそれは様々な場面において、他のものが「なるほど」と納得するものでなくてはならない。\n対応の仕方ももちろんだが、立ち方、歩き方、座り方などの姿勢的なものも含まれる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:21:45.32238",
"updated_at": "2017-10-09 17:21:45.32238",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 50
},
{
"id": 120770,
"title": "洗練された会話",
"description": "社交界においては直接的な言葉のやり取りは、忌避される傾向が強い。\n隠喩や暗喩、あるいは引用などが飛び交う会話においてはいかに相手の意図を悟り、また間接的に己の意図を告げるかが重要となる。\n当然ながら、学が求められる技能であり、世襲貴族などは親の立ち振る舞いなどからそれらを学ぶ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:21:45.352874",
"updated_at": "2017-10-09 17:21:45.352874",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 51
},
{
"id": 120771,
"title": "芸術への理解",
"description": "貴族たるもの、教養の一環として音楽や美術、あるいは詩などの芸術への理解が求められる。\nこれらは会話の引き出しの一環として必要とされる他、優れた美術品を財産とすることもあるため、その価値を理解する必要があるためである。\nまた、芸術家のパトロンなどを務める際、彼らの才能を見抜き、新たな価値を生み出すためにも必須と言える。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:21:45.35517",
"updated_at": "2017-10-09 17:21:45.35517",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 52
},
{
"id": 120772,
"title": "ダンス・ステップ",
"description": "貴族は多かれ少なかれ舞踏会に招かれる機会がある。大きいものでは宮廷舞踏会などだが、いかに典雅に踊れるかというのも、また貴族の名誉に関わる。\n運動神経だけではなく、相手の呼吸に合わせ、そのうえで手順を鮮やかになぞれるか、という技巧も必要とされる。\n(当然ながら、相手を引き立てることのできないものが別席にて評価を下げられることなど珍しくもない)",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:21:45.357259",
"updated_at": "2017-10-09 17:21:45.357259",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 53
},
{
"id": 120773,
"title": "ユーモアのセンス",
"description": "帝國貴族たるもの、いかなる際にも軽口の一つは必要とされる。\nあまりにも深刻な顔であれば、領民や君主が不安を覚えるため、それを払拭する必要があるのだ。\n(もっとも、それを除いても帝國藩王に代表される大貴族の多くはジョークを好むのだが)",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:21:45.359337",
"updated_at": "2017-10-09 17:21:45.359337",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 54
},
{
"id": 120774,
"title": "空気を読む",
"description": "ある意味で、貴族が最も必要とされる能力。上下関係の入り混じる社交界や宮廷においては、常に正しい立ち振る舞いを求められる。\nそれは特に礼儀作法に即していなくても、即していないことが必要だと確信すれば実践する必要がある。\nこれはもちろん、領民の自身掌握にも求められる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:21:45.361509",
"updated_at": "2017-10-09 17:21:45.361509",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 55
}
],
"position": "5",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 49
}
],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": false,
"localID": 24
},
{
"id": 120843,
"title": "星鋼京の貴族",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 17:48:24.645455",
"updated_at": "2017-10-09 17:48:24.645455",
"children": [
{
"id": 120889,
"title": "パイロットとしての騎士貴族",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 18:18:03.197833",
"updated_at": "2017-10-09 18:18:03.197833",
"children": [
{
"id": 120837,
"title": "騎士貴族の勃興",
"description": "星鋼京、古くは伏見藩国、更にはその前身である“冬の京”において、貴族とは騎士のことであった。\nこの場合の騎士とは文字通り“騎を駆る者”であり、すなわちI=Dパイロットを指していた。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:48:24.623001",
"updated_at": "2017-10-09 17:48:24.623001",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 58
},
{
"id": 120838,
"title": "機動兵器を駆る騎士",
"description": "そもそも帝國においてはパイロットはすなわち騎士として扱われてきた。\nこれは初期の帝國I=Dの死傷率の高さに起因するものであり、死亡からの特進の前借という側面があった。\n“空飛ぶ棺桶”を駆るが故に、その責務に等しい地位を、という理由である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:48:24.629929",
"updated_at": "2017-10-09 17:48:24.629929",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 59
},
{
"id": 120839,
"title": "I=Dの里において",
"description": "特に星鋼京とその前身である藩国はI=D開発国であり、その生い立ち故に自然と「パイロット=高貴な勤め」という風潮は強まっていった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:48:24.632416",
"updated_at": "2017-10-09 17:48:24.632416",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 60
},
{
"id": 120840,
"title": "騎士貴族の財産次第",
"description": "また、以下に重工業国と言えどI=Dの運用には多額の資源資産が必要である。\n国有のものを除き、下賜されたI=Dを管理するとなれば一角の地位がなければ不可能であった。\n必然、専用機を使う騎士となれば、貴族に等しい地位や権力を有することになる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:48:24.634272",
"updated_at": "2017-10-09 17:48:24.634272",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 61
},
{
"id": 120841,
"title": "国内における地位の確立",
"description": "I=Dが稀少であった頃、それを駆る権利を持つ者は多くはなかった。\n技巧がすぐれているだけでなく、藩の高価な財産としてのI=Dを駆る者は他の者に意識される立場になる。\n故に、人柄的に優れ、技巧をもち、それを運用できる資産を持つものが、パイロットの中でも“騎士”と呼ばれる存在になっていった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:48:24.636843",
"updated_at": "2017-10-09 17:48:24.636843",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 62
},
{
"id": 120842,
"title": "補項:一般的なパイロット",
"description": "星鋼京において、騎士貴族だけがI=Dを駆ることが出来る訳ではない。\n一般的なパイロットというものも、I=Dの普及に伴い発生していった。\nしかし、民衆にとってはパイロット=騎士ではないにしろ、騎士=パイロットという心理は今も根付いている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:48:24.638682",
"updated_at": "2017-10-09 17:48:24.638682",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 63
},
{
"id": 120888,
"title": "騎士貴族の誇り",
"description": "彼ら騎士貴族の多くは誇りを胸に抱いている。\nそれは高価な機体を任されていること、自身の活躍が戦況を一変しうるということを承知しているがゆえに、半ば自然と自惚れる。\nだからこそ、友軍の、民の、そして君主からの賞賛を求める。\nその為であれば、彼らは進んで鍛錬を行う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 18:18:03.180896",
"updated_at": "2017-10-09 18:18:03.180896",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 64
}
],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 57
},
{
"id": 120895,
"title": "血の革命",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 18:18:03.542942",
"updated_at": "2017-10-09 18:18:03.542942",
"children": [
{
"id": 120890,
"title": "血の革命広場",
"description": "星鋼京には「血の革命広場」という場所がある。\nこれは過去に起こった一部貴族による叛乱と、その忌まわしき顛末を忘れえぬように作られた場所である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 18:18:03.530695",
"updated_at": "2017-10-09 18:18:03.530695",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 66
},
{
"id": 120891,
"title": "叛乱の次第",
"description": "そのはじまりは、何らかの組織の暗躍があったと言われているが、今となっては不明である。\n騎士貴族の多くはI=Dを駆り、藩国要所を制圧。多くの国民を虐げ、己らの利権の確保を始めた。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 18:18:03.532724",
"updated_at": "2017-10-09 18:18:03.532724",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 67
},
{
"id": 120892,
"title": "叛乱の顛末",
"description": "その顛末は、まるで人が変わったかのような、レジスタンスと化した国民を鼓舞す藩王の指揮により解決した。\n第一王女ポチの名を叫び、彼女の大願を体現するかのごとく、軽武装の国民がI=Dに立ち塞がり、血肉の盾となり、それらを活動停止まで追い詰めた。\n結果、I=Dから下車せざるをえなくなった貴族の多くは、瞬く間に民衆に処刑された。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 18:18:03.534254",
"updated_at": "2017-10-09 18:18:03.534254",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 68
},
{
"id": 120893,
"title": "叛乱の後に",
"description": "熱狂とでもいうべき粛清の嵐をいち早く収めたのも、また藩王を初めとする首脳陣であった。\n王女殿下の名を告げ、民間人による虐殺を封じ、貴族を軟禁という形で保護した。\n国内における流血を嫌ったのは間違いないが、それ以上に貴族という制度を後世に残す必要があったと言われている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 18:18:03.53577",
"updated_at": "2017-10-09 18:18:03.53577",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 69
},
{
"id": 120894,
"title": "現在の貴族",
"description": "恩赦とでもいうべき国内における沙汰の後、永い永い時が流れた。\n『一度の過ちは十の流血で贖われる』の格言の如く、貴族は自身の財を擲ち、過酷な戦いに出兵し、その地位を回復していった。\n現代においては、過去の過ちを知るものも減ったが、それでもなお、貴族たちの胸には今でも深く刻まれている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 18:18:03.537513",
"updated_at": "2017-10-09 18:18:03.537513",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 70
}
],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 65
}
],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 56
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": false,
"localID": 23
},
{
"id": 55560,
"title": "学生(帝國共通)",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-24 04:56:36.19077",
"updated_at": "2017-08-24 04:56:36.19077",
"children": [
{
"id": 55561,
"title": "学生の条件",
"description": "学校などの教育機関に在籍し、学んでいる者のこと。5、6歳前後から20歳代までの若者が多い。\n将来に向けて基礎的な教養と学力を身に着け、周囲とコミュニケーションをとる社会性や人格を形成していく途上にある者。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-24 04:56:36.196658",
"updated_at": "2017-08-24 04:56:36.196658",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1935,
"name": "つるばみ"
},
"localID": 72
},
{
"id": 55562,
"title": "お揃いの学生服",
"description": "学校では制服として学生服を着用するよう定めているところが多い。国や学校によって制服のデザインは異なるが、若者向けで動きやすく、かつ式典などの行事にも着用できるような礼節と清潔感を備えたものが多い。中にはおしゃれでカワイイと評判になるものもある。\n同じデザインでお揃いの学生服を着ている者は、同じ学校の学生として認識され、連帯感を抱く要素ともなる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-24 04:56:36.221111",
"updated_at": "2017-08-24 04:56:36.221111",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1935,
"name": "つるばみ"
},
"localID": 73
},
{
"id": 55563,
"title": "伸びやかな学習能力",
"description": "若者ならではの、柔軟な学習能力を持っている。\n記憶力や学習意欲など、周囲からの指導や働きかけで大きく伸びる時期であり、多くの知識や体験を将来に備えて吸収する力がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-24 04:56:36.238218",
"updated_at": "2017-08-24 04:56:36.238218",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1935,
"name": "つるばみ"
},
"localID": 74
},
{
"id": 55564,
"title": "柔らかな心性",
"description": "人格を成す性格や性分が鍛えられる時期であり、教師や先輩、同年代の友人とのつきあいから、人間関係の機微を学んでいく時期である。さまざまな環境で育った友人と触れ合うことは、立場の異なる人の考えに耳を傾ける訓練でもある。\n多くのことを経験し、悩み、笑い、そして生涯の友を得て、未来へはばたく準備ができる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-24 04:56:36.255208",
"updated_at": "2017-08-24 04:56:36.255208",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1935,
"name": "つるばみ"
},
"localID": 75
},
{
"id": 55565,
"title": "緊急時の馬鹿力",
"description": "若く幼いため、知識や危険に対する経験値は低いものの、いざという緊急時や危機に瀕した時は、大胆に行動して仲間を救ったり問題を乗り越える可能性を秘めている。\n友情や連帯感はそれを倍加させていくこともある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-24 04:56:36.27181",
"updated_at": "2017-08-24 04:56:36.27181",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1935,
"name": "つるばみ"
},
"localID": 76
},
{
"id": 55566,
"title": "集団での振る舞いを学ぶ",
"description": "集団で生活するということは、集団がどう機能するかをも学ぶ必要がある。学生は課外活動など教科以外の場面で、自分の行動が集団にどう影響するかを学んでいく。\n互いに連絡し相談し、意見を聞きあってそれをまとめていく。将来社会での活躍の場で必要となるスキルをこうして磨いていく。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-24 04:56:36.300512",
"updated_at": "2017-08-24 04:56:36.300512",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1935,
"name": "つるばみ"
},
"localID": 77
},
{
"id": 55567,
"title": "ユニークな遊び心",
"description": "同年代が集まる学校での生活は、友人を得て楽しい経験となる。そこでは友人との遊びもルールを守ったり信頼関係を築いたりする訓練となる。\n彼らの遊びは若者ならではのユニークでくだらないものもあるが、人を傷つけない、迷惑をかけない、といった範疇のものであれば、周囲から容認されることが多い。羽目を外しすぎると指導されるが。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-24 04:56:36.317571",
"updated_at": "2017-08-24 04:56:36.317571",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1935,
"name": "つるばみ"
},
"localID": 78
},
{
"id": 55568,
"title": "輝く瞳",
"description": "各国の未来、ひいては世界を牽引していく人材となるべく、大きな期待を受ける存在である。学生各自は自分の将来について考え、悩み、そして大きな責任感を醸成していく。\n悩み、笑って泣いて、ということも多いが、彼らが将来に向けた瞳は、多くの可能性を秘めて輝いている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-24 04:56:36.336201",
"updated_at": "2017-08-24 04:56:36.336201",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1935,
"name": "つるばみ"
},
"localID": 79
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 1935,
"name": "つるばみ"
},
"expanded": false,
"localID": 71
},
{
"id": 149156,
"title": "剣神(職業)",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.589881",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.589881",
"children": [
{
"id": 149148,
"title": "剣神と呼ばれる者",
"description": "剣の腕前に関して並ぶものがない、神と呼称されるにふさわしい域に達した達人の尊称。剣神が剣を振るう様はもはや芸術のごときである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.472358",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.472358",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 81
},
{
"id": 149149,
"title": "到達した高み",
"description": "修練による修練を重ねて到達した高み。もはや、剣を抜いて立っただけで武を生業とするものならその動きに圧倒されるだろう。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.481132",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.481132",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 82
},
{
"id": 149150,
"title": "踏み込みの速さ",
"description": "剣神の強さの一つに恐ろしいまでの踏み込みの速さが挙げられる。剣神にたどり着くまでの修練と素質がなければ出来ない動きで、敵に迫る。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.483185",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.483185",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 83
},
{
"id": 149151,
"title": "重い一撃",
"description": "剣神の繰り出す一撃一撃は速さと共に体重の乗った重い一撃である。例え得物が細剣であったとしても、想像以上の重さの一撃が相手を襲う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.485574",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.485574",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 84
},
{
"id": 149152,
"title": "隙のない動き",
"description": "剣神はその経験と重ねた修練により、己の死角を把握している。常に死角がないよう隙のない動きをしつつ相手の動きの予想をしており、うかつに攻撃すれば難なく防がれカウンターに繫げられてしまう。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.489733",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.489733",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 85
},
{
"id": 149153,
"title": "剣によるカウンター攻撃",
"description": "ただでさえカウンター攻撃は恐ろしいものだが、剣神のカウンター攻撃は踏み込みの速さと一撃の重さが加わって恐ろしい威力を発揮する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.491688",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.491688",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 86
},
{
"id": 149154,
"title": "恐ろしいほどの体力",
"description": "重ねた修練、日ごろのトレーニングにより恐ろしいまでの体力を保有している。仮に人数や武器の有利で剣神と互角に戦えていたとしても、決め手がなければスタミナ切れで敗北に追い込まれるだろう。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.493541",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.493541",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 87
},
{
"id": 149155,
"title": "剣神の着用制限",
"description": "経験と修練のみでたどり着くには難しい職業。定命の者なら剣術の素質を持っていて、やっと到達することが出来る。素質を持たぬものが到達することもできなくはないが、長い長い年月を必要とするため、長大な寿命を持つ種族、ACEやプレイヤーにしか着用できない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.495802",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.495802",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 88
},
{
"id": 94751,
"title": "大剣士",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.34511",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.34511",
"children": [
{
"id": 94734,
"title": "更なる剣の修行",
"description": "一人前の剣士として技術を身につけ、実戦を経て、さらなる高みへと踏み出すために費やされる期間。師と流派があれば、学び尽くすために、これまで以上の積み重ねを必要とするだろう。また、そうであっても、そうでなくても、自分の個性というものに気づき、欠点を補うために長所を伸ばし、補えないところは晒さないための工夫を凝らす。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:47.899761",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:47.899761",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 90
},
{
"id": 94735,
"title": "熟練の剣技",
"description": "身のこなしに隙は少なく、その攻撃は防御の間によく滑り込み、力加減の巧みさによって無駄な力みが少なく、長丁場にも耐え得る巧さがある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.031081",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.031081",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 91
},
{
"id": 94736,
"title": "熟練の盾防御",
"description": "経験から来る予測は、防御に向ける意識と力を小さくしつつも、受ける角度とタイミング、場所のさりげなさによって、敵を大いに攻めあぐねさせる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.044175",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.044175",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 92
},
{
"id": 94737,
"title": "華麗なる大技",
"description": "経験は臆病さを取り払い、それまでは決められなかった大胆な動きをしても問題ないことを理解させる。大きな動きから繰り出される、奇抜な、あるいは猛烈な一撃は、敵の防御をすり抜け、打ち砕いて届くだろう。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.046597",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.046597",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 93
},
{
"id": 94738,
"title": "華麗なる足運び",
"description": "無数の鍛錬と経験が、足運びに潜んでいたぎこちなさを美しいまでの合理性に満ちた自信ある振る舞いへと昇華させる。その巧さがまた、相手を怯ませ、力を削ぐ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.04886",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.04886",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 94
},
{
"id": 94739,
"title": "崩しの妙技",
"description": "高度な技術は、高まるほどに、微に入り細を穿つ。敵の技量が未熟なら、何をされているか分からない間に体勢を崩されるし、そうでなくとも迂闊な攻めがしづらくなって、攻防は細かいやりとりへと深まっていく。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.051216",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.051216",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 95
},
{
"id": 94740,
"title": "巧みな白兵戦術",
"description": "上手くなれば、自然と目の行き届く範囲も広がっていく。それは、味方との連携を意識した動きが取れるようになったり、敵の動きの意図を深読みして見破ったりといった、戦術レベルの領域にも至るのである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.053275",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.053275",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 96
},
{
"id": 94741,
"title": "裂帛の気迫",
"description": "練磨された技術と身体能力、経験に裏付けられた気迫は、自信となって対峙する相手を圧する。気迫を声に出せば威嚇になるし、目に込めればまたフェイントにも使える。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.05551",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.05551",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 97
},
{
"id": 94750,
"title": "剣士",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.10138",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.10138",
"children": [
{
"id": 94742,
"title": "剣士としての修行",
"description": "剣士に必要な、剣術と剣士装備の、知識と技術を一通り修めるだけの期間を費やし、それらを基礎体力と共に身につけている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.058418",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.058418",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 99
},
{
"id": 94743,
"title": "剣による攻撃",
"description": "属する文化に基づいた形状の剣を用いての戦闘技術。刺突、斬撃、場合によっては無手やその他の武器・道具を組み合わせた、複合的な攻撃能力である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.061806",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.061806",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 100
},
{
"id": 94744,
"title": "剣による防御",
"description": "属する文化に基づいた形状の剣を用いての戦闘技術。大前提として、戦闘は死ににくい兵士ほど優秀であり、必ずしも敵を倒さずとも目的の達成が可能であるケースは少なくない。このため、敵を切り倒し、突き崩すより、そこに至るまでの隙をいかに減らし、しのぎ、相手の隙を突くために粘るかという点に、技術的・体力的な練成の比率を大きく割いている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.064049",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.064049",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 101
},
{
"id": 94745,
"title": "丸盾による防御",
"description": "片手剣を用いる際に運用する盾の技術。飛来する矢や礫を始めとする攻撃への防御や、非装備状態でどこに固定しておくかといった細やかな工夫を身につける。\nまた、盾自体、分類上は防具であるが、うまく受け崩すことで相手の体勢を崩したり、攻撃的に扱って打撃を加えたり、さらには、武器を叩き落とすといった用法もあって、これらを攻防一体の技として一括りに習得する。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.075189",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.075189",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 102
},
{
"id": 94746,
"title": "丸盾との連携",
"description": "片手剣と丸盾を組み合わせて、両腕をフルに動かしながら戦う技術、および、その習熟。両手に別々の働きを持たせるのには訓練が必要であり、それぞれ単独で身につける技術体系と重複する領域はあっても、実際に慣れるまでは実用に耐える練度にならないのである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.080281",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.080281",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 103
},
{
"id": 94747,
"title": "崩し",
"description": "戦場では、相手の隙をついて華麗に倒すだけではなく、むしろそこに至るまでの工程こそが真髄となる。隙をさらすまいと互いに密着した状態からの押し合い、駆け引きであったり、自分が倒せずとも警戒を引きつけて味方に倒してもらったり、勝つまでの道筋はいくつもある。\n崩しとは、体力、技術、戦術の、全てを織り込んだ上で行われる、勝つためのあらゆる手段と言い換えられる。\n使い手それぞれに向いた手段、禁じている手段があり、訓練と実戦を経て、それらは研磨されていく。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.082942",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.082942",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 104
},
{
"id": 94748,
"title": "足運び",
"description": "相手の体幹および末端の要所に攻撃を集め、自分のそれらから攻撃を避け逸らすため、体ごと動くこと。また、そのための技術。あるいは、一撃の威力を引き出すための踏み込みと、そこに至るまでの何千何万何十万回と繰り返した、打ち込み経験に基づく瞬間的な一歩。およびそれらの組み合わせ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.086151",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.086151",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 105
},
{
"id": 94749,
"title": "剣の手入れ",
"description": "厳密には剣だけでなく装備の手入れである。剣士なので代表的な装備として例示した。\n刀身の歪みや刃こぼれ、握りの緩み、錆びといった剣の劣化を見極め、手に負えないものは修理に出したり買い換えるが、軽度のものは自分で手直しできるようにしなくては、手間と時間が嵩みすぎるため、手入れ道具や部品を買い揃え、これらを扱う知識と技術を身につける。\n剣に限らず、戦士たるもの、身の回りに関しては同等の知識と技術を持ち備えて初めて一人前である。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.089562",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.089562",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 106
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"expanded": true,
"localID": 98
}
],
"position": "9",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"expanded": true,
"localID": 89
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": false,
"localID": 80
}
],
"localID": 22,
"expanded": false
},
{
"title": "個性:ユイカのパーソナルデータ",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "星鋼京・地方領主",
"description": "ユイカ・キングダムは星鋼京の最も若い領主として知られる少女。\n彼女の所領であるケーニクライヒ領は、彼女の為にと藩王がずっと温めていた土地と言われている。",
"part_type": "part",
"localID": 108
}
],
"localID": 107,
"expanded": false
},
{
"title": "所持品:ユイカの持ち物",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "オーダーメードの服",
"description": "かつて双海さんからクリスマスに贈られた服。\n少女らしいデザインで、普段のパリッとした格好とは違う印象を受ける。",
"part_type": "part",
"localID": 110
}
],
"localID": 109,
"expanded": false
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": ""
}
]

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
画像UP
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -