星鋼京掲示板


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 571
タイトル 専用機改修 案
投稿日 : 2017/12/10(Sun) 17:40:40
投稿者 吾妻
参照先
専用機改修

専用機改修の概要
カスタマイズとも言う。同一規格によって生産された機体を搭乗者に合わせた改修を加える事で、その性能を最大に引き出す事を目的とする。

適用範囲
基本的にはI=Dや戦闘機など、個人または少数で稼働させる機体に施される。これは主に搭乗者の意向を反映する意味において独自性が強くなる事を理由とした傾向であり、コストや同乗者の意思疎通等、条件をクリアすれば大型機でも可能ではある。

必要な設備
機体に施す改修の内容に応じた整備施設、機材、それらを運用出来る人員の動員が必要である。改修する機体の生産が可能な設備もしくは技術水準が使用可能である事が必要条件に相当する。

○機体の改造
機体の改造の概要
最も根本的な改修対象として、機体本体や搭載武装の構造を改造する事を指す。改造箇所の性能を大きく変動させる事が可能であり、規模が大きくなれば設計レベルからの改造というものまである。

構造材の強化
設計構造自体を大きく変更せず、使用する構造材を目的に応じ、軽量・強固な物へ変更する。一般機ではコストの都合から使用出来なかった部材などを盛り込む事で、機動性や装甲性を高める事が出来る。

駆動系の出力強化
機体運動機能や機動力、白兵戦における出力強化など、強く速い動作を強化する為に施す改造。改造強度によっては操縦系の難度が向上する、重量が増大する等のデメリットが発生する事もある為、自らの腕を見極める必要がある。

エネルギー回路の改造
重点的に行いたい動作を見越し、エネルギー供給経路と駆動部を結ぶ回路を設計・構造レベルで改造する作業。エネルギー効率や出力へ直接働きかける効果が期待出来る。

設計の専用化
機体全体から、モジュール構造I=Dであればパーツでの部分設計などまで、構造体の設計から専用での設計を織込む改造。ここでの設計が新機軸の機体へフィードバックされる事も有り得る。

○性能調整
性能調整の概要
チューニングとも呼ばれる項目。各種パーツの性能を、駆動タイミングやエネルギー供給のバランスを変更する等、想定される動作の範疇で調整する事により、狙った性能を引き出す改修作業を指す。

出力系統
主な方向性として、高出力低燃費か、低出力高燃費という方向性が提示出来る。動作を素早く強力に行うか、ゆっくり精密に行うかを微調整する事で、搭乗者が狙った挙動をより正確に行う為の調整も含まれる。

運動機能周辺
瞬発的な挙動を強化するか、柔軟で負荷に強い調整にするかが主な方向性となる。前者は機敏な行動を助けるが、搭乗者と機体への負荷が大きい短期決戦向き、後者は長距離移動や持久戦向きと言える。

センサー類
センサーの感度や感受閾値、照準のくせ等を搭乗者に合うよう調整する項目。一般機でも行う項目だが、専用機においてはより細かく深いチューニングを施す事で、一般機とは異なる挙動や戦術性を拓く事も考えられる。

内部管制システム
火器管制が代表的なものとされる機体の制御・管制を司るシステム周り。一般機では凡そ様々な使用者を想定した余裕のある設定となっている所を、使用者に応じた大規模な最適化によって精度や速度を実質的に向上させる。

○専用の機体塗装
専用の機体塗装概要
一般機は、生産時点で耐腐食性やステルス性等を考慮した、機能的な画一塗装が施されている。専用機においては、これを特殊な塗装に変更する事で、専用機としての外見を構築する要素とする事がある。

色彩効果
周囲の風景と見分けを付き難くする迷彩効果と、名だたる強者が居る事を示す威嚇・陽動効果の二通りが主な効果とされる。専用機としては主に後者を理由とする事が多く、その機体色を二つ名として呼ばれる事もあると言われる。

機能性塗料
表象する色彩以外の機能性…耐腐食性やステルス性等の性能に関しては、一般機に勝るとも劣らない性能を有する。機能性が色彩を左右する事も多い為、高機能で多彩な塗料を研究開発する分野が成立している。

○追加パーツ
追加パーツの概要
増加装備とも言われる。主に武装や装甲、プロペラント等、整備等を見越したストックが為される装備を流用する形で行われるが、中には改造や新規設計を施した専用装備を追加する事もある。

装甲の後付け
機体装甲に装甲を追加する事で強化を図る。単に装甲板を増やすだけでなく、防爆や耐熱性などの機能性の他、爆発反応装甲等の使い切り装甲を換装可能モジュールとして搭載する場合もある。専用機においてはデザイニングを兼ねる事もある項目。

武装の変更
単純に搭載武装を増やして攻撃能力や継戦能力を向上させる以外に、搭乗者が得意とする武装に偏重させる、戦い方に応じて全く別の武装を搭載する等、専用機としての性格付けという面も持ち合わせる項目。

センサー類の増強
索敵性や長距離狙撃・砲撃などを前提として強化するだけでなく、夜間戦闘や高速戦闘に対応する為の高感度センサーや敢えてレーダーレンジを狭めて分解能や探査スパンを向上させた物など、戦術に応じる増強を行う項目である。

増加スラスター・プロペラント
航続距離や速度の強化に限らず、複雑な挙動を可能にする為の小型スラスター等も含まれる。機体の燃料系統に接続出来ない場合は、スラスターとプロペラントを一体にしたパッケージとして装着する。

空力装備
追加装甲に準ずる装備ではあるが、重量の関係から装甲性ではなく空力構造を増補する為に装備するものを別枠扱いとしたもの。純然たるデザイニングの装飾パーツも含まれる。

○専用エンブレム
エンブレムの概要
エンブレムとは、図案化された意匠の組み合わせによって所属組織や個人を表象する目的を持つ図柄である。紋章とも言われるものであり、家系や所属国家、隊を示す目的で使われる事が一般的である。

専用機に付けられる意味
搭乗者個人を表す事で専用機である事を示す目的がある。名だたる猛者此処に在りを示す事で、味方への士気高揚、敵へ動揺を誘い、或いは標的を引きつける事で味方の戦況を優位に運ぶ等の意味がある。

描画部位及び方法
特殊な塗装によって描画される事が一般的。目立たせる必要性がある事から、擦過や光劣化等に強い塗料を用い、装甲の大きく開けた箇所や盾などに大きく描かれる。

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
画像UP
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -