星鋼京掲示板


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 581
タイトル 刑事特捜部JOIN
投稿日 : 2017/12/14(Thu) 10:16:47
投稿者 蓮田屋
参照先
[
{
"title": "星鋼京:刑事特捜部“シュヴァリニエリ”",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "星鋼京における刑事特捜部の内容",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "刑事特捜部:シュヴァリニエリの概要と把握人員",
"part_type": "part",
"description": "刑事特捜部は藩国警察庁の管轄であり、近衛兵団または藩国警察刑事部の中で、司法試験に合格して司法修習を終えた者という狭き門と、星鋼京藩王の面談後に選抜された優秀な人員が藩国警察庁に出向して、藩国法務大臣と警察庁長官の任命権の元に構成されたものである。検察官が検察特捜部に所属するために近衛兵団または藩国警察刑事部へ出向する者もいる。",
"localID": 2
},
{
"title": "刑事特捜部:戦略目的(攻撃兆候の察知・通知)",
"part_type": "part",
"description": "「公共の安全と秩序」を維持することを目的とする警備警察の一部門である。主に国家体制を脅かす事案に対応する。星鋼京国内でのあらゆる情報において、帝國・星鋼京・帝國臣民の身心及び財産、それらを庇護する法規への攻撃兆候を捜査する。",
"localID": 3
},
{
"title": "刑事特捜部:捜査対象と任務内容",
"part_type": "part",
"description": "主に、マフィアなどの犯罪組織・カルトおよびセクト・武器及び戦略物資の不正輸出・国際テロリズム・敵性勢力による工作活動(行政府・王城・藩国軍・藩国警察への浸透)の阻止(カウンターテロ)・王族の身分を詐称する人物・公的機関やインフラ企業を狙ったサイバー攻撃もしくは自爆テロ等の直接攻撃を捜査対象とする。要人警護対応・麻薬取締捜査・経済追跡査察・分離独立運動対策などの任務を行うことがある。",
"localID": 4
},
{
"title": "刑事特捜部:権限(所属権限の内容)",
"part_type": "part",
"description": "あくまでも一般の警察官以上の権限を有する事は無い。王命の無い限り刑事特捜部の身分を公にする事は厳密に禁じられている。所属者の身命を守る措置でもある。",
"localID": 5
},
{
"title": "刑事特捜部:公的な取扱い(組織の立ち位置)",
"part_type": "part",
"description": "公的にはこの組織は藩国警察庁の一部門である。存在こそ知られてはいるが、対テロ特殊部隊としての風聞を受けている(ある意味、直接的な武力以外は正しくそうなのではあるが)基本的に警察庁の公的資金によって賄われる。",
"localID": 6
},
{
"title": "人事部門:リストアップの方向性",
"part_type": "part",
"description": "国内における経済活動に携わる、ほぼ全般の人物を対象としている。これは人員確保もさる事ながら、事前調査も同時に行う意味合いとして行われている。",
"localID": 7
},
{
"title": "特務担当:特務の概要と特殊能力",
"part_type": "part",
"description": "常設部門の一つ。切迫した危険性を緊急且つ内密に除去する必要性に迫られた場合、発令される攻撃担当部門。藩王の信任に加え、高い個人戦闘能力を必要とする。",
"localID": 8
},
{
"title": "特務担当:内偵活動(能動的な情報収集の場合)",
"part_type": "part",
"description": "能動的な情報収集が必要と見られた対象には、対象の法的調査を可能とする為の証拠収集を目標とする内偵などを行う場合もある。",
"localID": 9
},
{
"title": "特務担当:要人警護対応",
"part_type": "part",
"description": "藩王夫妻・王犬・政府首脳・国賓・会社役員・著名人等、要人の身辺の安全を確保し、政治的目的を背景とする誘拐・暗殺などの暴力行為等の不法行為(いわゆるテロ行為)や、交通事故・火災等の人為的な危害、地震・津波等の自発生的な危害などから、要人の身辺を守ることにより、要人の安全を確保することを目的とする。防諜機関の場合は警察各所と違い、本人には知らされずそれとなく周囲に配置されている事が多い。",
"localID": 10
},
{
"title": "特務担当:麻薬取締捜査",
"part_type": "part",
"description": "麻薬取締や薬物の不正ルートの解明などの薬物犯罪の捜査や正規麻薬(医療などの目的で許可を受けて合法的に使用される麻薬)の不正使用・横流し・盗難等の監視・捜査を行う。国家転覆の資金源や社会不安そのものの謀略事案である可能性が高いためである。本来の刑事活動にリークされる形でおとり捜査的な役割を担うことが多い。",
"localID": 11
},
{
"title": "特務担当:経済追跡査察",
"part_type": "part",
"description": "ヒト・モノ・カネの不審な流れを追い、現金・通帳・有価証券・株券などの脱税証拠や裏帳簿、印鑑などの経理書類の捜査による敵性勢力の活動の察知を目的とする。ただの脱税であった場合は嫌疑者に追徴課税や延滞金などの刑事告発内容を財務省・査察部にリークする。",
"localID": 12
},
{
"title": "特務担当:分離独立運動対策",
"part_type": "part",
"description": "そもそも分離独立運動とは、ある国家内のマイノリティが、民族の経済・生活・文化・宗教などの独自性を掲げて、多数派が握る国家から分離独立を求める運動のことではあるが、敵性勢力のスパイによる敵性工作やそのスパイによって操作された人民が平和活動と誤認して活動する事案がある。これに対抗し該当コミュニティ内部の調査・スパイの逮捕のための報告、もしくは人民の懐柔情報工作を行う。",
"localID": 13
}
],
"expanded": false,
"localID": 1
},
{
"id": 146858,
"title": "防諜総論",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.756509",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.756509",
"children": [
{
"id": 146766,
"title": "防諜(Counterintelligence)の概要",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.001698",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.001698",
"children": [
{
"id": 146759,
"title": "防諜の意味と効果",
"description": "防諜(Counterintelligence)とは、敵対外国政府やテロリストなどの敵対勢力による諜報活動や破壊活動を無力化することである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:24.978326",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:24.978326",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 16
},
{
"id": 146760,
"title": "情報操作及び諜報活動や破壊活動などの抑止",
"description": "諜報活動を行う敵対外国政府に関する情報を収集し、諜報活動を妨害するか、または諜報活動に対してダメージを与えるために情報操作を行う。諜報活動や破壊活動などの抑止について言及する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:24.982205",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:24.982205",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 17
},
{
"id": 146761,
"title": "防諜活動の用語について",
"description": "防諜活動という用語は、現実的には諜報活動に対抗するものを指すとされるが、攻撃的カウンターインテリジェンスには諜報活動が含まれるため、ここでは広義の意味で捉えられることを避けるために使われている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:24.984268",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:24.984268",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 18
},
{
"id": 146762,
"title": "情報の生産と保護の両方を行う",
"description": "防諜は人間を媒介とした諜報活動に関する情報収集と大きな関係を持っている。防諜は情報の生産と保護の両方を行うことができる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:24.986056",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:24.986056",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 19
},
{
"id": 146763,
"title": "防諜の任務と学問分野",
"description": "防諜の任務は、・物理的セキュリティ(Physical security)・人的セキュリティ(Personnel security)・通信セキュリティ(Communications security、COMSEC)・情報セキュリティ(Information security、INFOSEC)・セキュリティの機密化(Security classification)・運用におけるセキュリティ(Operations security、OPSEC)として、防諜の学問分野に含まれる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:24.987753",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:24.987753",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 20
},
{
"id": 146764,
"title": "セキュリティの意味について",
"description": "「積極的セキュリティ」という言葉に含まれる訓練や、社会の実際の、また潜在的なセキュリティに関する情報を集めるための手段もセキュリティに含まれる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:24.989845",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:24.989845",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 21
},
{
"id": 146765,
"title": "攻撃的なものと防御的なものの分類",
"description": "防諜活動の内容も攻撃的なものと防御的なものに分類される場合もある。攻撃的カウンターインテリジェンスと、人材と情報の保護に携わる防御的カウンターインテリジェンスである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:24.99154",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:24.99154",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 22
}
],
"position": "1",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"expanded": true,
"localID": 15
},
{
"id": 146786,
"title": "情報収集の手段と分類",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.590185",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.590185",
"children": [
{
"id": 146767,
"title": "インテリジェンスの生産について",
"description": "諜報活動は、用いる手段により以下のように分類される。情報収集には決して秘密・非合法な手段ばかりが用いられるわけではない。収集した情報を分析・評価することで指導者が判断を下すために役立つ情報(インテリジェンス)を生産する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.546767",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.546767",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 24
},
{
"id": 146768,
"title": "防諜作戦の分類と詳細",
"description": "防諜作戦:支援作戦と機密作戦に分類される。・支援作戦:情報保全の支援。・機密作戦:外国政府の諜報活動に対する攻勢作戦。対スパイ作戦を含む。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.548568",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.548568",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 25
},
{
"id": 146769,
"title": "防諜捜査・収集の解説",
"description": "防諜捜査:公安警察による法に基づく捜査活動。防諜収集(collection)・収集活動:外国政府の諜報活動に関する情報収集。・情報源の収集活動:直接の脅威に関しての情報収集。・機能サービス:脅威評価・敵諜報模擬・秘匿エージェント支援",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.550108",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.550108",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 26
},
{
"id": 146770,
"title": "オシント(公開資料:OSINT:Open source intelligence)",
"description": "新聞・雑誌・テレビ・インターネットなどのメディアを継続的にチェックしたうえで、書籍・公刊資料を集めて情報を得る手法。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.551526",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.551526",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 27
},
{
"id": 146771,
"title": "ヒューミント(人間:HUMINT:Human intelligence)",
"description": "人間を介した情報収集の方法。有識者から話を聞いたり、重要な情報に接触できる人間を協力者として獲得・運営し、そこから情報を入手する。合法活動や捕虜の尋問等も含み、スパイ活動のみを指すわけではない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.553246",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.553246",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 28
},
{
"id": 146772,
"title": "ヒューミントの手段各種方法",
"description": "・聴取(Debriefings):友軍、民間人への質問。・連絡(Liaison):友軍、民間組織との連絡。・接触(Contact):いわゆるスパイ活動。・尋問(Interrogation):捕虜等の尋問。・選別(Screening):人的情報源、メディアからの情報の評価、選別。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.55476",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.55476",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 29
},
{
"id": 146773,
"title": "イミント(画像:IMINT:Imagery intelligence)",
"description": "偵察衛星や偵察機によって撮影された画像を継続的に分析する事で情報を得る手法。または「イマジント」(IMAGINT)と呼ぶ。写真撮影による情報収集を「フォトミント」と呼ぶこともあるという。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.556251",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.556251",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 30
},
{
"id": 146774,
"title": "シギント(通信・信号:SIGINT:Signals intelligence)",
"description": "通信・電磁波・電子信号を「傍受」する事で情報を得る方法。通信傍受とは少し異なるが、郵便を検閲するのも一般的な情報収集手段である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.557662",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.557662",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 31
},
{
"id": 146775,
"title": "シギント:傍受の解説(非想定の電波の受信)",
"description": "「傍受」とは、送信側にそれを受信する正規の対象として想定されていないような者による電波等の受信のことである。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.559038",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.559038",
"children": [],
"position": "9",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 32
},
{
"id": 146776,
"title": "シギント:無線・有線の手法と表現",
"description": "有線である電信や電話の電線から非正規な手法で分岐(タップ)させるような「盗聴」と、無線の(パブリックな場所であれば)自由に受信できるものという違いにもとづく表現の使い分けがある。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.560594",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.560594",
"children": [],
"position": "10",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 33
},
{
"id": 146777,
"title": "シギント:各種分類と解説",
"description": "通信情報:傍受、盗聴、暗号解読。・電子情報:非通信用(レーダー等)の電磁放射からの情報収集(エリント)・外国信号計測情報:テレメトリー、ビーコン信号等からの情報収集(フィシント)などがある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.561981",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.561981",
"children": [],
"position": "11",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 34
},
{
"id": 146778,
"title": "アシント(ACINT:Acoustic intelligence)",
"description": "音響情報。水中音響情報などによる潜水艦、艦船および水中武器の音響情報収集を行う。無線通信の類は、暗号の解読だけでなく量や頻度といった解析(通信解析)も大きな手がかりになる。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.564593",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.564593",
"children": [],
"position": "12",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 35
},
{
"id": 146779,
"title": "コミント(COMINT:Communication intelligence)",
"description": "電話や無線、インターネットなどの通信を傍受して暗号解読(本文が分らなくとも交信(トラフィック)解析だけで手がかりになり得る)を行う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.56626",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.56626",
"children": [],
"position": "13",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 36
},
{
"id": 146780,
"title": "技術サービス(Technical Services)",
"description": "視察・嘘発見器・コンピュータ・ネットワーク戦・情報作戦・対信号諜報(C-SIGINT:Counter-Signals Intelligence)なども含む。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.567795",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.567795",
"children": [],
"position": "14",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 37
},
{
"id": 146781,
"title": "マジント(化学:MASINT:Measurement and Signatures intelligence)",
"description": "赤外線や放射能、空気中の核物質といった科学的な変化をとらえる事で情報を収集する方法。各種様々な手段が存在する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.569253",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.569253",
"children": [],
"position": "15",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 38
},
{
"id": 146782,
"title": "マジンドの細目と備考解説",
"description": "・物質情報:化学物質の分析。・周波数情報:核爆発やエンジンの周波数。・E−O情報:紫外線・可視光線・赤外線。・地球物理学情報:地震・大気の振動・磁場の変化等。・ラディント(RADINT:Rader intelligence):レーダー信号の傍受を行う。・ヌシント(NUCINT:Nuclear intelligence):放射線から得られる情報の収集(異常増加で原子力施設の事故や核実験などが探知出来る)",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.570834",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.570834",
"children": [],
"position": "16",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 39
},
{
"id": 146783,
"title": "テキント(装備の研究:TECHINT:Technical intelligence)",
"description": "敵性勢力の装備を奪取または購入によって研究し、使われている技術や成分・制作された工廠や場所・弱点などを見つけ出す手法。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.572416",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.572416",
"children": [],
"position": "17",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 40
},
{
"id": 146784,
"title": "コリント(他機関との協力:COLLINT:Collective intelligence)",
"description": "利害関係を同じくするインテリジェンス機関が相互に協力すること。友好国のあいだでは相互に「リエゾン」と呼ばれる連絡要員を派遣している場合があり、定期的に情報交換を行っている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.573999",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.573999",
"children": [],
"position": "18",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 41
},
{
"id": 146785,
"title": "コリントの項目と系統の解説",
"description": "分析(Analysis):外国政府の諜報活動を分析。生産(Production):情報評価、報告書の作成。技術サービス(Technical services):防諜機関の技術的支援。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.57557",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.57557",
"children": [],
"position": "19",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 42
}
],
"position": "2",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"expanded": true,
"localID": 23
},
{
"id": 146797,
"title": "防御的CI",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.803952",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.803952",
"children": [
{
"id": 146787,
"title": "その組織自体の脆弱性を探すための実践的な訓練",
"description": "防御的カウンターインテリジェンス(CI)は、その組織自体の脆弱性を探すための実践的な訓練であり、そして、リスクと利益に注意を払いながら、弱点の発見に近づいていく。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.771482",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.771482",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 44
},
{
"id": 146788,
"title": "組織の中で脆弱な場所の検索",
"description": "防御的カウンターインテリジェンスは、敵性勢力の諜報活動によって発見されやすい、組織の中で脆弱な場所を探すことから始まる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.774259",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.774259",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 45
},
{
"id": 146789,
"title": "敵性勢力の諜報活動に対抗する作戦",
"description": "敵性勢力の諜報活動に対抗する作戦は、自国や友好国の安全を脅かす集団に対抗するためのものである可能性もある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.776955",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.776955",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 46
},
{
"id": 146790,
"title": "人道支援や開発援助も対象範囲に含む",
"description": "友好国の政府を支援するためになされる活動の範囲は、幅広い機能を含むこともあり、軍事支援や防諜活動だけでなく、人道支援や開発援助(例えば国家の建設)もその範囲に含まれる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.780194",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.780194",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 47
},
{
"id": 146791,
"title": "敵性勢力(敵性国家・テロ集団及び犯罪集団)",
"description": "敵性勢力にはテロリスト集団だけでなく、国境を超える犯罪組織も含まれる。国境を越える犯罪組織には麻薬取引、資金洗浄、サイバーテロ、密輸を行う集団などが含まれる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.782468",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.782468",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 48
},
{
"id": 146792,
"title": "反乱者(自国や友好国の政府に対する個人および集団)",
"description": "反乱者とは、その国の政府によって犯罪組織または軍事組織と認識されている政府に対立する集団である場合や、自国や友好国の政府に対する秘密の諜報活動や秘密作戦を行っている疑いのある個人および集団であることもある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.784631",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.784631",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 49
},
{
"id": 146793,
"title": "戦略的な評価・作戦や捜査への戦術的オプション準備",
"description": "カウンターインテリジェンスとカウンターテロリズムは、敵性勢力の諜報機関やテロリスト集団に対する戦略的な評価や、現在進行中の作戦や捜査への戦術的なオプションの準備を提供すると分析されている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.786728",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.786728",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 50
},
{
"id": 146794,
"title": "カウンターエスピオナージの積極的な行動",
"description": "カウンターエスピオナージには、二重スパイ、欺騙、または外国の諜報機関の職員をリクルートすることなどの外国の諜報活動に対する積極的な行動も含まれる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.788783",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.788783",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 51
},
{
"id": 146795,
"title": "秘密のヒューミントの人的資源の洞察",
"description": "秘密のヒューミントの人的資源は、敵の思考に対して最大の洞察を与えるが、それらはまた、敵の攻撃においてその組織の最も脆弱なものとなりうる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.790825",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.790825",
"children": [],
"position": "9",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 52
},
{
"id": 146796,
"title": "敵のエージェントを信用する前に",
"description": "敵のエージェントを信用する前に、そのような人物が自国で信用されているかどうかを疑ってから始めることを忘れてはならない。彼らはその国に未だに忠誠を誓っているかもしれないからである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.792927",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.792927",
"children": [],
"position": "10",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 53
}
],
"position": "3",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"expanded": true,
"localID": 43
},
{
"id": 146805,
"title": "攻撃的CI",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.495761",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.495761",
"children": [
{
"id": 146798,
"title": "発見した敵性勢力の諜報活動を行う人物を無力化",
"description": "攻撃的カウンターインテリジェンス(CI)は、発見した敵性勢力の諜報活動を行う人物を無力化し、逮捕するか、国外退去を命じる一連の技法である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.475143",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.475143",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 55
},
{
"id": 146799,
"title": "諜報活動を行う人物に関する情報獲得または操作",
"description": "技法対応後、諜報活動を行う人物に関する情報を獲得しようとするか、または敵意のある諜報機関に対してダメージを与えるために活発な情報操作を行う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.477543",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.477543",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 56
},
{
"id": 146800,
"title": "敵意のある活動に対して積極的な方法",
"description": "敵性勢力からの攻撃、勢力の浸透、または諜報活動に対する最善の防御の方法は、それらの敵意のある活動に対して積極的な方法をとることである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.480003",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.480003",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 57
},
{
"id": 146801,
"title": "諜報活動への物理的な攻撃を検知・反撃",
"description": "カウンターエスピオナージと呼ばれる方法とは、敵による諜報活動または友好国に対する諜報活動への物理的な攻撃を検知し、損害を与えることや情報の損失を防ぎ、可能であるならば反撃を行うことである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.482219",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.482219",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 58
},
{
"id": 146802,
"title": "カウンターエスピオナージ(対抗リクルート・離反工作)",
"description": "カウンターエスピオナージは敵に対抗するために行われるものだけでなく、敵性勢力の諜報機関のエージェントをリクルートすることや、実際に自身の活動に忠誠を誓っている人物を疑うこと、敵の諜報活動にとって有益なリソースを取り除くことにより、敵の諜報活動を撃退しようと積極的に試みるものである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.484485",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.484485",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 59
},
{
"id": 146803,
"title": "エージェントの逮捕・国外退去",
"description": "自国あるいは友好国で敵意のある行為が行われた場合には、警察による協力を通じて、敵のエージェントは逮捕されるか、国外退去が宣言される。緊急的な状況では、最初の手順として逮捕という措置が取られる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.486412",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.486412",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 60
},
{
"id": 146804,
"title": "法執行機関の本来の役割と抵触する可能性",
"description": "諜報活動の観点からは、逮捕または脅威を取り除くための行為のために、ある側にとって有利となる状況を利用することは、通常好ましいことであるが、状況によっては、法執行機関の本来の役割と抵触することがある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.488217",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.488217",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 61
}
],
"position": "4",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"expanded": true,
"localID": 54
},
{
"id": 146813,
"title": "防諜による諜報活動の安全の確保",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.979611",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.979611",
"children": [
{
"id": 146806,
"title": "文化・源泉・手段と資源におけるリスクの分析",
"description": "防御的カウンターインテリジェンスでは、特に諜報活動を行う際の、文化・源泉・手段と資源におけるリスクの分析が行われる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.953458",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.953458",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 63
},
{
"id": 146807,
"title": "効果的な諜報活動におけるリスク管理",
"description": "効果的な諜報活動はしばしばリスクを負って行われるものであるため、リスク管理はそれらの分析に常に反映されなければならない。リスクを計算に入れている場合でさえ、適切な対応策を取り入れることによって活動のリスクを軽減する必要がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.956276",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.956276",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 64
},
{
"id": 146808,
"title": "コミュニティー内部の人物と接触",
"description": "敵性勢力による諜報活動は特に開かれた社会、また、その環境において開拓していくことでコミュニティーを崩壊させるために内部の人物と接触する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.959219",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.959219",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 65
},
{
"id": 146809,
"title": "攻撃的対応による侵入者の発見・無力化",
"description": "攻撃的カウンターエスピオナージは侵入者を見つけ、無力化するための最も強力な手法であるが、それが唯一の手段ではない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.962235",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.962235",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 66
},
{
"id": 146810,
"title": "囚人プロジェクトの目的",
"description": "何が個人を所属している側から転向させるのかについて理解することが囚人プロジェクトの目的である。個人のプライバシーを侵害することなく、特に情報システムの利用における、異常な振る舞いを見つけるためのシステムを開発することは可能である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.965101",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.965101",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 67
},
{
"id": 146811,
"title": "国内の脅威と関連項目の詳細",
"description": "諜報活動は敵性勢力だけでなく国内の脅威からも攻撃を受けやすい。それは転覆、背信、脆弱性、政府と企業の秘密、そして諜報活動の情報源と方法のリークなどによってである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.967789",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.967789",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 68
},
{
"id": 146812,
"title": "敵性勢力のスパイの操作・捜査指揮・逮捕・国外追放・経路利用",
"description": "カウンターインテリジェンス・コミュニティは敵性勢力のスパイの操作、積極的な捜査の指揮、逮捕または、国外に追放するか、または欺くために彼らを無意識のうちに経路として利用するか、または彼らを二重スパイに仕立てようとすることである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.971122",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.971122",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 69
}
],
"position": "5",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"expanded": true,
"localID": 62
},
{
"id": 146820,
"title": "防諜部隊防護活動",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.395008",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.395008",
"children": [
{
"id": 146814,
"title": "国外における人的資源の活用",
"description": "防諜部隊防護活動(CFSO)は国外において人的資源を活用して行われる作戦であり、通常は秘密裏に行われ、国内とのセキュリティのレベルのギャップを埋めるとともに、諜報活動を行う際に指揮官からの諜報員への要求を満たすことが目的である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.381609",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.381609",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 71
},
{
"id": 146815,
"title": "部隊防護のための情報の提供",
"description": "地元の人々と交流している軍警察やパトロール隊は、防諜のためのヒューミントの資源としては本当に価値があるかもしれないが、彼ら自身が防諜部隊防護活動を行うことはない。国家の諜報機関の諜報員の保護と、敵を撃退するための軍隊を提供したり、部隊防護のための情報の提供が諜報機関に必要とされることを区別している。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.383384",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.383384",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 72
},
{
"id": 146816,
"title": "防諜と関連があるわけではい人材との混同を防ぐ",
"description": "ヒューミント(人間を媒介とした諜報活動)の資源は、本当にヒューミントとして利用するかもしれないが、特に防諜と関連があるわけではい人材との混同を防ぐ軍の偵察パトロール隊など他にもある。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.385048",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.385048",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 73
},
{
"id": 146817,
"title": "人的資源からの情報の選別と報告",
"description": "部隊防護、諜報機関の活動、または国家の安全保障にとって重要な施設の保護に用いられるアクティブ・カウンターメジャーは、ヒューミントの対象と関わりがあるが、エージェントを発見するための非正規、臨時のあるいは付随した資源と呼ばれる人的資源からの情報の選別と報告を行う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.386549",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.386549",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 74
},
{
"id": 146818,
"title": "情報先の人的資源のリスト",
"description": "・政治亡命のために離反を始めようとする情報機関に志願して採用された者。・審査中に接触を受け、面接を受けた者。・発見され捕虜となった者。・難民と国外追放者。・公式の連絡係。・気づいていない人的資源(防諜にとって有益な情報を提供し、漏洩の過程にあるそのような情報が、審査で彼らに有利に働いているとは知らないかもしれない、すべての個人)",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.388101",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.388101",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 75
},
{
"id": 146819,
"title": "現地の法執行機関と諜報機関との関係を築く",
"description": "現地に展開する軍への部隊防護は、任務の遂行中や、宿泊先においてさえ、国家レベルのテロ防護組織による十分な支援を受けていないかもしれない。ある国において、すべての活動の、軍事支援や顧問団とともに、部隊防護防諜活動の人員とともに活動することにより、現地の法執行機関と諜報機関との関係を築くことが可能になる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.389674",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.389674",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 76
}
],
"position": "6",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"expanded": true,
"localID": 70
},
{
"id": 146839,
"title": "カウンター・インテリジェンス(CI)",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.759989",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.759989",
"children": [
{
"id": 146821,
"title": "安全に対する脅威となる懸念の特定と対応活動",
"description": "カウンター・インテリジェンス(CI)とは敵意のある諜報機関、またはスパイ活動、破壊活動、国家転覆、テロリストの活動、組織化された犯罪や他の犯罪行為と関係があるおそれがある個人によって提起された、藩国の人員・組織・施設及びその所有物と情報の安全に対する脅威となる懸念の特定とそれへの対応の活動を意味する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.720907",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.720907",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 78
},
{
"id": 146822,
"title": "セキュリティ・インテリジェンス(SI)",
"description": "セキュリティ・インテリジェンス(SI)とは敵意のある諜報機関やスパイ活動、破壊活動、国家転覆、テロリストの活動、組織化された犯罪や他の犯罪行為と関係があるおそれがある個人の、身元や属性・能力の特定・意図を探ること意味する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.72265",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.72265",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 79
},
{
"id": 146823,
"title": "ドクトリン:ヒューミント(人間)",
"description": "ヒューミント(人間を媒介とした諜報活動)・攻撃的:対偵察、攻撃的カウンターエスピオナージ。・防御的:作戦の安全を確保するための欺騙。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.724054",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.724054",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 80
},
{
"id": 146824,
"title": "ドクトリン:シギント(通信)",
"description": "シギント(通信・電磁波・信号等の傍受を利用した諜報活動)・攻撃的:運動エネルギーおよび電子攻撃の推奨。・防御的:安全な電話、暗号、欺騙を用いた無線の運用セキュリティ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.725553",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.725553",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 81
},
{
"id": 146825,
"title": "ドクトリン:イミント(画像)",
"description": "イミント(偵察衛星や偵察機によって撮影された画像を分析)・攻撃的:運動エネルギーおよび電子攻撃の推奨。・防御的:欺騙、運用セキュリティの対抗手段、欺騙(おとり、カモフラージュ)、可能であるならば隠れたり活動を中止して上空の衛星からのレポートを利用する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.727419",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.727419",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 82
},
{
"id": 146826,
"title": "カウンター・ヒューミント(人間)",
"description": "ヒューミント(人間を媒介とした諜報活動)に対抗する基本的な手段は、組織内において敵のスパイまたは二重スパイとして活動するヒューミントの源泉の発見、または敵のヒューミントの源泉となりそうな個人の発見の双方を扱う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.728863",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.728863",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 83
},
{
"id": 146827,
"title": "ヒューミント:個人がテロリストとなるのか",
"description": "カウンターインテリジェンスの幅広いスペクトラムに関連するカテゴリーは、なぜ個人がテロリストとなるのかということである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.73028",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.73028",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 84
},
{
"id": 146828,
"title": "ヒューミント:テロへの道の注目すべき項目",
"description": "注目すべきは、Money(金銭)・Ideology(イデオロギー)・Compromise、coercion(妥協または脅迫)・Ego(欲求)である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.731726",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.731726",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 85
},
{
"id": 146829,
"title": "ヒューミント:離反行為への心理的理由",
"description": "人々が裏切りや機密資料の公開、敵への作戦の漏洩、またはテロリスト集団に加わるような行為を行う最も普遍的な理由を表している。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.733193",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.733193",
"children": [],
"position": "9",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 86
},
{
"id": 146830,
"title": "ヒューミント:人材への誘惑と監視",
"description": "リスクのために信頼のある人物が経済的なストレスを抱えているかどうかや極端な政治思想に傾倒していないかどうか、恐喝に対して脆弱であるかどうか、周囲から認められるために過度な欲求を持っているかまたは批判に対して不寛容であるかについて監視することは有意義である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.734886",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.734886",
"children": [],
"position": "10",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 87
},
{
"id": 146831,
"title": "ヒューミント:問題の解決と有用な職員として活用",
"description": "幸運であれば、問題を抱えている職員をいち早く見つけ、彼らを思いとどまらせるための支援が提供され、スパイ行為を回避するだけでなく、有用な職員として活用することができる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.736584",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.736584",
"children": [],
"position": "11",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 88
},
{
"id": 146832,
"title": "カウンター・シギント(通信・電波信号)",
"description": "シギント(通信・電磁波・信号等の傍受を利用した諜報活動)に対抗する基本的な手段は、軍事やセキュリティを取り扱う組織は、商業的な電話または一般的なインターネット接続において情報が通過する際に不適切な情報を検知することによって、安全な通信、そして監視のない安全なシステムを用いる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.738057",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.738057",
"children": [],
"position": "12",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 89
},
{
"id": 146833,
"title": "シギント:安全な通信を利用するための教育",
"description": "専門的な技術に詳しい者による傍受に対して脆弱なものにならないようにするため、安全な通信を利用するための必要な教育、そしてそれらを正しく利用するための指導が行われる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.739532",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.739532",
"children": [],
"position": "13",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 90
},
{
"id": 146834,
"title": "カウンター・イミント(画像分析)",
"description": "イミント(偵察衛星や偵察機によって撮影された画像の分析)に対抗する基本的な手段は、いつ敵が写真を撮影し、写真の撮影を妨害するのかを正しく掌握することである。ある状況、特に自由な社会においては、公的な建造物が常に写真やそれ以外の技術の標的となることは受け入れなければならない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.7412",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.7412",
"children": [],
"position": "14",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 91
},
{
"id": 146835,
"title": "イミント:目視可能な対象物の秘匿・カモフラージュ",
"description": "カウンターメジャーには目視可能な敏感な対象物を秘匿またはカモフラージュすることも含まれる。偵察衛星のような脅威に対処するには、衛星が上空にいるときに、その周回軌道に気づくことによって人員に活動を止めさせて安全を確保することができる、あるいは機微に触れるような部分を隠すことができるかもしれない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.742652",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.742652",
"children": [],
"position": "15",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 92
},
{
"id": 146836,
"title": "イミント:偵察用の航空機や無人機対応",
"description": "偵察用の航空機や無人機にも適用され、より直接的にそれらを撃墜する、あるいはそれらの出撃の際やまたは支援の範囲内にある間に攻撃するという手段もあるが、戦時においては選択肢の一つとなる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.743991",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.743991",
"children": [],
"position": "16",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 93
},
{
"id": 146837,
"title": "カウンター・オシント(公開情報)",
"description": "オシント(公開情報の分析)の分野の概念が広く認識されるまでは、国家の安全保障に直接関わる資料は検閲を行うことがオシントに対処するための基本的な考え方だった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.74549",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.74549",
"children": [],
"position": "17",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 94
},
{
"id": 146838,
"title": "オシント:報道の自由のバランス",
"description": "民主的な社会では、戦時においてすら、検閲は報道の自由を侵すことがないように注意しなくてはならないが、そのバランスの設定は国と時代によって異なる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.746925",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.746925",
"children": [],
"position": "18",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 95
}
],
"position": "7",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"expanded": true,
"localID": 77
},
{
"id": 146844,
"title": "攻撃的CIの作戦の類型",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-21 22:06:29.807238",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:29.807238",
"children": [
{
"id": 146840,
"title": "モール(モグラ)の状況",
"description": "モールは藩国に諜報員として訓練を受けている場合と受けていない場合とがある。実際には彼らは訓練を受けていないが敵性勢力の諜報機関に浸透していく意思があり、そのリスクも理解していない場合、または類まれな勇敢な人物で、敵性勢力に対する高い関心があり、限られた準備のために本当に忠誠を誓っている組織が明らかになった場合に報復を受けるリスクを負うことをいとわない場合とがある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:29.798912",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:29.798912",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 97
},
{
"id": 146841,
"title": "離反者の理由と価値",
"description": "組織を離れることを望む人物、そのような者は時には高いレベルの地位にある者、または経済的な困窮によって露見するリスクの少なかった者であることもあるが、そのようの人物は進んで捕らわれようとやって来る。たとえそうであったとしても、離反者は確かに情報を携えており、そして資料や他の価値のあるデータをもたらすこともある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:29.800749",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:29.800749",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 98
},
{
"id": 146842,
"title": "エージェントの採用と維持",
"description": "敵性勢力の諜報機関(またはテロリスト集団)における地位に相当する範囲内で敵に直接採用される場合、または諜報員(またはテロリスト)の活動を維持しながら自らが所属する組織に対するスパイ行為を行う場合が挙げられる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:29.802163",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:29.802163",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 99
},
{
"id": 146843,
"title": "二重スパイの運用と対処",
"description": "二重スパイの作戦運用について考えを巡らせる前に、諜報機関はその人的資源について考えなければならない。始まりから終わりに至るまで、二重スパイの作戦の運用は最大限の注意深さをもって計画され、実施され、そしてすべてについて報告されなければならない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:29.803538",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:29.803538",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 100
}
],
"position": "8",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"expanded": true,
"localID": 96
},
{
"id": 146857,
"title": "獲得工作の詳細と運営対応",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.03931",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.03931",
"children": [
{
"id": 146845,
"title": "協力者を得るために使う工作活動",
"description": "獲得工作とは、情報機関が協力者を得るために使う工作活動の一種である。情報機関員が対象組織(政府、軍隊、政党など)の内部に協力者を獲得し、情報収集に利用する。いわゆる諜報活動の中心となる手法の一つであり、正しく対処運営しなくてはいけないる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.013823",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.013823",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 102
},
{
"id": 146846,
"title": "協力者への対処と逆救出",
"description": "獲得工作は協力者の弱みを握って脅し、情報を取るとは限らない。相手は脅されれば逃げることもある。工作にかかった人間を相手が守る場合もある。工作にかかった人間を救出する場合、情報漏洩を防げるし、偽情報を流すことも出来るからである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.015473",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.015473",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 103
},
{
"id": 146847,
"title": "協力者との信頼関係を築く",
"description": "良い情報を得たり、工作を行うためには協力者が進んで協力するという状態にまで相手を運営する必要がある。そのためには情報機関員が協力者と信頼関係を築くことが重要である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.016899",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.016899",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 104
},
{
"id": 146848,
"title": "内部の人間を利用して情報収集",
"description": "情報機関が対象組織の情報を収集する場合、情報機関員が自ら情報収集を行うには限度がある。そこで、内部の人間を利用して情報収集を行う必要がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.018183",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.018183",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 105
},
{
"id": 146849,
"title": "積極工作(アクティブ・メジャーズ)",
"description": "対象組織の中にいる協力者を利用することで、都合のよい方向に誘導できる可能性がある。このような、対象組織を都合よく誘導する工作を積極工作(アクティブ・メジャーズ)という。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.019684",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.019684",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 106
},
{
"id": 146850,
"title": "獲得工作への対象人材",
"description": "どんな人間に工作をかけるかは場合によって異なる。対象組織の幹部などを一本釣りする場合もあれば、対象組織の人間を獲得してから幹部に育て上げる場合もあるとされる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.02124",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.02124",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 107
},
{
"id": 146851,
"title": "獲得工作の獲得人材例",
"description": "獲得しやすい人物は、例として以下のような人物といわれる。・組織に反発心を持つ人物。・有能だが、意志の弱い人物。・家庭の問題などを抱えた人物。・情報機関員と個人的な間柄にある人物。・金銭の誘惑に弱い人物。具体的な例として、秘書、不満を抱えたインテリを挙げている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.022649",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.022649",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 108
},
{
"id": 146852,
"title": "獲得工作活動の手法",
"description": "・基礎調査:協力者になりそうな人物の経歴、組織内での地位、性格、趣味などを調べ上げる。・選定:基礎調査を元に、誰を工作するか選定する。・計画:対象者にどう工作をかけるかを計画する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.023953",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.023953",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 109
},
{
"id": 146853,
"title": "獲得の接触と既成事実の積み重ね",
"description": "対象者に接触する。接触の方法はさまざまなものがある。仕事を使ったり、偶然を装う、脅して呼び出すなどの方法がある。接触すると、機関員は対象者に近付き、問題を解決したりして恩義や親近感を得ると共に、何か協力すると「お礼」として金銭を渡し、既成事実を積み重ねていく。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.025259",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.025259",
"children": [],
"position": "9",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 110
},
{
"id": 146854,
"title": "獲得の説得と協力者登録",
"description": "身分を明かし、対象者に協力を要請する。この段階が一番難しく、断られることも多い。その場合は積み上げてきた既成事実を使って断れない話を持ちかけることになる。ここで対象者が了承すると、獲得となり「協力者」として登録される。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.026665",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.026665",
"children": [],
"position": "10",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 111
},
{
"id": 146855,
"title": "獲得後の協力者の信頼と連絡手法",
"description": "連絡して情報を貰うほか、協力者と会って信頼関係を深める。しかし接触は危険であるため、出来るだけ顔を合わせずに連絡を行い、乱数放送やデッド・ドロップといった様々な技術を使う。接触する前は尾行点検を行い、時間や場所を工夫をしたりと細心の注意を払う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.027959",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.027959",
"children": [],
"position": "11",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 112
},
{
"id": 146856,
"title": "獲得後の協力者の管理・運営・援助",
"description": "より良い工作を行うためには、協力者が組織で出世することが望ましい。そのために金銭を与えたり、様々なケアを行う。情報機関では、協力者を重要度、地位等で分けて管理する。協力者が出世するように金銭を与えるなどの援助を行うこともある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.029257",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.029257",
"children": [],
"position": "12",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 113
}
],
"position": "9",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"expanded": true,
"localID": 101
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"expanded": false,
"localID": 14
}
],
"expanded": true,
"localID": 0
}
]

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
画像UP
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -