星鋼京掲示板


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 624
タイトル 広域防災基地
投稿日 : 2017/12/25(Mon) 00:12:01
投稿者 紫門
参照先
*部品構造

-大部品: 広域防災基地 RD:50 評価値:9
--大部品: 広域防災基地とは何かの説明 RD:3 評価値:3
---部品: どんな時に使われるかなどの概要
---部品: 国の最後の砦ともいえる
---部品: 緊急時は国の重要機関がこの基地にシフトされる
--大部品: 基地内の各施設と設備 RD:36 評価値:8
---部品: 災害対策本部の施設
---部品: 通信管理室
---部品: 災害医療センター
---大部品: 救急車 RD:26 評価値:8
----大部品: 救急車の概説 RD:7 評価値:5
-----部品: 救急車の定義
-----部品: 救急車の運用
-----部品: 救急車の人員
-----部品: 救急車の国別状況
-----部品: 救急車の運用機関
-----部品: 救急車の連絡管理
-----部品: 救急車の優先走行
----大部品: 救急車の装備 RD:11 評価値:6
-----部品: 救急車の車内内容
-----部品: 広いように見えても
-----部品: プライバシーの配慮
-----部品: 整理整頓は大事
-----部品: 救急車の医療機器例
-----部品: 筆記用具セットなど
-----部品: 観察用器材セット類
-----部品: 患者を安全に輸送するために
-----部品: 救急車の車体上部警告灯
-----部品: サイレン・警告音出力装置
-----部品: 救急連絡無線機
----大部品: 自動車 RD:8 評価値:5
-----部品: 自動車とは
-----大部品: 構造 RD:7 評価値:5
------部品: 車体
------部品: 原動機
------部品: 動力伝達
------部品: 操舵装置
------部品: 制動・拘束装置
------部品: 運転装置
------部品: 公害対策
---部品: 災害用消防署
---部品: 軍用と医療用の共用ヘリポート
---部品: 飛行機、I=D用滑走路
---部品: 軍の駐屯地
---大部品: 物資備蓄庫 RD:2 評価値:2
----部品: 生活必需品
----部品: 非常用食料関係
---部品: 非常用電源
--大部品: 基地内にある各構成機関 RD:5 評価値:4
---部品: 政府組織
---部品: 災害復興技術班
---部品: 災害対策にあたる軍
---部品: 医療関係組織
---部品: 消防庁(支部)
--大部品: 普段の基地の様子 RD:6 評価値:4
---部品: 軍を配備し災害に備える
---部品: 医療研修機関としての利用
---部品: 消防署の訓練の場にもなる
---部品: イベントを開催して国民の防災意識を高める
---部品: 備蓄食料は期限までに交換すること
---部品: 日々の設備の点検はおろそかにしない



*部品定義

**部品: どんな時に使われるかなどの概要
広域防災基地とは、首都が大規模災害や大規模な侵攻による戦闘などの非常事態に陥り首都として機能しなくなった際に、国の機能を再開するための拠点である。

**部品: 国の最後の砦ともいえる
首都の機能を維持する施設が備わった基地であり、国の復興のための最終手段として使用される。そのため国の最後の砦ともいえる。基地内の建物はすべて大規模な地震も耐えうる頑丈な造りになっている。

**部品: 緊急時は国の重要機関がこの基地にシフトされる
緊急時は国の重要機関がこの基地にシフトされる。首都にある重要機関での活動をこの基地に移して平時の国としての活動を何としても維持する。

**部品: 災害対策本部の施設
この施設の中には臨時の政府、災害対策本部などが活動するための会議室などの設備が整っている。国の要人が集まる場所でもあるので基地内の建物の中でも最も強度が高い。

**部品: 通信管理室
災害が起きた際には情報の伝達と管理が重要になってくる。そのためこの施設で各地の基地や領主と通信し、適切な情報を発信する。施設内にはPCや電話などが多数完備されている。

**部品: 災害医療センター
大規模な災害や侵略に遭った際には、必ずと言っていいほど医療が必要になってくる。この災害医療センターは、非常時は病院として機能し、また、派遣された医師や看護師たちの拠点にもなる。

**部品: 救急車の定義
救急車は、傷病者を病院などの医療施設まで迅速かつ安全に搬送するための車両のことである。その運用は各藩国の法令により様々な形態をとる。

**部品: 救急車の運用
人工心臓マッサージ器や人工呼吸器、検査装置等の医療機械を搭載し、医療機関搬送前の現場などへ直接出動する。

**部品: 救急車の人員
救急車に搭乗する人員は、運転手、医師、救急隊員などである。国・地域によって、搭乗すべき人員が定められている。運転手も救急現場では救急活動に携わることがほとんどである。

**部品: 救急車の国別状況
救急車を運用する機関は、主として医療機関、救急専門機関、消防機関などであるが、国によって状況は大きく異なる。

**部品: 救急車の運用機関
自治体や中央政府が主要な救急車運用機関のこともあるが、民間企業(緊急医療サービス)が有料で救急搬送を実施している地域やボランティアが担っている地域も存在する。

**部品: 救急車の連絡管理
多くの国・地域では、救急車を必要としている人が救急車を迅速に呼べるようにするため、救急車を集中的に管理する施設を設置し、救急車の出動を要請する連絡先を一元的に管理している。

**部品: 救急車の優先走行
救急車は迅速性が求められることから、多くの国・地域で優先走行が認められている。例えば、停止信号でも優先的に進行したり、渋滞時には対向車線を走行するなどといった、他車に対する優先的な走行が可能となっている。

**部品: 救急車の車内内容
装備は、車両を所有する病院によって装備の内容が少しずつ異なっており画一化されていないが、通信・情報機器が備えられている事が多い。

**部品: 広いように見えても
外から見ると広いように見えるが、医療器具を乗せ後ろのドアから成人男性が横になっても十分な大きさのストレッチャーごと収納すると搭乗する職員以外には補助席に1〜2人くらいが限度となる。

**部品: プライバシーの配慮
患者のプライバシーを確保するため、外から中が見えにくいように工夫された窓やカーテンが装備されている。もちろん運転には支障がないように配慮されている。

**部品: 整理整頓は大事
狭い車内で処置を行えるように物品の整理整頓は大事である。医療機器の整備点検、消耗品の補充や使用期限切れがないように定期的に行っている。

**部品: 救急車の医療機器例
医療機器(ストレッチャー(または担架)医療用酸素ボンベ一式、患者モニター、除細動器(AED)、シリンジポンプ、輸液ポンプ)

**部品: 筆記用具セットなど
ハサミ、鉛筆やボールペン、メモ用紙等の記録用紙、計算機。病院へと引き継ぐために患者の状態や行った処置、使用薬品等記録を残したり処置に使用したりする。

**部品: 観察用器材セット類
聴診器、血圧計、ペンライト、パルスオキシメーター等患者の状態を把握するための道具類。今後の治療の指針となる。

**部品: 患者を安全に輸送するために
速やかに搬送させるため、ストレッチャーは車体に固定されるようになっている。医療器材も同様で激しい揺れに対応出来るようにしている。

**部品: 救急車の車体上部警告灯
車体上部に取り付けるワーニングライトである。LED式警光灯と軽量かつ低容積へと加工性の高い軽金属で作られていることが多い。

**部品: サイレン・警告音出力装置
特徴のある警告音で周囲の車両に知らせるための機構。マイクが備え付けられており、運転手が直接声で情報や指示を出すことができる。

**部品: 救急連絡無線機
病院や他の救急車に相互連絡できるシステム。サイレン・警光灯などと共に集中制御出来る制御盤が接続されダッシュボードに装備されている。

**部品: 自動車とは
自動車とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、レールや架線などを用いずに路上を走る車のことである。

**部品: 車体
車体は主に鋼鉄を使用したモノコック方式で作成されており、その車種の用途に応じた居住性、剛性、強度を備える。

**部品: 原動機
動力を発生させる内燃機関。シリンダー内で燃料を爆発させピストンの往復運動をクランクシャフトで回転運動に変換して出力する。

**部品: 動力伝達
原動機が効率的に出力を発揮する回転速度から、走行に適した回転速度へと変速機によって減速される。複数のギヤ比によってトルクと回転数を操作する。ここからシャフトへ動力を伝えタイヤを回転させることで走行する。

**部品: 操舵装置
操舵は前輪の方向を変えて車体を旋回させる前輪操舵方式が一般的で、ハンドルの回転は機構を介して車輪を左右に押す作用に換えられる。油圧やモーターによって操作を補助する機構が組み込まれている。

**部品: 制動・拘束装置
ブレーキの操作は、主に足踏み式のペダルで行う。ペダルに加えられた力は油圧や空気圧を介してブレーキ装置に伝達し、摩擦材を回転部分に押しつけ、運動エネルギーを熱エネルギーに変換してスピードを落とす。駐車時に車体が動き出さないように拘束するパーキングブレーキが備えられている。

**部品: 運転装置
運転者の座席は座部と背もたれを備えた椅子形のものが主流で、運転席の正面には操舵用のハンドルと加速用のアクセルペダルと減速用のブレーキペダル、あるいはクラッチペダルが備えられているのが標準的な自動車の構造である。

**部品: 公害対策
有毒な排気ガスは触媒を通し加熱する事で毒性を取り除き、駆動音などによる騒音は法令で一定以下になるよう義務付けられている。

**部品: 災害用消防署
災害時に火災が発生した場合は速やかに消火活動を行わなければ、二次被害、三次被害に繋がりかねない。この消防署は災害時に速やかに首都圏や各地へ出動できるよう常に備えをしている。

**部品: 軍用と医療用の共用ヘリポート
このヘリポートは軍のヘリとドクターヘリが共用できるもので、少し離れた位置に4カ所配置されている。基本その施設に近い場所のヘリポートを使う。

**部品: 飛行機、I=D用滑走路
飛行機とI=Dが使う滑走路で、首都が大規模侵攻に遭った際はすぐに出動できるようになっている。滑走路は4つある。

**部品: 軍の駐屯地
大規模侵攻で首都が壊滅状態にあるとき、軍は敵に反撃するため出動しなければならない。そうでなくても、各地の治安維持のために基地内に軍を配備し、いざというときに備える。

**部品: 生活必需品
備蓄庫にある物資……ライト、ろうそく、マッチ、ロープ、ブルーシート、軍手、ガムテープ、カイロ、非常用トイレ、ポリ袋(黒)、ビニール袋、ウエットティッシュ

**部品: 非常用食料関係
備蓄庫にある物資……非常食(レトルト食品、乾パン、保存用缶入りパン)、水、カセットコンロ、コンロ用ガスボンベ

**部品: 非常用電源
災害時は電気が通っていない可能性がある。そのため、非常用電源を備え、すぐに電気がつくようにすることが必要。

**部品: 政府組織
政府組織がいなければ国は重要な局面で決断ができない。そのため基地で政府組織を再建しつつ、災害や大規模侵攻の対策にあたる。

**部品: 災害復興技術班
復興するためには各分野の技術や知識が必要である。この組織は、そういった各分野の知識人たちが集まり、対策案に対して助言するためのものである。

**部品: 災害対策にあたる軍
災害対策にあたるための軍が駐屯地に滞在している。これは、侵攻以外にも、災害で民間だけでは片づけられない作業(大きなものを移動させる、国民の士気を高めるなど)を行うためである。

**部品: 医療関係組織
医療は災害時必須である。医療関係者で災害時の対策用に組織を結成し、災害医療センターを基地として活動する。

**部品: 消防庁(支部)
消防庁の支部として機能し、消防活動にあたるための情報管理などがいつでもこの基地へシフトできるようになっている。

**部品: 軍を配備し災害に備える
滑走路やヘリポートがあることから、軍の配備場所として訓練にも使える。この訓練のおかげで緊急時の対応を即座に開始することができる。

**部品: 医療研修機関としての利用
災害医療センターは災害医療の研修機関として平時は運営されている。ここでは医師や看護師たちが災害時にすぐ対応にあたることができるよう訓練している。

**部品: 消防署の訓練の場にもなる
基地内の消防署は平時の時は通常の消防署と同じように機能している。危険な場所に踏み込む職業であるため、日々の訓練、技術の向上が実際の現場で役に立つ。

**部品: イベントを開催して国民の防災意識を高める
国民の防災意識を高めるためにイベントを開催する。地震の揺れを体験するコーナーや軍の飛行機やヘリ、I=Dなどの記念撮影などができる。また応急手当や人工呼吸などの簡単な医療知識の体験も行っている。

**部品: 備蓄食料は期限までに交換すること
備蓄分の食料は消費期限が長いがそれでもいずれは食べられなくなる。その前にイベントで非常食体験として来場者に配るなどして交換する。

**部品: 日々の設備の点検はおろそかにしない
いざというときに設備が使えないのでは意味がない。日々の各施設や設備の点検はおろそかにしないこと。最低でも半年に一回の点検を心掛ける。



*提出書式

大部品: 広域防災基地 RD:50 評価値:9
-大部品: 広域防災基地とは何かの説明 RD:3 評価値:3
--部品: どんな時に使われるかなどの概要
--部品: 国の最後の砦ともいえる
--部品: 緊急時は国の重要機関がこの基地にシフトされる
-大部品: 基地内の各施設と設備 RD:36 評価値:8
--部品: 災害対策本部の施設
--部品: 通信管理室
--部品: 災害医療センター
--大部品: 救急車 RD:26 評価値:8
---大部品: 救急車の概説 RD:7 評価値:5
----部品: 救急車の定義
----部品: 救急車の運用
----部品: 救急車の人員
----部品: 救急車の国別状況
----部品: 救急車の運用機関
----部品: 救急車の連絡管理
----部品: 救急車の優先走行
---大部品: 救急車の装備 RD:11 評価値:6
----部品: 救急車の車内内容
----部品: 広いように見えても
----部品: プライバシーの配慮
----部品: 整理整頓は大事
----部品: 救急車の医療機器例
----部品: 筆記用具セットなど
----部品: 観察用器材セット類
----部品: 患者を安全に輸送するために
----部品: 救急車の車体上部警告灯
----部品: サイレン・警告音出力装置
----部品: 救急連絡無線機
---大部品: 自動車 RD:8 評価値:5
----部品: 自動車とは
----大部品: 構造 RD:7 評価値:5
-----部品: 車体
-----部品: 原動機
-----部品: 動力伝達
-----部品: 操舵装置
-----部品: 制動・拘束装置
-----部品: 運転装置
-----部品: 公害対策
--部品: 災害用消防署
--部品: 軍用と医療用の共用ヘリポート
--部品: 飛行機、I=D用滑走路
--部品: 軍の駐屯地
--大部品: 物資備蓄庫 RD:2 評価値:2
---部品: 生活必需品
---部品: 非常用食料関係
--部品: 非常用電源
-大部品: 基地内にある各構成機関 RD:5 評価値:4
--部品: 政府組織
--部品: 災害復興技術班
--部品: 災害対策にあたる軍
--部品: 医療関係組織
--部品: 消防庁(支部)
-大部品: 普段の基地の様子 RD:6 評価値:4
--部品: 軍を配備し災害に備える
--部品: 医療研修機関としての利用
--部品: 消防署の訓練の場にもなる
--部品: イベントを開催して国民の防災意識を高める
--部品: 備蓄食料は期限までに交換すること
--部品: 日々の設備の点検はおろそかにしない


部品: どんな時に使われるかなどの概要
広域防災基地とは、首都が大規模災害や大規模な侵攻による戦闘などの非常事態に陥り首都として機能しなくなった際に、国の機能を再開するための拠点である。

部品: 国の最後の砦ともいえる
首都の機能を維持する施設が備わった基地であり、国の復興のための最終手段として使用される。そのため国の最後の砦ともいえる。基地内の建物はすべて大規模な地震も耐えうる頑丈な造りになっている。

部品: 緊急時は国の重要機関がこの基地にシフトされる
緊急時は国の重要機関がこの基地にシフトされる。首都にある重要機関での活動をこの基地に移して平時の国としての活動を何としても維持する。

部品: 災害対策本部の施設
この施設の中には臨時の政府、災害対策本部などが活動するための会議室などの設備が整っている。国の要人が集まる場所でもあるので基地内の建物の中でも最も強度が高い。

部品: 通信管理室
災害が起きた際には情報の伝達と管理が重要になってくる。そのためこの施設で各地の基地や領主と通信し、適切な情報を発信する。施設内にはPCや電話などが多数完備されている。

部品: 災害医療センター
大規模な災害や侵略に遭った際には、必ずと言っていいほど医療が必要になってくる。この災害医療センターは、非常時は病院として機能し、また、派遣された医師や看護師たちの拠点にもなる。

部品: 救急車の定義
救急車は、傷病者を病院などの医療施設まで迅速かつ安全に搬送するための車両のことである。その運用は各藩国の法令により様々な形態をとる。

部品: 救急車の運用
人工心臓マッサージ器や人工呼吸器、検査装置等の医療機械を搭載し、医療機関搬送前の現場などへ直接出動する。

部品: 救急車の人員
救急車に搭乗する人員は、運転手、医師、救急隊員などである。国・地域によって、搭乗すべき人員が定められている。運転手も救急現場では救急活動に携わることがほとんどである。

部品: 救急車の国別状況
救急車を運用する機関は、主として医療機関、救急専門機関、消防機関などであるが、国によって状況は大きく異なる。

部品: 救急車の運用機関
自治体や中央政府が主要な救急車運用機関のこともあるが、民間企業(緊急医療サービス)が有料で救急搬送を実施している地域やボランティアが担っている地域も存在する。

部品: 救急車の連絡管理
多くの国・地域では、救急車を必要としている人が救急車を迅速に呼べるようにするため、救急車を集中的に管理する施設を設置し、救急車の出動を要請する連絡先を一元的に管理している。

部品: 救急車の優先走行
救急車は迅速性が求められることから、多くの国・地域で優先走行が認められている。例えば、停止信号でも優先的に進行したり、渋滞時には対向車線を走行するなどといった、他車に対する優先的な走行が可能となっている。

部品: 救急車の車内内容
装備は、車両を所有する病院によって装備の内容が少しずつ異なっており画一化されていないが、通信・情報機器が備えられている事が多い。

部品: 広いように見えても
外から見ると広いように見えるが、医療器具を乗せ後ろのドアから成人男性が横になっても十分な大きさのストレッチャーごと収納すると搭乗する職員以外には補助席に1〜2人くらいが限度となる。

部品: プライバシーの配慮
患者のプライバシーを確保するため、外から中が見えにくいように工夫された窓やカーテンが装備されている。もちろん運転には支障がないように配慮されている。

部品: 整理整頓は大事
狭い車内で処置を行えるように物品の整理整頓は大事である。医療機器の整備点検、消耗品の補充や使用期限切れがないように定期的に行っている。

部品: 救急車の医療機器例
医療機器(ストレッチャー(または担架)医療用酸素ボンベ一式、患者モニター、除細動器(AED)、シリンジポンプ、輸液ポンプ)

部品: 筆記用具セットなど
ハサミ、鉛筆やボールペン、メモ用紙等の記録用紙、計算機。病院へと引き継ぐために患者の状態や行った処置、使用薬品等記録を残したり処置に使用したりする。

部品: 観察用器材セット類
聴診器、血圧計、ペンライト、パルスオキシメーター等患者の状態を把握するための道具類。今後の治療の指針となる。

部品: 患者を安全に輸送するために
速やかに搬送させるため、ストレッチャーは車体に固定されるようになっている。医療器材も同様で激しい揺れに対応出来るようにしている。

部品: 救急車の車体上部警告灯
車体上部に取り付けるワーニングライトである。LED式警光灯と軽量かつ低容積へと加工性の高い軽金属で作られていることが多い。

部品: サイレン・警告音出力装置
特徴のある警告音で周囲の車両に知らせるための機構。マイクが備え付けられており、運転手が直接声で情報や指示を出すことができる。

部品: 救急連絡無線機
病院や他の救急車に相互連絡できるシステム。サイレン・警光灯などと共に集中制御出来る制御盤が接続されダッシュボードに装備されている。

部品: 自動車とは
自動車とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、レールや架線などを用いずに路上を走る車のことである。

部品: 車体
車体は主に鋼鉄を使用したモノコック方式で作成されており、その車種の用途に応じた居住性、剛性、強度を備える。

部品: 原動機
動力を発生させる内燃機関。シリンダー内で燃料を爆発させピストンの往復運動をクランクシャフトで回転運動に変換して出力する。

部品: 動力伝達
原動機が効率的に出力を発揮する回転速度から、走行に適した回転速度へと変速機によって減速される。複数のギヤ比によってトルクと回転数を操作する。ここからシャフトへ動力を伝えタイヤを回転させることで走行する。

部品: 操舵装置
操舵は前輪の方向を変えて車体を旋回させる前輪操舵方式が一般的で、ハンドルの回転は機構を介して車輪を左右に押す作用に換えられる。油圧やモーターによって操作を補助する機構が組み込まれている。

部品: 制動・拘束装置
ブレーキの操作は、主に足踏み式のペダルで行う。ペダルに加えられた力は油圧や空気圧を介してブレーキ装置に伝達し、摩擦材を回転部分に押しつけ、運動エネルギーを熱エネルギーに変換してスピードを落とす。駐車時に車体が動き出さないように拘束するパーキングブレーキが備えられている。

部品: 運転装置
運転者の座席は座部と背もたれを備えた椅子形のものが主流で、運転席の正面には操舵用のハンドルと加速用のアクセルペダルと減速用のブレーキペダル、あるいはクラッチペダルが備えられているのが標準的な自動車の構造である。

部品: 公害対策
有毒な排気ガスは触媒を通し加熱する事で毒性を取り除き、駆動音などによる騒音は法令で一定以下になるよう義務付けられている。

部品: 災害用消防署
災害時に火災が発生した場合は速やかに消火活動を行わなければ、二次被害、三次被害に繋がりかねない。この消防署は災害時に速やかに首都圏や各地へ出動できるよう常に備えをしている。

部品: 軍用と医療用の共用ヘリポート
このヘリポートは軍のヘリとドクターヘリが共用できるもので、少し離れた位置に4カ所配置されている。基本その施設に近い場所のヘリポートを使う。

部品: 飛行機、I=D用滑走路
飛行機とI=Dが使う滑走路で、首都が大規模侵攻に遭った際はすぐに出動できるようになっている。滑走路は4つある。

部品: 軍の駐屯地
大規模侵攻で首都が壊滅状態にあるとき、軍は敵に反撃するため出動しなければならない。そうでなくても、各地の治安維持のために基地内に軍を配備し、いざというときに備える。

部品: 生活必需品
備蓄庫にある物資……ライト、ろうそく、マッチ、ロープ、ブルーシート、軍手、ガムテープ、カイロ、非常用トイレ、ポリ袋(黒)、ビニール袋、ウエットティッシュ

部品: 非常用食料関係
備蓄庫にある物資……非常食(レトルト食品、乾パン、保存用缶入りパン)、水、カセットコンロ、コンロ用ガスボンベ

部品: 非常用電源
災害時は電気が通っていない可能性がある。そのため、非常用電源を備え、すぐに電気がつくようにすることが必要。

部品: 政府組織
政府組織がいなければ国は重要な局面で決断ができない。そのため基地で政府組織を再建しつつ、災害や大規模侵攻の対策にあたる。

部品: 災害復興技術班
復興するためには各分野の技術や知識が必要である。この組織は、そういった各分野の知識人たちが集まり、対策案に対して助言するためのものである。

部品: 災害対策にあたる軍
災害対策にあたるための軍が駐屯地に滞在している。これは、侵攻以外にも、災害で民間だけでは片づけられない作業(大きなものを移動させる、国民の士気を高めるなど)を行うためである。

部品: 医療関係組織
医療は災害時必須である。医療関係者で災害時の対策用に組織を結成し、災害医療センターを基地として活動する。

部品: 消防庁(支部)
消防庁の支部として機能し、消防活動にあたるための情報管理などがいつでもこの基地へシフトできるようになっている。

部品: 軍を配備し災害に備える
滑走路やヘリポートがあることから、軍の配備場所として訓練にも使える。この訓練のおかげで緊急時の対応を即座に開始することができる。

部品: 医療研修機関としての利用
災害医療センターは災害医療の研修機関として平時は運営されている。ここでは医師や看護師たちが災害時にすぐ対応にあたることができるよう訓練している。

部品: 消防署の訓練の場にもなる
基地内の消防署は平時の時は通常の消防署と同じように機能している。危険な場所に踏み込む職業であるため、日々の訓練、技術の向上が実際の現場で役に立つ。

部品: イベントを開催して国民の防災意識を高める
国民の防災意識を高めるためにイベントを開催する。地震の揺れを体験するコーナーや軍の飛行機やヘリ、I=Dなどの記念撮影などができる。また応急手当や人工呼吸などの簡単な医療知識の体験も行っている。

部品: 備蓄食料は期限までに交換すること
備蓄分の食料は消費期限が長いがそれでもいずれは食べられなくなる。その前にイベントで非常食体験として来場者に配るなどして交換する。

部品: 日々の設備の点検はおろそかにしない
いざというときに設備が使えないのでは意味がない。日々の各施設や設備の点検はおろそかにしないこと。最低でも半年に一回の点検を心掛ける。




*インポート用定義データ

[
{
"title": "広域防災基地",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "広域防災基地とは何かの説明",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "どんな時に使われるかなどの概要",
"part_type": "part",
"description": "広域防災基地とは、首都が大規模災害や大規模な侵攻による戦闘などの非常事態に陥り首都として機能しなくなった際に、国の機能を再開するための拠点である。",
"localID": 2
},
{
"title": "国の最後の砦ともいえる",
"part_type": "part",
"description": "首都の機能を維持する施設が備わった基地であり、国の復興のための最終手段として使用される。そのため国の最後の砦ともいえる。基地内の建物はすべて大規模な地震も耐えうる頑丈な造りになっている。",
"localID": 3
},
{
"title": "緊急時は国の重要機関がこの基地にシフトされる",
"part_type": "part",
"description": "緊急時は国の重要機関がこの基地にシフトされる。首都にある重要機関での活動をこの基地に移して平時の国としての活動を何としても維持する。",
"localID": 4
}
],
"expanded": true,
"localID": 1
},
{
"title": "基地内の各施設と設備",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "災害対策本部の施設",
"part_type": "part",
"description": "この施設の中には臨時の政府、災害対策本部などが活動するための会議室などの設備が整っている。国の要人が集まる場所でもあるので基地内の建物の中でも最も強度が高い。",
"localID": 6,
"expanded": true
},
{
"title": "通信管理室",
"part_type": "part",
"description": "災害が起きた際には情報の伝達と管理が重要になってくる。そのためこの施設で各地の基地や領主と通信し、適切な情報を発信する。施設内にはPCや電話などが多数完備されている。",
"localID": 7,
"expanded": true
},
{
"title": "災害医療センター",
"part_type": "part",
"description": "大規模な災害や侵略に遭った際には、必ずと言っていいほど医療が必要になってくる。この災害医療センターは、非常時は病院として機能し、また、派遣された医師や看護師たちの拠点にもなる。",
"localID": 8,
"expanded": true
},
{
"id": 142207,
"title": "救急車",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-18 11:55:42.932459",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:42.932459",
"children": [
{
"id": 142194,
"title": "救急車の概説",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-18 11:55:38.031744",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:38.031744",
"children": [
{
"id": 142187,
"title": "救急車の定義",
"description": "救急車は、傷病者を病院などの医療施設まで迅速かつ安全に搬送するための車両のことである。その運用は各藩国の法令により様々な形態をとる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:37.449463",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:37.449463",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 19
},
{
"id": 142188,
"title": "救急車の運用",
"description": "人工心臓マッサージ器や人工呼吸器、検査装置等の医療機械を搭載し、医療機関搬送前の現場などへ直接出動する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:37.901795",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:37.901795",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 20
},
{
"id": 142189,
"title": "救急車の人員",
"description": "救急車に搭乗する人員は、運転手、医師、救急隊員などである。国・地域によって、搭乗すべき人員が定められている。運転手も救急現場では救急活動に携わることがほとんどである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:37.915401",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:37.915401",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 21
},
{
"id": 142190,
"title": "救急車の国別状況",
"description": "救急車を運用する機関は、主として医療機関、救急専門機関、消防機関などであるが、国によって状況は大きく異なる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:37.933038",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:37.933038",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 22
},
{
"id": 142191,
"title": "救急車の運用機関",
"description": "自治体や中央政府が主要な救急車運用機関のこともあるが、民間企業(緊急医療サービス)が有料で救急搬送を実施している地域やボランティアが担っている地域も存在する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:37.947265",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:37.947265",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 23
},
{
"id": 142192,
"title": "救急車の連絡管理",
"description": "多くの国・地域では、救急車を必要としている人が救急車を迅速に呼べるようにするため、救急車を集中的に管理する施設を設置し、救急車の出動を要請する連絡先を一元的に管理している。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:37.962297",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:37.962297",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 24
},
{
"id": 142193,
"title": "救急車の優先走行",
"description": "救急車は迅速性が求められることから、多くの国・地域で優先走行が認められている。例えば、停止信号でも優先的に進行したり、渋滞時には対向車線を走行するなどといった、他車に対する優先的な走行が可能となっている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:37.976457",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:37.976457",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 25
}
],
"position": "1",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"expanded": true,
"localID": 18
},
{
"id": 142206,
"title": "救急車の装備",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-18 11:55:40.115605",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:40.115605",
"children": [
{
"id": 142195,
"title": "救急車の車内内容",
"description": "装備は、車両を所有する病院によって装備の内容が少しずつ異なっており画一化されていないが、通信・情報機器が備えられている事が多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:39.990051",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:39.990051",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 27
},
{
"id": 142196,
"title": "広いように見えても",
"description": "外から見ると広いように見えるが、医療器具を乗せ後ろのドアから成人男性が横になっても十分な大きさのストレッチャーごと収納すると搭乗する職員以外には補助席に1〜2人くらいが限度となる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:39.996776",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:39.996776",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 28
},
{
"id": 142197,
"title": "プライバシーの配慮",
"description": "患者のプライバシーを確保するため、外から中が見えにくいように工夫された窓やカーテンが装備されている。もちろん運転には支障がないように配慮されている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:40.011295",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:40.011295",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 29
},
{
"id": 142198,
"title": "整理整頓は大事",
"description": "狭い車内で処置を行えるように物品の整理整頓は大事である。医療機器の整備点検、消耗品の補充や使用期限切れがないように定期的に行っている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:40.018488",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:40.018488",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 30
},
{
"id": 142199,
"title": "救急車の医療機器例",
"description": "医療機器(ストレッチャー(または担架)医療用酸素ボンベ一式、患者モニター、除細動器(AED)、シリンジポンプ、輸液ポンプ)",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:40.024297",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:40.024297",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 31
},
{
"id": 142200,
"title": "筆記用具セットなど",
"description": "ハサミ、鉛筆やボールペン、メモ用紙等の記録用紙、計算機。病院へと引き継ぐために患者の状態や行った処置、使用薬品等記録を残したり処置に使用したりする。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:40.032907",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:40.032907",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 32
},
{
"id": 142201,
"title": "観察用器材セット類",
"description": "聴診器、血圧計、ペンライト、パルスオキシメーター等患者の状態を把握するための道具類。今後の治療の指針となる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:40.047017",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:40.047017",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 33
},
{
"id": 142202,
"title": "患者を安全に輸送するために",
"description": "速やかに搬送させるため、ストレッチャーは車体に固定されるようになっている。医療器材も同様で激しい揺れに対応出来るようにしている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:40.051585",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:40.051585",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 34
},
{
"id": 142203,
"title": "救急車の車体上部警告灯",
"description": "車体上部に取り付けるワーニングライトである。LED式警光灯と軽量かつ低容積へと加工性の高い軽金属で作られていることが多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:40.056996",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:40.056996",
"children": [],
"position": "9",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 35
},
{
"id": 142204,
"title": "サイレン・警告音出力装置",
"description": "特徴のある警告音で周囲の車両に知らせるための機構。マイクが備え付けられており、運転手が直接声で情報や指示を出すことができる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:40.062249",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:40.062249",
"children": [],
"position": "10",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 36
},
{
"id": 142205,
"title": "救急連絡無線機",
"description": "病院や他の救急車に相互連絡できるシステム。サイレン・警光灯などと共に集中制御出来る制御盤が接続されダッシュボードに装備されている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:40.068889",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:40.068889",
"children": [],
"position": "11",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 37
}
],
"position": "2",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"expanded": true,
"localID": 26
},
{
"id": 75773,
"title": "自動車",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-26 07:41:57.759979",
"updated_at": "2017-08-26 07:41:57.759979",
"children": [
{
"id": 75774,
"title": "自動車とは",
"description": "自動車とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、レールや架線などを用いずに路上を走る車のことである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 07:41:57.765302",
"updated_at": "2017-08-26 07:41:57.765302",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 163,
"name": "葉崎京夜"
},
"localID": 39
},
{
"id": 75775,
"title": "構造",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-26 07:41:57.792148",
"updated_at": "2017-08-26 07:41:57.792148",
"children": [
{
"id": 75776,
"title": "車体",
"description": "車体は主に鋼鉄を使用したモノコック方式で作成されており、その車種の用途に応じた居住性、剛性、強度を備える。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 07:41:57.79412",
"updated_at": "2017-08-26 07:41:57.79412",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 163,
"name": "葉崎京夜"
},
"localID": 41
},
{
"id": 75777,
"title": "原動機",
"description": "動力を発生させる内燃機関。シリンダー内で燃料を爆発させピストンの往復運動をクランクシャフトで回転運動に変換して出力する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 07:41:57.813319",
"updated_at": "2017-08-26 07:41:57.813319",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 163,
"name": "葉崎京夜"
},
"localID": 42
},
{
"id": 75778,
"title": "動力伝達",
"description": "原動機が効率的に出力を発揮する回転速度から、走行に適した回転速度へと変速機によって減速される。複数のギヤ比によってトルクと回転数を操作する。ここからシャフトへ動力を伝えタイヤを回転させることで走行する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 07:41:57.835629",
"updated_at": "2017-08-26 07:41:57.835629",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 163,
"name": "葉崎京夜"
},
"localID": 43
},
{
"id": 75779,
"title": "操舵装置",
"description": "操舵は前輪の方向を変えて車体を旋回させる前輪操舵方式が一般的で、ハンドルの回転は機構を介して車輪を左右に押す作用に換えられる。油圧やモーターによって操作を補助する機構が組み込まれている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 07:41:57.854567",
"updated_at": "2017-08-26 07:41:57.854567",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 163,
"name": "葉崎京夜"
},
"localID": 44
},
{
"id": 75780,
"title": "制動・拘束装置",
"description": "ブレーキの操作は、主に足踏み式のペダルで行う。ペダルに加えられた力は油圧や空気圧を介してブレーキ装置に伝達し、摩擦材を回転部分に押しつけ、運動エネルギーを熱エネルギーに変換してスピードを落とす。駐車時に車体が動き出さないように拘束するパーキングブレーキが備えられている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 07:41:57.873199",
"updated_at": "2017-08-26 07:41:57.873199",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 163,
"name": "葉崎京夜"
},
"localID": 45
},
{
"id": 75781,
"title": "運転装置",
"description": "運転者の座席は座部と背もたれを備えた椅子形のものが主流で、運転席の正面には操舵用のハンドルと加速用のアクセルペダルと減速用のブレーキペダル、あるいはクラッチペダルが備えられているのが標準的な自動車の構造である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 07:41:57.892741",
"updated_at": "2017-08-26 07:41:57.892741",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 163,
"name": "葉崎京夜"
},
"localID": 46
},
{
"id": 75785,
"title": "公害対策",
"description": "有毒な排気ガスは触媒を通し加熱する事で毒性を取り除き、駆動音などによる騒音は法令で一定以下になるよう義務付けられている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 07:45:36.165413",
"updated_at": "2017-08-26 07:45:36.165413",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 163,
"name": "葉崎京夜"
},
"localID": 47
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 163,
"name": "葉崎京夜"
},
"expanded": true,
"localID": 40
}
],
"position": "3",
"character": {
"id": 163,
"name": "葉崎京夜"
},
"expanded": true,
"localID": 38
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"expanded": false,
"localID": 17
},
{
"title": "災害用消防署",
"part_type": "part",
"description": "災害時に火災が発生した場合は速やかに消火活動を行わなければ、二次被害、三次被害に繋がりかねない。この消防署は災害時に速やかに首都圏や各地へ出動できるよう常に備えをしている。",
"localID": 9
},
{
"title": "軍用と医療用の共用ヘリポート",
"part_type": "part",
"description": "このヘリポートは軍のヘリとドクターヘリが共用できるもので、少し離れた位置に4カ所配置されている。基本その施設に近い場所のヘリポートを使う。",
"localID": 10,
"expanded": true
},
{
"title": "飛行機、I=D用滑走路",
"part_type": "part",
"description": "飛行機とI=Dが使う滑走路で、首都が大規模侵攻に遭った際はすぐに出動できるようになっている。滑走路は4つある。",
"localID": 11,
"expanded": true
},
{
"title": "軍の駐屯地",
"part_type": "part",
"description": "大規模侵攻で首都が壊滅状態にあるとき、軍は敵に反撃するため出動しなければならない。そうでなくても、各地の治安維持のために基地内に軍を配備し、いざというときに備える。",
"localID": 12,
"expanded": true
},
{
"title": "物資備蓄庫",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "生活必需品",
"part_type": "part",
"description": "備蓄庫にある物資……ライト、ろうそく、マッチ、ロープ、ブルーシート、軍手、ガムテープ、カイロ、非常用トイレ、ポリ袋(黒)、ビニール袋、ウエットティッシュ",
"localID": 14
},
{
"title": "非常用食料関係",
"part_type": "part",
"description": "備蓄庫にある物資……非常食(レトルト食品、乾パン、保存用缶入りパン)、水、カセットコンロ、コンロ用ガスボンベ",
"localID": 15
}
],
"expanded": true,
"localID": 13
},
{
"title": "非常用電源",
"part_type": "part",
"description": "災害時は電気が通っていない可能性がある。そのため、非常用電源を備え、すぐに電気がつくようにすることが必要。",
"localID": 16
}
],
"expanded": true,
"localID": 5
},
{
"title": "基地内にある各構成機関",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "政府組織",
"part_type": "part",
"description": "政府組織がいなければ国は重要な局面で決断ができない。そのため基地で政府組織を再建しつつ、災害や大規模侵攻の対策にあたる。",
"localID": 49
},
{
"title": "災害復興技術班",
"part_type": "part",
"description": "復興するためには各分野の技術や知識が必要である。この組織は、そういった各分野の知識人たちが集まり、対策案に対して助言するためのものである。",
"localID": 50
},
{
"title": "災害対策にあたる軍",
"part_type": "part",
"description": "災害対策にあたるための軍が駐屯地に滞在している。これは、侵攻以外にも、災害で民間だけでは片づけられない作業(大きなものを移動させる、国民の士気を高めるなど)を行うためである。",
"localID": 51
},
{
"title": "医療関係組織",
"part_type": "part",
"description": "医療は災害時必須である。医療関係者で災害時の対策用に組織を結成し、災害医療センターを基地として活動する。",
"localID": 52
},
{
"title": "消防庁(支部)",
"part_type": "part",
"description": "消防庁の支部として機能し、消防活動にあたるための情報管理などがいつでもこの基地へシフトできるようになっている。",
"localID": 53
}
],
"expanded": true,
"localID": 48
},
{
"title": "普段の基地の様子",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "軍を配備し災害に備える",
"part_type": "part",
"description": "滑走路やヘリポートがあることから、軍の配備場所として訓練にも使える。この訓練のおかげで緊急時の対応を即座に開始することができる。",
"localID": 55
},
{
"title": "医療研修機関としての利用",
"part_type": "part",
"description": "災害医療センターは災害医療の研修機関として平時は運営されている。ここでは医師や看護師たちが災害時にすぐ対応にあたることができるよう訓練している。",
"localID": 56
},
{
"title": "消防署の訓練の場にもなる",
"part_type": "part",
"description": "基地内の消防署は平時の時は通常の消防署と同じように機能している。危険な場所に踏み込む職業であるため、日々の訓練、技術の向上が実際の現場で役に立つ。",
"localID": 57
},
{
"title": "イベントを開催して国民の防災意識を高める",
"part_type": "part",
"description": "国民の防災意識を高めるためにイベントを開催する。地震の揺れを体験するコーナーや軍の飛行機やヘリ、I=Dなどの記念撮影などができる。また応急手当や人工呼吸などの簡単な医療知識の体験も行っている。",
"localID": 58
},
{
"title": "備蓄食料は期限までに交換すること",
"part_type": "part",
"description": "備蓄分の食料は消費期限が長いがそれでもいずれは食べられなくなる。その前にイベントで非常食体験として来場者に配るなどして交換する。",
"localID": 59
},
{
"title": "日々の設備の点検はおろそかにしない",
"part_type": "part",
"description": "いざというときに設備が使えないのでは意味がない。日々の各施設や設備の点検はおろそかにしないこと。最低でも半年に一回の点検を心掛ける。",
"localID": 60
}
],
"expanded": true,
"localID": 54
}
],
"expanded": true,
"localID": 0
}
]

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
画像UP
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -