星鋼京掲示板


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 561
タイトル パイロットスーツ(仮)
投稿日 : 2017/12/05(Tue) 00:34:18
投稿者 双海 環@星鋼京
参照先
宇宙服準拠でとりあえずザクッと作成。

//////////////////////////////

*部品構造

-大部品: パイロットスーツ RD:18 評価値:7
--大部品: パイロットスーツ概要 RD:2 評価値:2
---部品: パイロットスーツの目的
---部品: 製作はオーダーメイド
--大部品: スーツヘルメット RD:3 評価値:3
---部品: 頭部保護
---部品: 通信ヘッドセット
---部品: 割れないサングラス
--大部品: スーツ本体 RD:7 評価値:5
---部品: バイオスーツ
---部品: 冷却下着
---部品: 気密拘束層
---部品: 断熱防護層
---部品: トイレパック
---部品: 耐G性能
---部品: 衝撃吸収素材を使用
--大部品: 生命維持装置 RD:6 評価値:4
---部品: 生命維持装置概要
---部品: 主生命維持システム
---部品: バッテリー
---部品: 冷却器
---部品: 表示制御モジュール
---部品: カートリッジ



*部品定義

**部品: パイロットスーツの目的
宇宙用I=Dを操縦する際に着用するスーツ。I=Dが破損した際に、パイロットやコパイロットが宇宙空間でも生き延びられるように設計されている。また耐G性能や耐衝撃性能なども備え、加速や被弾時の被害軽減も目的としている。

**部品: 製作はオーダーメイド
布地の特殊さ、縫製する時の曲線の多さなどから基本的に手縫いの上、着る種族が人とは限らないことなどから、パイロットスーツは採寸の上のオーダーメイドである。

**部品: 頭部保護
パイロットの頭部を熱的環境や衝撃、機体外に出た場合に太陽からの強烈な日差しから保護する。金でコーティングした可動式日よけが装備されている。

**部品: 通信ヘッドセット
ヘルメットの内側に装備されている、通信用のヘッドセット。送受信マイク、電子回路などが組み込んである。

**部品: 割れないサングラス
ヘルメットのバイザーの視界に当たる部分には、様々に工夫された保護フィルムが貼り重ねられ、デブリの衝突の危険から保護するためにダイヤモンド・ライク・カーボンが施されている。
また月面などの大気がない地表の反射光のダメージを遮るために偏光フィルムが貼られ、直接光のみを通過させるようにしている。
これ以外にも、紫外線や放射線をカットするフィルムも貼られている。

**部品: バイオスーツ
ガス式加圧だとスーツが膨らみ過ぎて、I=D操縦に支障が出るため、形状記憶合金によるバネ式加圧。嵩張らないようにいろいろ省略されているために、長時間、真空で活動するには不向き。

**部品: 冷却下着
スーツは密封されているので、パイロットがが発する熱を外に逃がすことができず、内部はとても暑くなる。冷却しないとどんどん温度が上がり、死んでしまうので下着の表面にチューブを張り巡らせ、その中に冷水を流すことでパイロットの体温を下げている。
冷却水の流れを制御することで、内部温度の調整が出来る。

**部品: 気密拘束層
空気が外に漏れないようにする層。ガス式加圧だと、スーツ内の気圧を保つための効果を持つがバネ式加圧ではその効能より、気密性が一層重視される。

**部品: 断熱防護層
宇宙空間の熱やスペースデブリ等から体を防護するための層。宇宙空間は太陽の光が当たっているところは100℃以上になり、当たっていないところは−100℃以下と、かなりの温度差があり、高い断熱性が求められる。
また、宇宙線を遮断する機能も備えている。

**部品: トイレパック
I=Dに乗っている間は当然トイレには行けないので、股間にトイレパックがつけられている。操縦席に座る関係上、あまり容量は入らないがないと大変なことになる重要装備である。

**部品: 耐G性能
Gがかかることによる脳の虚血状態を防止する機能。過剰なGがパイロットに掛かると自動的に身体を圧迫し、血液の降下を軽減する。
戦闘機では高高度での凍結などの問題で空気式が一般的だが、パイロットスーツでは冷却下着を使っている関係上、液体式を採用している。

**部品: 衝撃吸収素材を使用
スーツには衝撃吸収素材が使われており、I=Dが被弾したり破損した場合の衝撃を和らげる。ただし、I=Dが被弾した場合は爆発したりなど致命的な場合が多いため、気休めと言えば気休めである。

**部品: 生命維持装置概要
スーツの内部気圧と温度をコントロールし、呼吸用の酸素や電力を供給する他、通信機能を提供するシステムであり、スーツの腰に取り付けられています。

**部品: 主生命維持システム
主生命維持システムは、スーツを外部に依存することなく、独立して使用できるようにするものであり、内部気圧と温湿度を制御するほか、酸素や電力を供給する。
スーツ内の空気は、システム内のカートリッジで余分な水分、二酸化炭素、その他の有害物質などを取り除いて再循環される。

**部品: バッテリー
スーツについている全ての電気機器の電源。着た状態のまま、エアロックの電力・供給用ケーブルを経由して一時的に充電することもできる。

**部品: 冷却器
冷却器は、氷の昇華熱を利用して冷却水の冷却を行う装置。冷却水の一部を毛細管を経由して宇宙空間に導いて凍らせ、氷が直接宇宙空間に昇華する際の昇華熱を利用して冷却する。

**部品: 表示制御モジュール
腕に腕時計のような形でついている。外部との音声通信や心電図データ、酸素消費量などを知らせるための通信装置、スーツにトラブルが発生した時の警告警報機能がある。

**部品: カートリッジ
呼吸用酸素浄化のための装置。微量成分(有毒ガス)の吸収、二酸化炭素の吸収、固体の微粒子の拡散防止などの役割を果たす。



*提出書式

大部品: パイロットスーツ RD:18 評価値:7
-大部品: パイロットスーツ概要 RD:2 評価値:2
--部品: パイロットスーツの目的
--部品: 製作はオーダーメイド
-大部品: スーツヘルメット RD:3 評価値:3
--部品: 頭部保護
--部品: 通信ヘッドセット
--部品: 割れないサングラス
-大部品: スーツ本体 RD:7 評価値:5
--部品: バイオスーツ
--部品: 冷却下着
--部品: 気密拘束層
--部品: 断熱防護層
--部品: トイレパック
--部品: 耐G性能
--部品: 衝撃吸収素材を使用
-大部品: 生命維持装置 RD:6 評価値:4
--部品: 生命維持装置概要
--部品: 主生命維持システム
--部品: バッテリー
--部品: 冷却器
--部品: 表示制御モジュール
--部品: カートリッジ


部品: パイロットスーツの目的
宇宙用I=Dを操縦する際に着用するスーツ。I=Dが破損した際に、パイロットやコパイロットが宇宙空間でも生き延びられるように設計されている。また耐G性能や耐衝撃性能なども備え、加速や被弾時の被害軽減も目的としている。

部品: 製作はオーダーメイド
布地の特殊さ、縫製する時の曲線の多さなどから基本的に手縫いの上、着る種族が人とは限らないことなどから、パイロットスーツは採寸の上のオーダーメイドである。

部品: 頭部保護
パイロットの頭部を熱的環境や衝撃、機体外に出た場合に太陽からの強烈な日差しから保護する。金でコーティングした可動式日よけが装備されている。

部品: 通信ヘッドセット
ヘルメットの内側に装備されている、通信用のヘッドセット。送受信マイク、電子回路などが組み込んである。

部品: 割れないサングラス
ヘルメットのバイザーの視界に当たる部分には、様々に工夫された保護フィルムが貼り重ねられ、デブリの衝突の危険から保護するためにダイヤモンド・ライク・カーボンが施されている。
また月面などの大気がない地表の反射光のダメージを遮るために偏光フィルムが貼られ、直接光のみを通過させるようにしている。
これ以外にも、紫外線や放射線をカットするフィルムも貼られている。

部品: バイオスーツ
ガス式加圧だとスーツが膨らみ過ぎて、I=D操縦に支障が出るため、形状記憶合金によるバネ式加圧。嵩張らないようにいろいろ省略されているために、長時間、真空で活動するには不向き。

部品: 冷却下着
スーツは密封されているので、パイロットがが発する熱を外に逃がすことができず、内部はとても暑くなる。冷却しないとどんどん温度が上がり、死んでしまうので下着の表面にチューブを張り巡らせ、その中に冷水を流すことでパイロットの体温を下げている。
冷却水の流れを制御することで、内部温度の調整が出来る。

部品: 気密拘束層
空気が外に漏れないようにする層。ガス式加圧だと、スーツ内の気圧を保つための効果を持つがバネ式加圧ではその効能より、気密性が一層重視される。

部品: 断熱防護層
宇宙空間の熱やスペースデブリ等から体を防護するための層。宇宙空間は太陽の光が当たっているところは100℃以上になり、当たっていないところは−100℃以下と、かなりの温度差があり、高い断熱性が求められる。
また、宇宙線を遮断する機能も備えている。

部品: トイレパック
I=Dに乗っている間は当然トイレには行けないので、股間にトイレパックがつけられている。操縦席に座る関係上、あまり容量は入らないがないと大変なことになる重要装備である。

部品: 耐G性能
Gがかかることによる脳の虚血状態を防止する機能。過剰なGがパイロットに掛かると自動的に身体を圧迫し、血液の降下を軽減する。
戦闘機では高高度での凍結などの問題で空気式が一般的だが、パイロットスーツでは冷却下着を使っている関係上、液体式を採用している。

部品: 衝撃吸収素材を使用
スーツには衝撃吸収素材が使われており、I=Dが被弾したり破損した場合の衝撃を和らげる。ただし、I=Dが被弾した場合は爆発したりなど致命的な場合が多いため、気休めと言えば気休めである。

部品: 生命維持装置概要
スーツの内部気圧と温度をコントロールし、呼吸用の酸素や電力を供給する他、通信機能を提供するシステムであり、スーツの腰に取り付けられています。

部品: 主生命維持システム
主生命維持システムは、スーツを外部に依存することなく、独立して使用できるようにするものであり、内部気圧と温湿度を制御するほか、酸素や電力を供給する。
スーツ内の空気は、システム内のカートリッジで余分な水分、二酸化炭素、その他の有害物質などを取り除いて再循環される。

部品: バッテリー
スーツについている全ての電気機器の電源。着た状態のまま、エアロックの電力・供給用ケーブルを経由して一時的に充電することもできる。

部品: 冷却器
冷却器は、氷の昇華熱を利用して冷却水の冷却を行う装置。冷却水の一部を毛細管を経由して宇宙空間に導いて凍らせ、氷が直接宇宙空間に昇華する際の昇華熱を利用して冷却する。

部品: 表示制御モジュール
腕に腕時計のような形でついている。外部との音声通信や心電図データ、酸素消費量などを知らせるための通信装置、スーツにトラブルが発生した時の警告警報機能がある。

部品: カートリッジ
呼吸用酸素浄化のための装置。微量成分(有毒ガス)の吸収、二酸化炭素の吸収、固体の微粒子の拡散防止などの役割を果たす。




*インポート用定義データ

[
{
"id": 159752,
"title": "パイロットスーツ",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-12-04 15:28:15.894978",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:27.850625",
"children": [
{
"id": 159732,
"title": "パイロットスーツ概要",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-12-04 15:28:13.944005",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:13.944005",
"children": [
{
"id": 159730,
"title": "パイロットスーツの目的",
"description": "宇宙用I=Dを操縦する際に着用するスーツ。I=Dが破損した際に、パイロットやコパイロットが宇宙空間でも生き延びられるように設計されている。また耐G性能や耐衝撃性能なども備え、加速や被弾時の被害軽減も目的としている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:13.920202",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:13.920202",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 2
},
{
"id": 159731,
"title": "製作はオーダーメイド",
"description": "布地の特殊さ、縫製する時の曲線の多さなどから基本的に手縫いの上、着る種族が人とは限らないことなどから、パイロットスーツは採寸の上のオーダーメイドである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:13.936011",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:13.936011",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 3
}
],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": true,
"localID": 1
},
{
"id": 159736,
"title": "スーツヘルメット",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.145511",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.145511",
"children": [
{
"id": 159733,
"title": "頭部保護",
"description": "パイロットの頭部を熱的環境や衝撃、機体外に出た場合に太陽からの強烈な日差しから保護する。金でコーティングした可動式日よけが装備されている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.132961",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.132961",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 5
},
{
"id": 159734,
"title": "通信ヘッドセット",
"description": "ヘルメットの内側に装備されている、通信用のヘッドセット。送受信マイク、電子回路などが組み込んである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.136768",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.136768",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 6
},
{
"id": 159735,
"title": "割れないサングラス",
"description": "ヘルメットのバイザーの視界に当たる部分には、様々に工夫された保護フィルムが貼り重ねられ、デブリの衝突の危険から保護するためにダイヤモンド・ライク・カーボンが施されている。\nまた月面などの大気がない地表の反射光のダメージを遮るために偏光フィルムが貼られ、直接光のみを通過させるようにしている。\nこれ以外にも、紫外線や放射線をカットするフィルムも貼られている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.139625",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.139625",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 7
}
],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": true,
"localID": 4
},
{
"id": 159744,
"title": "スーツ本体",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.607044",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.607044",
"children": [
{
"id": 159737,
"title": "バイオスーツ",
"description": "ガス式加圧だとスーツが膨らみ過ぎて、I=D操縦に支障が出るため、形状記憶合金によるバネ式加圧。嵩張らないようにいろいろ省略されているために、長時間、真空で活動するには不向き。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.475006",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.475006",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 9
},
{
"id": 159738,
"title": "冷却下着",
"description": "スーツは密封されているので、パイロットがが発する熱を外に逃がすことができず、内部はとても暑くなる。冷却しないとどんどん温度が上がり、死んでしまうので下着の表面にチューブを張り巡らせ、その中に冷水を流すことでパイロットの体温を下げている。\n冷却水の流れを制御することで、内部温度の調整が出来る。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.569744",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.569744",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 10
},
{
"id": 159739,
"title": "気密拘束層",
"description": "空気が外に漏れないようにする層。ガス式加圧だと、スーツ内の気圧を保つための効果を持つがバネ式加圧ではその効能より、気密性が一層重視される。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.577509",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.577509",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 11
},
{
"id": 159740,
"title": "断熱防護層",
"description": "宇宙空間の熱やスペースデブリ等から体を防護するための層。宇宙空間は太陽の光が当たっているところは100℃以上になり、当たっていないところは−100℃以下と、かなりの温度差があり、高い断熱性が求められる。\nまた、宇宙線を遮断する機能も備えている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.580133",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.580133",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 12
},
{
"id": 159741,
"title": "トイレパック",
"description": "I=Dに乗っている間は当然トイレには行けないので、股間にトイレパックがつけられている。操縦席に座る関係上、あまり容量は入らないがないと大変なことになる重要装備である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.585398",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.585398",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 13
},
{
"id": 159742,
"title": "耐G性能",
"description": "Gがかかることによる脳の虚血状態を防止する機能。過剰なGがパイロットに掛かると自動的に身体を圧迫し、血液の降下を軽減する。\n戦闘機では高高度での凍結などの問題で空気式が一般的だが、パイロットスーツでは冷却下着を使っている関係上、液体式を採用している。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.589255",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.589255",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 14
},
{
"id": 159743,
"title": "衝撃吸収素材を使用",
"description": "スーツには衝撃吸収素材が使われており、I=Dが被弾したり破損した場合の衝撃を和らげる。ただし、I=Dが被弾した場合は爆発したりなど致命的な場合が多いため、気休めと言えば気休めである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.593048",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.593048",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 15
}
],
"position": "3",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": true,
"localID": 8
},
{
"id": 159751,
"title": "生命維持装置",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-12-04 15:28:15.336053",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:15.336053",
"children": [
{
"id": 159745,
"title": "生命維持装置概要",
"description": "スーツの内部気圧と温度をコントロールし、呼吸用の酸素や電力を供給する他、通信機能を提供するシステムであり、スーツの腰に取り付けられています。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:15.317299",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:15.317299",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 17
},
{
"id": 159746,
"title": "主生命維持システム",
"description": "主生命維持システムは、スーツを外部に依存することなく、独立して使用できるようにするものであり、内部気圧と温湿度を制御するほか、酸素や電力を供給する。\nスーツ内の空気は、システム内のカートリッジで余分な水分、二酸化炭素、その他の有害物質などを取り除いて再循環される。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:15.319362",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:15.319362",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 18
},
{
"id": 159747,
"title": "バッテリー",
"description": "スーツについている全ての電気機器の電源。着た状態のまま、エアロックの電力・供給用ケーブルを経由して一時的に充電することもできる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:15.322906",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:15.322906",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 19
},
{
"id": 159748,
"title": "冷却器",
"description": "冷却器は、氷の昇華熱を利用して冷却水の冷却を行う装置。冷却水の一部を毛細管を経由して宇宙空間に導いて凍らせ、氷が直接宇宙空間に昇華する際の昇華熱を利用して冷却する。 ",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:15.325144",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:15.325144",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 20
},
{
"id": 159749,
"title": "表示制御モジュール",
"description": "腕に腕時計のような形でついている。外部との音声通信や心電図データ、酸素消費量などを知らせるための通信装置、スーツにトラブルが発生した時の警告警報機能がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:15.326543",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:15.326543",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 21
},
{
"id": 159750,
"title": "カートリッジ",
"description": "呼吸用酸素浄化のための装置。微量成分(有毒ガス)の吸収、二酸化炭素の吸収、固体の微粒子の拡散防止などの役割を果たす。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:15.328898",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:15.328898",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 22
}
],
"position": "4",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": true,
"localID": 16
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": true,
"localID": 0
}
]

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
画像UP
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -