星鋼京掲示板


[記事リスト] [返信する] [新着記事] [過去ログ] [ワード検索] [留意事項] [管理用]

記事No 670
タイトル ファッション・デザイナー(仮)
投稿日 : 2018/02/23(Fri) 23:15:12
投稿者 フツカ
参照先 http://1011
ファッション・デザイナー(仮)

・ファッション・デザイナーとは
服飾ファッションに関するもののデザインを主に手がけるデザイナーのことを言う。シーズンごとに出す服飾のデザインに始まり、制作工程でのチェック等も行う。

・デザイナーとして主に手がけるもの
メインとなる服以外にも手袋、靴下、タイツ・ストッキング、下着などのインナー等の直接身につける物や、それに付随するカバン、帽子など小物類のデザインを行う。宝飾品や靴などのデザイナーと協力して仕事を行うこともある。

・更に細分化された服飾ニーズ
服といっても、年齢・性別・体型・種族・環境・用途によって様々な大きさ・機能などが求められる。暑い日には涼しい服を、寒い日には暖かな服を、運動には動きやすい服を、冠婚葬祭には適切な服を。それらに合ったデザイン、機能を持ったものを考える必要がある。

・職務形態
企業に属するもの、フリー、国や貴族のお抱えなど、様々な形態がある。能力のあるものの中には、個人(もしくは提携パートナーとの連名)の名前を冠したブランドを立ち上げるものもいるが、ごく一部である。

○デザイナーとしての心得:仕事をする上で必要なこと
・あくまでも服とは人が着るものである

・出来上がるまでには沢山の人の力が必要

・自分の目で現場を見る

・実際に着る人のことを考えたデザイン

・作りたいものとかかる費用のバランスを取る

・アイデアの枯渇の対処法

・時には世間から求められるものと、自分の作りたいものとの妥協点を探すのも必要

・しかしデザイナーとしての軸は忘れてはならない
媚びすぎない。

○適性:デザイナーとして必要とされる能力

・先を予測する:流行を見る力

・基礎を知る:過去の流行から学ぶ力

・デザインの定形を知る

・基礎を応用し、新しいものを考え出す力

・色や形の持つ印象を学ぶ

○服飾の種類
・プレタポルテ:高級既製服

・オートクチュール:高級注文服

・ファストファッション:大衆向け既製服

○デザイン工程


○パターン作成工程


○縫製工程


○流通ルートの確保


○学び方
・学校で学ぶ

・先輩デザイナーに就いて、実地で学ぶ

・企業に所属して働きながら学ぶ

- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリーを一括表示します)


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
画像UP
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (右画像の数字を入力) 投稿キー


- 投稿記事修正/削除フォーム -
処理 No 暗証キー

- WebForum -