[戻る]
一括表示

T22対応・方針(T21反省含む) 投稿者:フシミ@星鋼京 投稿日:2017/10/24(Tue) 05:14:58 No.437

T21お疲れ様でした。
T21の終了処理もまだですが、早め早めで作業していきたく思います。
このターンもよろしくお願いします。

また、以下、T21でのウェーブなどでの反省です。
よければご参考にどうぞ。

■T21におけるゲーム的な問題点

【編成】
●食料が不足しており、部隊数確保に難儀した。
 食料生産地がないため「部隊数=他国からの輸入できた食料」であり、編成の自由度が低かった。
(「愛鳴之藩国」あるいは「後ほねっこ男爵領」と事前に交渉するべき?) 

 威信点およびWS(SCW)反応を鑑みて自国では食糧生産地の取得を見送ってきたが、
 蓮田屋男爵領地の誕生を踏まえて、取得に乗り切っても良いかもしれない。
(ただし、帝國領での設定的経済に関わる問題なので、取得をどうするか宰相と要相談)


●可能行為が偏っており、部隊供出に苦労した。
 基本的にI=D偏重の編成であり、歩兵も治安維持以上の編成をしなかったことから、文民関係の判定で苦戦。
 次ターンでは下記の事に気を付けたい。

 ・ACEは絶対に編成
  ACEがひとりいるだけで汎用性が大きく変わってくるため、是が非でも編成したい。
  可能であれば、他のACE(特にクロ、バロ、ユイカ)は評価値9前後でも良いので急ぎ作成したい。
 (個人にまつわる要点を評価5程度、残りは既存の職業の流用で問題ないかと思われる)

 ・設定国民(星鋼京/メード)を作成
  今回のウェーブで「子どもをあやす」「食料配給を行う」などの課題が出たため、そういったケア枠として用いたい。

 ・官僚枠としてI=Dにのらない帝國貴族の編成
 ・整備士枠としてI=Dにのらない侍従の編成
 ・行政官、官僚などの文民系アイドレスの編成
  これら上記のメードと同様の扱いであり、シフト上昇などに用いる。
  文民系(ここでは行政官・官僚・補給士官など)に関しては、
  補給や手配、管理と言った兵站行動でシフト上昇が狙えるため、是非編成しておきたい。


【生産】
●生産枠が辛い
 現状、国有の工場がI=Dで専門化しているため、艦船などが作れずに非常に厳しかった。
 次の工場では専門化を行わず、汎用性のあるものにしたい。
 また、今後I=D編成を行う場合も、工場の生産力が現状で評価9しかないため、生産制限が厳しい。
 評価13の資源生産地があるので、評価12ぐらいまで伸ばせるならば伸ばしても良いかもしれない。

 また、生産ルールの把握が甘かったため、本来もっと大幅に生産できた機体を6機までしか準備できなかった事も失敗。
 次のターンでは生産ルールを把握したうえで、機体製造を行う方が良いだろう。

作成予定アイドレス(更新1) 投稿者:フシミ@星鋼京 投稿日:2017/10/24(Tue) 05:15:51 No.438

■T22作成アイドレス

【施設】
・国営工場(汎用)   評価9程度  (汎用があればそれを流用)
・大学/士官学校(特別施設)*1
・保育園〜中学校(民間)評価7〜8程度(汎用があればそれを流用)


【職業(職業パッケージ)】
▼独自職
・戦闘工兵(独自職)  評価8程度  *陣地作成したり、障害撤去したり。蓮田さんの得意分野か。歩兵I=Dと組み合わせるので評価低めでOK
・事務官 (独自職)  評価7程度  *他国の多くが持つ事務系職なので他国参照。他国も百職応用しているなら特には不要。
・I=D職人(独自職)評価9程度 I=Dのカスタムなどを請け負う職業。どちらかというと整備兵系
・バトルメード(独自職)評価9程度  *どちらかというと、ガンスリンガーメード系。侍従から派生した戦うメード(戦闘が苦手な女性PC向け)

上記のうち、いずれか3つ。

▼設定国民パッケージ
・設定国民(メード)*帝國百職から流用
・設定国民(医者) *帝國百職から流用
・設定国民(商人) *帝國百職から流用
・設定国民(事務官)*汎用職業があれば、そちらを流用。

【独自兵器/アイテム】
▽独自兵器
・I=D輸送車両 RD59必須(突撃支援ダックス・防御陣地ダックスを1機ずつ搭載するので)
・フライトユニット+増加燃料装備(オプション扱い。Sys4的にはI=Dに自力での移動力を持たせる?)
・専用カスタマイズ(家紋や専用チューニング的な)

▽独自アイテム
 1000(3)、1500(2)、3000(2)でそれぞれ枠があるそうなので、計8個まで登録可能。

・パイロットスーツ(評価7程度) *貴族服&メード服
・整備道具
・メード七つ道具
・土産物5種類(新人さん向け)

*1:どちらにするかは藩で投票して決めたいと思います。

A79-S4 ダックス(後期量産型) 投稿者:フシミ@星鋼京 投稿日:2017/10/25(Wed) 16:59:10 No.446

【大部品: ダックス(後期量産型) RD:23 評価値:7】
-部品: 機体概要
■-大部品: A79 ダックス RD:5 評価値:3
--部品: ダックスとは
--部品: 歩兵I=D(伏見系列)
--部品: 運用に関して
--部品: 歩兵I=D乗りの誕生
--部品: 工兵の相棒、土建機として
■-大部品: 近代化改修:A79-S4 RD:4 評価値:3
--部品: A79-S4 ダックス(後期量産型)
--部品: 開発理由:A79-S4
--部品: 特徴:拡張性
--部品: 特徴:生産コストの低減
■-大部品: 武装 RD:13 評価値:6
 ▼--大部品: 基本装備 RD:5 評価値:3
 ---部品: 概略:基本装備
 ---部品: 対I=D用スコップ
 ---部品: 第八式車輪付手持装甲
 ---部品: 着脱式スケート
 ---部品: 高速土のう製造キット
 ▼--大部品: 突撃支援装備 RD:4 評価値:3
 ---部品: 概略:突撃支援装備
 ---部品: 90mmランス
 ---部品: 20mm機関砲
 ---部品: 発煙弾発射機
 ▼--大部品: 治安維持装備 RD:4 評価値:3
 ---部品: 概略:治安維持装備
 ---部品: 高圧放水砲
 ---部品: ネットガン
 ---部品: 展開式バリケード


部品: 機体概要
搭乗人員数:1名
パイロット資格:歩兵・工兵、およびそれに準ずる職
生産区別:I=D
生産条件:帝國共通機につき、帝國諸藩のみ製造可能
機体全高:2.5m(装備含む)

部品: ダックスとは
A79ダックスはわんわん帝國が開発した陸戦I=Dである。
開発元は旧・伏見藩国(現・星鋼京)で、開発コンセプトは“小型のA75”
結果的に、帝國初の一人乗り機・通称“歩兵I=D”が誕生した。

部品: 歩兵I=D(伏見系列)
歩兵I=Dとは、パイロットではなく歩兵が使うためのI=Dである。
その為、I=DというよりはWDなどの個人兵装に近く、乗務員も原則1名となる。
パイロットでは運用不可な理由として、一般的なI=Dと違い、操縦方式が大きく異なる点があげられる。
(伏見系列と呼ばれる歩兵I=Dはマスタースレイブ式の操縦が多い為、操縦者の運動能力が関わってくる)

部品: 運用に関して
A79ダックスの基本的な運用は「歩兵の強化」という点に尽きる。
特に強化される点は以下の通りである。

・装甲による耐久性の向上
・機械式パワーアシストによる生身では重武装の保持・使用
・移動速度の上昇に伴う機動力の向上

部品: 歩兵I=D乗りの誕生
前述のとおり、機体の操作系統の都合上、パイロットとの親和性は高いとは言えない。
だが、操作特性の違いを熟知した上で、パイロット・テクニックを用いることが出来るならば、それは単なる歩兵が使うよりも遥かに強力となる。
具体的には“マニューバ”と称される、戦闘機動の知識と駆使の仕方に関わってくる。
パイロットかつ歩兵、という特殊な立ち位置の者は“歩兵I=D乗り”と呼ばれ、WDにおける甲殻WD乗りと同じ、専門性の高いスペシャリストとなる。

部品: 工兵の相棒、土建機として
前身のA75がそうであったように、A79も帝國陸戦機の常として土建機としての特性を有している。
本機は陣地構築、塹壕作成、あるいは土木工事などが可能となっている。
本業の工兵が乗ることでそれらは一層、活用されることになる。
なお、それら無限の工事を可能としているのは、伏見系陸軍機の標準装備であるスコップのおかげである。

部品: A79-S4 ダックス(後期量産型)
A79-S4はいわゆる、A79に近代改修を施した機体である。
各種構成部品の見直し、OSの更新、特に脚部に関してはほぼ再設計・換装に近い改修を受けている。

部品: 開発理由:A79-S4
帝國諸藩の多くがT20以降、技術力の大幅な低下に悩まされた。
その為、帝國では宰相府の“A-74P ケントSR2”などと同じく枯れた技術の再利用を余儀なくされた。
本機はチップボール2などの再生産体制が整うまでの繋ぎ、あるいは新型歩兵I=Dのテストベッドとして用いられるために開発された。

部品: 特徴:拡張性
後期型の特徴として、後発のI=D群の影響を色濃く受けた改修を受けているという点が大きい。
“A83”系列、いわゆる“エバーライト”系に代表される吾妻系I=Dの整備の簡便性・拡張性はT15以降の帝國では大変有効であった。
本機は原型機が本稼働していたころにはない、オプション・ユニットの概念が取り込まれている。

部品: 特徴:生産コストの低減
帝國では“A81 チップボール”の登場以降、歩兵の概念が一変した。
練度の低い兵士であっても歩兵I=Dを着用させれば、装甲故に死傷率は下がり、結果として長く戦場で経験を積むことが出来た。
本機は普及性の高さを目的として、生産性の向上を図っている。

部品: 概略:基本装備
A79-S4の基礎となる装備群。これらは背面のパックに装備・格納されており、他の装備群と併用して使うことが出来る。
基本装備は、白兵戦・土木作業を中心とした活動が出来る。

部品: 対I=D用スコップ
帝國陸軍機標準装備の超高度スコップ。
殴ってよし、斬って良し、掘って良しの万能装備であり、陸戦部隊の頼れる友人である。
人間が振るっても結構な威力なので、小型機とはいえI=Dが振るえば相当な威力。

部品: 第八式車輪付手持装甲
略して“ダイハチグルマ”
手持式増加装甲(いわゆる盾)の裏面に大型の車輪が格納されており、現場で取り付けて荷台とすることができる。
歩兵や擱座したダックスなどを運搬するのに使うが、本分は盾なので乗り心地は最悪である。
なお、ツーマンセルで中距離支援仕様のダックスを本装備に載せたまま、走行する戦術もある。

部品: 着脱式スケート
脚部に装着する高速移動装備で、いわゆる歩兵I=D用のローラースケート。普段は背面に装備されている。
マスタースレーブ方式ならではの装備と言えるが、運動神経がないと派手に転ぶため、年配のパイロットからは嫌われている
(反面、年若いパイロットは喜んで使っている)
なお、不整地で使用した場合、相当の振動が襲うため、ほぼ市街戦や整地での扱いに限定されている。


部品: 高速土のう製造キット
背面に格納されている装備。
文字通り土のうを作成する為の装備で、I=Dの作業力を用いることで、人力では制作の難しい大型土のうなどを高速に作成できる。
陣地構築、水害時の緊急対策、足場構築などにもってこい。
なお、ダックスが数機ある現場では互いのキットを使うことで一層の高速化が図れる。


部品: 概略:突撃支援装備
突撃支援装備は、基本装備を拡張する、いわゆる実戦を目的とした装備群である。
殺傷力が高い装備で構成されているため、低致死性で構成される治安維持装備との併用は考えられていない。
歩兵の進撃を支援し、あるいは敵陣地などへの打撃を与えることを目的としている。

基本装備と併用する事で、歩兵の掩体や簡易陣地の一部としても機能する事が出来る。

部品: 90mmランス
帝國の伝統的装備である大口径砲である“ランス”の減口径版。
通常の100mmランスの反動は小型機である本機には負担がかかりすぎるため、改良された。
大型目標などの“巨人殺し”などではなく、歩兵支援装備として用いられる。

部品: 20mm機関砲
帝國第三世代共通機から標準装備されている機関砲。
対地・対空にも使える装備であり、歩兵の突撃支援にも用いられる。

部品: 発煙弾発射機
スモークディスチャージャーとも言われる煙幕装置。
随伴歩兵の突撃支援や、光学誘導装置へのジャミングなどに使われる。
高物理域ではレーザーなどの光学兵器が頻繁に登場するため、それらの威力減衰などにも活躍。

部品: 概略:治安維持装備
治安維持装備は、基本装備を拡張する、治安維持においての武力行使を目的とした装備群である。
低致死性兵器で構成されており、殺傷力の高い突撃支援装備と併用する事は想定していない。
原則、相手の動きを止める、士気をくじく、という事を目的としている。

なお、基本装備と組み合わせることで、対水害・対火災装備としても使用できる。

部品: 高圧放水砲
水を圧縮空気で弾丸のように射出する装備。
元々は消化装備だったが、近距離で相当な威力を発揮すること、相手の士気低減を狙えることから鎮圧装備として採用。
低致死性装備だが、至近距離で喰らえば打撲程度の傷を負うこともある。

部品: ネットガン
捕縛用のネットを広範囲に打ち出す装備。
暴徒の捕縛を目的としており、外した際にも地面に広がり、後続の足を絡めるためのトラップとして用いられる

部品: 展開式バリケード
左右に展開するタイプの収納式バリケード。ダックスが複数機並ぶ事で連結することも可能。
主に暴徒の進行を阻害する為に用いられ、場合によっては展開したまま前進し、押し戻すことにも用いられる。

A79-S4(JSON) 投稿者:フシミ@星鋼京 投稿日:2017/10/25(Wed) 17:06:34 No.447

[
{
"title": "ダックス(後期量産型)",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "機体概要",
"description": "搭乗人員数:1名\nパイロット資格:歩兵・工兵、およびそれに準ずる職\n生産区別:I=D\n生産条件:帝國共通機につき、帝國諸藩のみ製造可能\n機体全高:2.5m(装備含む)",
"part_type": "part",
"localID": 29
},
{
"title": "A79 ダックス",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "ダックスとは",
"description": "A79ダックスはわんわん帝國が開発した陸戦I=Dである。\n開発元は旧・伏見藩国(現・星鋼京)で、開発コンセプトは“小型のA75”\n結果的に、帝國初の一人乗り機・通称“歩兵I=D”が誕生した。",
"part_type": "part",
"localID": 2
},
{
"title": "歩兵I=D(伏見系列)",
"description": "歩兵I=Dとは、パイロットではなく歩兵が使うためのI=Dである。\nその為、I=DというよりはWDなどの個人兵装に近く、乗務員も原則1名となる。\nパイロットでは運用不可な理由として、一般的なI=Dと違い、操縦方式が大きく異なる点があげられる。\n(伏見系列と呼ばれる歩兵I=Dはマスタースレイブ式の操縦が多い為、操縦者の運動能力が関わってくる)",
"part_type": "part",
"localID": 3
},
{
"title": "運用に関して",
"description": "A79ダックスの基本的な運用は「歩兵の強化」という点に尽きる。\n特に強化される点は以下の通りである。\n\n・装甲による耐久性の向上\n・機械式パワーアシストによる生身では重武装の保持・使用\n・移動速度の上昇に伴う機動力の向上",
"part_type": "part",
"localID": 4
},
{
"title": "歩兵I=D乗りの誕生",
"description": "前述のとおり、機体の操作系統の都合上、パイロットとの親和性は高いとは言えない。\nだが、操作特性の違いを熟知した上で、パイロット・テクニックを用いることが出来るならば、それは単なる歩兵が使うよりも遥かに強力となる。\n具体的には“マニューバ”と称される、戦闘機動の知識と駆使の仕方に関わってくる。\nパイロットかつ歩兵、という特殊な立ち位置の者は“歩兵I=D乗り”と呼ばれ、WDにおける甲殻WD乗りと同じ、専門性の高いスペシャリストとなる。",
"part_type": "part",
"localID": 5
},
{
"title": "工兵の相棒、土建機として",
"description": "前身のA75がそうであったように、A79も帝國陸戦機の常として土建機としての特性を有している。\n本機は陣地構築、塹壕作成、あるいは土木工事などが可能となっている。\n本業の工兵が乗ることでそれらは一層、活用されることになる。\nなお、それら無限の工事を可能としているのは、伏見系陸軍機の標準装備であるスコップのおかげである。",
"part_type": "part",
"localID": 6
}
],
"localID": 1,
"expanded": false
},
{
"title": "近代化改修:A79-S4",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "A79-S4 ダックス(後期量産型)",
"description": "A79-S4はいわゆる、A79に近代改修を施した機体である。\n各種構成部品の見直し、OSの更新、特に脚部に関してはほぼ再設計・換装に近い改修を受けている。",
"part_type": "part",
"localID": 8
},
{
"title": "開発理由:A79-S4",
"description": "帝國諸藩の多くがT20以降、技術力の大幅な低下に悩まされた。\nその為、帝國では宰相府の“A-74P ケントSR2”などと同じく枯れた技術の再利用を余儀なくされた。\n本機はチップボール2などの再生産体制が整うまでの繋ぎ、あるいは新型歩兵I=Dのテストベッドとして用いられるために開発された。",
"part_type": "part",
"localID": 9
},
{
"title": "特徴:拡張性",
"description": "後期型の特徴として、後発のI=D群の影響を色濃く受けた改修を受けているという点が大きい。\n“A83”系列、いわゆる“エバーライト”系に代表される吾妻系I=Dの整備の簡便性・拡張性はT15以降の帝國では大変有効であった。\n本機は原型機が本稼働していたころにはない、オプション・ユニットの概念が取り込まれている。",
"part_type": "part",
"localID": 10
},
{
"title": "特徴:生産コストの低減",
"description": "帝國では“A81 チップボール”の登場以降、歩兵の概念が一変した。\n練度の低い兵士であっても歩兵I=Dを着用させれば、装甲故に死傷率は下がり、結果として長く戦場で経験を積むことが出来た。\n本機は普及性の高さを目的として、生産性の向上を図っている。",
"part_type": "part",
"localID": 11
}
],
"localID": 7,
"expanded": false
},
{
"title": "武装",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "基本装備",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "概略:基本装備",
"description": "A79-S4の基礎となる装備群。これらは背面のパックに装備・格納されており、他の装備群と併用して使うことが出来る。\n基本装備は、白兵戦・土木作業を中心とした活動が出来る。",
"part_type": "part",
"localID": 18
},
{
"title": "対I=D用スコップ",
"description": "帝國陸軍機標準装備の超高度スコップ。\n殴ってよし、斬って良し、掘って良しの万能装備であり、陸戦部隊の頼れる友人である。\n人間が振るっても結構な威力なので、小型機とはいえI=Dが振るえば相当な威力。",
"part_type": "part",
"localID": 14
},
{
"title": "第八式車輪付手持装甲",
"description": "略して“ダイハチグルマ”\n手持式増加装甲(いわゆる盾)の裏面に大型の車輪が格納されており、現場で取り付けて荷台とすることができる。\n歩兵や擱座したダックスなどを運搬するのに使うが、本分は盾なので乗り心地は最悪である。\nなお、ツーマンセルで中距離支援仕様のダックスを本装備に載せたまま、走行する戦術もある。",
"part_type": "part",
"localID": 15
},
{
"title": "着脱式スケート",
"description": "脚部に装着する高速移動装備で、いわゆる歩兵I=D用のローラースケート。普段は背面に装備されている。\nマスタースレーブ方式ならではの装備と言えるが、運動神経がないと派手に転ぶため、年配のパイロットからは嫌われている\n(反面、年若いパイロットは喜んで使っている)\nなお、不整地で使用した場合、相当の振動が襲うため、ほぼ市街戦や整地での扱いに限定されている。\n",
"part_type": "part",
"localID": 16
},
{
"title": "高速土のう製造キット",
"description": "背面に格納されている装備。\n文字通り土のうを作成する為の装備で、I=Dの作業力を用いることで、人力では制作の難しい大型土のうなどを高速に作成できる。\n陣地構築、水害時の緊急対策、足場構築などにもってこい。\nなお、ダックスが数機ある現場では互いのキットを使うことで一層の高速化が図れる。\n",
"part_type": "part",
"localID": 17
}
],
"localID": 13,
"expanded": false
},
{
"title": "突撃支援装備",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "概略:突撃支援装備",
"description": "突撃支援装備は、基本装備を拡張する、いわゆる実戦を目的とした装備群である。\n殺傷力が高い装備で構成されているため、低致死性で構成される治安維持装備との併用は考えられていない。\n歩兵の進撃を支援し、あるいは敵陣地などへの打撃を与えることを目的としている。\n\n基本装備と併用する事で、歩兵の掩体や簡易陣地の一部としても機能する事が出来る。",
"part_type": "part",
"localID": 20
},
{
"title": "90mmランス",
"description": "帝國の伝統的装備である大口径砲である“ランス”の減口径版。\n通常の100mmランスの反動は小型機である本機には負担がかかりすぎるため、改良された。\n大型目標などの“巨人殺し”などではなく、歩兵支援装備として用いられる。",
"part_type": "part",
"localID": 21
},
{
"title": "20mm機関砲",
"description": "帝國第三世代共通機から標準装備されている機関砲。\n対地・対空にも使える装備であり、歩兵の突撃支援にも用いられる。",
"part_type": "part",
"localID": 22
},
{
"title": "発煙弾発射機",
"description": "スモークディスチャージャーとも言われる煙幕装置。\n随伴歩兵の突撃支援や、光学誘導装置へのジャミングなどに使われる。\n高物理域ではレーザーなどの光学兵器が頻繁に登場するため、それらの威力減衰などにも活躍。",
"part_type": "part",
"localID": 23
}
],
"localID": 19,
"expanded": false
},
{
"title": "治安維持装備",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "概略:治安維持装備",
"description": "治安維持装備は、基本装備を拡張する、治安維持においての武力行使を目的とした装備群である。\n低致死性兵器で構成されており、殺傷力の高い突撃支援装備と併用する事は想定していない。\n原則、相手の動きを止める、士気をくじく、という事を目的としている。\n\nなお、基本装備と組み合わせることで、対水害・対火災装備としても使用できる。",
"part_type": "part",
"localID": 25
},
{
"title": "高圧放水砲",
"description": "水を圧縮空気で弾丸のように射出する装備。\n元々は消化装備だったが、近距離で相当な威力を発揮すること、相手の士気低減を狙えることから鎮圧装備として採用。\n低致死性装備だが、至近距離で喰らえば打撲程度の傷を負うこともある。",
"part_type": "part",
"localID": 26
},
{
"title": "ネットガン",
"description": "捕縛用のネットを広範囲に打ち出す装備。\n暴徒の捕縛を目的としており、外した際にも地面に広がり、後続の足を絡めるためのトラップとして用いられる",
"part_type": "part",
"localID": 27
},
{
"title": "展開式バリケード",
"description": "左右に展開するタイプの収納式バリケード。ダックスが複数機並ぶ事で連結することも可能。\n主に暴徒の進行を阻害する為に用いられ、場合によっては展開したまま前進し、押し戻すことにも用いられる。",
"part_type": "part",
"localID": 28
}
],
"localID": 24,
"expanded": false
}
],
"localID": 12,
"expanded": false
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": ""
}
]

パイロットスーツ(作業中) 投稿者:フシミ@藩王 投稿日:2017/10/26(Thu) 23:50:53 No.455

・宇宙でも使える気密性の高い装備
・地上では毒ガスなどを喰らった際の簡易NBC装備として
・パイロットの身体状態周りをアラート
・ハーネスやプロテクターなどでの耐衝撃装備

▼参考資料
https://ja.wikipedia.org/wiki/JHMCS

こんな事もあろうかと。 投稿者:蓮田屋 投稿日:2017/10/27(Fri) 04:35:02 No.457

ここら辺の大部品流用して設定根拠とかRD稼ぎとかどうかな。

○防火服:http://maki.wanwan-empire.net/group_viewer?id=92867 RD:6 評価値:4
○化学防護服:http://maki.wanwan-empire.net/group_viewer?id=96884 RD:6 評価値:4

ありがと〜 投稿者:フシミ 投稿日:2017/10/31(Tue) 02:46:09 No.462

ただ、評価値あげすぎると生産と輸送が追い付かないので、そこは要相談かも。

星鋼京・新人種(更新2) 投稿者:フシミ 投稿日:2017/11/01(Wed) 05:41:57 No.464

10/31の講義を受けて、人アイドレスの再設計中。
目標評価は7で、現在は6。あと6つぐらいパーツつけれますヨ。

■つけたいパーツ
・貴族とパイロットの関連性

https://www59.atwiki.jp/punksidress/pages/68.html


/*/


○星鋼京の民(目標評価7 / 目標RD18)
▼構成人種や立場
・多重合併国たる星鋼京
 星鋼京は合併を多く受け入れて来た兼ね合いから、複数の人種によって構成されている。
 国民の多くは北国人系で、その中にも伏見系国民と奇眼系国民の二つの人種が存在する。
 多くは標準的な北国人の特徴を持つ伏見系だが、両の瞳の色が異なる者がいれば、それは奇眼系出身あるいはその系譜の者となる。

・出身を問わない展望
 また、星鋼京では移民の出であったとしても、その功績に応じて平等に地位を得ることが出来る。
 具体例としては航空機産業に強い芥辺境系の国民の中でもパイロットなどは合併の際の鎮護の活躍をもって貴族として領地を得て、
 この国に根を下ろしている者も少なくない(そして、出身地が同じ者が領民として同郷の貴族の元に集まることになる)

・貴族主義の国民
 星鋼京は帝國の中でもひときわ強い貴族主義国家と言われている。
 星鋼京での貴族とは地域代表としての側面が強く、従軍の際に関しては領民からの支援を受けて貴族が出征することになる。
 これは貴族の多くが星鋼京の誕生時、混乱に陥った際にひときわ早く愛機を駆り、内乱を抑えて国民を護ったことに由来している。
 領民は彼らを自らの守護者として見るが故、彼らを支え、彼らに自身の有りようを託すのである。
 

▼身体的特徴
・異国生まれと肌の色、瞳の色
 芥辺境藩国からの元移民を中心とする西国人系国民も国内には一定数存在する。
 頭髪の色は北国人と類似している為、肌の色の濃さ以外ではほぼ見分けがつかない。
 (なお、瞳の色は奇眼系との混血で色が変わることもあるため、国内には様々な色の瞳のものが存在している)

・しっかりとした体格
 北国人系の国民が多い為か、国全体を見渡すと背の高いものが多い印象を受ける。
 特に男性は殊更背が高いが、高すぎるためにパイロットを諦めるものもいる(コックピットに収まらないのだ)
 そのため、パイロットコックピットより狭いこともあるコ・パイロットは小柄な女性が担当することも多い。

・見目麗しいが……
 これは偶然に、というべきか構成人種の如何を問わずに国民は比較的見目麗しいものが多い。
 北国人系は整った、西国人系はエキゾチックな、混血のものはその両方の魅力を併せ持つ。
 しかし、国内の大半が見目麗しくなった結果、婚姻や恋愛においてはあまり外見は重要視されなくなった(見慣れてしまった)


▼性格的特徴
・セリフが長い!
 特に伏見系の国民に多いが兎にも角にもセリフが長い。美辞麗句、様々な言葉を尽くして歌うように喋る者が多い。
 忙しい時などは非常に困るが、平時においては会話は華やかになる。

・気前が良い
 星鋼京では、特に貴族が顕著であるが、大概のものが気前が良い。
 “ケチは名折れ”と言われるほどで、名誉を重んじるために景気よく賃金などを高めに出すため、後々没落するものも多い。 


▼家庭・文化
・食事は大勢で……
 星鋼京には外食文化があまり発展していない。せいぜい他国の人間が利用するための店がある程度である。
 基本的には家庭に招き、大いに持て成す。食べきれないほどの料理、豪華で豊富な食器はその家のステータスを表している。
 
・養子縁組
 星鋼京では北国人の例に漏れず、養子縁組などが盛んである。
 これは家系の存続などもあるが、基本的に家の枠が広がることを良しとするためである。
 親同士が親友の場合、子の取り換えが行われることもあるため、両親が“生みの親”と“育ての親”とで二組存在する子どもも珍しくはない。 
 一方、孤児などに関しても貴族などは喜んで養子として迎え入れることが多いが、それが美徳であると信じているが故である。

・室内遊戯が好き
 厳冬期などでは外で遊ぶことが出来ないためか、藩の子どもの多くは幼少期は室内遊戯に興じる。
 特に卓上遊戯などの競技性のあるものは人気であり、藩の子どもはそういった遊戯を通じて、様々な考え方を学ぶ。

・“家”が大事
 家系としても、住居としても星鋼京の民にとっては“家”は重要視されている。
 冬の寒さが厳しい星鋼京にとって、家屋とは命を守るものであり、その屋根の下で暮らす家族は助け合って冬を越えねばならない。
 これは人間だけではなく、犬妖精なども同様であり、兄弟同然に育つものも少なくない。
 そのため、星鋼京の人間にとって“兄弟”“姉妹”とは血が繋がっていなくとも、何は無くとも助け、守るものなのである。
(実際、血の繋がっていない兄弟姉妹は珍しくなく、酔った勢いで兄弟の契りを結ぶものも少なくない)
 星鋼京の人間から兄弟家族として認められるのは、一つの名誉である。

・一般的な星鋼の国民
 星鋼京で生まれた子は貴族の子も、庶民の子も親の下で暮らし、育っていく。
 また、金銭的事情あるいは親の早逝などで育成が困難な場合、里子や養子に出されることになる。
 多くは友人間、あるいは自分が属する領主(もしくは領主貴族の運営する孤児院)などに預けられ、幼少期を過ごす。
 その際、幼年学校までは貴族の子も庶民の子も教育機会は同じだが、以降は貴族は更なる学問の、庶子は職人や軍事などへの道に進むものが多い。
 もちろん、庶子の子においても功績をあげ、騎士の爵位を与えられ、領地を得るものもいないではない。

女性の権利とメード
北国、特に星鋼京ではままある話であるが、若い女性でメード関連の職に就くものが多い。
これはメードになることで、雇い主から結婚の斡旋を受けれる、家事全般の花嫁修業ができる等のメリットがあるためである。
また、メードの中にも雇い主(多くは貴族、すなわちパイロット)の側で活躍し、自らも騎士としての戸籍を得るものがいる。
これは騎士籍を得て、貴族となることで独立した家となり、縁談(恋愛)の自由も得ることができるためである。

T22使用予定・設定国民 投稿者:フシミ@藩王 投稿日:2017/11/17(Fri) 20:32:08 No.494

【藩国独自】
設定国民(星鋼京/帝國貴族・改) ttp://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/141654
設定国民(星鋼京/侍従・改)   ttp://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/141655
設定国民(星鋼京/工兵)     ttp://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/141665
設定国民(蓮田男爵領/熟練配達人)ttp://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/141663
設定国民(蓮田男爵領/管理栄養士)ttp://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/141664

*近衛兵は調整中。改が付いている物はT22版(人種を入れ替えてます)

【共通百職】
設定国民(星鋼京/メード)   ttp://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/141656
設定国民(星鋼京/警官・改)  ttp://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/141657
設定国民(星鋼京/医師)    ttp://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/141658
設定国民(星鋼京/商人)    ttp://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/141659
設定国民(星鋼京/船乗り)   ttp://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/141660
設定国民(星鋼京/藩国政庁職員)ttp://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/141661
設定国民(星鋼京/消防士)   ttp://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/141662

設定国民男性64名 投稿者:フツカ 投稿日:2017/12/15(Fri) 00:10:44 No.585

男性。37歳、多少おどおどした印象を与える下がり眉をしている。自宅で犬士2匹と共に暮らしている。酔うと勝手に恋占いをするため少しウザがられている。

男性。36歳、右目に眼帯をしている傭兵のような風格。犬に好かれやすく扱いに長けている。地図を眺める事とその地図上の山野の想像が楽しい。

男性。50歳、頭髪が少々不安になってきたため、思い切って全部剃ってしまった豪傑。細かいことは気にしない性格で突撃役に向く。野菜ソムリエでマイナーな野菜もピクルスの材料に。

男性。39歳、堅物が服を着て歩いているよう、と周りに評されている真面目顔。無口なため誤解されやすいが、本当は結構お茶目な性格をしている。社交ダンスが趣味だが犬掻きにしか見えない。

男性。50歳、針金のような長い痩せぎすの足。ひょろっとして見えるが実力は確かで、数々の修羅場を越えてきている。足運びが速いため、短距離を走ることに関しては自信がある。

男性。29歳、女性……と思いきや線の細いモデル体型。I=Dヲタで間接部の機構にこだわりがある。I=Dを触れるなら何時間でも…!という性格のため、時折同僚に無理やり自宅に連れ帰られている。

男性。32歳、丸型メガネを掛けた、思慮深い落ち着き。非常に鋭い立ち居振る舞いは無駄が無い。自宅に揃えているお酒の種類はちょっとした自慢で、仕事の後の一杯を選ぶのは至福の時間である。

男性。43歳、無駄を嫌う効率好きな事務眼鏡マン。頑健で体力もあり病気知らずなのが自慢。手先が器用で、その辺の石をバランス良く高々と積み上げることができる。

男性。46歳、野性味あふれる豪快な気質で、初対面の者はそのギラギラした瞳に射竦められることが多い。面倒見が良く、教官として新兵の育成に長く関わっている。昼寝が好きでそのまま夕飯を食べ損ねる事もしばしば。

男性。29歳、絹糸のように真っ直ぐな見事な髪。銃の扱いに慣れており精密狙撃を得意とする。燻製が趣味でどんな食材でも燻製にしようと企んでいる。

男性。34歳、顔が小さく首が長いが手足は普通並み。とにかく元気が良く、返事も大きく、ビッグマウス。ムードメーカーとして上司に可愛がられることが多い。肉ならいくらでもと豪語するフードファイター。

男性。39歳、艶々の唇とぷにぷにの頬。笑顔が大変似合う。見た目と反して、剣の腕はなかなかのものである。良く通る声をしているため、人の聞き惚れるような演説をすることができる。

男性。26歳、整った顎髭。考え事で顎髭を触る癖がある。細かい作業が得意で多少の機械なら修理できる。創意工夫に富んだ、日常生活に使える道具を多々作っている。

男性。34歳、不機嫌そうにぎりぃと結ばれた口元。交渉術と修飾学を学んだネゴシエーションの達人。扱いは難しいが、その仕事は確実なため、かなり評価されている。

男性。35歳、いつもジョッキを片手に陽気な笑顔を浮かべている。部下の面倒見も良く、悩み相談を良く受けている。ホームパーティー好きで、月一で友人を誘って夕食を振る舞う。友人を呼ぶための準備も好き。

男性。40歳、常に眉間にしわが寄っていて、厳つい雰囲気を与える。書類の細かな間違いにも良く気が付くため、チェッカーとして頼りにされている。速読が得意なため、資料の読み込みが人より大分早い。

男性。46歳、手はタコができていてごつごつしている。我慢強さに定評があり、辛い仕事も進んで引き受ける積極性がある。少々頑張り過ぎてしまう所もあり、見かねた仲間が手助けしてくれることもしばしば。

男性。38歳、金と赤の瞳が奇眼の係累を物語る容貌。ピアノの調律ができるという隠し技を持っている。穏やかな雰囲気と話し方から、部署間や人同士を取り持つ役割を良く頼まれている。

男性。36歳、色白の者が多い中で、日焼けが目立つワイルドな見た目をしている。代々、農作物への造詣が深い家柄だった。ボードゲームが趣味で独自の理論と共に自作もしている。

男性。36歳、眉間のシワと鋭い眼光が印象的な、強面。視力が良く、狙撃や斥候に向くと豪語している。自称図書館の主の乱読家で、指定席があると主張している。

男性。45歳、笑うと奥歯まで見えそうな大きな口。とても弁が立つ上、大げさな身振り手振りで周りを話に引き込こんでしまう魅力を持つ。自称さすらいのギャンブラー、実はよわいとても。

男性。33歳、オッサン扱いされるのが不愉快なオッサン。医者の先輩がおり初期治療ぐらいなら手伝える。民族衣装柄のパッチワークが得意な裁縫師でもある。

男性。30歳、代々軍属の家系で、親戚含めて男性は皆かなりガッシリとした体躯をしている。力も強く、体力もあるが、少々ガサツなので女性にはあまりモテない。狩猟が趣味でジビエ料理も自分でこなせる。

男性。40歳、細枝細工のような華奢な手足を持つ。まとめ役だが自己評価は大人しいつもり。朗々とした歌声は玄人はだしの響き。

男性。29歳、良く言えば優しそう、その実少々優柔不断な性格をしている。ガーデニングが趣味で、育てている植物の様子をいつも気にしている。年甲斐もなくアイドル観賞にのめり込み、若い娘の区別完璧にが付く。

男性。33歳、シャツが引きちぎれんばかりの上腕筋。良く通る声をしているため、人の聞き惚れるような演説をすることができる。ヨガが得意で関節が異様に柔らかい。

男性。35歳、酔った友人に、まるで小さな岩が歩いているようだと言われる程、体つきには定評がある。元重量挙げ選手でいまでも背筋がすごい。欲しい物をなんでも絵に描いているうちに絵が上手くなった。

男性。48歳、タラコ唇から出る言葉は臨機応変な対応。あやとりが趣味で、オリジナル技も編み出している。我慢強さに定評があり、辛い仕事も進んで引き受ける積極性がある。

男性。42歳、モノトーンをまとった様な知的な容貌。休み時間になると、銀縁の眼鏡を丁寧に磨いている几帳面な性格。仕事ぶりも正確だが、他人のミスに少々厳しい所がある。

男性。38歳、ほっそりとした面立ちで、柔和な雰囲気。写真記憶の能力者で見聞きしたものは忘れない。自分の能力を、もっと人のためや国のために使いたいと思っている。

男性。29歳、何がどうという訳では無いのだが印象が薄い。DTPが出来たばかりに友人たちの同人誌の手伝いを。実は若者に人気のあるラノベ作家だが周囲には秘密。

男性。45歳、長身のスキンヘッドで頼りがいがある体躯。気配を悟らせず的確な観察力で名斥候と呼ばれる。澄んだ高い声をしており、その歌声で街角コンサートを行うこともある。

男性。45歳、筋肉がつきやすい体質のため、胸がやたら大きい。暗算が得意で6桁までなら瞬時に脳裏に浮かぶ。休日は常にロードバイクの予定だが最近多忙。

男性。32歳、奇眼系の血筋で右目が金色の瞳。じっとしているより動いていたい性格で、家の中でも常に筋トレや体操に勤しんでいる。骨董が趣味だが大抵雑品を掴まされている。

男性。48歳、週に1回は散髪に行き、常に銀色の髪を綺麗に刈り上げている。学生時代はボクシング部の部長だった。土いじりが好きで家の庭で野菜や花を育てている。

男性。35歳、責任感が強く丁寧な態度で人に接する。弓矢の扱いが上手くあり合せの材料で制作できる。休日の夜には散歩をしている。歩きながら考え事をよくしている。

男性。42歳、屈強な厚い胸板に反したタレ目で威圧感ゼロ。薬草取りが特技で良く効く自家製の解熱剤を持つ。物事の段取りをつけることが上手なため、しばしばリーダーとして担ぎ上げられる。

男性。48歳、顔や身体にほくろがたくさんある。騎士と貴族の礼儀作法に長じ儀典法の知識もある。じゃんけんがやたら強く、ほぼ負けない。

男性。41歳、物事を心配しがちだが、熟孝故に判断が正確。足運びが速いため、短距離を走ることに関しては自信がある。家で一人で過ごす時間が好きで、実はインドア派。椅子は特にこだわっており、特注の良いものを使っている。

男性。48歳、黒のバンダナを額に巻く黒が基調の男。絵画美術学校に通っていて静物の油絵画が周囲に人気。刺繍好きで親戚の子供たちにキャラ刺繍が定評。

男性。37歳、下半身がガッシリしている元格闘選手。自慢の脚力で、短距離走で負けたことがない。家の中にトレーニング用品を一式揃えており、鍛えた後に鏡でパンプアップした筋肉を眺める時間が至福である。

男性。40歳、歯並びがとても良く、笑顔がかわいらしい。薬草について詳しく、ちょっとした手当に使えるものなら現地調達ができる。海賊映画が好きすぎて自宅に帆と錨を掲げている。

男性。32歳、中性的な顔立ちで、白い髪を綺麗なおかっぱに整えている。動作が少しゆっくりなので落ち着いて見られる。幼い頃から剣術道場に通って剣の扱いに慣れている。

男性。48歳、眉毛が薄いのが悩みで、キリッとした眉になりたい。長距離行軍に強く靴の手入れに定評がある。信心深く休日はいつもミサに通っている。

男性。47歳、睫毛が長くて眉毛も濃い、全体的に濃い顔立ち。お菓子作りが得意。特に林檎のタルトは絶品。休日は自作のお菓子を食べるために、普段の運動と訓練は人一倍頑張っている。

男性。39歳、ふくよかな体つきに、垂れ下がった目が母親にそっくりだと近所でも有名である。幼い頃から母親の手伝いを良くしていたため、家事は一通り出来る上に、その腕はちょっとしたものである。最近はフェルト細工でわんこを大量生産中!

男性。30歳、金髪碧眼だがイマイチ風采の上がらない印象。元サーカスの軽業師で高くて不安定な場所が得意。創意工夫に富んだ、日常生活に使える道具を多々作っている。

男性。27歳、自分の仕事に誇りを持っており、一仕事終えたらウィンクをするのが癖。手先の器用さにも自信があり、銃の弾込めの速さには相当の自信がある。硝子切子にこだわりがあり、酒のグラスは自作品。

男性。28歳、筋肉隆々で特に肩から腕にかけて顕著。スキューバダイビングが好きで泳ぎに定評。最近ボトルシップを始めてミニ貿易船に挑戦。

男性。26歳、几帳面な性格で穏やかで丁寧な話し方をする。自宅で狼数匹と共に暮らして動物慣れしている。最近は様々な商品が並ぶバザールで吟味が楽しい。

男性。36歳、特徴的なタレ目と、泣きボクロが印象的な美丈夫。ダンスが得意で、特に社交ダンスが得意で異性からモテる。戦場に立つと、女性陣の士気が上がるとか…。

男性。40歳、常にニヤけそうになるのを我慢している。木工細工が好きで生計に役立てたいと思っている。字がとても綺麗で、しばしばお礼状の代筆などをすることもある。

男性。45歳、人懐っこそうに見える大きな丸い目。戦場でこそ美味しい食事で士気向上!がモットーである。見た事の無い食材への挑戦と称する調理が趣味。

男性。34歳、毎日綺麗に整えている口元の髭が自慢。自然から糧を得る育ち方で狩猟の腕が際立つ。気配を消すのが得意なため、戦場でもここぞという時に場を切り開く力がある。

男性。43歳、少し老け顔で、ロマンスグレーの髪を持つ。聞き上手のため年下の者からも慕われており、彼がいると部隊の協調性が高くなるとの評判である。素人ながら映画の撮影を企画している。

男性。27歳、額が広く四角い。いくつも皺が入っている。パラシュートの見識高く降下猟兵の導入に意欲的。物怖じしない性格のため、危険な任務でも冷静かつ積極的に取り組むことができる。少しおっちょこちょいなので、部下は多少苦労している。

男性。40歳、キリリとした形の良い眉毛が自慢で、いつも前髪を短くしている。澄んだ高い声をしており、その歌声で街角コンサートを行うこともある。夜の街では、キュー捌きが美しいビリヤードの華。

男性。36歳、年齢の割に若く見えるのが自慢。暗算が得意で急に計算が必要な場面でもすぐ対応出来る。しかし、忙しい時期に事務仕事が苦手な部署に駆り出されては、書類の山を前にため息をついている所が良く見られる。

男性。33歳、少々放射線状に伸びた髪の毛を気にしている。戦史に造詣が深く地形を読み兵站に理解がある。週末はボーリングの日々でターキー狙い。

男性。32歳、飄々とした雰囲気で、常に笑顔の印象が強い。怒った所を見たことがないというのは周囲の評。いつでもどこでも寝られるうらやま体質。薬草について詳しく、ちょっとした手当に使えるものなら現地調達ができる。

男性。22歳、ぱっちりとした二重で可愛い親しみ易い印象を与える。心理戦の達人で敵の企みのことごとくを見抜く。まだ若いが、出世欲は同期の誰よりも強い。

男性。35歳、少し大きめの前歯がとてもチャーミングで、女性にも良くモテる。小粋なトークで場を和ませるのが得意。誰とでもそれなりに会話を続けられるよう、日ごろから話題集めに余念がない。

男性。25歳、中性的な顔立ちで、良く女性に間違えられるのをとても気にしている。顔の特徴を掴み人相画を手早く描ける特技もち。休日には、趣味と実益を兼ねて、公園で似顔絵描きをしていることも。

男性。31歳、整った顎髭。考え事で顎髭を触る癖がある。日々の訓練で鍛えられた背筋が、ご近所のマダム達の頬を密かに染めている。夜はダーツの腕前で観客を沸かせている。

設定国民女性64名 投稿者:フツカ 投稿日:2017/12/15(Fri) 01:29:19 No.590

女性。25歳、腰のくびれがすごい。ウエストからヒップにかけてのラインがセクシー。良く通る声をしているため、人の聞き惚れるような演説をすることができる。I=Dプラモの愛好家だが未作成の箱が部屋を埋ている。

女性。43歳、首が太いのを気にして常に何か巻いている。山歩きで鍛えた方向感覚と自然に対する造詣が強み。字がとても綺麗で、しばしばお礼状の代筆などをすることもある。

女性。37歳、卑屈そうな三白眼だが、人を見る目がある地味女性。暗算が得意で6桁までなら瞬時に脳裏に浮かぶ。密かに燻製が趣味でどんな食材でも燻製にしようと企んでいる。

女性。40歳、化粧が大好きで、常に流行りのメイクを施している。豪快な人当たりと仕事振りは何処でも頼られる。もう少ししたら、静かな暮らしを送ることも大切だなぁと考えている。

女性。28歳、身長は低く、少しぽっちゃりしている。丸顔。得意な料理で誰かの役に立てればいいなあと考えている。最近は様々な商品が並ぶバザールで、食材の吟味をするが楽しみ。

女性。39歳、全身がどっしりとした肝っ玉風の風格。犬に好かれやすく扱いに長けている。休日の夜には、星を見ながら散歩をするのが好き。歩きながら考え事をよくしているので、たまに転びそうになる。

女性。49歳、ミステリアスで鋭い雰囲気を醸し出している。物事の段取りをつけることが上手なため、しばしばリーダーとして担ぎ上げられる。仕事の後の白ビールがささやかな幸せ。

女性。48歳、一見細身に見えるが実はかなりの筋肉質。フルマラソンを走り切ることができるタフネス。社交ダンスが趣味だが、やる気が空回りし過ぎることもあり、良くパートナーが変わる。

女性。28歳、笑うと目じりにシワができる愛嬌美人。銃の整備に慣れ、目隠しでも分解組み立てが出来る。本を読むのも好きで、将来自分の家に小さな図書館を作りたいと考えている。

女性。45歳、様々な人生経験が顔から滲み出ている、彫りの深い顔立ち。会計士資格を持つため数字と事務に強い。欲しい物をなんでも絵に描いているうちに絵が上手くなった。

女性。23歳、太い眉に大きな鼻が特徴的で、喋り方も豪快。長距離行軍に強く靴の手入れに定評がある。寝ることが好きで、寝具は特にいいものを揃えている。

女性。51歳、リスのように小柄で穏やかな物腰の女性。お菓子作りが得意。パイ系を作らせたら右に出るものはいない!との談。最近始めたヨガがのお蔭で、体が異様に柔らかい。

女性。29歳、短髪で無骨な色気皆無の軍人気質女。いつでもどこでも寝られるうらやましい体質。休日に体力を付けがてら遠出しては、うっかり昼寝の間に暗くなっていることもしばしば。

女性。19歳、下がり眉で、困ったような物憂げな表情に見える顔立ち。I=Dヲタで間接部の機構を語らせたら長い。更に最近はカメラにはまったどころかレンズ沼にどぼん。狭く深くハマる性格である。

女性。30歳、腰まである髪を三つ編みにしている。騎士と貴族の礼儀作法に長じ儀典法の知識もある。手先も器用なため、たまに頼まれては刺繍で友人宅の犬士をモデルにクッションカバーなどを作ったりしている。

女性。51歳、長髪で腰まで髪が伸びている。サラサラした綺麗な髪。視力が高く狙撃や斥候に向くと豪語している。年甲斐もなくアイドル観賞にハマってしまい、若い男の子を見ると気力が漲るわ〜とのこと。

女性。51歳、丸顔を気にするどことなく垢抜けない印象。銃の扱いに慣れており精密狙撃を得意とする。細かい作業が得意なのを活かして、民族衣装柄のパッチワークが得意な裁縫師でもある。

女性。41歳、笑うとえくぼが出来てとてもかわいらしい。幼い頃から剣術道場に通って剣の扱いに慣れており、その見た目に反してかなりの腕前を誇る。男性にも引けを取らないレベルである。

女性。34歳、奇眼の流れを示す瞳は薄緑と深い青である。交渉術と修飾学を学んだネゴシエーションの達人。印象的な瞳に見つめられると、会話の主導権を握られているような気分になる…との談。

女性。37歳、抜けるような白い肌に薄く浮いたそばかす。妖精のような見た目とは裏腹に、重いものを持つのが得意。酒樽2つを軽々と持ち上げるほど。長く恋人募集中であり、勝手に恋占いをするため少しウザがられている。

女性。31歳、前髪を切るのに失敗したため、かなり短い。DTPが出来たばかりに友人たちの同人誌の手伝いをしている。自分は寝不足気味なことが多いが、何故だか赤ちゃんを寝かしつけるのは得意。

女性。25歳、ハの字の眉毛が庇護欲をそそる顔立ちをしている。書類裁きの名人で蓮田屋が心の師匠とのこと。いつか彼女のようになりたいと思いつつも、引っ込み思案な性格を少しは直さねば…と日々思っている。

女性。51歳、左目の下に目立つ泣きホクロがかわいい。乗馬が好きな余り乗用動物なら大抵乗りこなせる様に。ストレス解消はバッティングセンターでフルスィングをすること。空振りの方が多いが気にしない。

女性。31歳、元教師で差別や偏見のない理知的な才女。医者の先輩がおり初期治療ぐらいなら手伝える。物事の段取りをつけることが上手なため、しばしばリーダーとして担ぎ上げられる。

女性。28歳、自称星鋼京の薔薇を名乗るふくよか令嬢。リズム感が良いため、しばしば踊っては周囲を楽しませるなどしている。良く商工会の飲み会などで、盛り上げ要員としてお声がかかる。

女性。29歳、きれいな銀髪のロングヘアが目を引く。パラシュートの見識高く降下猟兵の導入に意欲的。武具が好きで磨き上げられた武具が自宅に並んでいる。

女性。42歳、面倒見が良い頼れるリーダー格のオカン属性。ピアノの調律ができるという隠し技を持っているが、最近は多忙で中々ピアノに触る時間がない。石を集める趣味があり、翡翠の大石を掘り当てた事もある。

女性。52歳、両腕を腰に当てるクセがある姉御肌。薬草取りが特技で良く効く自家製の解熱剤を持つ。ホームパーティー好きで、月一で友人を誘って夕食を振る舞う。友人を呼ぶための準備も好き。

女性。29歳、均整のとれた足だが本人は太いと気にしている。澄んだ高い声をしており、その歌声で街角コンサートを行うこともある。我慢強さに定評があり、辛い仕事も進んで引き受ける積極性がある。

女性。43歳、思わず甘えたくなってしまうような、母性溢れる顔立ちをしている。あやとりが趣味で、オリジナル技も編み出している。週末はボーリングの日々でターキー狙い。マイボールの手入れも欠かさない。

女性。29歳、優れた統率力の生来の委員長気質の人。暗算が得意で急に計算が必要な場面でもすぐ対応出来る。最近新しいことを始めようと思い、ふと目に付いたボトルシップを始めてミニ貿易船に挑戦中。

女性。36歳、上着を締められない巨乳で困ってる女性。人と仲良くなるのに時間を要さない交渉力がある。良く通る声をしているため、人の聞き惚れるような演説をすることができる。

女性。43歳、短い髪を常にオールバックに整えていて、口元のホクロが目を引く美人。細かいことは気にしない性格で突撃役に向く。若い頃から乗馬を嗜み障害もなんのその。

女性。46歳、自信過剰で高慢だが芯は真っ直ぐで、裏表のない性格。木材に強く機材だけで簡単なロッジなら作り上げる。渓流釣りが趣味で釣った後の焼き鮎には一家言。

女性。39歳、全体的にフラットな体型をいつも気にしている。薬草について詳しく、ちょっとした手当に使えるものなら現地調達ができる。朗々とした歌声は玄人はだしの響き。

女性。34歳、長い銀髪に赤い瞳のミステリアスな美女。危機的な状況でも無事な為『生還者』と敬称される。時計細工が好きで歯車コレクションをしている。

女性。49歳、ハキハキとした言動が印象的な女性。速読が得意なため、資料の読み込みが人より大分早い。週末のお店巡りが趣味で、買い物したり冷やかしたりしながらお店の雰囲気を味わうのが好き。

女性。34歳、額が狭くて丸くてベリーショートの髪。プログラミングが得意でI=Dのシステムにも関与している。ハキハキした受け答えで、職場でも重宝がられている。声が美しく、女声と男声の両方を出すことができる。

女性。27歳、おっとりとした天然系のほほえみ美人。意外や意外、雪山登山慣れしており、器具も取り揃えている。刺繍好きで親戚の子供たちにキャラ刺繍が好評。

女性。40歳、がっしりとした体形で、女性ものの服が中々入らないのが悩み。ダンスが得意で、特に社交ダンスが得意で異性からモテる。豪快でキビキビとした動きに華がある。

女性。52歳、いつもタンクトップ越しに自慢の筋肉質な二の腕を見せつけている。足腰が強く長時間のマラソンにも耐えられる。海賊映画が好きすぎて自宅に帆と錨を掲げている。

女性。43歳、長いまつげとたれ目から、眠そうに見られることが多い。自宅で狼数匹と共に暮らして動物慣れしている。澄んだ高い声をしており、その歌声で街角コンサートを行うこともある。

女性。35歳、人に心を開かず最低限の事しか話さない偏屈屋。自分もたまには同僚と声を上げて笑ったりしてみたいな…と密かに思っている。口数は少ないが、仕事は的確なため、事務作業には欠かせない存在である。

女性。34歳、歯並びが良く、歯が真っ白なのが自慢。学生時代はボクシング部の部長だった。休日は常にロードバイクの予定だが、最近多忙気味で愛車を磨くだけの日々である。

女性。25歳、明るい性格で情に厚い世話好きなお姉様。自然から糧を得る育ち方で狩猟の腕が際立つ。ナイフや弓矢、わなの扱いも得意である。見た事の無い食材への挑戦と称する調理が趣味。

女性。51歳、豹のようなしなやかさと俊敏さを持つ貴人。空想するのが大好きで、密かに二次元の世界に行きたいと思っている。ボードゲームが趣味で独自の理論と共に自作もしている。

女性。54歳、見たことのあるような良くある顔立ちだが、その分取っつきやすい。物凄く目立つことはないが、誰とでも万遍なく上手くやっていける器用貧乏。実はキュー捌きが美しいビリヤードの華。

女性。35歳、頭の銀髪アホ毛はエースの証、正に女主人公。心理戦の達人で敵の企みのことごとくを見抜く。肉ならいくらでもと豪語するフードファイター。男女ともに友人が多く、常に周りはにぎやかである。

女性。39歳、明るくて誰からも好かれる三枚目芸人。元重量挙げ選手でいまでも背筋がすごい。チーズが好きが講じて利きチーズのスぺシャリテに。いつか牧場主になりたいという夢がある。

女性。42歳、真面目で騙されやすい修行大好きアスリート系。音響マニアで、良い機材と環境を常に追い求めている。何事も突き詰めないと気が済まない性格で、やる時はとことんやると決めている。

女性。28歳、実年齢より下に見られることが多く、優しげな垂れ目が印象的。アクセサリー作りが趣味で、自作のアクセサリーを身につけている。手先の器用さを活かして、整備の腕も中々である。

女性。42歳、サバサバした雰囲気と短く刈り上げた髪をしている。気配を悟らせず的確な観察力で名斥候と呼ばれる。酒が好きで、そのためのグラス集めも好きである。中にはわざわざ自分で作ったものもあるほど。

女性。30歳、キリッとした目元とショートヘアが凛々しい。頑健で体力もあり病気知らずなのが自慢。ダンスも得意で、普段のお転婆も鳴りを潜めて、優雅な夜会舞踏も見事にこなすことができる。

女性。36歳、笑うとできるえくぼと目尻の皺がチャーミング。動作が少しゆっくりなので落ち着いて見られる。土いじりが好きで家の庭で野菜や花を育てている。

女性。48歳、蠱惑的な体つきで胸元にほくろがある。戦史に造詣が深く地形を読み兵站に理解がある。彼女が部隊にいると、負傷率も低いとの噂である。先日、趣味で育てている盆栽が高値で売れたので鼻高々。

女性。45歳、ふわふわした猫っ毛で少なめな髪の量が悩み。創意工夫に富んだ、日常生活に使える道具を多々作っている。実は若者に人気のあるラノベ作家だが周囲には秘密。

女性。54歳、爪に気を使っており、形が良くとても綺麗にマニキュアが塗られている。おしゃれなものや、流行ものが大好き。そのためなら遠出も早起きもなんのそのの行動派である。

女性。55歳、明るく元気でさっぱりとしたムードメーカー。非常に鋭い立ち居振る舞いは無駄が無い。趣味の狩猟で週末は森に赴くことが多い。ジビエ料理も自分でこなせ、友人やご近所に振る舞うことも。

女性。44歳、生命力にあふれた華やかなスッキリ姐さん。プロ一歩手前のボディビルダーで筋肉美。格闘観戦も好きで、新しい技を見ては同僚や後輩を相手に練習している。

女性。48歳、くりくりした癖っ毛で顔にそばかすがある。絵画美術学校に通っていて静物の油絵画が周囲に人気。もう少し自分の力が発揮できる場所で活躍したいと考えている。

女性。55歳、若い頃はモテたと豪語する紳士より紳士的美女。的確な指示と洞察力で、いくつもの部隊を戦場で率いてきた。現在は自分の後進を育てるのにも積極的である。

女性。39歳、シワは女の勲章よ、とウィンクと共に語る、頼れるお姉様。速読が得意。幼少から本を大量に読んでいて身についた。豊富な知識から出るウィットに富んだ会話で、常にお酒のお誘いが絶えない。

女性。44歳、短く刈り上げた髪型がまさにクールビューティー。年下の女性ファンも多い。教官としても慕われており、彼女の育てた部下たちの評判もとても良い。ボードゲームが趣味で、週末に部下を招いて食事がてら良く遊ぶことも。

女性。56歳、様々な人生経験で肝が据わっている自称オババ。貫録のある体つきだが、一昔前は相当な美人で有名だったようだ。色んな人に相談や厄介ごとを持ち込まれても、持ち前の知識と経験で豪快に解決するみんなの肝っ玉母ちゃん的存在。

防諜組織 投稿者:フシミ 投稿日:2017/11/25(Sat) 00:38:40 No.527

RD107 評価11
星鋼京:防諜機関“シュヴァリニエリ”


■防諜総論:http://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/146858

上記の大部品に下記の組織解説をドッキング。

==============================

RD17 評価7

○星鋼京における防諜機関の内容

防諜機関:シュヴァリニエリの概要と把握人員
近衛兵団から選抜、構成される刑事機関と対を為す形で構成される。その全容について把握するのは、星鋼京藩王のみとされる。

防諜機関:戦略目的(攻撃兆候の察知・通知)
星鋼京国内でのあらゆる情報において、帝國、星鋼京、帝國臣民の身心及び財産、それらを庇護する法規への攻撃兆候を観測、通知する。

防諜機関:権限(身分の秘匿)
身分を公にする事は厳密に禁じられており、王命の無い限り直接的な権限を有する事は無い。所属者の身命を守る措置でもある。

防諜機関:公的な取扱い(組織の秘匿)
公的にこの組織は存在しないものとして扱われる。故に、所属中の活動に関して法的・公的な便宜等が図られる事は一切無い。

防諜機関:組織構成(任命権者と携帯)
原則として星鋼京藩王を任命権者とする以外、決まった形態を有さない。市井における"普通"の情報にこそ警戒を払うが故の構成である。

防諜機関:リクルーティング
完全部外秘とされる星鋼京藩王の勅裁事項である。人事部門において把握したリストから、茶会や夜会に招く、お忍びで藩王自身が出向くなどによって勧誘を行うとされる。

防諜機関:市井における防諜機関の風聞の一例
気軽な茶飲み友達を訪ねてお忍びで出歩く藩王の行動がそうであると言われる。このような意図して流したのではない噂を意図的に放置する事で実態を隠す狙いもある。

防諜機関:活動予算(予算出動の注意)
基本的に星鋼京藩王の私費によって賄われる。活動の性質上、大規模な公的予算出動は調査対象への警戒も招くとして、機関関係者によって厳重に注意が払われている。

人事部門:人事の概要と情報網羅・人材走査
例外的に存在が示唆される常設部門二つのうちの一つ。星鋼京国内情勢の主要産業及びサプライチェーン等を始めとする情報を網羅し、リクルートする人物を常に走査している。

人事部門:リストアップの方向性
国内における経済活動に携わる、ほぼ全般の人物を対象としている。これは人員確保もさる事ながら、事前調査も同時に行う意味合いとして行われている。

特務担当:特務の概要と特殊能力
常設部門の一つ。切迫した危険性を緊急且つ内密に除去する必要性に迫られた場合、発令される攻撃担当部門。藩王の信任に加え、高い個人戦闘能力を必要とする。

特務担当:待機状態及び定期・臨時で報告
平時においては、基本的に市井よりリクルートされた者同様、本来の身分に基づく行動を優先、そこで得られた情報を定期・臨時で報告する。

特務担当:内偵活動(能動的な情報収集の場合)
能動的な情報収集が必要と見られた対象には、対象の法的調査を可能とする為の証拠収集を目標とする内偵などを行う場合もある。

特務担当:要人警護対応
藩王夫妻・王犬・政府首脳・国賓・会社役員・著名人等、要人の身辺の安全を確保し、政治的目的を背景とする誘拐・暗殺などの暴力行為等の不法行為(いわゆるテロ行為)や、交通事故・火災等の人為的な危害、地震・津波等の自発生的な危害などから、要人の身辺を守ることにより、要人の安全を確保することを目的とする。防諜機関の場合は警察各所と違い、本人には知らされずそれとなく周囲に配置されている事が多い。

特務担当:麻薬取締捜査
麻薬取締や薬物の不正ルートの解明などの薬物犯罪の捜査や正規麻薬(医療などの目的で許可を受けて合法的に使用される麻薬)の不正使用・横流し・盗難等の監視・捜査を行う。国家転覆の資金源や社会不安そのものの謀略事案である可能性が高いためである。本来の刑事活動にリークされる形でおとり捜査的な役割を担うことが多い。

特務担当:経済追跡査察
ヒト・モノ・カネの不審な流れを追い、現金・通帳・有価証券・株券などの脱税証拠や裏帳簿、印鑑などの経理書類の捜査による敵性勢力の活動の察知を目的とする。ただの脱税であった場合は嫌疑者に追徴課税や延滞金などの刑事告発内容を財務省・査察部にリークする。

特務担当:分離独立運動対策
そもそも分離独立運動とは、ある国家内のマイノリティが、民族の経済・生活・文化・宗教などの独自性を掲げて、多数派が握る国家から分離独立を求める運動のことではあるが、敵性勢力のスパイによる敵性工作やそのスパイによって操作された人民が平和活動と誤認して活動する事案がある。これに対抗し該当コミュニティ内部の調査・スパイの逮捕のための報告、もしくは人民の懐柔情報工作を行う。

==============================す。

刑事特捜部 投稿者:蓮田屋 投稿日:2017/11/25(Sat) 22:39:20 No.530


RD102 評価11
星鋼京:刑事特捜部“シュヴァリニエリ”



■防諜総論:http://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/146858

上記の大部品に下記の組織解説をドッキング。

==============================

RD12 評価6


○星鋼京における刑事特捜部の内容

刑事特捜部:シュヴァリニエリの概要と把握人員
刑事特捜部は藩国警察庁の管轄であり、近衛兵団または藩国警察刑事部の中で、司法試験に合格して司法修習を終えた者という狭き門と、星鋼京藩王の面談後に選抜された優秀な人員が藩国警察庁に出向して、藩国法務大臣と警察庁長官の任命権の元に構成されたものである。検察官が検察特捜部に所属するために近衛兵団または藩国警察刑事部へ出向する者もいる。

刑事特捜部:戦略目的(攻撃兆候の察知・通知)
「公共の安全と秩序」を維持することを目的とする警備警察の一部門である。主に国家体制を脅かす事案に対応する。星鋼京国内でのあらゆる情報において、帝國・星鋼京・帝國臣民の身心及び財産、それらを庇護する法規への攻撃兆候を捜査する。

刑事特捜部:捜査対象と任務内容
主に、マフィアなどの犯罪組織・カルトおよびセクト・武器及び戦略物資の不正輸出・国際テロリズム・敵性勢力による工作活動(行政府・王城・藩国軍・藩国警察への浸透)の阻止(カウンターテロ)・王族の身分を詐称する人物・公的機関やインフラ企業を狙ったサイバー攻撃もしくは自爆テロ等の直接攻撃を捜査対象とする。要人警護対応・麻薬取締捜査・経済追跡査察・分離独立運動対策などの任務を行うことがある。

刑事特捜部:権限(所属権限の内容)
あくまでも一般の警察官以上の権限を有する事は無い。王命の無い限り刑事特捜部の身分を公にする事は厳密に禁じられている。所属者の身命を守る措置でもある。

刑事特捜部:公的な取扱い(組織の立ち位置)
公的にはこの組織は藩国警察庁の一部門である。存在こそ知られてはいるが、対テロ特殊部隊としての風聞を受けている(ある意味、直接的な武力以外は正しくそうなのではあるが)基本的に警察庁の公的資金によって賄われる。

人事部門:リストアップの方向性
国内における経済活動に携わる、ほぼ全般の人物を対象としている。これは人員確保もさる事ながら、事前調査も同時に行う意味合いとして行われている。

特務担当:特務の概要と特殊能力
常設部門の一つ。切迫した危険性を緊急且つ内密に除去する必要性に迫られた場合、発令される攻撃担当部門。藩王の信任に加え、高い個人戦闘能力を必要とする。

特務担当:内偵活動(能動的な情報収集の場合)
能動的な情報収集が必要と見られた対象には、対象の法的調査を可能とする為の証拠収集を目標とする内偵などを行う場合もある。

特務担当:要人警護対応
藩王夫妻・王犬・政府首脳・国賓・会社役員・著名人等、要人の身辺の安全を確保し、政治的目的を背景とする誘拐・暗殺などの暴力行為等の不法行為(いわゆるテロ行為)や、交通事故・火災等の人為的な危害、地震・津波等の自発生的な危害などから、要人の身辺を守ることにより、要人の安全を確保することを目的とする。防諜機関の場合は警察各所と違い、本人には知らされずそれとなく周囲に配置されている事が多い。

特務担当:麻薬取締捜査
麻薬取締や薬物の不正ルートの解明などの薬物犯罪の捜査や正規麻薬(医療などの目的で許可を受けて合法的に使用される麻薬)の不正使用・横流し・盗難等の監視・捜査を行う。国家転覆の資金源や社会不安そのものの謀略事案である可能性が高いためである。本来の刑事活動にリークされる形でおとり捜査的な役割を担うことが多い。

特務担当:経済追跡査察
ヒト・モノ・カネの不審な流れを追い、現金・通帳・有価証券・株券などの脱税証拠や裏帳簿、印鑑などの経理書類の捜査による敵性勢力の活動の察知を目的とする。ただの脱税であった場合は嫌疑者に追徴課税や延滞金などの刑事告発内容を財務省・査察部にリークする。

特務担当:分離独立運動対策
そもそも分離独立運動とは、ある国家内のマイノリティが、民族の経済・生活・文化・宗教などの独自性を掲げて、多数派が握る国家から分離独立を求める運動のことではあるが、敵性勢力のスパイによる敵性工作やそのスパイによって操作された人民が平和活動と誤認して活動する事案がある。これに対抗し該当コミュニティ内部の調査・スパイの逮捕のための報告、もしくは人民の懐柔情報工作を行う。

刑事特捜部JOIN 投稿者:蓮田屋 投稿日:2017/12/14(Thu) 10:16:47 No.581

[
{
"title": "星鋼京:刑事特捜部“シュヴァリニエリ”",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "星鋼京における刑事特捜部の内容",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "刑事特捜部:シュヴァリニエリの概要と把握人員",
"part_type": "part",
"description": "刑事特捜部は藩国警察庁の管轄であり、近衛兵団または藩国警察刑事部の中で、司法試験に合格して司法修習を終えた者という狭き門と、星鋼京藩王の面談後に選抜された優秀な人員が藩国警察庁に出向して、藩国法務大臣と警察庁長官の任命権の元に構成されたものである。検察官が検察特捜部に所属するために近衛兵団または藩国警察刑事部へ出向する者もいる。",
"localID": 2
},
{
"title": "刑事特捜部:戦略目的(攻撃兆候の察知・通知)",
"part_type": "part",
"description": "「公共の安全と秩序」を維持することを目的とする警備警察の一部門である。主に国家体制を脅かす事案に対応する。星鋼京国内でのあらゆる情報において、帝國・星鋼京・帝國臣民の身心及び財産、それらを庇護する法規への攻撃兆候を捜査する。",
"localID": 3
},
{
"title": "刑事特捜部:捜査対象と任務内容",
"part_type": "part",
"description": "主に、マフィアなどの犯罪組織・カルトおよびセクト・武器及び戦略物資の不正輸出・国際テロリズム・敵性勢力による工作活動(行政府・王城・藩国軍・藩国警察への浸透)の阻止(カウンターテロ)・王族の身分を詐称する人物・公的機関やインフラ企業を狙ったサイバー攻撃もしくは自爆テロ等の直接攻撃を捜査対象とする。要人警護対応・麻薬取締捜査・経済追跡査察・分離独立運動対策などの任務を行うことがある。",
"localID": 4
},
{
"title": "刑事特捜部:権限(所属権限の内容)",
"part_type": "part",
"description": "あくまでも一般の警察官以上の権限を有する事は無い。王命の無い限り刑事特捜部の身分を公にする事は厳密に禁じられている。所属者の身命を守る措置でもある。",
"localID": 5
},
{
"title": "刑事特捜部:公的な取扱い(組織の立ち位置)",
"part_type": "part",
"description": "公的にはこの組織は藩国警察庁の一部門である。存在こそ知られてはいるが、対テロ特殊部隊としての風聞を受けている(ある意味、直接的な武力以外は正しくそうなのではあるが)基本的に警察庁の公的資金によって賄われる。",
"localID": 6
},
{
"title": "人事部門:リストアップの方向性",
"part_type": "part",
"description": "国内における経済活動に携わる、ほぼ全般の人物を対象としている。これは人員確保もさる事ながら、事前調査も同時に行う意味合いとして行われている。",
"localID": 7
},
{
"title": "特務担当:特務の概要と特殊能力",
"part_type": "part",
"description": "常設部門の一つ。切迫した危険性を緊急且つ内密に除去する必要性に迫られた場合、発令される攻撃担当部門。藩王の信任に加え、高い個人戦闘能力を必要とする。",
"localID": 8
},
{
"title": "特務担当:内偵活動(能動的な情報収集の場合)",
"part_type": "part",
"description": "能動的な情報収集が必要と見られた対象には、対象の法的調査を可能とする為の証拠収集を目標とする内偵などを行う場合もある。",
"localID": 9
},
{
"title": "特務担当:要人警護対応",
"part_type": "part",
"description": "藩王夫妻・王犬・政府首脳・国賓・会社役員・著名人等、要人の身辺の安全を確保し、政治的目的を背景とする誘拐・暗殺などの暴力行為等の不法行為(いわゆるテロ行為)や、交通事故・火災等の人為的な危害、地震・津波等の自発生的な危害などから、要人の身辺を守ることにより、要人の安全を確保することを目的とする。防諜機関の場合は警察各所と違い、本人には知らされずそれとなく周囲に配置されている事が多い。",
"localID": 10
},
{
"title": "特務担当:麻薬取締捜査",
"part_type": "part",
"description": "麻薬取締や薬物の不正ルートの解明などの薬物犯罪の捜査や正規麻薬(医療などの目的で許可を受けて合法的に使用される麻薬)の不正使用・横流し・盗難等の監視・捜査を行う。国家転覆の資金源や社会不安そのものの謀略事案である可能性が高いためである。本来の刑事活動にリークされる形でおとり捜査的な役割を担うことが多い。",
"localID": 11
},
{
"title": "特務担当:経済追跡査察",
"part_type": "part",
"description": "ヒト・モノ・カネの不審な流れを追い、現金・通帳・有価証券・株券などの脱税証拠や裏帳簿、印鑑などの経理書類の捜査による敵性勢力の活動の察知を目的とする。ただの脱税であった場合は嫌疑者に追徴課税や延滞金などの刑事告発内容を財務省・査察部にリークする。",
"localID": 12
},
{
"title": "特務担当:分離独立運動対策",
"part_type": "part",
"description": "そもそも分離独立運動とは、ある国家内のマイノリティが、民族の経済・生活・文化・宗教などの独自性を掲げて、多数派が握る国家から分離独立を求める運動のことではあるが、敵性勢力のスパイによる敵性工作やそのスパイによって操作された人民が平和活動と誤認して活動する事案がある。これに対抗し該当コミュニティ内部の調査・スパイの逮捕のための報告、もしくは人民の懐柔情報工作を行う。",
"localID": 13
}
],
"expanded": false,
"localID": 1
},
{
"id": 146858,
"title": "防諜総論",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.756509",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.756509",
"children": [
{
"id": 146766,
"title": "防諜(Counterintelligence)の概要",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.001698",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.001698",
"children": [
{
"id": 146759,
"title": "防諜の意味と効果",
"description": "防諜(Counterintelligence)とは、敵対外国政府やテロリストなどの敵対勢力による諜報活動や破壊活動を無力化することである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:24.978326",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:24.978326",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 16
},
{
"id": 146760,
"title": "情報操作及び諜報活動や破壊活動などの抑止",
"description": "諜報活動を行う敵対外国政府に関する情報を収集し、諜報活動を妨害するか、または諜報活動に対してダメージを与えるために情報操作を行う。諜報活動や破壊活動などの抑止について言及する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:24.982205",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:24.982205",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 17
},
{
"id": 146761,
"title": "防諜活動の用語について",
"description": "防諜活動という用語は、現実的には諜報活動に対抗するものを指すとされるが、攻撃的カウンターインテリジェンスには諜報活動が含まれるため、ここでは広義の意味で捉えられることを避けるために使われている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:24.984268",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:24.984268",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 18
},
{
"id": 146762,
"title": "情報の生産と保護の両方を行う",
"description": "防諜は人間を媒介とした諜報活動に関する情報収集と大きな関係を持っている。防諜は情報の生産と保護の両方を行うことができる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:24.986056",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:24.986056",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 19
},
{
"id": 146763,
"title": "防諜の任務と学問分野",
"description": "防諜の任務は、・物理的セキュリティ(Physical security)・人的セキュリティ(Personnel security)・通信セキュリティ(Communications security、COMSEC)・情報セキュリティ(Information security、INFOSEC)・セキュリティの機密化(Security classification)・運用におけるセキュリティ(Operations security、OPSEC)として、防諜の学問分野に含まれる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:24.987753",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:24.987753",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 20
},
{
"id": 146764,
"title": "セキュリティの意味について",
"description": "「積極的セキュリティ」という言葉に含まれる訓練や、社会の実際の、また潜在的なセキュリティに関する情報を集めるための手段もセキュリティに含まれる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:24.989845",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:24.989845",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 21
},
{
"id": 146765,
"title": "攻撃的なものと防御的なものの分類",
"description": "防諜活動の内容も攻撃的なものと防御的なものに分類される場合もある。攻撃的カウンターインテリジェンスと、人材と情報の保護に携わる防御的カウンターインテリジェンスである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:24.99154",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:24.99154",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 22
}
],
"position": "1",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"expanded": true,
"localID": 15
},
{
"id": 146786,
"title": "情報収集の手段と分類",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.590185",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.590185",
"children": [
{
"id": 146767,
"title": "インテリジェンスの生産について",
"description": "諜報活動は、用いる手段により以下のように分類される。情報収集には決して秘密・非合法な手段ばかりが用いられるわけではない。収集した情報を分析・評価することで指導者が判断を下すために役立つ情報(インテリジェンス)を生産する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.546767",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.546767",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 24
},
{
"id": 146768,
"title": "防諜作戦の分類と詳細",
"description": "防諜作戦:支援作戦と機密作戦に分類される。・支援作戦:情報保全の支援。・機密作戦:外国政府の諜報活動に対する攻勢作戦。対スパイ作戦を含む。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.548568",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.548568",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 25
},
{
"id": 146769,
"title": "防諜捜査・収集の解説",
"description": "防諜捜査:公安警察による法に基づく捜査活動。防諜収集(collection)・収集活動:外国政府の諜報活動に関する情報収集。・情報源の収集活動:直接の脅威に関しての情報収集。・機能サービス:脅威評価・敵諜報模擬・秘匿エージェント支援",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.550108",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.550108",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 26
},
{
"id": 146770,
"title": "オシント(公開資料:OSINT:Open source intelligence)",
"description": "新聞・雑誌・テレビ・インターネットなどのメディアを継続的にチェックしたうえで、書籍・公刊資料を集めて情報を得る手法。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.551526",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.551526",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 27
},
{
"id": 146771,
"title": "ヒューミント(人間:HUMINT:Human intelligence)",
"description": "人間を介した情報収集の方法。有識者から話を聞いたり、重要な情報に接触できる人間を協力者として獲得・運営し、そこから情報を入手する。合法活動や捕虜の尋問等も含み、スパイ活動のみを指すわけではない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.553246",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.553246",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 28
},
{
"id": 146772,
"title": "ヒューミントの手段各種方法",
"description": "・聴取(Debriefings):友軍、民間人への質問。・連絡(Liaison):友軍、民間組織との連絡。・接触(Contact):いわゆるスパイ活動。・尋問(Interrogation):捕虜等の尋問。・選別(Screening):人的情報源、メディアからの情報の評価、選別。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.55476",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.55476",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 29
},
{
"id": 146773,
"title": "イミント(画像:IMINT:Imagery intelligence)",
"description": "偵察衛星や偵察機によって撮影された画像を継続的に分析する事で情報を得る手法。または「イマジント」(IMAGINT)と呼ぶ。写真撮影による情報収集を「フォトミント」と呼ぶこともあるという。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.556251",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.556251",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 30
},
{
"id": 146774,
"title": "シギント(通信・信号:SIGINT:Signals intelligence)",
"description": "通信・電磁波・電子信号を「傍受」する事で情報を得る方法。通信傍受とは少し異なるが、郵便を検閲するのも一般的な情報収集手段である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.557662",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.557662",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 31
},
{
"id": 146775,
"title": "シギント:傍受の解説(非想定の電波の受信)",
"description": "「傍受」とは、送信側にそれを受信する正規の対象として想定されていないような者による電波等の受信のことである。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.559038",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.559038",
"children": [],
"position": "9",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 32
},
{
"id": 146776,
"title": "シギント:無線・有線の手法と表現",
"description": "有線である電信や電話の電線から非正規な手法で分岐(タップ)させるような「盗聴」と、無線の(パブリックな場所であれば)自由に受信できるものという違いにもとづく表現の使い分けがある。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.560594",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.560594",
"children": [],
"position": "10",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 33
},
{
"id": 146777,
"title": "シギント:各種分類と解説",
"description": "通信情報:傍受、盗聴、暗号解読。・電子情報:非通信用(レーダー等)の電磁放射からの情報収集(エリント)・外国信号計測情報:テレメトリー、ビーコン信号等からの情報収集(フィシント)などがある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.561981",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.561981",
"children": [],
"position": "11",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 34
},
{
"id": 146778,
"title": "アシント(ACINT:Acoustic intelligence)",
"description": "音響情報。水中音響情報などによる潜水艦、艦船および水中武器の音響情報収集を行う。無線通信の類は、暗号の解読だけでなく量や頻度といった解析(通信解析)も大きな手がかりになる。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.564593",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.564593",
"children": [],
"position": "12",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 35
},
{
"id": 146779,
"title": "コミント(COMINT:Communication intelligence)",
"description": "電話や無線、インターネットなどの通信を傍受して暗号解読(本文が分らなくとも交信(トラフィック)解析だけで手がかりになり得る)を行う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.56626",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.56626",
"children": [],
"position": "13",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 36
},
{
"id": 146780,
"title": "技術サービス(Technical Services)",
"description": "視察・嘘発見器・コンピュータ・ネットワーク戦・情報作戦・対信号諜報(C-SIGINT:Counter-Signals Intelligence)なども含む。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.567795",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.567795",
"children": [],
"position": "14",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 37
},
{
"id": 146781,
"title": "マジント(化学:MASINT:Measurement and Signatures intelligence)",
"description": "赤外線や放射能、空気中の核物質といった科学的な変化をとらえる事で情報を収集する方法。各種様々な手段が存在する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.569253",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.569253",
"children": [],
"position": "15",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 38
},
{
"id": 146782,
"title": "マジンドの細目と備考解説",
"description": "・物質情報:化学物質の分析。・周波数情報:核爆発やエンジンの周波数。・E−O情報:紫外線・可視光線・赤外線。・地球物理学情報:地震・大気の振動・磁場の変化等。・ラディント(RADINT:Rader intelligence):レーダー信号の傍受を行う。・ヌシント(NUCINT:Nuclear intelligence):放射線から得られる情報の収集(異常増加で原子力施設の事故や核実験などが探知出来る)",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.570834",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.570834",
"children": [],
"position": "16",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 39
},
{
"id": 146783,
"title": "テキント(装備の研究:TECHINT:Technical intelligence)",
"description": "敵性勢力の装備を奪取または購入によって研究し、使われている技術や成分・制作された工廠や場所・弱点などを見つけ出す手法。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.572416",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.572416",
"children": [],
"position": "17",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 40
},
{
"id": 146784,
"title": "コリント(他機関との協力:COLLINT:Collective intelligence)",
"description": "利害関係を同じくするインテリジェンス機関が相互に協力すること。友好国のあいだでは相互に「リエゾン」と呼ばれる連絡要員を派遣している場合があり、定期的に情報交換を行っている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.573999",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.573999",
"children": [],
"position": "18",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 41
},
{
"id": 146785,
"title": "コリントの項目と系統の解説",
"description": "分析(Analysis):外国政府の諜報活動を分析。生産(Production):情報評価、報告書の作成。技術サービス(Technical services):防諜機関の技術的支援。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:25.57557",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:25.57557",
"children": [],
"position": "19",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 42
}
],
"position": "2",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"expanded": true,
"localID": 23
},
{
"id": 146797,
"title": "防御的CI",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.803952",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.803952",
"children": [
{
"id": 146787,
"title": "その組織自体の脆弱性を探すための実践的な訓練",
"description": "防御的カウンターインテリジェンス(CI)は、その組織自体の脆弱性を探すための実践的な訓練であり、そして、リスクと利益に注意を払いながら、弱点の発見に近づいていく。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.771482",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.771482",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 44
},
{
"id": 146788,
"title": "組織の中で脆弱な場所の検索",
"description": "防御的カウンターインテリジェンスは、敵性勢力の諜報活動によって発見されやすい、組織の中で脆弱な場所を探すことから始まる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.774259",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.774259",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 45
},
{
"id": 146789,
"title": "敵性勢力の諜報活動に対抗する作戦",
"description": "敵性勢力の諜報活動に対抗する作戦は、自国や友好国の安全を脅かす集団に対抗するためのものである可能性もある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.776955",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.776955",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 46
},
{
"id": 146790,
"title": "人道支援や開発援助も対象範囲に含む",
"description": "友好国の政府を支援するためになされる活動の範囲は、幅広い機能を含むこともあり、軍事支援や防諜活動だけでなく、人道支援や開発援助(例えば国家の建設)もその範囲に含まれる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.780194",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.780194",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 47
},
{
"id": 146791,
"title": "敵性勢力(敵性国家・テロ集団及び犯罪集団)",
"description": "敵性勢力にはテロリスト集団だけでなく、国境を超える犯罪組織も含まれる。国境を越える犯罪組織には麻薬取引、資金洗浄、サイバーテロ、密輸を行う集団などが含まれる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.782468",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.782468",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 48
},
{
"id": 146792,
"title": "反乱者(自国や友好国の政府に対する個人および集団)",
"description": "反乱者とは、その国の政府によって犯罪組織または軍事組織と認識されている政府に対立する集団である場合や、自国や友好国の政府に対する秘密の諜報活動や秘密作戦を行っている疑いのある個人および集団であることもある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.784631",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.784631",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 49
},
{
"id": 146793,
"title": "戦略的な評価・作戦や捜査への戦術的オプション準備",
"description": "カウンターインテリジェンスとカウンターテロリズムは、敵性勢力の諜報機関やテロリスト集団に対する戦略的な評価や、現在進行中の作戦や捜査への戦術的なオプションの準備を提供すると分析されている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.786728",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.786728",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 50
},
{
"id": 146794,
"title": "カウンターエスピオナージの積極的な行動",
"description": "カウンターエスピオナージには、二重スパイ、欺騙、または外国の諜報機関の職員をリクルートすることなどの外国の諜報活動に対する積極的な行動も含まれる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.788783",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.788783",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 51
},
{
"id": 146795,
"title": "秘密のヒューミントの人的資源の洞察",
"description": "秘密のヒューミントの人的資源は、敵の思考に対して最大の洞察を与えるが、それらはまた、敵の攻撃においてその組織の最も脆弱なものとなりうる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.790825",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.790825",
"children": [],
"position": "9",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 52
},
{
"id": 146796,
"title": "敵のエージェントを信用する前に",
"description": "敵のエージェントを信用する前に、そのような人物が自国で信用されているかどうかを疑ってから始めることを忘れてはならない。彼らはその国に未だに忠誠を誓っているかもしれないからである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:26.792927",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:26.792927",
"children": [],
"position": "10",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 53
}
],
"position": "3",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"expanded": true,
"localID": 43
},
{
"id": 146805,
"title": "攻撃的CI",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.495761",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.495761",
"children": [
{
"id": 146798,
"title": "発見した敵性勢力の諜報活動を行う人物を無力化",
"description": "攻撃的カウンターインテリジェンス(CI)は、発見した敵性勢力の諜報活動を行う人物を無力化し、逮捕するか、国外退去を命じる一連の技法である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.475143",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.475143",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 55
},
{
"id": 146799,
"title": "諜報活動を行う人物に関する情報獲得または操作",
"description": "技法対応後、諜報活動を行う人物に関する情報を獲得しようとするか、または敵意のある諜報機関に対してダメージを与えるために活発な情報操作を行う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.477543",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.477543",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 56
},
{
"id": 146800,
"title": "敵意のある活動に対して積極的な方法",
"description": "敵性勢力からの攻撃、勢力の浸透、または諜報活動に対する最善の防御の方法は、それらの敵意のある活動に対して積極的な方法をとることである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.480003",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.480003",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 57
},
{
"id": 146801,
"title": "諜報活動への物理的な攻撃を検知・反撃",
"description": "カウンターエスピオナージと呼ばれる方法とは、敵による諜報活動または友好国に対する諜報活動への物理的な攻撃を検知し、損害を与えることや情報の損失を防ぎ、可能であるならば反撃を行うことである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.482219",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.482219",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 58
},
{
"id": 146802,
"title": "カウンターエスピオナージ(対抗リクルート・離反工作)",
"description": "カウンターエスピオナージは敵に対抗するために行われるものだけでなく、敵性勢力の諜報機関のエージェントをリクルートすることや、実際に自身の活動に忠誠を誓っている人物を疑うこと、敵の諜報活動にとって有益なリソースを取り除くことにより、敵の諜報活動を撃退しようと積極的に試みるものである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.484485",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.484485",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 59
},
{
"id": 146803,
"title": "エージェントの逮捕・国外退去",
"description": "自国あるいは友好国で敵意のある行為が行われた場合には、警察による協力を通じて、敵のエージェントは逮捕されるか、国外退去が宣言される。緊急的な状況では、最初の手順として逮捕という措置が取られる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.486412",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.486412",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 60
},
{
"id": 146804,
"title": "法執行機関の本来の役割と抵触する可能性",
"description": "諜報活動の観点からは、逮捕または脅威を取り除くための行為のために、ある側にとって有利となる状況を利用することは、通常好ましいことであるが、状況によっては、法執行機関の本来の役割と抵触することがある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.488217",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.488217",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 61
}
],
"position": "4",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"expanded": true,
"localID": 54
},
{
"id": 146813,
"title": "防諜による諜報活動の安全の確保",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.979611",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.979611",
"children": [
{
"id": 146806,
"title": "文化・源泉・手段と資源におけるリスクの分析",
"description": "防御的カウンターインテリジェンスでは、特に諜報活動を行う際の、文化・源泉・手段と資源におけるリスクの分析が行われる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.953458",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.953458",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 63
},
{
"id": 146807,
"title": "効果的な諜報活動におけるリスク管理",
"description": "効果的な諜報活動はしばしばリスクを負って行われるものであるため、リスク管理はそれらの分析に常に反映されなければならない。リスクを計算に入れている場合でさえ、適切な対応策を取り入れることによって活動のリスクを軽減する必要がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.956276",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.956276",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 64
},
{
"id": 146808,
"title": "コミュニティー内部の人物と接触",
"description": "敵性勢力による諜報活動は特に開かれた社会、また、その環境において開拓していくことでコミュニティーを崩壊させるために内部の人物と接触する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.959219",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.959219",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 65
},
{
"id": 146809,
"title": "攻撃的対応による侵入者の発見・無力化",
"description": "攻撃的カウンターエスピオナージは侵入者を見つけ、無力化するための最も強力な手法であるが、それが唯一の手段ではない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.962235",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.962235",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 66
},
{
"id": 146810,
"title": "囚人プロジェクトの目的",
"description": "何が個人を所属している側から転向させるのかについて理解することが囚人プロジェクトの目的である。個人のプライバシーを侵害することなく、特に情報システムの利用における、異常な振る舞いを見つけるためのシステムを開発することは可能である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.965101",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.965101",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 67
},
{
"id": 146811,
"title": "国内の脅威と関連項目の詳細",
"description": "諜報活動は敵性勢力だけでなく国内の脅威からも攻撃を受けやすい。それは転覆、背信、脆弱性、政府と企業の秘密、そして諜報活動の情報源と方法のリークなどによってである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.967789",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.967789",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 68
},
{
"id": 146812,
"title": "敵性勢力のスパイの操作・捜査指揮・逮捕・国外追放・経路利用",
"description": "カウンターインテリジェンス・コミュニティは敵性勢力のスパイの操作、積極的な捜査の指揮、逮捕または、国外に追放するか、または欺くために彼らを無意識のうちに経路として利用するか、または彼らを二重スパイに仕立てようとすることである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:27.971122",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:27.971122",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 69
}
],
"position": "5",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"expanded": true,
"localID": 62
},
{
"id": 146820,
"title": "防諜部隊防護活動",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.395008",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.395008",
"children": [
{
"id": 146814,
"title": "国外における人的資源の活用",
"description": "防諜部隊防護活動(CFSO)は国外において人的資源を活用して行われる作戦であり、通常は秘密裏に行われ、国内とのセキュリティのレベルのギャップを埋めるとともに、諜報活動を行う際に指揮官からの諜報員への要求を満たすことが目的である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.381609",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.381609",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 71
},
{
"id": 146815,
"title": "部隊防護のための情報の提供",
"description": "地元の人々と交流している軍警察やパトロール隊は、防諜のためのヒューミントの資源としては本当に価値があるかもしれないが、彼ら自身が防諜部隊防護活動を行うことはない。国家の諜報機関の諜報員の保護と、敵を撃退するための軍隊を提供したり、部隊防護のための情報の提供が諜報機関に必要とされることを区別している。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.383384",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.383384",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 72
},
{
"id": 146816,
"title": "防諜と関連があるわけではい人材との混同を防ぐ",
"description": "ヒューミント(人間を媒介とした諜報活動)の資源は、本当にヒューミントとして利用するかもしれないが、特に防諜と関連があるわけではい人材との混同を防ぐ軍の偵察パトロール隊など他にもある。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.385048",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.385048",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 73
},
{
"id": 146817,
"title": "人的資源からの情報の選別と報告",
"description": "部隊防護、諜報機関の活動、または国家の安全保障にとって重要な施設の保護に用いられるアクティブ・カウンターメジャーは、ヒューミントの対象と関わりがあるが、エージェントを発見するための非正規、臨時のあるいは付随した資源と呼ばれる人的資源からの情報の選別と報告を行う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.386549",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.386549",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 74
},
{
"id": 146818,
"title": "情報先の人的資源のリスト",
"description": "・政治亡命のために離反を始めようとする情報機関に志願して採用された者。・審査中に接触を受け、面接を受けた者。・発見され捕虜となった者。・難民と国外追放者。・公式の連絡係。・気づいていない人的資源(防諜にとって有益な情報を提供し、漏洩の過程にあるそのような情報が、審査で彼らに有利に働いているとは知らないかもしれない、すべての個人)",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.388101",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.388101",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 75
},
{
"id": 146819,
"title": "現地の法執行機関と諜報機関との関係を築く",
"description": "現地に展開する軍への部隊防護は、任務の遂行中や、宿泊先においてさえ、国家レベルのテロ防護組織による十分な支援を受けていないかもしれない。ある国において、すべての活動の、軍事支援や顧問団とともに、部隊防護防諜活動の人員とともに活動することにより、現地の法執行機関と諜報機関との関係を築くことが可能になる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.389674",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.389674",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 76
}
],
"position": "6",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"expanded": true,
"localID": 70
},
{
"id": 146839,
"title": "カウンター・インテリジェンス(CI)",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.759989",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.759989",
"children": [
{
"id": 146821,
"title": "安全に対する脅威となる懸念の特定と対応活動",
"description": "カウンター・インテリジェンス(CI)とは敵意のある諜報機関、またはスパイ活動、破壊活動、国家転覆、テロリストの活動、組織化された犯罪や他の犯罪行為と関係があるおそれがある個人によって提起された、藩国の人員・組織・施設及びその所有物と情報の安全に対する脅威となる懸念の特定とそれへの対応の活動を意味する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.720907",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.720907",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 78
},
{
"id": 146822,
"title": "セキュリティ・インテリジェンス(SI)",
"description": "セキュリティ・インテリジェンス(SI)とは敵意のある諜報機関やスパイ活動、破壊活動、国家転覆、テロリストの活動、組織化された犯罪や他の犯罪行為と関係があるおそれがある個人の、身元や属性・能力の特定・意図を探ること意味する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.72265",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.72265",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 79
},
{
"id": 146823,
"title": "ドクトリン:ヒューミント(人間)",
"description": "ヒューミント(人間を媒介とした諜報活動)・攻撃的:対偵察、攻撃的カウンターエスピオナージ。・防御的:作戦の安全を確保するための欺騙。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.724054",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.724054",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 80
},
{
"id": 146824,
"title": "ドクトリン:シギント(通信)",
"description": "シギント(通信・電磁波・信号等の傍受を利用した諜報活動)・攻撃的:運動エネルギーおよび電子攻撃の推奨。・防御的:安全な電話、暗号、欺騙を用いた無線の運用セキュリティ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.725553",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.725553",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 81
},
{
"id": 146825,
"title": "ドクトリン:イミント(画像)",
"description": "イミント(偵察衛星や偵察機によって撮影された画像を分析)・攻撃的:運動エネルギーおよび電子攻撃の推奨。・防御的:欺騙、運用セキュリティの対抗手段、欺騙(おとり、カモフラージュ)、可能であるならば隠れたり活動を中止して上空の衛星からのレポートを利用する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.727419",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.727419",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 82
},
{
"id": 146826,
"title": "カウンター・ヒューミント(人間)",
"description": "ヒューミント(人間を媒介とした諜報活動)に対抗する基本的な手段は、組織内において敵のスパイまたは二重スパイとして活動するヒューミントの源泉の発見、または敵のヒューミントの源泉となりそうな個人の発見の双方を扱う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.728863",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.728863",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 83
},
{
"id": 146827,
"title": "ヒューミント:個人がテロリストとなるのか",
"description": "カウンターインテリジェンスの幅広いスペクトラムに関連するカテゴリーは、なぜ個人がテロリストとなるのかということである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.73028",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.73028",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 84
},
{
"id": 146828,
"title": "ヒューミント:テロへの道の注目すべき項目",
"description": "注目すべきは、Money(金銭)・Ideology(イデオロギー)・Compromise、coercion(妥協または脅迫)・Ego(欲求)である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.731726",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.731726",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 85
},
{
"id": 146829,
"title": "ヒューミント:離反行為への心理的理由",
"description": "人々が裏切りや機密資料の公開、敵への作戦の漏洩、またはテロリスト集団に加わるような行為を行う最も普遍的な理由を表している。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.733193",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.733193",
"children": [],
"position": "9",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 86
},
{
"id": 146830,
"title": "ヒューミント:人材への誘惑と監視",
"description": "リスクのために信頼のある人物が経済的なストレスを抱えているかどうかや極端な政治思想に傾倒していないかどうか、恐喝に対して脆弱であるかどうか、周囲から認められるために過度な欲求を持っているかまたは批判に対して不寛容であるかについて監視することは有意義である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.734886",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.734886",
"children": [],
"position": "10",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 87
},
{
"id": 146831,
"title": "ヒューミント:問題の解決と有用な職員として活用",
"description": "幸運であれば、問題を抱えている職員をいち早く見つけ、彼らを思いとどまらせるための支援が提供され、スパイ行為を回避するだけでなく、有用な職員として活用することができる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.736584",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.736584",
"children": [],
"position": "11",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 88
},
{
"id": 146832,
"title": "カウンター・シギント(通信・電波信号)",
"description": "シギント(通信・電磁波・信号等の傍受を利用した諜報活動)に対抗する基本的な手段は、軍事やセキュリティを取り扱う組織は、商業的な電話または一般的なインターネット接続において情報が通過する際に不適切な情報を検知することによって、安全な通信、そして監視のない安全なシステムを用いる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.738057",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.738057",
"children": [],
"position": "12",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 89
},
{
"id": 146833,
"title": "シギント:安全な通信を利用するための教育",
"description": "専門的な技術に詳しい者による傍受に対して脆弱なものにならないようにするため、安全な通信を利用するための必要な教育、そしてそれらを正しく利用するための指導が行われる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.739532",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.739532",
"children": [],
"position": "13",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 90
},
{
"id": 146834,
"title": "カウンター・イミント(画像分析)",
"description": "イミント(偵察衛星や偵察機によって撮影された画像の分析)に対抗する基本的な手段は、いつ敵が写真を撮影し、写真の撮影を妨害するのかを正しく掌握することである。ある状況、特に自由な社会においては、公的な建造物が常に写真やそれ以外の技術の標的となることは受け入れなければならない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.7412",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.7412",
"children": [],
"position": "14",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 91
},
{
"id": 146835,
"title": "イミント:目視可能な対象物の秘匿・カモフラージュ",
"description": "カウンターメジャーには目視可能な敏感な対象物を秘匿またはカモフラージュすることも含まれる。偵察衛星のような脅威に対処するには、衛星が上空にいるときに、その周回軌道に気づくことによって人員に活動を止めさせて安全を確保することができる、あるいは機微に触れるような部分を隠すことができるかもしれない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.742652",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.742652",
"children": [],
"position": "15",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 92
},
{
"id": 146836,
"title": "イミント:偵察用の航空機や無人機対応",
"description": "偵察用の航空機や無人機にも適用され、より直接的にそれらを撃墜する、あるいはそれらの出撃の際やまたは支援の範囲内にある間に攻撃するという手段もあるが、戦時においては選択肢の一つとなる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.743991",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.743991",
"children": [],
"position": "16",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 93
},
{
"id": 146837,
"title": "カウンター・オシント(公開情報)",
"description": "オシント(公開情報の分析)の分野の概念が広く認識されるまでは、国家の安全保障に直接関わる資料は検閲を行うことがオシントに対処するための基本的な考え方だった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.74549",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.74549",
"children": [],
"position": "17",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 94
},
{
"id": 146838,
"title": "オシント:報道の自由のバランス",
"description": "民主的な社会では、戦時においてすら、検閲は報道の自由を侵すことがないように注意しなくてはならないが、そのバランスの設定は国と時代によって異なる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:28.746925",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:28.746925",
"children": [],
"position": "18",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 95
}
],
"position": "7",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"expanded": true,
"localID": 77
},
{
"id": 146844,
"title": "攻撃的CIの作戦の類型",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-21 22:06:29.807238",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:29.807238",
"children": [
{
"id": 146840,
"title": "モール(モグラ)の状況",
"description": "モールは藩国に諜報員として訓練を受けている場合と受けていない場合とがある。実際には彼らは訓練を受けていないが敵性勢力の諜報機関に浸透していく意思があり、そのリスクも理解していない場合、または類まれな勇敢な人物で、敵性勢力に対する高い関心があり、限られた準備のために本当に忠誠を誓っている組織が明らかになった場合に報復を受けるリスクを負うことをいとわない場合とがある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:29.798912",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:29.798912",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 97
},
{
"id": 146841,
"title": "離反者の理由と価値",
"description": "組織を離れることを望む人物、そのような者は時には高いレベルの地位にある者、または経済的な困窮によって露見するリスクの少なかった者であることもあるが、そのようの人物は進んで捕らわれようとやって来る。たとえそうであったとしても、離反者は確かに情報を携えており、そして資料や他の価値のあるデータをもたらすこともある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:29.800749",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:29.800749",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 98
},
{
"id": 146842,
"title": "エージェントの採用と維持",
"description": "敵性勢力の諜報機関(またはテロリスト集団)における地位に相当する範囲内で敵に直接採用される場合、または諜報員(またはテロリスト)の活動を維持しながら自らが所属する組織に対するスパイ行為を行う場合が挙げられる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:29.802163",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:29.802163",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 99
},
{
"id": 146843,
"title": "二重スパイの運用と対処",
"description": "二重スパイの作戦運用について考えを巡らせる前に、諜報機関はその人的資源について考えなければならない。始まりから終わりに至るまで、二重スパイの作戦の運用は最大限の注意深さをもって計画され、実施され、そしてすべてについて報告されなければならない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:29.803538",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:29.803538",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 100
}
],
"position": "8",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"expanded": true,
"localID": 96
},
{
"id": 146857,
"title": "獲得工作の詳細と運営対応",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.03931",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.03931",
"children": [
{
"id": 146845,
"title": "協力者を得るために使う工作活動",
"description": "獲得工作とは、情報機関が協力者を得るために使う工作活動の一種である。情報機関員が対象組織(政府、軍隊、政党など)の内部に協力者を獲得し、情報収集に利用する。いわゆる諜報活動の中心となる手法の一つであり、正しく対処運営しなくてはいけないる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.013823",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.013823",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 102
},
{
"id": 146846,
"title": "協力者への対処と逆救出",
"description": "獲得工作は協力者の弱みを握って脅し、情報を取るとは限らない。相手は脅されれば逃げることもある。工作にかかった人間を相手が守る場合もある。工作にかかった人間を救出する場合、情報漏洩を防げるし、偽情報を流すことも出来るからである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.015473",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.015473",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 103
},
{
"id": 146847,
"title": "協力者との信頼関係を築く",
"description": "良い情報を得たり、工作を行うためには協力者が進んで協力するという状態にまで相手を運営する必要がある。そのためには情報機関員が協力者と信頼関係を築くことが重要である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.016899",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.016899",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 104
},
{
"id": 146848,
"title": "内部の人間を利用して情報収集",
"description": "情報機関が対象組織の情報を収集する場合、情報機関員が自ら情報収集を行うには限度がある。そこで、内部の人間を利用して情報収集を行う必要がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.018183",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.018183",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 105
},
{
"id": 146849,
"title": "積極工作(アクティブ・メジャーズ)",
"description": "対象組織の中にいる協力者を利用することで、都合のよい方向に誘導できる可能性がある。このような、対象組織を都合よく誘導する工作を積極工作(アクティブ・メジャーズ)という。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.019684",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.019684",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 106
},
{
"id": 146850,
"title": "獲得工作への対象人材",
"description": "どんな人間に工作をかけるかは場合によって異なる。対象組織の幹部などを一本釣りする場合もあれば、対象組織の人間を獲得してから幹部に育て上げる場合もあるとされる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.02124",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.02124",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 107
},
{
"id": 146851,
"title": "獲得工作の獲得人材例",
"description": "獲得しやすい人物は、例として以下のような人物といわれる。・組織に反発心を持つ人物。・有能だが、意志の弱い人物。・家庭の問題などを抱えた人物。・情報機関員と個人的な間柄にある人物。・金銭の誘惑に弱い人物。具体的な例として、秘書、不満を抱えたインテリを挙げている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.022649",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.022649",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 108
},
{
"id": 146852,
"title": "獲得工作活動の手法",
"description": "・基礎調査:協力者になりそうな人物の経歴、組織内での地位、性格、趣味などを調べ上げる。・選定:基礎調査を元に、誰を工作するか選定する。・計画:対象者にどう工作をかけるかを計画する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.023953",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.023953",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 109
},
{
"id": 146853,
"title": "獲得の接触と既成事実の積み重ね",
"description": "対象者に接触する。接触の方法はさまざまなものがある。仕事を使ったり、偶然を装う、脅して呼び出すなどの方法がある。接触すると、機関員は対象者に近付き、問題を解決したりして恩義や親近感を得ると共に、何か協力すると「お礼」として金銭を渡し、既成事実を積み重ねていく。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.025259",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.025259",
"children": [],
"position": "9",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 110
},
{
"id": 146854,
"title": "獲得の説得と協力者登録",
"description": "身分を明かし、対象者に協力を要請する。この段階が一番難しく、断られることも多い。その場合は積み上げてきた既成事実を使って断れない話を持ちかけることになる。ここで対象者が了承すると、獲得となり「協力者」として登録される。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.026665",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.026665",
"children": [],
"position": "10",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 111
},
{
"id": 146855,
"title": "獲得後の協力者の信頼と連絡手法",
"description": "連絡して情報を貰うほか、協力者と会って信頼関係を深める。しかし接触は危険であるため、出来るだけ顔を合わせずに連絡を行い、乱数放送やデッド・ドロップといった様々な技術を使う。接触する前は尾行点検を行い、時間や場所を工夫をしたりと細心の注意を払う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.027959",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.027959",
"children": [],
"position": "11",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 112
},
{
"id": 146856,
"title": "獲得後の協力者の管理・運営・援助",
"description": "より良い工作を行うためには、協力者が組織で出世することが望ましい。そのために金銭を与えたり、様々なケアを行う。情報機関では、協力者を重要度、地位等で分けて管理する。協力者が出世するように金銭を与えるなどの援助を行うこともある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-21 22:06:30.029257",
"updated_at": "2017-11-21 22:06:30.029257",
"children": [],
"position": "12",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"localID": 113
}
],
"position": "9",
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"expanded": true,
"localID": 101
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 175,
"name": "蓮田屋 藤乃"
},
"expanded": false,
"localID": 14
}
],
"expanded": true,
"localID": 0
}
]

ユイカ(作成中) 投稿者:フシミ@藩王 投稿日:2017/11/29(Wed) 02:16:16 No.538

[
{
"title": "帝國騎士ユイカ・キングダム",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "人種:星鋼京の民(ユイカ版)",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"id": 130219,
"title": "星鋼京の民",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-07 18:02:13.235383",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:13.235383",
"children": [
{
"id": 130203,
"title": "構成人種や立場",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.204162",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.204162",
"children": [
{
"id": 130200,
"title": "多重合併国たる星鋼京",
"description": "星鋼京は合併を多く受け入れて来た兼ね合いから、複数の人種によって構成されている。\n国民の多くは北国人系で、その中にも伏見系国民と奇眼系国民の二つの人種が存在する。\n多くは標準的な北国人の特徴を持つ伏見系だが、両の瞳の色が異なる者がいれば、それは奇眼系出身あるいはその系譜の者となる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.170859",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.170859",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 4
},
{
"id": 130201,
"title": "出身を問わない将来の展望",
"description": "また、星鋼京では移民の出であったとしても、その功績に応じて平等に地位を得ることが出来る。\n具体例としては航空機産業に強い芥辺境系の国民の中でもパイロットなどは合併の際の鎮護の活躍をもって貴族として領地を得て、\nこの国に根を下ろしている者も少なくない(そして、出身地が同じ者が領民として同郷の貴族の元に集まることになる)",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.195569",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.195569",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 5
},
{
"id": 130202,
"title": "貴族主義の国民",
"description": "星鋼京は帝國の中でもひときわ強い貴族主義国家と言われている。\n星鋼京での貴族とは地域代表としての側面が強く、従軍の際に関しては領民からの支援を受けて貴族が出征することになる。\nこれは貴族の多くが星鋼京の誕生時、混乱に陥った際にひときわ早く愛機を駆り、内乱を抑えて国民を護ったことに由来している。\n領民は彼らを自らの守護者として見るが故、彼らを支え、彼らに自身の有りようを託すのである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.199009",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.199009",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 6
}
],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 3
},
{
"id": 130207,
"title": "身体的特徴",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.438984",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.438984",
"children": [
{
"id": 130204,
"title": "異国生まれと肌の色、瞳の色",
"description": "芥辺境藩国からの元移民を中心とする西国人系国民も国内には一定数存在する。\n頭髪の色は北国人と類似している為、肌の色の濃さ以外ではほぼ見分けがつかない。\n(なお、瞳の色は奇眼系との混血で色が変わることもあるため、国内には様々な色の瞳のものが存在している)",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.42328",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.42328",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 8
},
{
"id": 130205,
"title": "しっかりとした体格",
"description": "北国人系の国民が多い為か、国全体を見渡すと背の高いものが多い印象を受ける。\n特に男性は殊更背が高いが、高すぎるためにパイロットを諦めるものもいる(コックピットに収まらないのだ)\nそのため、パイロットコックピットより狭いこともあるコ・パイロットは小柄な女性が担当することも多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.429631",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.429631",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 9
},
{
"id": 130206,
"title": "見目麗しいが……",
"description": "これは偶然に、というべきか構成人種の如何を問わずに国民は比較的見目麗しいものが多い。\n北国人系は整った、西国人系はエキゾチックな、混血のものはその両方の魅力を併せ持つ。\nしかし、国内の大半が見目麗しくなった結果、婚姻や恋愛においてはあまり外見は重要視されなくなった(見慣れてしまった)",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.434245",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.434245",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 10
}
],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 7
},
{
"id": 130210,
"title": "性格的特徴",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.641441",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.641441",
"children": [
{
"id": 130208,
"title": "セリフが長い!",
"description": "特に伏見系の国民に多いが兎にも角にもセリフが長い。美辞麗句、様々な言葉を尽くして歌うように喋る者が多い。\n忙しい時などは非常に困るが、平時においては会話は華やかになる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.627641",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.627641",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 12
},
{
"id": 130209,
"title": "気前が良い",
"description": "星鋼京では、特に貴族が顕著であるが、大概のものが気前が良い。\n“ケチは名折れ”と言われるほどで、名誉を重んじるがために、景気良く賃金などを高めに出してしまい、後々没落するものも多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.631738",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.631738",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 13
}
],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 11
},
{
"id": 130218,
"title": "星鋼京の家庭・文化",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.840514",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.840514",
"children": [
{
"id": 130211,
"title": "食事は大勢で……",
"description": "星鋼京には外食文化があまり発展していない。せいぜい他国の人間が利用するための店がある程度である。\n基本的には家庭に招き、大いにもてなす。食べきれないほどの料理、豪華で豊富な食器はその家のステータスを表している。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.816311",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.816311",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 15
},
{
"id": 130212,
"title": "養子縁組",
"description": "星鋼京では北国人の例に漏れず、養子縁組などが盛んである。\nこれは家系の存続などもあるが、基本的に家の枠が広がることを良しとするためである。\n親同士が親友の場合、子の取り換えが行われることもあるため、両親が“生みの親”と“育ての親”とで二組存在する子どもも珍しくはない。 \n一方、孤児などに関しても貴族などは喜んで養子として迎え入れることが多いが、それが美徳であると信じているが故である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.819151",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.819151",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 16
},
{
"id": 130213,
"title": "室内遊戯が好き",
"description": "厳冬期などでは外で遊ぶことが出来ないためか、藩の子どもの多くは幼少期は室内遊戯に興じる。\n特に卓上遊戯などの競技性のあるものは人気であり、藩の子どもはそういった遊戯を通じて、様々な考え方を学ぶ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.821947",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.821947",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 17
},
{
"id": 130214,
"title": "“家”を重んじる。",
"description": "家系としても、住居としても星鋼京の民にとっては“家”は重要視されている。\n冬の寒さが厳しい星鋼京にとって、家屋とは命を守るものであり、その屋根の下で暮らす家族は助け合って冬を越えねばならない。\nこれは人間だけではなく、犬妖精なども同様であり、兄弟同然に育つものも少なくない。\nそのため、星鋼京の人間にとって“兄弟”“姉妹”とは血が繋がっていなくとも、何は無くとも助け、守るものなのである。\n(実際、血の繋がっていない兄弟姉妹は珍しくなく、酔った勢いで兄弟の契りを結ぶものも少なくない)\n星鋼京の人間から兄弟家族として認められるのは、一つの名誉である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.82465",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.82465",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 18
},
{
"id": 130215,
"title": "一般的な星鋼京国民の生涯",
"description": "星鋼京で生まれた子は貴族の子も、庶民の子も親の下で暮らし、育っていく。\nまた、金銭的事情あるいは親の早逝などで育成が困難な場合、里子や養子に出されることになる。\n多くは友人間、あるいは自分が属する領主(もしくは領主貴族の運営する孤児院)などに預けられ、幼少期を過ごす。\nその際、幼年学校までは貴族の子も庶民の子も教育機会は同じだが、以降は貴族は更なる学問の、庶子は職人や軍事などへの道に進むものが多い。\nもちろん、庶子の子においても功績をあげ、騎士の爵位を与えられ、領地を得るものもいないではない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.827686",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.827686",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 19
},
{
"id": 130216,
"title": "女性の権利とメード",
"description": "北国、特に星鋼京ではままある話であるが、若い女性でメード関連の職に就くものが多い。\nこれはメードになることで、雇い主から結婚の斡旋を受けれる、家事全般の花嫁修業ができる等のメリットがあるためである。\nまた、メードの中にも雇い主(多くは貴族、すなわちパイロット)の側で活躍し、自らも騎士としての戸籍を得るものがいる。\nこれは騎士籍を得て、貴族となることで独立した家となり、縁談(恋愛)の自由も得ることができるためである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.830251",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.830251",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 20
},
{
"id": 130217,
"title": "騎士とパイロット",
"description": "星鋼京においてパイロットというのは神聖な職として扱われている。\n貴族文化は騎士の興隆と共に花開いたものであり、騎士とはすなわちパイロットを指していた。\n国と民を守るために鉄騎を駆るパイロットは北国系だけでなく、他の多くの新たに加わった民にとっても同様であった。\n騎士、すなわちパイロットは故に、それらの想いを背負い、護国のために戦うことを良しとしている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 18:02:12.832558",
"updated_at": "2017-11-07 18:02:12.832558",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 21
}
],
"position": "4",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 14
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 2
}
],
"localID": 1
},
{
"title": "職業:ユイカのみなし職業",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"id": 117100,
"title": "帝國貴族(星鋼京版)",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-08 19:28:18.180859",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:18.180859",
"children": [
{
"id": 117099,
"title": "帝國貴族(帝國共通)",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-08 19:28:17.49461",
"updated_at": "2017-10-09 17:48:24.49185",
"children": [
{
"id": 117083,
"title": "帝國貴族とは",
"description": "帝國貴族とはわんわん帝國における貴族階級に属するものの総称である。階級であり、厳密には職業ではない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:14.353965",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:14.353965",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 25
},
{
"id": 117092,
"title": "貴族の地位",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-08 19:28:14.576491",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:14.576491",
"children": [
{
"id": 117084,
"title": "貴族籍",
"description": "帝國貴族は藩王など華族から任命されることでその籍を得ることが出来る。\n一種の大貴族である藩王も皇帝や王女などの皇族、あるいは宰相などより上位のものから任じられる必要がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:14.403495",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:14.403495",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 27
},
{
"id": 117085,
"title": "世襲による地位",
"description": "貴族という身分を得るための方法として世襲がある。これは親や祖父母が貴族であり、その領地や身分を引き継ぐといいうものである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:14.417601",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:14.417601",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 28
},
{
"id": 117086,
"title": "叙勲による地位",
"description": "もうひとつは、手柄を立て主君に認められることで貴族としての地位を叙勲されることである。帝國では一般的に家を興したばかりの貴族は「騎士」としての爵位からはじめることが多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:14.427264",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:14.427264",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 29
},
{
"id": 117087,
"title": "補項:騎士の継承",
"description": "基本的に騎士の地位は一代限りのものとなる。これは騎士の叙勲の理由が、当人の活躍によるものであるためである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:14.439355",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:14.439355",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 30
},
{
"id": 117088,
"title": "補項2:騎士の家系事情",
"description": "騎士が一代限りである理由に、最下級の貴族であるため、その地位を維持し続けることが難しいというものがある。\nとはいえ、一族代々騎士という家系も存在しする。これは代々の君主に忠誠を捧げ、武勲を挙げ続ける家である場合が多い。\nもちろん、歴代の活躍が実り、君主の爵位が上がれば、それに伴い男爵などに任じられることもある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:14.451348",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:14.451348",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 31
},
{
"id": 117089,
"title": "爵位の種類",
"description": "帝國における貴族の爵位はそれぞれ、騎士・男爵・子爵・伯爵・侯爵・公爵・大公の七つである。その中でも、子爵位は特殊な事情を持つ場合がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:14.462301",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:14.462301",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 32
},
{
"id": 117090,
"title": "補項:子爵位の特殊な事例",
"description": "帝國において子爵位に任じられるものは、皇帝あるいは王女などの皇族の親縁関係を元に命じられる場合がある。\n代表的なものは旧・伏見藩国藩王がニューワールドに領地を得た際、現皇帝(当時の第一王女)の従兄弟であった為、子爵位を与えられた例がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:14.476025",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:14.476025",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 33
},
{
"id": 117091,
"title": "余談:皇帝のはんこ",
"description": "余談ではあるが、帝國藩王の叙勲にあたっては、現皇帝であるポチ皇帝が任命の書類に手ずから判を押し、決裁して下さる。\n帝國藩王にとっては最初の誉であり、叙勲時に皇帝が機嫌が良ければたくさん押してもらう事がある。\n(なお、たくさん押してもらった場合も書類上、爵位が上がるなどはなく、押した方・押された方の双方がご機嫌というだけである)",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:14.490384",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:14.490384",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 34
}
],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 26
},
{
"id": 117098,
"title": "貴族の名誉・権利",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-08 19:28:16.145566",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:16.145566",
"children": [
{
"id": 117093,
"title": "貴族の立場",
"description": "貴族とはその国における重要な地位を占める支配階級ではあるが、最上の位置に属するわけではない。\nあくまでも君主の代理人としての立場であり、民衆を育み、君主に益をもたらす必要がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:16.076791",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:16.076791",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 36
},
{
"id": 117094,
"title": "貴族の権利",
"description": "帝國における貴族とは特権階級の一種である。領地を持ち、その領地を運営することで生活を送ることが出来る。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:16.087062",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:16.087062",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 37
},
{
"id": 117095,
"title": "貴族の名誉",
"description": "それ故、貴族の名誉とは勲を立て、主君の覚えめでたくある事であるが、それと同時に領民に誇られることもまた同様の重さを持つ誉である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:16.09743",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:16.09743",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 38
},
{
"id": 117096,
"title": "補項:領民の支持",
"description": "君主からの信頼を元に地位と権力を与えられ、主君の領地を代わりに運営する以上、如何に成果をあげようとも評判が悪ければ諸共主君の評価を下げる。\n故に、領民からの支持熱き貴族であれば、他の権力者や周辺貴族からも一目を置かれ、斯様な人物を配下に置く君主の評判も上がる。\nその為、領民の支持を損なうことは、領主貴族にとっては忌避すべき事である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:16.106338",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:16.106338",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 39
},
{
"id": 117097,
"title": "補項2:領民の離反",
"description": "領地運営を損ない、領地に住まう民の心が離れれば、その道行きは暗いものとなる。\n良ければサボタージュ、悪ければ叛乱を起こされる可能性も皆無ではない。\nもちろん、領地運営能力を疑われれば、爵位剥奪、領地没収も十二分にありうる。\nそれは大貴族である藩王ですら、例外ではない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:28:16.114549",
"updated_at": "2017-10-08 19:28:16.114549",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 40
},
{
"id": 117107,
"title": "貴族法の対象",
"description": "帝國貴族は貴族法の対象となる。貴族が犯罪を犯した場合、一般刑法や軍法ではなく、貴族法で裁かれることになる。\nただし、貴族法として裁かれる場合は、貴族として領地内や務めに関する事であり、帝国軍などの軍務に属する者であれば軍法の対象になることもある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:58:38.529474",
"updated_at": "2017-10-08 19:58:38.529474",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 41
}
],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 35
},
{
"id": 117114,
"title": "貴族の義務",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-08 19:58:38.701864",
"updated_at": "2017-10-08 19:58:38.701864",
"children": [
{
"id": 117108,
"title": "ノブレス・オブリージュ",
"description": "帝國貴族は多くの権利と地位と共に、それ以上の義務を負う。\n義務を果たさない事での罰則はないが、精神的・社会的な傷を得ることになる。\n帝國貴族は多くを持つがゆえに、多くを為さねばならない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:58:38.688302",
"updated_at": "2017-10-08 19:58:38.688302",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 43
},
{
"id": 117109,
"title": "民衆の模範として",
"description": "領地民、あるいは近隣領の民衆にとっての指標となるような存在であることが望まれる。\n個人としての人格もであるが、施政者としての立ち振る舞いもそこに含まれる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:58:38.690799",
"updated_at": "2017-10-08 19:58:38.690799",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 44
},
{
"id": 117110,
"title": "慈善活動",
"description": "帝國貴族には領民をはじめ、多くの民が幸福であるための慈善活動が望まれている。\nこれは現皇帝であるポチ皇帝が民衆を深く想う君主であるため、その臣下たるもそうあれという風潮が強い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:58:38.692318",
"updated_at": "2017-10-08 19:58:38.692318",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 45
},
{
"id": 117111,
"title": "補項:寄進と喜捨",
"description": "帝國では名のある貴族が行った慈善活動は、後々に熱狂的ムーブメントとなりうる事が多々ある。\n代表例では大貴族である緋璃・ロッシ卿の行った児童支援であるが、後々帝國中の諸貴族が続き、孤児院が乱立した。\n民衆を思っての事ではあるが、一度風潮が出来れば寄進や喜捨を惜しまない風潮がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:58:38.693771",
"updated_at": "2017-10-08 19:58:38.693771",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 46
},
{
"id": 117112,
"title": "帝國への忠誠",
"description": "帝國貴族の中でも最大の義務は、君主たる帝國と皇帝への忠誠である。\n帝國の不益となる行動、皇帝陛下への不敬はもちろん貴族法においても、重罪に値する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:58:38.695124",
"updated_at": "2017-10-08 19:58:38.695124",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 47
},
{
"id": 117113,
"title": "帝國への献身",
"description": "君主である皇帝、そして帝國への献身の義務は重い。\n多くの領地を持つ藩王ならなお更であり、帝國が戦に赴くとあらば、軍役あるいは軍務援助の為の税を支払わねばならない。\nこれらの献身を怠る事は不忠を疑われるに等しく、場合によっては処罰の対象となる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 19:58:38.696634",
"updated_at": "2017-10-08 19:58:38.696634",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 48
}
],
"position": "4",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 42
},
{
"id": 120775,
"title": "貴族の能力",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 17:21:45.369608",
"updated_at": "2017-10-09 17:21:45.369608",
"children": [
{
"id": 120769,
"title": "優雅な振る舞い",
"description": "社交界においては以下に優れた立場のものであっても、あるいは優れた立場であるからこそ、典雅な振る舞いを求められる。\nそれは様々な場面において、他のものが「なるほど」と納得するものでなくてはならない。\n対応の仕方ももちろんだが、立ち方、歩き方、座り方などの姿勢的なものも含まれる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:21:45.32238",
"updated_at": "2017-10-09 17:21:45.32238",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 50
},
{
"id": 120770,
"title": "洗練された会話",
"description": "社交界においては直接的な言葉のやり取りは、忌避される傾向が強い。\n隠喩や暗喩、あるいは引用などが飛び交う会話においてはいかに相手の意図を悟り、また間接的に己の意図を告げるかが重要となる。\n当然ながら、学が求められる技能であり、世襲貴族などは親の立ち振る舞いなどからそれらを学ぶ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:21:45.352874",
"updated_at": "2017-10-09 17:21:45.352874",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 51
},
{
"id": 120771,
"title": "芸術への理解",
"description": "貴族たるもの、教養の一環として音楽や美術、あるいは詩などの芸術への理解が求められる。\nこれらは会話の引き出しの一環として必要とされる他、優れた美術品を財産とすることもあるため、その価値を理解する必要があるためである。\nまた、芸術家のパトロンなどを務める際、彼らの才能を見抜き、新たな価値を生み出すためにも必須と言える。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:21:45.35517",
"updated_at": "2017-10-09 17:21:45.35517",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 52
},
{
"id": 120772,
"title": "ダンス・ステップ",
"description": "貴族は多かれ少なかれ舞踏会に招かれる機会がある。大きいものでは宮廷舞踏会などだが、いかに典雅に踊れるかというのも、また貴族の名誉に関わる。\n運動神経だけではなく、相手の呼吸に合わせ、そのうえで手順を鮮やかになぞれるか、という技巧も必要とされる。\n(当然ながら、相手を引き立てることのできないものが別席にて評価を下げられることなど珍しくもない)",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:21:45.357259",
"updated_at": "2017-10-09 17:21:45.357259",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 53
},
{
"id": 120773,
"title": "ユーモアのセンス",
"description": "帝國貴族たるもの、いかなる際にも軽口の一つは必要とされる。\nあまりにも深刻な顔であれば、領民や君主が不安を覚えるため、それを払拭する必要があるのだ。\n(もっとも、それを除いても帝國藩王に代表される大貴族の多くはジョークを好むのだが)",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:21:45.359337",
"updated_at": "2017-10-09 17:21:45.359337",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 54
},
{
"id": 120774,
"title": "空気を読む",
"description": "ある意味で、貴族が最も必要とされる能力。上下関係の入り混じる社交界や宮廷においては、常に正しい立ち振る舞いを求められる。\nそれは特に礼儀作法に即していなくても、即していないことが必要だと確信すれば実践する必要がある。\nこれはもちろん、領民の自身掌握にも求められる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:21:45.361509",
"updated_at": "2017-10-09 17:21:45.361509",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 55
}
],
"position": "5",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 49
}
],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": false,
"localID": 24
},
{
"id": 120843,
"title": "星鋼京の貴族",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 17:48:24.645455",
"updated_at": "2017-10-09 17:48:24.645455",
"children": [
{
"id": 120889,
"title": "パイロットとしての騎士貴族",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 18:18:03.197833",
"updated_at": "2017-10-09 18:18:03.197833",
"children": [
{
"id": 120837,
"title": "騎士貴族の勃興",
"description": "星鋼京、古くは伏見藩国、更にはその前身である“冬の京”において、貴族とは騎士のことであった。\nこの場合の騎士とは文字通り“騎を駆る者”であり、すなわちI=Dパイロットを指していた。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:48:24.623001",
"updated_at": "2017-10-09 17:48:24.623001",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 58
},
{
"id": 120838,
"title": "機動兵器を駆る騎士",
"description": "そもそも帝國においてはパイロットはすなわち騎士として扱われてきた。\nこれは初期の帝國I=Dの死傷率の高さに起因するものであり、死亡からの特進の前借という側面があった。\n“空飛ぶ棺桶”を駆るが故に、その責務に等しい地位を、という理由である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:48:24.629929",
"updated_at": "2017-10-09 17:48:24.629929",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 59
},
{
"id": 120839,
"title": "I=Dの里において",
"description": "特に星鋼京とその前身である藩国はI=D開発国であり、その生い立ち故に自然と「パイロット=高貴な勤め」という風潮は強まっていった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:48:24.632416",
"updated_at": "2017-10-09 17:48:24.632416",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 60
},
{
"id": 120840,
"title": "騎士貴族の財産次第",
"description": "また、以下に重工業国と言えどI=Dの運用には多額の資源資産が必要である。\n国有のものを除き、下賜されたI=Dを管理するとなれば一角の地位がなければ不可能であった。\n必然、専用機を使う騎士となれば、貴族に等しい地位や権力を有することになる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:48:24.634272",
"updated_at": "2017-10-09 17:48:24.634272",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 61
},
{
"id": 120841,
"title": "国内における地位の確立",
"description": "I=Dが稀少であった頃、それを駆る権利を持つ者は多くはなかった。\n技巧がすぐれているだけでなく、藩の高価な財産としてのI=Dを駆る者は他の者に意識される立場になる。\n故に、人柄的に優れ、技巧をもち、それを運用できる資産を持つものが、パイロットの中でも“騎士”と呼ばれる存在になっていった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:48:24.636843",
"updated_at": "2017-10-09 17:48:24.636843",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 62
},
{
"id": 120842,
"title": "補項:一般的なパイロット",
"description": "星鋼京において、騎士貴族だけがI=Dを駆ることが出来る訳ではない。\n一般的なパイロットというものも、I=Dの普及に伴い発生していった。\nしかし、民衆にとってはパイロット=騎士ではないにしろ、騎士=パイロットという心理は今も根付いている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 17:48:24.638682",
"updated_at": "2017-10-09 17:48:24.638682",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 63
},
{
"id": 120888,
"title": "騎士貴族の誇り",
"description": "彼ら騎士貴族の多くは誇りを胸に抱いている。\nそれは高価な機体を任されていること、自身の活躍が戦況を一変しうるということを承知しているがゆえに、半ば自然と自惚れる。\nだからこそ、友軍の、民の、そして君主からの賞賛を求める。\nその為であれば、彼らは進んで鍛錬を行う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 18:18:03.180896",
"updated_at": "2017-10-09 18:18:03.180896",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 64
}
],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 57
},
{
"id": 120895,
"title": "血の革命",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 18:18:03.542942",
"updated_at": "2017-10-09 18:18:03.542942",
"children": [
{
"id": 120890,
"title": "血の革命広場",
"description": "星鋼京には「血の革命広場」という場所がある。\nこれは過去に起こった一部貴族による叛乱と、その忌まわしき顛末を忘れえぬように作られた場所である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 18:18:03.530695",
"updated_at": "2017-10-09 18:18:03.530695",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 66
},
{
"id": 120891,
"title": "叛乱の次第",
"description": "そのはじまりは、何らかの組織の暗躍があったと言われているが、今となっては不明である。\n騎士貴族の多くはI=Dを駆り、藩国要所を制圧。多くの国民を虐げ、己らの利権の確保を始めた。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 18:18:03.532724",
"updated_at": "2017-10-09 18:18:03.532724",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 67
},
{
"id": 120892,
"title": "叛乱の顛末",
"description": "その顛末は、まるで人が変わったかのような、レジスタンスと化した国民を鼓舞す藩王の指揮により解決した。\n第一王女ポチの名を叫び、彼女の大願を体現するかのごとく、軽武装の国民がI=Dに立ち塞がり、血肉の盾となり、それらを活動停止まで追い詰めた。\n結果、I=Dから下車せざるをえなくなった貴族の多くは、瞬く間に民衆に処刑された。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 18:18:03.534254",
"updated_at": "2017-10-09 18:18:03.534254",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 68
},
{
"id": 120893,
"title": "叛乱の後に",
"description": "熱狂とでもいうべき粛清の嵐をいち早く収めたのも、また藩王を初めとする首脳陣であった。\n王女殿下の名を告げ、民間人による虐殺を封じ、貴族を軟禁という形で保護した。\n国内における流血を嫌ったのは間違いないが、それ以上に貴族という制度を後世に残す必要があったと言われている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 18:18:03.53577",
"updated_at": "2017-10-09 18:18:03.53577",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 69
},
{
"id": 120894,
"title": "現在の貴族",
"description": "恩赦とでもいうべき国内における沙汰の後、永い永い時が流れた。\n『一度の過ちは十の流血で贖われる』の格言の如く、貴族は自身の財を擲ち、過酷な戦いに出兵し、その地位を回復していった。\n現代においては、過去の過ちを知るものも減ったが、それでもなお、貴族たちの胸には今でも深く刻まれている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 18:18:03.537513",
"updated_at": "2017-10-09 18:18:03.537513",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"localID": 70
}
],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 65
}
],
"position": "2",
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": true,
"localID": 56
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 71,
"name": "セタ・ロスティフンケ・フシミ"
},
"expanded": false,
"localID": 23
},
{
"id": 55560,
"title": "学生(帝國共通)",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-24 04:56:36.19077",
"updated_at": "2017-08-24 04:56:36.19077",
"children": [
{
"id": 55561,
"title": "学生の条件",
"description": "学校などの教育機関に在籍し、学んでいる者のこと。5、6歳前後から20歳代までの若者が多い。\n将来に向けて基礎的な教養と学力を身に着け、周囲とコミュニケーションをとる社会性や人格を形成していく途上にある者。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-24 04:56:36.196658",
"updated_at": "2017-08-24 04:56:36.196658",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1935,
"name": "つるばみ"
},
"localID": 72
},
{
"id": 55562,
"title": "お揃いの学生服",
"description": "学校では制服として学生服を着用するよう定めているところが多い。国や学校によって制服のデザインは異なるが、若者向けで動きやすく、かつ式典などの行事にも着用できるような礼節と清潔感を備えたものが多い。中にはおしゃれでカワイイと評判になるものもある。\n同じデザインでお揃いの学生服を着ている者は、同じ学校の学生として認識され、連帯感を抱く要素ともなる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-24 04:56:36.221111",
"updated_at": "2017-08-24 04:56:36.221111",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1935,
"name": "つるばみ"
},
"localID": 73
},
{
"id": 55563,
"title": "伸びやかな学習能力",
"description": "若者ならではの、柔軟な学習能力を持っている。\n記憶力や学習意欲など、周囲からの指導や働きかけで大きく伸びる時期であり、多くの知識や体験を将来に備えて吸収する力がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-24 04:56:36.238218",
"updated_at": "2017-08-24 04:56:36.238218",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1935,
"name": "つるばみ"
},
"localID": 74
},
{
"id": 55564,
"title": "柔らかな心性",
"description": "人格を成す性格や性分が鍛えられる時期であり、教師や先輩、同年代の友人とのつきあいから、人間関係の機微を学んでいく時期である。さまざまな環境で育った友人と触れ合うことは、立場の異なる人の考えに耳を傾ける訓練でもある。\n多くのことを経験し、悩み、笑い、そして生涯の友を得て、未来へはばたく準備ができる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-24 04:56:36.255208",
"updated_at": "2017-08-24 04:56:36.255208",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1935,
"name": "つるばみ"
},
"localID": 75
},
{
"id": 55565,
"title": "緊急時の馬鹿力",
"description": "若く幼いため、知識や危険に対する経験値は低いものの、いざという緊急時や危機に瀕した時は、大胆に行動して仲間を救ったり問題を乗り越える可能性を秘めている。\n友情や連帯感はそれを倍加させていくこともある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-24 04:56:36.27181",
"updated_at": "2017-08-24 04:56:36.27181",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1935,
"name": "つるばみ"
},
"localID": 76
},
{
"id": 55566,
"title": "集団での振る舞いを学ぶ",
"description": "集団で生活するということは、集団がどう機能するかをも学ぶ必要がある。学生は課外活動など教科以外の場面で、自分の行動が集団にどう影響するかを学んでいく。\n互いに連絡し相談し、意見を聞きあってそれをまとめていく。将来社会での活躍の場で必要となるスキルをこうして磨いていく。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-24 04:56:36.300512",
"updated_at": "2017-08-24 04:56:36.300512",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1935,
"name": "つるばみ"
},
"localID": 77
},
{
"id": 55567,
"title": "ユニークな遊び心",
"description": "同年代が集まる学校での生活は、友人を得て楽しい経験となる。そこでは友人との遊びもルールを守ったり信頼関係を築いたりする訓練となる。\n彼らの遊びは若者ならではのユニークでくだらないものもあるが、人を傷つけない、迷惑をかけない、といった範疇のものであれば、周囲から容認されることが多い。羽目を外しすぎると指導されるが。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-24 04:56:36.317571",
"updated_at": "2017-08-24 04:56:36.317571",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1935,
"name": "つるばみ"
},
"localID": 78
},
{
"id": 55568,
"title": "輝く瞳",
"description": "各国の未来、ひいては世界を牽引していく人材となるべく、大きな期待を受ける存在である。学生各自は自分の将来について考え、悩み、そして大きな責任感を醸成していく。\n悩み、笑って泣いて、ということも多いが、彼らが将来に向けた瞳は、多くの可能性を秘めて輝いている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-24 04:56:36.336201",
"updated_at": "2017-08-24 04:56:36.336201",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 1935,
"name": "つるばみ"
},
"localID": 79
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 1935,
"name": "つるばみ"
},
"expanded": false,
"localID": 71
},
{
"id": 149156,
"title": "剣神(職業)",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.589881",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.589881",
"children": [
{
"id": 149148,
"title": "剣神と呼ばれる者",
"description": "剣の腕前に関して並ぶものがない、神と呼称されるにふさわしい域に達した達人の尊称。剣神が剣を振るう様はもはや芸術のごときである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.472358",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.472358",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 81
},
{
"id": 149149,
"title": "到達した高み",
"description": "修練による修練を重ねて到達した高み。もはや、剣を抜いて立っただけで武を生業とするものならその動きに圧倒されるだろう。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.481132",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.481132",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 82
},
{
"id": 149150,
"title": "踏み込みの速さ",
"description": "剣神の強さの一つに恐ろしいまでの踏み込みの速さが挙げられる。剣神にたどり着くまでの修練と素質がなければ出来ない動きで、敵に迫る。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.483185",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.483185",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 83
},
{
"id": 149151,
"title": "重い一撃",
"description": "剣神の繰り出す一撃一撃は速さと共に体重の乗った重い一撃である。例え得物が細剣であったとしても、想像以上の重さの一撃が相手を襲う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.485574",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.485574",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 84
},
{
"id": 149152,
"title": "隙のない動き",
"description": "剣神はその経験と重ねた修練により、己の死角を把握している。常に死角がないよう隙のない動きをしつつ相手の動きの予想をしており、うかつに攻撃すれば難なく防がれカウンターに繫げられてしまう。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.489733",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.489733",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 85
},
{
"id": 149153,
"title": "剣によるカウンター攻撃",
"description": "ただでさえカウンター攻撃は恐ろしいものだが、剣神のカウンター攻撃は踏み込みの速さと一撃の重さが加わって恐ろしい威力を発揮する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.491688",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.491688",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 86
},
{
"id": 149154,
"title": "恐ろしいほどの体力",
"description": "重ねた修練、日ごろのトレーニングにより恐ろしいまでの体力を保有している。仮に人数や武器の有利で剣神と互角に戦えていたとしても、決め手がなければスタミナ切れで敗北に追い込まれるだろう。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.493541",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.493541",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 87
},
{
"id": 149155,
"title": "剣神の着用制限",
"description": "経験と修練のみでたどり着くには難しい職業。定命の者なら剣術の素質を持っていて、やっと到達することが出来る。素質を持たぬものが到達することもできなくはないが、長い長い年月を必要とするため、長大な寿命を持つ種族、ACEやプレイヤーにしか着用できない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.495802",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.495802",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 88
},
{
"id": 94751,
"title": "大剣士",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.34511",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.34511",
"children": [
{
"id": 94734,
"title": "更なる剣の修行",
"description": "一人前の剣士として技術を身につけ、実戦を経て、さらなる高みへと踏み出すために費やされる期間。師と流派があれば、学び尽くすために、これまで以上の積み重ねを必要とするだろう。また、そうであっても、そうでなくても、自分の個性というものに気づき、欠点を補うために長所を伸ばし、補えないところは晒さないための工夫を凝らす。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:47.899761",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:47.899761",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 90
},
{
"id": 94735,
"title": "熟練の剣技",
"description": "身のこなしに隙は少なく、その攻撃は防御の間によく滑り込み、力加減の巧みさによって無駄な力みが少なく、長丁場にも耐え得る巧さがある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.031081",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.031081",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 91
},
{
"id": 94736,
"title": "熟練の盾防御",
"description": "経験から来る予測は、防御に向ける意識と力を小さくしつつも、受ける角度とタイミング、場所のさりげなさによって、敵を大いに攻めあぐねさせる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.044175",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.044175",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 92
},
{
"id": 94737,
"title": "華麗なる大技",
"description": "経験は臆病さを取り払い、それまでは決められなかった大胆な動きをしても問題ないことを理解させる。大きな動きから繰り出される、奇抜な、あるいは猛烈な一撃は、敵の防御をすり抜け、打ち砕いて届くだろう。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.046597",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.046597",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 93
},
{
"id": 94738,
"title": "華麗なる足運び",
"description": "無数の鍛錬と経験が、足運びに潜んでいたぎこちなさを美しいまでの合理性に満ちた自信ある振る舞いへと昇華させる。その巧さがまた、相手を怯ませ、力を削ぐ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.04886",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.04886",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 94
},
{
"id": 94739,
"title": "崩しの妙技",
"description": "高度な技術は、高まるほどに、微に入り細を穿つ。敵の技量が未熟なら、何をされているか分からない間に体勢を崩されるし、そうでなくとも迂闊な攻めがしづらくなって、攻防は細かいやりとりへと深まっていく。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.051216",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.051216",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 95
},
{
"id": 94740,
"title": "巧みな白兵戦術",
"description": "上手くなれば、自然と目の行き届く範囲も広がっていく。それは、味方との連携を意識した動きが取れるようになったり、敵の動きの意図を深読みして見破ったりといった、戦術レベルの領域にも至るのである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.053275",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.053275",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 96
},
{
"id": 94741,
"title": "裂帛の気迫",
"description": "練磨された技術と身体能力、経験に裏付けられた気迫は、自信となって対峙する相手を圧する。気迫を声に出せば威嚇になるし、目に込めればまたフェイントにも使える。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.05551",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.05551",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 97
},
{
"id": 94750,
"title": "剣士",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.10138",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.10138",
"children": [
{
"id": 94742,
"title": "剣士としての修行",
"description": "剣士に必要な、剣術と剣士装備の、知識と技術を一通り修めるだけの期間を費やし、それらを基礎体力と共に身につけている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.058418",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.058418",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 99
},
{
"id": 94743,
"title": "剣による攻撃",
"description": "属する文化に基づいた形状の剣を用いての戦闘技術。刺突、斬撃、場合によっては無手やその他の武器・道具を組み合わせた、複合的な攻撃能力である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.061806",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.061806",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 100
},
{
"id": 94744,
"title": "剣による防御",
"description": "属する文化に基づいた形状の剣を用いての戦闘技術。大前提として、戦闘は死ににくい兵士ほど優秀であり、必ずしも敵を倒さずとも目的の達成が可能であるケースは少なくない。このため、敵を切り倒し、突き崩すより、そこに至るまでの隙をいかに減らし、しのぎ、相手の隙を突くために粘るかという点に、技術的・体力的な練成の比率を大きく割いている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.064049",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.064049",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 101
},
{
"id": 94745,
"title": "丸盾による防御",
"description": "片手剣を用いる際に運用する盾の技術。飛来する矢や礫を始めとする攻撃への防御や、非装備状態でどこに固定しておくかといった細やかな工夫を身につける。\nまた、盾自体、分類上は防具であるが、うまく受け崩すことで相手の体勢を崩したり、攻撃的に扱って打撃を加えたり、さらには、武器を叩き落とすといった用法もあって、これらを攻防一体の技として一括りに習得する。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.075189",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.075189",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 102
},
{
"id": 94746,
"title": "丸盾との連携",
"description": "片手剣と丸盾を組み合わせて、両腕をフルに動かしながら戦う技術、および、その習熟。両手に別々の働きを持たせるのには訓練が必要であり、それぞれ単独で身につける技術体系と重複する領域はあっても、実際に慣れるまでは実用に耐える練度にならないのである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.080281",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.080281",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 103
},
{
"id": 94747,
"title": "崩し",
"description": "戦場では、相手の隙をついて華麗に倒すだけではなく、むしろそこに至るまでの工程こそが真髄となる。隙をさらすまいと互いに密着した状態からの押し合い、駆け引きであったり、自分が倒せずとも警戒を引きつけて味方に倒してもらったり、勝つまでの道筋はいくつもある。\n崩しとは、体力、技術、戦術の、全てを織り込んだ上で行われる、勝つためのあらゆる手段と言い換えられる。\n使い手それぞれに向いた手段、禁じている手段があり、訓練と実戦を経て、それらは研磨されていく。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.082942",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.082942",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 104
},
{
"id": 94748,
"title": "足運び",
"description": "相手の体幹および末端の要所に攻撃を集め、自分のそれらから攻撃を避け逸らすため、体ごと動くこと。また、そのための技術。あるいは、一撃の威力を引き出すための踏み込みと、そこに至るまでの何千何万何十万回と繰り返した、打ち込み経験に基づく瞬間的な一歩。およびそれらの組み合わせ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.086151",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.086151",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 105
},
{
"id": 94749,
"title": "剣の手入れ",
"description": "厳密には剣だけでなく装備の手入れである。剣士なので代表的な装備として例示した。\n刀身の歪みや刃こぼれ、握りの緩み、錆びといった剣の劣化を見極め、手に負えないものは修理に出したり買い換えるが、軽度のものは自分で手直しできるようにしなくては、手間と時間が嵩みすぎるため、手入れ道具や部品を買い揃え、これらを扱う知識と技術を身につける。\n剣に限らず、戦士たるもの、身の回りに関しては同等の知識と技術を持ち備えて初めて一人前である。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.089562",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.089562",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 106
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"expanded": true,
"localID": 98
}
],
"position": "9",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"expanded": true,
"localID": 89
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": false,
"localID": 80
}
],
"localID": 22,
"expanded": false
},
{
"title": "個性:ユイカのパーソナルデータ",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "星鋼京・地方領主",
"description": "ユイカ・キングダムは星鋼京の最も若い領主として知られる少女。\n彼女の所領であるケーニクライヒ領は、彼女の為にと藩王がずっと温めていた土地と言われている。",
"part_type": "part",
"localID": 108
}
],
"localID": 107,
"expanded": false
},
{
"title": "所持品:ユイカの持ち物",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "オーダーメードの服",
"description": "かつて双海さんからクリスマスに贈られた服。\n少女らしいデザインで、普段のパリッとした格好とは違う印象を受ける。",
"part_type": "part",
"localID": 110
}
],
"localID": 109,
"expanded": false
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": ""
}
]

技能 投稿者:フシミ@藩王 投稿日:2017/12/01(Fri) 14:53:34 No.549

【後の先】

カウンター能力
“後の先”とは、相手の仕掛けに合わせ、反撃を行う技である。
一般的にはカウンターと言われる技に相当する。

相手の攻撃を誘う
後の先は、相手の攻撃があって初めて成立する技である。
したがって、如何に相手を先に攻撃させるかが重要となる。
その為には、時には隙を見せ、誘う必要もある。

攻撃の知覚
当然、不意を打たれて自分が反応できない状況では意味がない。
そのため相手の攻撃を知覚、その流れを想像できなければならない。

技の起こりを読む
いかように攻撃が来るか。相手の切先の振れや、視線の向き、あるいは足運び。
後の先を成立させるには、相手の発する様々な情報を読み、いつ相手が仕掛けるかを正確に予想する能力が問われる。

軌道予測
相手の技が放たれた瞬間、相手に自身の攻撃を叩きこむ。
それを行うためには、最小限の動きで回避せねば、攻撃の機を失う。
「当たらねば仔細無し」の心持で攻撃軌道を予測する必要がある。

後の先、その利点
相手の攻撃を避けつつ、攻撃を与えるという技には幾つかの利点がある。
一つは、動作中、あるいは終了後の無防備な相手に攻撃を仕掛けれること。
もう一つは、白兵戦であれば互いの勢いをまともにぶつけることになる為、威力が増すということである。

硬直を討つ
事が始まってしまえば、己の動きを止める事すら、知覚、反射という行程を持ってせねばならない。
言わんか、防御となればそれに更なる動作を求められる。
その僅かな間、しかし無防備な相手を突くことこそが、この技の本領である。

真っ向激突
もう一つ、攻撃を最大速度で相手にぶつける場合、相手が停止していれば、もちろん威力は十全に発揮される。
しかし、相手が自身の方向へと向かってきていれば、そこにさらに相手の勢いが乗ることになる。
タイミングを合わせた後の先での切り結びは、通常よりも激しい威力を発揮する。

残心
もちろん、自身の攻撃が終わった瞬間というのも、また同様に危険な時間である。
後の先を撃った者は、討った敵が立ち上がる可能性も考慮し、即座に臨戦せねばならない。

T21使用アイドレス・流用申請 投稿者:フシミ@星鋼京 投稿日:2017/10/24(Tue) 05:17:53 No.439

T21で使用したPCや、更新施設での流用申請。
データ的には別枠扱いなので、一応、各々の流用元に申請してくださいね。
終わったら、各PLこちらにご報告を。

*藩国の分は、御鷹さんお願いできますか?

T21使用アイドレス・流用申請 投稿者:御鷹 投稿日:2017/10/30(Mon) 21:45:10 No.460

御鷹@T21
帝国摂政共通大部品
法の司

藩国施設
下水処理場
一般警備員
保健師
ベテラン販売員
行商人
郵便局員(帝国共通)
運送業者
掃除人(帝国共通)
産業廃棄物処理場
ゴミ処理施設(一般廃棄物)
通信社
新聞
記者
交番(帝国汎用版)
駐屯地
海底資源の採掘
水道施設

の流用申請を行っています。が、帝國共通職業は申請いりませんでしたっけ?できるだけ作者が分かってる人のところには申請しましたが

流用申請がいらないもの 投稿者:蓮田屋 投稿日:2017/10/31(Tue) 00:09:59 No.461

・帝國共通職業に関しては流用申請がいらなかったはずです。

・藩国施設の更新に関しては(前ターン申請してるので)流用申請がいらなかったはずです。
下水処理場
産業廃棄物処理場
ゴミ処理施設(一般廃棄物)
通信社
新聞
交番(帝国汎用版)
水道施設

T22騎士任命リスト 投稿者:フシミ@星鋼京 投稿日:2017/10/24(Tue) 05:21:09 No.440

http://lhz-fan.sakura.ne.jp/idress/wiki/index.php?T21%E9%A8%8E%E5%A3%AB%E4%BB%BB%E5%91%BD%E8%80%85%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

T21を元にフシミさん・御鷹さん・吾妻さん、よろしくお願いします。

【期限:10/31】

作業完了 投稿者:フシミ@星鋼京 投稿日:2017/10/24(Tue) 15:42:23 No.444

http://lhz-fan.sakura.ne.jp/idress/wiki/index.php?T22%E9%A8%8E%E5%A3%AB%E4%BB%BB%E5%91%BD%E8%80%85%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

終了です。
作業が被り、一部重複したので、以下の重複分はT23に使いまわし予定。


/*/

市民生活市場(星鋼京T22版):
所在地
星鋼京の旧市街地に建築された大型商業地。駅からも近く、大型の道路に面しているため交通の便が良い場所となっている。
代表者
代表者はルル・カペル。二十代後半と思しき芥辺境系西国人の女性。落ち着いた優しげな表情が印象的だが、バザールの取りまとめをキッチリこなす女傑でもある。なお、ルル・カペルは星鋼京風の読みであり、出身国的には“海の堂”である。
汝を騎士に任命する
"公平たる取引を約するは、騎士の道に違わぬものである。故にこそその守り手たるは日々の喜びと安寧を守る騎士に他ならぬ。執政吾妻、任ず。"

 /*/

通信・新聞事業社(星鋼京T22版):
所在地
星鋼京の新市街地に社屋を持ち、社屋内に緊急時の小規模印刷施設を持つが、メインとなるのは旧市街のはずれに印刷工場である。
代表者
代表者はクララベル=ロッソス、28歳女性。祖母であるフラウベル譲りの銀髪を持つ美女。インクの香を吸って育ったとは本人の弁。古参従業員に支えられ、社長としても安定感が出てきた。
汝を騎士に任命する
"三代に渡る忠節、見事なり。公正にて無私、天遊ぶ鳥の如き眼差しにて知り、彼の声音の如く遠くまで知らせよ。藩王セタ・ロスティフンケ・フシミがここに騎士として任ず。"

 /*/

藩国消防団(星鋼京T22版)
所在地
ブレンネンラメトク消防署は旧市街・時計台前広場に居を構える。その生い立ちの都合上、可燃性の高い素材や密集した区画が存在することから、万が一の大火発生に備えている。
代表者
代表者はラープ=ラーケン、32歳男性。父、ハーケンの跡を継ぎ、消防署の長となった。父の背を追って自身も消防官となったため、思慮深い父と違い、やや熱血漢。
藩王より、騎士への任命
星鋼京藩王、セタ・ロスティフンケ・フシミの名において、汝を騎士として任ず。形無き脅威たる災害より、国土と我が宝たる国民を護る騎士として貴君を頼る。

 /*/

藩国交番(星鋼京T22版)
所在地
シタストライフェ第一交番。星鋼京にいて栄光の第一交番の所在地は旧市街、国内鉄道・ウルザマナー駅前となる。
代表者
代表者はフォーサー=パルス、53歳男性。先任のユーフォーの弟であり、兄に似て頑健な体を持つ。銃撃に関しても同様で、隠居した兄とは時折、狩りに行くこともある。
藩王より、騎士への任命
汝を星鋼京の騎士として、無辜の民を護る事をこれより責務とし、故国と帝國の為に尽くし、兄に負けぬ様、期待する。また、故国と帝國、我・セタ・ロスティフンケ・フシミへの忠義は求めず。汝が主は民衆、汝が守るべきも民衆である。――セタ・ロスティフンケ・フシミ星鋼京藩王

 /*/

初恋運輸(星鋼京T22版)
所在地
星鋼京のI=D工場と新市街の間に建設された運輸会社。ヴェスト・メイツェル港に主となる倉庫を持ち、各市街地や工場の付近にそれ用の倉庫を持つ。
代表者
代表者は前回と同じく蓮田屋藤乃。眼鏡を掛けた秘書風の印象を与える肉感的な女性(年齢はひみつ☆)冷静かつお茶目な残念美人。
汝を騎士に任命する。
"帝國への忠節大義である。新たな領地、新たな臣民を得て、なお一層の活躍に期待する。汝が富、汝が智を持って、帝國の敵を叩き伏すよう、我、セタ・ロスティフンケ・フシミが願う。"

T22:PC登録(締切追記) 投稿者:フシミ@星鋼京 投稿日:2017/10/24(Tue) 05:27:01 No.441

T22で使用するPCの登録です。

★藩王からのお願い
 今回、最終ターンかつ評価値の目標値が高めになると思います。
 評価30にシフトを載せるためにも、最低でも評価11でキャラ作成お願いします。
 この際、なるべく以下の事が評価6程度で出来るようにお願いします。

・白兵戦
・射撃戦
・交渉能力
・事務能力
・高速移動能力(走るなど)
・回避or防御能力(遮蔽を取るなど)
・探索能力(嗅覚がいい、気づきがいいなど)

キャラがぶれるなど、あるかもしれませんが、なるべくお願いします。
(攻撃能力は装備依存でも可能です)

/*/

■2017/10/31追記

PL各位、お疲れ様です。
T22の締め切りですが、おそらくまだ先になるかとは思いますが、はやめはやめで行きたく。
ひとまず、11/7を仮の締め切りとして頑張りましょう!


その際、下記の内容が評価6程度で網羅できていると大変ありがたいです。


・白兵能力
・射撃能力
・回避(防御)能力
・交渉能力
・長距離移動能力
・生活能力全般
・索敵能力


それぞれ、流用するだけで大丈夫な技術も多いので楽できるところは楽しましょう……
(以下藩王オススメ)

■白兵能力
・護身術の心得
 http://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=40814

■射撃能力
 流用可能なものは特にないため、要作成

■回避(防御)能力
 流用可能なものは特にないため、要作成

■交渉能力
・おもてなしの極意
 ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=122379
・メンタルケア
 ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=121431

■長距離移動
・長距離走の訓練
 ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=16002

■索敵能力
 流用可能なものは特にないため、要作成

■生活能力
 趣味の範疇でご自由に!
 一般的な家事でしたら、評価3もあれば十分かと。

セタ(完成) 投稿者:フシミ@藩王 投稿日:2017/10/26(Thu) 11:15:35 No.454

http://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/130233

・ぽちの騎士(評価5程度)
・おもてなしの極意
・メンタルケア

ひとまず完成。また追記予定。

レオンのPCデータ 投稿者:レオン 投稿日:2017/11/25(Sat) 15:33:47 No.528

レオンのアイドレスです。
現在 RD:135 評価値:12 です。
ご確認アドバイスお願いします。

レオンのパーソナルデータここから

外見
典型的な北国人の外見です。白い髪に色の薄い瞳、白い肌。服装はあまり気にしないので、任務中のパイロット服で普段も過ごしていることが多い。

卓上ゲーム好き
卓上ゲームが好きで、よくカードゲームやボードゲーム等を遊んでいる。近所の子どもたちを集めたゲーム会も開催している。

性格嗜好
基本的には穏やかな性格。戦闘や日常でもサポート役に回ることが多い。パイロットをしているのは、愛国心とI=Dが好きなため。日常は愛犬と過ごす時間が好き。

愛犬はボーダーコリー
実家は牧羊犬としても優秀なボーダーコリーを多く飼育していて、幼いころからレオンもリーダー格であるボーダーコリーをさくらと名付けかわいがっている。

流用:犬好き http://gohonekko.wiki.fc2.com/wiki/%E7%8A%AC%E5%A5%BD%E3%81%8D

レオンのパーソナルデータここまで

星鋼京の民
帝國貴族(星鋼京版)
教導パイロット 
近衛兵(T22)

T21・威信点計算 投稿者:フシミ@星鋼京 投稿日:2017/10/24(Tue) 14:49:55 No.443

二日さんが途中まで計算してくださってます(ありがとう!)
過小評価で3000届いてるといいなあ。

現在状況 投稿者:フシミ@藩王 投稿日:2017/10/26(Thu) 11:09:57 No.453

https://www.chatwork.com/#!rid83025662-973941277496221696

燃料資源についての概要 [土場ここほれワンワン油田] 42
油井と採掘のプロセス [土場ここほれワンワン油田] 68
海上燃料プラットフォーム概要 [土場ここほれワンワン油田] 172
海上燃料プラットフォーム概要 [医師団の燃料生産地] 172
高物理域藩国税制概要 [満天星国の税制] 12
租税概論 [満天星国の税制] 15
租税概論 [暁の円卓藩国の租税] 15
租税概論 [蒼梧藩国の税制] 15

上記未反映

アッサム18対応(生活関連編) 投稿者:フシミ@藩王 投稿日:2017/11/17(Fri) 11:51:41 No.489

■アッサム18
【生活関連の話題】

●小さな花を育てる 難易2

 ★懸念点
 ・花屋の明確な記述が無い(地形アイドレスに商店は存在する)
  個人的には後述の告白関連の話もあるので、明確に花屋は国内におきたい。
 (できれば広場近辺には必ず設置したい)
 ・T21段階では食糧生産地がないが、蓮田男爵領地に存在するため問題無し。
 ・北国人なので条件は+5されるため、シフトを前提としても最低評価4は必要。
 (そういう意味ではT21の編成では必ず失敗するので注意。
  花を育てる土壌が必要。後述の家屋の評価値伸ばしの為にも、室内での文化的な育成環境について触れる)
 ・シフトを起こす場合、通常のメードなどを編成するといいかも。


●綺麗な水を飲む 難易3

 ★懸念点
 ・地形&水道施設に関してはクリアしているため、評価上昇は無し。
 ・上水道施設、あるいは地形由来の家を基幹に用いてクリア。
 (ただし、住宅アイドレスは今後も多用するため、やはり地形依存ではなく独立したアイドレスとして用意したい)


●足の悪い人が買い物に行く 難易5

 ★懸念点
 ・公共交通網は設定上あるので一応OK(今後の事も考えて、単独でアイドレス化しておきたい)
 ・藩国内の店は各種商店(バザール)があるので問題なし。
 ・公共交通網の評価値を5程度で用意したい。
  (可能ならば障害者へのケア、あるいは地域共同体でのケア、あるいは宅配サービスなどで解決したい)
 #というか初恋運輸でOKじゃなかろうか?


●交通事故にあって救急搬送される 難易7

 ★懸念点
 ・救急車両や搬送手段がないと難易+25
 (T21時点では無し、ポストカードはあるが微妙。
  なので最低RD19程度でポストカードベースの救命I=Dか救急車、あるいは両方が欲しい)
 #両方ある場合、この後の高難易度問題が解決しやすくなる。

 ・同時に500人が事故にあって救急搬送される。難易22。
 (T21段階では不可。
  まず基礎評価値が11いるが、これは共通職の医者を評価11程度に編成して解決を図る。
  その後、シフトにてクリアを狙うため、評価7(シフト最大発生値)のアイドレスを3つ使用。
  病院・救命I=D・医療事務あたりでクリアを狙いたい)
 #医療事務というか、治療優先度を決めることが出来るアイドレスがあれば問題なし)



●小学生が風邪にかかった。こじらせないように自分でどうにかする 難易7

 ★懸念点
 ・一般的な家屋(地形依存)が現在評価値6なのでシフトでも攻略可能。
  ただし、今後の事も考えて、評価7程度まで伸ばしておきたくはある。
 ・「一般的な家屋」に「保健所」「食育健康法」でシフトを乗せてクリア。



●設定国民の女子高生があこがれの先輩に告白する 難易7
 
 ★懸念点
 ・T21段階では帝國環状線・星鋼京駅の屋上近辺だが評価値が足らず。
 (シフトを用いるにしてもベース評価が4以下なのでやはり無理)
 ・ただ、設定上ではいくらでも国内に存在するので実装するだけで攻略可能。
 (具体的には王城・中央庭園、愛の広場、時計台前など)

 #あと何か応援しやすい制度とか逸話とか、そういうのも掘り起こしたいネ。恋人割とかサ。

作成して欲しいアイドレス 投稿者:フシミ@藩王 投稿日:2017/11/17(Fri) 12:45:14 No.491

■作成して欲しいアイドレス

・評価7〜:ポストカードを流用した救命I=D
・RD19〜 :救急車

・評価5〜:公共交通網(障害者割引き付)
・評価5〜:地域共同体でのケア(領主・領民のサポート?)

・評価7〜:一般的な家屋(独立したアイドレスとして) 
     #花の育成、室内への花を飾る事への贅沢など記載

・評価5〜:花屋(広場近辺にはなぜかだいたいある、など記載)

・評価7〜:愛の広場
・評価7〜:王城・中央庭園
・評価7〜:時計台

救急車 投稿者:蓮田屋 投稿日:2017/11/17(Fri) 13:19:06 No.493

実はRD12で作成してました。もうちょっとテキスト詰めます

救急車

○救急車の概説
い」
救急車の定義
救急車は、傷病者を病院などの医療施設まで迅速かつ安全に搬送するための車両のことである。その運用は各藩国の法令により様々な形態をとる。

救急車の運用
人工心臓マッサージ器や人工呼吸器、検査装置等の医療機械を搭載し、医療機関搬送前の現場などへ直接出動する。

救急車の人員
救急車に搭乗する人員は、運転手、医師、救急隊員などである。国・地域によって、搭乗すべき人員が定められている。運転手も救急現場では救急活動に携わることがほとんどである。

救急車の国別状況
救急車を運用する機関は、主として医療機関、救急専門機関、消防機関などであるが、国によって状況は大きく異なる。

救急車の運用機関
自治体や中央政府が主要な救急車運用機関のこともあるが、民間企業(緊急医療サービス)が有料で救急搬送を実施している地域やボランティアが担っている地域も存在する。

救急車の連絡管理
多くの国・地域では、救急車を必要としている人が救急車を迅速に呼べるようにするため、救急車を集中的に管理する施設を設置し、救急車の出動を要請する連絡先を一元的に管理している。

救急車の優先走行
救急車は迅速性が求められることから、多くの国・地域で優先走行が認められている。例えば、停止信号でも優先的に進行したり、渋滞時には対向車線を走行するなどといった、他車に対する優先的な走行が可能となっている。


○救急車の装備

救急車の車内内容
装備は、車両を所有する病院によって装備の内容が少しずつ異なっており画一化されていないが、通信・情報機器が備えられている事が多い。

救急車の医療機器
医療機器(ストレッチャー(または担架)医療用酸素ボンベ一式、患者モニター、除細動器(AED)、シリンジポンプ、輸液ポンプ)

救急車の車体上部警告灯
車体上部に取り付けるワーニングライトである。軽量かつ加工運用性の高

構造が薄くできるLED式警光灯が主流である。構造材はアルミなどの軽金属が多い。これは高速走行で空気抵抗が強くなると稀に警光灯が風圧で取り付け部からもげてしまうことがあるのである。

サイレン・警告音出力装置
サイレンアンプ&スピーカー
サイレンや警告音、大音量での直接指示を出すための装置。マイクで周囲に指示や警告をだしたり、特定の警報音で接近と注意を促したりする。

救急連絡無線機
無線機は必需品。単独で使用する一般的なタイプのほか、携帯無線機を差し込んで使用するハンドマイク付きの充電スタンドタイプなどもある。

追加できそうなもの 投稿者:御鷹 投稿日:2017/11/17(Fri) 23:53:53 No.495

広いように見えても
外から見ると広いように見えるが、医療器具を乗せ後ろのドアから成人男性が横になっても十分な大きさのストレッチャーごと収納すると搭乗する職員以外には補助席に1〜2人くらいが限度となる

患者を安全に輸送するために
速やかに搬送させるため、ストレッチャー(また破綻か)は車体に固定されるようになっている。医療器材も同様で激しい揺れに対応出来るようにしている。

整理整頓は大事
狭い車内で処置を行えるように物品の整理整頓は大事である。医療機器の整備点検、消耗品の補充や使用期限切れがないように定期的に行っている

プライバシーの配慮
患者のプライバシーを確保するため、外から中が見えにくいように工夫された窓やカーテンが装備されている。もちろん運転には支障がないように配慮されている。


筆記用具セット
ハサミ、鉛筆やボールペン、メモ用紙等の記録用紙、計算機。病院へと引き継ぐために患者の状態や行った処置、使用薬品等記録を残したり処置に使用したりする

観察用器材セット
聴診器、血圧計、ペンライト、パルスオキシメーター等患者の状態を把握するための道具類。今後の治療の指針となる。

救急車完成 投稿者:蓮田屋 投稿日:2017/11/18(Sat) 11:35:06 No.496

概説と装備RD18+自動車RD8=26



救急車

○救急車の概説

救急車の定義
救急車は、傷病者を病院などの医療施設まで迅速かつ安全に搬送するための車両のことである。その運用は各藩国の法令により様々な形態をとる。

救急車の運用
人工心臓マッサージ器や人工呼吸器、検査装置等の医療機械を搭載し、医療機関搬送前の現場などへ直接出動する。

救急車の人員
救急車に搭乗する人員は、運転手、医師、救急隊員などである。国・地域によって、搭乗すべき人員が定められている。運転手も救急現場では救急活動に携わることがほとんどである。

救急車の国別状況
救急車を運用する機関は、主として医療機関、救急専門機関、消防機関などであるが、国によって状況は大きく異なる。

救急車の運用機関
自治体や中央政府が主要な救急車運用機関のこともあるが、民間企業(緊急医療サービス)が有料で救急搬送を実施している地域やボランティアが担っている地域も存在する。

救急車の連絡管理
多くの国・地域では、救急車を必要としている人が救急車を迅速に呼べるようにするため、救急車を集中的に管理する施設を設置し、救急車の出動を要請する連絡先を一元的に管理している。

救急車の優先走行
救急車は迅速性が求められることから、多くの国・地域で優先走行が認められている。例えば、停止信号でも優先的に進行したり、渋滞時には対向車線を走行するなどといった、他車に対する優先的な走行が可能となっている。

○救急車の装備

救急車の車内内容
装備は、車両を所有する病院によって装備の内容が少しずつ異なっており画一化されていないが、通信・情報機器が備えられている事が多い。

広いように見えても
外から見ると広いように見えるが、医療器具を乗せ後ろのドアから成人男性が横になっても十分な大きさのストレッチャーごと収納すると搭乗する職員以外には補助席に1〜2人くらいが限度となる。

プライバシーの配慮
患者のプライバシーを確保するため、外から中が見えにくいように工夫された窓やカーテンが装備されている。もちろん運転には支障がないように配慮されている。

整理整頓は大事
狭い車内で処置を行えるように物品の整理整頓は大事である。医療機器の整備点検、消耗品の補充や使用期限切れがないように定期的に行っている。

救急車の医療機器例
医療機器(ストレッチャー(または担架)医療用酸素ボンベ一式、患者モニター、除細動器(AED)、シリンジポンプ、輸液ポンプ)

筆記用具セットなど
ハサミ、鉛筆やボールペン、メモ用紙等の記録用紙、計算機。病院へと引き継ぐために患者の状態や行った処置、使用薬品等記録を残したり処置に使用したりする。

観察用器材セット類
聴診器、血圧計、ペンライト、パルスオキシメーター等患者の状態を把握するための道具類。今後の治療の指針となる。

患者を安全に輸送するために
速やかに搬送させるため、ストレッチャーは車体に固定されるようになっている。医療器材も同様で激しい揺れに対応出来るようにしている。

救急車の車体上部警告灯
車体上部に取り付けるワーニングライトである。LED式警光灯と軽量かつ低容積へと加工性の高い軽金属で作られていることが多い。

サイレン・警告音出力装置
特徴のある警告音で周囲の車両に知らせるための機構。マイクが備え付けられており、運転手が直接声で情報や指示を出すことができる。

救急連絡無線機
病院や他の救急車に相互連絡できるシステム。サイレン・警光灯などと共に集中制御出来る制御盤が接続されダッシュボードに装備されている。



自動車 RD:8 評価値:5
作者: 葉崎京夜

アッサム18対応(戦闘編) 投稿者:フシミ@藩王 投稿日:2017/11/17(Fri) 12:39:38 No.490

【初心者用軍事課題】
(例によって初心者用とかいってるがこの程度は兵士3人くらいで突破しないとやばい)
 基幹部隊の構成、支援内容は提出アイドレスに記述された内容のみ受け付ける。

▼周辺20kmを歩兵部隊でパトロールする 難易10
提出条件
・車両がない場合、難易は+10される。
・偵察に使えると判定されるものが60%以上ないといけないが部品オフしてはならない。
・西国は難易が5下がる(見通しがいいため)
・小判定:怪しいところを徒歩で調べる 徒歩移動10

 ★懸念点
 ・先頭車両が存在しない為、難易の上昇がある。
 (ダックスなどの歩兵I=Dを積載できる移動車両の開発が必要)
 ・残念ながら現在偵察兵が存在しないため、設定国民だけで行った場合、ほぼ確実に失敗する。
 (治安維持要員としても優秀なので、雷羅頼さんがいらっしゃるうちに指導を受けたことにして偵察兵あるいは特殊部隊枠を作るか)
 ・徒歩判定はいっそう失敗する可能性が高い。とはいえ、徒歩関連だけで評価10というのは些か無理がある。
  シフトが必要なので、評価5程度の徒歩関連の記述を複数シフトで評価10まで押し上げたい。
 (徒歩行軍についてRD8程度なので不可能な数字ではないと思われる)

▼テロリストの小さな基地を見つけた。即座に攻撃しろと言われる 難易20
提出条件
・まず400m距離から攻撃しないといけない。使用するハードウェアに射程に具体的距離がない場合、難易は+10される。
・陣地にこもる敵と戦闘になる。対応する手段を持ち合わせてないと難易は+20される。
・小判定:相手を吹き飛ばせない限り室内戦を行わないといけない。難易20
・基幹部隊の構成、支援内容は提出アイドレスに記述された内容のみ受け付ける。

 ★懸念点
 ・現状、既に評価20では失敗が確実である。
 ・400mからアウトレンジは粉砕するため、I=Dを使用するのが最も妥当と思われる。
  その為、評価11程度のダックスで編成された部隊に、偵察兵でシフト、更に整備兵(評価7程度)でシフトを行う。
  これにより、評価21で攻略の目が出てくる。
 ・室内戦闘に関してはなるべく考えたくはないが、ダックスで壁を作りつつ、歩兵による近接戦闘を行う。
  この場合、評価11以上の歩兵、評価7以上のダックスによるシフト、CQC技術によるシフトで評価21を狙う。


▼演習終わったので宴会する 難易3
提出条件
・宴会向けの場所がないと難易が+20される。
・人種などがOFFされている場合、人権は全部無視されている。そもそも成功しない。
・魔法を使ってはならない。(酔って使うのはねえ)
・前提としてそのたいていの兵士が出来なければ意味がない。
・基幹部隊の構成、支援内容は提出アイドレスに記述された内容のみ受け付ける。

 ★懸念点
 ・不幸中の幸いにして星鋼京は自宅での宴会好きなのでここは設定的には問題ない。
 (自宅でのパーティーという文化を評価5〜8程度で準備するのが良いと思われる)
 #あるいは人種アイドレスだけでも十分攻略可能かも。要計算。

作成して欲しいアイドレス 投稿者:フシミ@藩王 投稿日:2017/11/17(Fri) 12:59:26 No.492

■作成して欲しいアイドレス
・偵察兵   評価8程度
 (偵察関係の記述をRD20以上、および長距離移動(徒歩)の記述、それぞれRD12以上)
・近衛兵(改) 評価8程度(ただし武装なしで)
・整備兵士  評価7以上

・偵察装備    RD7以上
・移動トレーラー 評価10程度(RD58)
・ダックス    評価7程度(素体だけで)
・ランス     評価7程度(武装として)

・自宅パーティー 評価5程度

【完成】自宅でのパーティー 投稿者:フツカ 投稿日:2017/11/21(Tue) 18:55:15 No.506

> ・自宅パーティー 評価5程度

星鋼京の自宅でのパーティー RD8 評価5

星鋼京の食文化としての土壌
星鋼京では家というものがとても大事にされている。そのため食事も自宅でとることが多く、外食文化があまり発展していないという面がある。よって、自宅に人を招き食事を振る舞うことが最大のもてなしとなる。


星鋼京での良く見られるパーティーの形態
自宅に招いた客に、ホストである家主が食事を振る舞うという形態が殆どである。招かれる側も手土産を持って行くことがしばしばである。酒の他に、先の休日の狩りで手に入れた獲物を手土産に…などということも少なくない。


パーティーを開ける程の余裕のある空間
主に家の中で一番広く使えるリビングにて行われることが多い。戸建ての場合は庭やベランダなどが使われることもなくはないが、寒さの厳しい時期が多いため、やはり室内で行われることが主である。特に男性は背も高く体格がしっかりしている者が多いため、彼らを客人として招待しても十分な広さの部屋が必要とされる。やはり大人数が集まれば、多少手狭にはなってしまうようだ。


食べきれれないほどの料理
星鋼京のパーティーは、大量の料理によって迎えられる。食べきれないほどの料理を用意して客人をもてなすことが、家のステータスとされる。余った料理は翌日以降家人が食べるため、食べ物が無駄になることはない。


使われる食器へのこだわり
大量の料理を彩るための、豪華な食器も豊富に備えられている。東国系のオリエンタルな食器が特に好まれる傾向があり、これらの器の美しさもまた家のステータスとなる。日常的には、木製の食器が主に愛用されている。


主として振る舞われる料理
じゃがいもや乾燥肉など、保存食を中心とした料理が振る舞われることが多い。美しい大皿に盛られたこれらの料理が湯気を上げ、所狭しと並ぶさまは食欲をそそり、まさに豪勢である。


好んで飲まれるもの
急な来客にも対応できるよう、備蓄してある蒸留酒を振る舞うことが多い。手土産としてもらった酒や、興がのってくると、家主秘蔵の一本が気前よく出てくることも…。


仲間との語らい
その日の疲れや功績を労い合い、称え合い、食事をし、杯を交わす。互いの出自を気にすることなく、よく食べ、よく飲み、よく語らう。
酔った勢いで兄弟の契りを結ぶものも少なくないようだ。

双海作業枝 投稿者:双海 環@星鋼京 投稿日:2017/11/21(Tue) 21:21:58 No.508

双海のT22用作業枝です。

中央銀行(完成) 投稿者:双海 環@星鋼京 投稿日:2017/11/21(Tue) 21:23:44 No.509

〇中央銀行
https://www65.atwiki.jp/futamisagyou/pages/23.html

一応完成です。現在、芝村さんに見てもらい中。
誤字とか70%とか気が付いたら、ご指摘お願いしますー。

登録 投稿者:双海 環@星鋼京 投稿日:2017/11/21(Tue) 22:57:17 No.510

大丈夫とのことなので、登録してきました。
id:146364

長かったw

T22任命・退任式 投稿者:双海 環@星鋼京 投稿日:2017/11/21(Tue) 22:58:47 No.511

T22仕様の任命式と退任式が出来ました。

id:146457 任命式(T22版)
id:146503 退任式(T22版)

うむうむ。

バロ・K・双海(仮) 投稿者:双海 環@星鋼京 投稿日:2017/11/24(Fri) 21:32:35 No.523

バロ。とりあえずできたとこまで。

////////////////////

*部品構造

-大部品: バロ・K・双海 RD:74 評価値:10
--大部品: 黒(ファウ) RD:17 評価値:7
---部品: 黒(ファウ)の基本構成
---部品: 黒(ファウ)の特徴
---部品: 大半が男性で構成される
---部品: お肉大好き
---部品: 黒の流儀
---部品: 黒の絶技
---部品: 恋の季節
---部品: 黒の相手は赤
---部品: 結婚しない
---部品: 聖獣は兎
---大部品: オーマ RD:7 評価値:5
----部品: 基礎情報(定義)
----部品: オーマであるということ
----部品: 7色からなる
----部品: オーマネーム
----部品: 絶技の使用
----部品: 人以外の姿
----部品: 覚醒
--大部品: 剣神(職業) RD:24 評価値:7
---部品: 剣神と呼ばれる者
---部品: 到達した高み
---部品: 踏み込みの速さ
---部品: 重い一撃
---部品: 隙のない動き
---部品: 剣によるカウンター攻撃
---部品: 恐ろしいほどの体力
---部品: 剣神の着用制限
---大部品: 大剣士 RD:16 評価値:6
----部品: 更なる剣の修行
----部品: 熟練の剣技
----部品: 熟練の盾防御
----部品: 華麗なる大技
----部品: 華麗なる足運び
----部品: 崩しの妙技
----部品: 巧みな白兵戦術
----部品: 裂帛の気迫
----大部品: 剣士 RD:8 評価値:5
-----部品: 剣士としての修行
-----部品: 剣による攻撃
-----部品: 剣による防御
-----部品: 丸盾による防御
-----部品: 丸盾との連携
-----部品: 崩し
-----部品: 足運び
-----部品: 剣の手入れ
--大部品: 地形探索技術 RD:6 評価値:4
---部品: 習得する為の訓練
---部品: 位置把握
---部品: 風を読む
---部品: 匂いから判断する
---部品: 記憶と比べる
---部品: 迂闊に周囲の物に触らない
--大部品: 回避能力 RD:5 評価値:4
---部品: 回避とは
---部品: 回避する方法
---部品: 敵の攻撃から逃げる
---部品: 状況把握に努める
---部品: 安全かどうか判断する
--大部品: 旅人の心得 RD:10 評価値:5
---大部品: 道に迷った時 RD:3 評価値:3
----部品: 慌てない心
----部品: 影で方角を知る
----部品: サバイバル知識
---部品: 情報・状況からの危険察知
---部品: 旅人知識
---部品: 旅人の社交術
---部品: 応急手当の知識
---部品: 持ち物のチェック
---部品: 旅人の狩り
---部品: 旅人の料理
--大部品: バロの側面 RD:5 評価値:4
---部品: 黒にして黒
---部品: たくさんの名前
---部品: 外見
---部品: お酒好き
---部品: ダンスが踊れる
--大部品: バロの兎化 RD:4 評価値:3
---部品: 兎としての姿
---部品: 兎の時の格好
---部品: 兎化によって避けられること
---部品: 性格の変化
--大部品: バロの所持品 RD:2 評価値:2
---部品: 水の国の宝剣
---部品: 月長石の根付
--大部品: 双海 環との関係 RD:1 評価値:1
---部品: 経緯



*部品定義

**部品: 黒(ファウ)の基本構成
オーマの一色。属性:汚染と暴走 オーマシンボル:背中合わせの男2人のオーマ
白より黒が生まれ出て、黒から青が生まれた。
基本、男性で構成されている。
武楽器は鍵戈。
黒オーマは人間になることが出来るという。

**部品: 黒(ファウ)の特徴
男くさい。ギャグ、広い心(あまり気にしていない) 部屋が汚い。無駄なところでこだわる。きいてない、そんなことまできいてない。

**部品: 大半が男性で構成される
黒(ファウ)は基本、男性で構成されているが、それはこのオーマの特性上、女性では絶技が使用できないからである。
女性もいないこともないが、絶技が使えないため他のオーマから同情的にみられることがある。

**部品: お肉大好き
筋肉隆々の戦士タイプが多いためか、体を維持するために肉を好んで食べる傾向がある。食べ方もワイルド。
あとは酒があれば言うことはないみたいである。

**部品: 黒の流儀
黒は根っからの戦士で戦闘や戦争を好むが、秩序ある戦場を良しとする。
このため、戦争に勝利して土地を占領しても略奪や虐殺を行うことはまずない。
また戦闘をすることが目的で、勝って何かを得るのが目的でないので、土地を占領しても長期間滞在せず戦場を求めて移動してしまう。

**部品: 黒の絶技
物理攻撃系が多いが、すぐ服が脱げたりと一見するとギャグにしか見えない絶技が多数存在する。
(金魚鉢をかぶると宇宙での行動が可能になるなど)
これはギャグとして扱うことで、絶技による悪影響を防いでいるため。

**部品: 恋の季節
赤(ビアナ)の女性と2月になると一か月間、恋の季節に突入する。
このため黒の男性は、2月になると赤の女性と出会うため旅に出る。


**部品: 黒の相手は赤
黒の結ばれる相手は赤であるとされており、他の色のオーマや種族と結ばれるのは至難であるとされる。
しかし、難しいができないわけではなく試練を越えて結ばれるケースもある。
昔から赤と黒はあれで仲がいいとされている(傍から見てると喧嘩ばかりしているように見えるが、当人たちは喧嘩していないと主張する)


**部品: 結婚しない
女性と交流するのは、2月に赤の女性と。が基本で、結婚する風習はない。
そのため、黒と結婚するためには色変えが必要だと言われている。

**部品: 聖獣は兎
黒の聖獣は兎でオーマであることの不具合を回避するために、兎になることが出来る。
兎になった黒は兎神族と呼ばれる。

**部品: 基礎情報(定義)
七つの世界の構造を理解する、文化や文明、思想の体系。またはそれに属す人々。
体系化されたある種の学問、対話技術体系みたいなものであり、一つの文化、文明、思想、血縁、地縁でもある。
オーマとは、古エフタル語(=バルカラルのベース)で「無垢」「純粋」「無辜」「無知」といった意味である。

**部品: オーマであるということ
オーマであるということはリューンを操り風を渡る、すなわち世界移動存在であるということ。 人のヤオト体とも言われる。
アラダと呼ばれることもある。
アラダとは、第2世界の言葉(バルカラル語)で「オーマに属し、リューンを使いこなす戦士」の意。「歌い手」と「戦士」の意味を併せもつ。
また、オーマに家名はない。

**部品: 7色からなる
白・黒・赤・黄・緑・橙・青の7色からなる。
全てのオーマは白から生まれ出た。
それぞれの色で相争うが、パワーバランスの関係上、一番勢力の弱い色から調停者であるシオネ・アラダを選出して統領とする。

**部品: オーマネーム
オーマである存在はオーマの色とオーマ内での色によるオーマネームを持つ。
呼び方は○○にして○○
例を挙げると黒にして黒。など。
オーマはオーマネームに決められた運命に縛られる。
また所属する色が変わる「色変え」が発生すると、オーマネームの最初の色も変わる。

**部品: 絶技の使用
オーマはリューンを操る技により、それぞれの色の特色を持つ絶技を使用する。
絶技は御技ともいうことがある。 音声命令、魔法も、世界で呼び方が異なる同じもの。
全てのオーマが白から発生した経緯故、白は全ての色の絶技を使用することが出来る。
また、ある色より派生した色はその元の絶技も使える事がある。例としては、青が黒の絶技を使用するなど。
特に関係はなくとも、代償を支払うことにより他の色の絶技を使用することもできる。
例外として7色中でも黄は絶技を使用せず、己の身に着けた技のみで戦う。

**部品: 人以外の姿
様々な事情から、オーマは人以外の姿をとることがある。
とる姿は、色変えなどの影響で特定の一つではないが色によって傾向はある。
現在判明しているのは
白:白い鳥になることが多い
黒:兎
赤:猫
黄:羊
緑:不明
橙:植物
青:不明

**部品: 覚醒
オーマは人間を「地べたすり」と呼んでバカにする傾向があるが、記憶継承などによって人間から覚醒する場合も多い。

**部品: 剣神と呼ばれる者
剣の腕前に関して並ぶものがない、神と呼称されるにふさわしい域に達した達人の尊称。剣神が剣を振るう様はもはや芸術のごときである。

**部品: 到達した高み
修練による修練を重ねて到達した高み。もはや、剣を抜いて立っただけで武を生業とするものならその動きに圧倒されるだろう。

**部品: 踏み込みの速さ
剣神の強さの一つに恐ろしいまでの踏み込みの速さが挙げられる。剣神にたどり着くまでの修練と素質がなければ出来ない動きで、敵に迫る。

**部品: 重い一撃
剣神の繰り出す一撃一撃は速さと共に体重の乗った重い一撃である。例え得物が細剣であったとしても、想像以上の重さの一撃が相手を襲う。

**部品: 隙のない動き
剣神はその経験と重ねた修練により、己の死角を把握している。常に死角がないよう隙のない動きをしつつ相手の動きの予想をしており、うかつに攻撃すれば難なく防がれカウンターに繫げられてしまう。

**部品: 剣によるカウンター攻撃
ただでさえカウンター攻撃は恐ろしいものだが、剣神のカウンター攻撃は踏み込みの速さと一撃の重さが加わって恐ろしい威力を発揮する。

**部品: 恐ろしいほどの体力
重ねた修練、日ごろのトレーニングにより恐ろしいまでの体力を保有している。仮に人数や武器の有利で剣神と互角に戦えていたとしても、決め手がなければスタミナ切れで敗北に追い込まれるだろう。

**部品: 剣神の着用制限
経験と修練のみでたどり着くには難しい職業。定命の者なら剣術の素質を持っていて、やっと到達することが出来る。素質を持たぬものが到達することもできなくはないが、長い長い年月を必要とするため、長大な寿命を持つ種族、ACEやプレイヤーにしか着用できない。

**部品: 更なる剣の修行
一人前の剣士として技術を身につけ、実戦を経て、さらなる高みへと踏み出すために費やされる期間。師と流派があれば、学び尽くすために、これまで以上の積み重ねを必要とするだろう。また、そうであっても、そうでなくても、自分の個性というものに気づき、欠点を補うために長所を伸ばし、補えないところは晒さないための工夫を凝らす。

**部品: 熟練の剣技
身のこなしに隙は少なく、その攻撃は防御の間によく滑り込み、力加減の巧みさによって無駄な力みが少なく、長丁場にも耐え得る巧さがある。

**部品: 熟練の盾防御
経験から来る予測は、防御に向ける意識と力を小さくしつつも、受ける角度とタイミング、場所のさりげなさによって、敵を大いに攻めあぐねさせる。

**部品: 華麗なる大技
経験は臆病さを取り払い、それまでは決められなかった大胆な動きをしても問題ないことを理解させる。大きな動きから繰り出される、奇抜な、あるいは猛烈な一撃は、敵の防御をすり抜け、打ち砕いて届くだろう。

**部品: 華麗なる足運び
無数の鍛錬と経験が、足運びに潜んでいたぎこちなさを美しいまでの合理性に満ちた自信ある振る舞いへと昇華させる。その巧さがまた、相手を怯ませ、力を削ぐ。

**部品: 崩しの妙技
高度な技術は、高まるほどに、微に入り細を穿つ。敵の技量が未熟なら、何をされているか分からない間に体勢を崩されるし、そうでなくとも迂闊な攻めがしづらくなって、攻防は細かいやりとりへと深まっていく。

**部品: 巧みな白兵戦術
上手くなれば、自然と目の行き届く範囲も広がっていく。それは、味方との連携を意識した動きが取れるようになったり、敵の動きの意図を深読みして見破ったりといった、戦術レベルの領域にも至るのである。

**部品: 裂帛の気迫
練磨された技術と身体能力、経験に裏付けられた気迫は、自信となって対峙する相手を圧する。気迫を声に出せば威嚇になるし、目に込めればまたフェイントにも使える。

**部品: 剣士としての修行
剣士に必要な、剣術と剣士装備の、知識と技術を一通り修めるだけの期間を費やし、それらを基礎体力と共に身につけている。

**部品: 剣による攻撃
属する文化に基づいた形状の剣を用いての戦闘技術。刺突、斬撃、場合によっては無手やその他の武器・道具を組み合わせた、複合的な攻撃能力である。

**部品: 剣による防御
属する文化に基づいた形状の剣を用いての戦闘技術。大前提として、戦闘は死ににくい兵士ほど優秀であり、必ずしも敵を倒さずとも目的の達成が可能であるケースは少なくない。このため、敵を切り倒し、突き崩すより、そこに至るまでの隙をいかに減らし、しのぎ、相手の隙を突くために粘るかという点に、技術的・体力的な練成の比率を大きく割いている。

**部品: 丸盾による防御
片手剣を用いる際に運用する盾の技術。飛来する矢や礫を始めとする攻撃への防御や、非装備状態でどこに固定しておくかといった細やかな工夫を身につける。
また、盾自体、分類上は防具であるが、うまく受け崩すことで相手の体勢を崩したり、攻撃的に扱って打撃を加えたり、さらには、武器を叩き落とすといった用法もあって、これらを攻防一体の技として一括りに習得する。


**部品: 丸盾との連携
片手剣と丸盾を組み合わせて、両腕をフルに動かしながら戦う技術、および、その習熟。両手に別々の働きを持たせるのには訓練が必要であり、それぞれ単独で身につける技術体系と重複する領域はあっても、実際に慣れるまでは実用に耐える練度にならないのである。

**部品: 崩し
戦場では、相手の隙をついて華麗に倒すだけではなく、むしろそこに至るまでの工程こそが真髄となる。隙をさらすまいと互いに密着した状態からの押し合い、駆け引きであったり、自分が倒せずとも警戒を引きつけて味方に倒してもらったり、勝つまでの道筋はいくつもある。
崩しとは、体力、技術、戦術の、全てを織り込んだ上で行われる、勝つためのあらゆる手段と言い換えられる。
使い手それぞれに向いた手段、禁じている手段があり、訓練と実戦を経て、それらは研磨されていく。


**部品: 足運び
相手の体幹および末端の要所に攻撃を集め、自分のそれらから攻撃を避け逸らすため、体ごと動くこと。また、そのための技術。あるいは、一撃の威力を引き出すための踏み込みと、そこに至るまでの何千何万何十万回と繰り返した、打ち込み経験に基づく瞬間的な一歩。およびそれらの組み合わせ。

**部品: 剣の手入れ
厳密には剣だけでなく装備の手入れである。剣士なので代表的な装備として例示した。
刀身の歪みや刃こぼれ、握りの緩み、錆びといった剣の劣化を見極め、手に負えないものは修理に出したり買い換えるが、軽度のものは自分で手直しできるようにしなくては、手間と時間が嵩みすぎるため、手入れ道具や部品を買い揃え、これらを扱う知識と技術を身につける。
剣に限らず、戦士たるもの、身の回りに関しては同等の知識と技術を持ち備えて初めて一人前である。


**部品: 習得する為の訓練
地形探索技術を身に付けるには知識と経験を積む必要がある。偵察兵としての訓練を受けなおかつ地形などの知識を得る為に1年、もしくはそれ以上の学習が必要になる。

**部品: 位置把握
自らの位置を把握しておく事。向かった先で迷わないように地図を描いたり目印となるものを置いたりする事も技術一つである。時と場合により目印を残す事は危険にも繋がってしまう事もあるので慎重に行わなければならない。

**部品: 風を読む
風の流れを読むことで川や出口を発見したり、隠された入り口を発見したり出来る。指に唾をつけ風が来る方向を調べるなど。

**部品: 匂いから判断する
鍛えることによりその物体が危険か危険じゃないかを判断したり、その空間の匂いから生き物の有無を判断したりと活用する事ができる。当然ながら強い匂いの前では役に立たない。

**部品: 記憶と比べる
持っている記憶や知識と比較し、一致するものが多いときにおおよその見当をつけそこから解決方法や答えを導き出す。例えば大地が流線状に削れていれば水が流れていたと考えられる。推測になってくるのでもちろん外れる事もある。

**部品: 迂闊に周囲の物に触らない
見知らぬ土地で見知らぬものを見たときは慎重にならなければいけない。それが罠だったり毒を持っている可能性もあるのだ。

**部品: 回避とは
回避とは、相手からの攻撃をかわしてダメージを受けないようにしたり、迫りくる危機を避けたりする行動のこと。回避する時には咄嗟の判断が命を守ることにつながる。

**部品: 回避する方法
回避する方法は主に二つある。一つは目視で危機を察知し、避ける方法。二つめは聴覚で判断し、迫る攻撃などをかわす方法だ。これ以外にも五感を研ぎ澄まし、危ないことから自身を遠ざけることが必要である。

**部品: 敵の攻撃から逃げる
回避には敵からの攻撃を避ける行為も含まれる。これは戦闘などで重要であり、自身の生命を自身で守るためには必要である。主に敵の攻撃範囲から離れることが回避につながる。(射撃であれば射線から移動するなど)

**部品: 状況把握に努める
周囲に常に気を配ることが回避行動につながる。特に、回避の方法には視覚や聴覚など、五感をフル活用するため、状況をよんで危機に対応することが必要である。

**部品: 安全かどうか判断する
回避する時に注意することがある。それは、回避行動をとった後の移動地点が安全かどうか判断することである。実際に咄嗟に逃げるときはそこまで考えるのは難しいかもしれない。しかし、回避したでまた危険な目に遭わないためにも念頭におくべきである。

**部品: 慌てない心
道に迷った時になにより重要なのは慌てない事である。冷静に思い返せば、どこで道を間違えたか。あるいは、今いる地点がどこか思い出せるかもしれない。
本当に道に迷ったとしても、パニックを起こしてしまっては自分の持っている知識を使って乗り切ることもできない。
まずは落ち着くことである。

**部品: 影で方角を知る
大雑把にだが太陽に照らされた影から方角を割り出すことが出来る。
太陽は東から昇って西に沈む。従って、午前中であれば影の向いている方向が西(西北西)、午後であれば東(東北東)ということになる。
この方法の欠点は、日没後は使えないこと。また時刻によって判定方法が変動するため、おおよその時間を把握しておかないと使えないことである。

**部品: サバイバル知識
火の起こし方、野宿の仕方、食べられるものの見分け方、飲料水の確保、釣り、捕まえた動物の捌き方など、人に出会うまたは人里にたどり着くまでに生き延びるための知識である。

**部品: 情報・状況からの危険察知
旅をしていると危険な事態にも多く遭遇する。そんな危険を回避する時に頼りになるのが、人から得る情報と経験による状況からの推測である。
どこの国が戦争の準備をしている、山道を歩いていて鳥や虫の声が聞こえなくなったなど、旅人は己の置かれている状況に気を配る。

**部品: 旅人知識
長い旅暮らし、あるいは事前に調べた情報で多くのことを知っている。危険回避のために噂話なども積極的に仕入れるので、真偽はともかく地域に流布している話に詳しい。

**部品: 旅人の社交術
上級階級の社交術ではなく、旅先で出会った人々と友好な関係を築くための社交術である。
小さな村などでは、よそ者は問答無用で疑われることも多いので、無用なトラブルを避けるために使われる。
笑顔や旅先で仕入れた噂話の披露など、その土地の人が好みそうな立ち居振る舞いをすることが大事である。

**部品: 応急手当の知識
野山を歩いている時にけがや病気をした時のための簡易的な処置の心得。止血や瀉血、薬草の見分け方など、あくまで人里まで持たせるための一時的な処置知識。

**部品: 持ち物のチェック
旅先ということは旅人を庇護する者はいないということなので、持ち物・所持金のチェックは非常に大事である。
特に初めて訪れた街などでは、スリなどに重々気を付けなくてはならない。

**部品: 旅人の狩り
本式の道具を持ち歩くのは嵩張るのであまり大きな獲物を捕まえたりなどはしないが、路銀が尽きた、道に迷った、などで狩りをする必要にせまられることもある。
縄を使った簡単な罠の作成や、小動物の足跡などを見つけて狩りをすることが出来る。

**部品: 旅人の料理
人里でなければ野営が基本になる。
持っている有り合わせのもので、作る。または狩りをした動物を捌いて簡単な料理を作ることができる。

**部品: 黒にして黒
オーマのうちの一色、黒(ファウ)。
黒にして黒であるバロはその統領。
単独で動いていることも多いが、必要とあれば黒オーマの軍を率いて戦う。
また世界の敵が現れれば、剣を踏む女神の旗を掲げ戦うこともある。
オーマはオーマ以外の種族を軽んじることが多いが、バロを始めとする黒オーマはあまりそういう態度をとることがない。

**部品: たくさんの名前
バロ以外にもたくさんの名前を持つ。
剣王アルフリード、マーズ、リードレイド、アラゴルン、知恵者など。
兎になっている時の名前もストライダー以外にありそうだが、確認は取れていない。

**部品: 外見
長い髪を束ねた年のいった中年の優しい顔の男であり、身体は鍛え上げていますが背はさほど高くもありません。

**部品: お酒好き
大変な酒好き、とにかくよく飲む。日本酒をよく飲んでいる模様。ただ、甘い酒は苦手のようで飲めないわけではないが、進んで飲むことはあまりないようだ。
酒豪のようで良く飲んでいるところを見かけるが、酔いつぶれているところは見たことがない。また、飲めない人に無理に進めることもない。

**部品: ダンスが踊れる
実は本格的な社交ダンスが踊れる。上流階級の紳士や婦人が踊るあのダンスである。どこで覚えたのかは不明だが、高い身分だったことがあるようだ。
なお、あまり得意でない人をリードして踊れるほどの腕前。

**部品: 兎としての姿
黒オーマであるため兎の姿を取ることが出来る。バロが兎化した姿はストライダー兎。
足元を旅する兎神で、善神とされる。中つ国(日本のことである)の第10紀に、人神族より譲られた称号を今につたえる存在である。折れた剣鈴を腰に帯びる。
この剣鈴が再び鍛えられたとき、称号はまた人の手に戻るとされる。

**部品: 兎の時の格好
茶色い毛並みの普通の大きさの兎。
式神の城Vで伊勢薙乃の式神として登場した時は、防風メガネにベスト、スカーフを巻いた格好をしていた。

**部品: 兎化によって避けられること
青い雪が降ったり高評価値の状態だと石化するような世界の状態になった時に、石化するのを避けることが出来る。

**部品: 性格の変化
人の姿の時はおおらかで酒の好きな陽気なおっさんだが、兎の姿になると人参をかじるニヒルでクールな性格に変化する。

**部品: 水の国の宝剣
三剣の一つ。
「シオネ・アラダより忠勇の戦士、面白いおじさん、我が叔父にこれを授く、この剣鈴に切れぬものなし。ただし乙女以外は」という文面が彫られている。
サトルさん曰く
「世界の剣の使用者自身の確定する運命は、愛しい人を殺し、剣がよりよい主人を見つけるその日まで戦いつづけ、
そして最後に剣と新しい持ち主によって殺される」

**部品: 月長石の根付
漆塗りで真ん中に月長石のついている饅頭根付。
遠い昔(リアル時間で2008/01/02 に受け取っているはずの物)に、双海 環が贈ったクリスマスプレゼント。
もう持ってはいないかもしれないが、贈った贈られた記憶が二人にあれば嬉しいと双海 環は思っている。

**部品: 経緯
〇出会い
初めての出会いはお見合い。
「全ニューワールドお見合いコンテスト」と銘打たれたお見合いで、黒オーマとの戦いを回避するために開催された。
バロの双海 環への印象は悪くなかったようで、以後おつきあいが始まる。

〇最初のデート
お涼さん(現在はコール・ポーさん)と一緒に、小笠原でダブルデートの予定がヤガミを不審者と判断したバロが戦闘を仕掛けるという盛大な事故が起こる。
とりあえず事なきは得たものの、バロに双海 環が子供っぽいと思われて残念な結果に。

〇お月見
最初のデートの反省を踏まえて、二人きり、大人っぽい感じで攻めたデート。
双海 環はお酒が飲めないのだが、バロのお酌をするなどしてなかなか良い雰囲気で終了。

〇双海 環の家でクリスマス
ゲートを開くためにラブラブを増産せよ。との建前の元実現したクリスマスデート。
なぜか双海 環がワイングラスにこだわってしまって失敗しそうになるものの、最後で立て直し、なんとかいい話風になった。
櫛をもらった日。

〇小笠原デート
なんと贅沢に二時間も使った生活ゲーム。一時間目は一緒にお散歩。この時の話の流れ的におめかしした姿を見せるため、2時間目は普通にデートに。
2月は黒オーマと赤オーマの恋の季節だと判明したりしたが、お話し的には双海 環がプロポーズを決意した感じで終了。

〇試練突破
一度失敗して二度目の試練挑戦。なんとか微笑青空勲章を獲得。試練は双海 環がピンチの時にバロの名前を呼ぶことだった。

〇地獄への旅
強制イベント。双海 環がシオネを探して迷宮に行ったバロを追って迷宮へ。バルクの助けを借りて、バロに追いつき連れ戻すことに成功。ただ、根本的な解決にはならなかったため、以後、バロが迷宮へたびたび行くことを止められないまま。

〇海沿いの道にて
E113の後のデート。ただひたすら双海 環がバロに抱き着いて泣いてるのを慰めてもらうという、当時は嬉しかっただけなのだが、あとで見返すとのたうちまわりそうになる展開。

〇支援相談
対クーリンガンに動いている黒オーマの軍に支援をする相談をしに行ったイベント。双海 環がリアル病気だったことをバロに把握されていて少し動揺している。仕事だったのにうっかりラブに走りかけたのはご愛嬌。

〇ウサギを探して
双海 環が行方不明のバロを探したお話。星鋼京に転藩して初めての生活ゲーム。事前にバロがウサギになっているという話を聞いていたので、ウサギを探していたのだがバロが人型にすでに戻っていたので話がややこしくなっていた。最終的にバロを宰相府の闘技場で発見する。

〇ダンスとすれ違い
途中まではダンスなど踊っていい雰囲気だったのに、お互いに拗ねたため微妙なラストに。そこは残念だったものの、ダンスがうまいなどどうもバロは身分が高かった時期があることが伺える貴重な話。



*提出書式

大部品: バロ・K・双海 RD:74 評価値:10
-大部品: 黒(ファウ) RD:17 評価値:7
--部品: 黒(ファウ)の基本構成
--部品: 黒(ファウ)の特徴
--部品: 大半が男性で構成される
--部品: お肉大好き
--部品: 黒の流儀
--部品: 黒の絶技
--部品: 恋の季節
--部品: 黒の相手は赤
--部品: 結婚しない
--部品: 聖獣は兎
--大部品: オーマ RD:7 評価値:5
---部品: 基礎情報(定義)
---部品: オーマであるということ
---部品: 7色からなる
---部品: オーマネーム
---部品: 絶技の使用
---部品: 人以外の姿
---部品: 覚醒
-大部品: 剣神(職業) RD:24 評価値:7
--部品: 剣神と呼ばれる者
--部品: 到達した高み
--部品: 踏み込みの速さ
--部品: 重い一撃
--部品: 隙のない動き
--部品: 剣によるカウンター攻撃
--部品: 恐ろしいほどの体力
--部品: 剣神の着用制限
--大部品: 大剣士 RD:16 評価値:6
---部品: 更なる剣の修行
---部品: 熟練の剣技
---部品: 熟練の盾防御
---部品: 華麗なる大技
---部品: 華麗なる足運び
---部品: 崩しの妙技
---部品: 巧みな白兵戦術
---部品: 裂帛の気迫
---大部品: 剣士 RD:8 評価値:5
----部品: 剣士としての修行
----部品: 剣による攻撃
----部品: 剣による防御
----部品: 丸盾による防御
----部品: 丸盾との連携
----部品: 崩し
----部品: 足運び
----部品: 剣の手入れ
-大部品: 地形探索技術 RD:6 評価値:4
--部品: 習得する為の訓練
--部品: 位置把握
--部品: 風を読む
--部品: 匂いから判断する
--部品: 記憶と比べる
--部品: 迂闊に周囲の物に触らない
-大部品: 回避能力 RD:5 評価値:4
--部品: 回避とは
--部品: 回避する方法
--部品: 敵の攻撃から逃げる
--部品: 状況把握に努める
--部品: 安全かどうか判断する
-大部品: 旅人の心得 RD:10 評価値:5
--大部品: 道に迷った時 RD:3 評価値:3
---部品: 慌てない心
---部品: 影で方角を知る
---部品: サバイバル知識
--部品: 情報・状況からの危険察知
--部品: 旅人知識
--部品: 旅人の社交術
--部品: 応急手当の知識
--部品: 持ち物のチェック
--部品: 旅人の狩り
--部品: 旅人の料理
-大部品: バロの側面 RD:5 評価値:4
--部品: 黒にして黒
--部品: たくさんの名前
--部品: 外見
--部品: お酒好き
--部品: ダンスが踊れる
-大部品: バロの兎化 RD:4 評価値:3
--部品: 兎としての姿
--部品: 兎の時の格好
--部品: 兎化によって避けられること
--部品: 性格の変化
-大部品: バロの所持品 RD:2 評価値:2
--部品: 水の国の宝剣
--部品: 月長石の根付
-大部品: 双海 環との関係 RD:1 評価値:1
--部品: 経緯


部品: 黒(ファウ)の基本構成
オーマの一色。属性:汚染と暴走 オーマシンボル:背中合わせの男2人のオーマ
白より黒が生まれ出て、黒から青が生まれた。
基本、男性で構成されている。
武楽器は鍵戈。
黒オーマは人間になることが出来るという。

部品: 黒(ファウ)の特徴
男くさい。ギャグ、広い心(あまり気にしていない) 部屋が汚い。無駄なところでこだわる。きいてない、そんなことまできいてない。

部品: 大半が男性で構成される
黒(ファウ)は基本、男性で構成されているが、それはこのオーマの特性上、女性では絶技が使用できないからである。
女性もいないこともないが、絶技が使えないため他のオーマから同情的にみられることがある。

部品: お肉大好き
筋肉隆々の戦士タイプが多いためか、体を維持するために肉を好んで食べる傾向がある。食べ方もワイルド。
あとは酒があれば言うことはないみたいである。

部品: 黒の流儀
黒は根っからの戦士で戦闘や戦争を好むが、秩序ある戦場を良しとする。
このため、戦争に勝利して土地を占領しても略奪や虐殺を行うことはまずない。
また戦闘をすることが目的で、勝って何かを得るのが目的でないので、土地を占領しても長期間滞在せず戦場を求めて移動してしまう。

部品: 黒の絶技
物理攻撃系が多いが、すぐ服が脱げたりと一見するとギャグにしか見えない絶技が多数存在する。
(金魚鉢をかぶると宇宙での行動が可能になるなど)
これはギャグとして扱うことで、絶技による悪影響を防いでいるため。

部品: 恋の季節
赤(ビアナ)の女性と2月になると一か月間、恋の季節に突入する。
このため黒の男性は、2月になると赤の女性と出会うため旅に出る。


部品: 黒の相手は赤
黒の結ばれる相手は赤であるとされており、他の色のオーマや種族と結ばれるのは至難であるとされる。
しかし、難しいができないわけではなく試練を越えて結ばれるケースもある。
昔から赤と黒はあれで仲がいいとされている(傍から見てると喧嘩ばかりしているように見えるが、当人たちは喧嘩していないと主張する)


部品: 結婚しない
女性と交流するのは、2月に赤の女性と。が基本で、結婚する風習はない。
そのため、黒と結婚するためには色変えが必要だと言われている。

部品: 聖獣は兎
黒の聖獣は兎でオーマであることの不具合を回避するために、兎になることが出来る。
兎になった黒は兎神族と呼ばれる。

部品: 基礎情報(定義)
七つの世界の構造を理解する、文化や文明、思想の体系。またはそれに属す人々。
体系化されたある種の学問、対話技術体系みたいなものであり、一つの文化、文明、思想、血縁、地縁でもある。
オーマとは、古エフタル語(=バルカラルのベース)で「無垢」「純粋」「無辜」「無知」といった意味である。

部品: オーマであるということ
オーマであるということはリューンを操り風を渡る、すなわち世界移動存在であるということ。 人のヤオト体とも言われる。
アラダと呼ばれることもある。
アラダとは、第2世界の言葉(バルカラル語)で「オーマに属し、リューンを使いこなす戦士」の意。「歌い手」と「戦士」の意味を併せもつ。
また、オーマに家名はない。

部品: 7色からなる
白・黒・赤・黄・緑・橙・青の7色からなる。
全てのオーマは白から生まれ出た。
それぞれの色で相争うが、パワーバランスの関係上、一番勢力の弱い色から調停者であるシオネ・アラダを選出して統領とする。

部品: オーマネーム
オーマである存在はオーマの色とオーマ内での色によるオーマネームを持つ。
呼び方は○○にして○○
例を挙げると黒にして黒。など。
オーマはオーマネームに決められた運命に縛られる。
また所属する色が変わる「色変え」が発生すると、オーマネームの最初の色も変わる。

部品: 絶技の使用
オーマはリューンを操る技により、それぞれの色の特色を持つ絶技を使用する。
絶技は御技ともいうことがある。 音声命令、魔法も、世界で呼び方が異なる同じもの。
全てのオーマが白から発生した経緯故、白は全ての色の絶技を使用することが出来る。
また、ある色より派生した色はその元の絶技も使える事がある。例としては、青が黒の絶技を使用するなど。
特に関係はなくとも、代償を支払うことにより他の色の絶技を使用することもできる。
例外として7色中でも黄は絶技を使用せず、己の身に着けた技のみで戦う。

部品: 人以外の姿
様々な事情から、オーマは人以外の姿をとることがある。
とる姿は、色変えなどの影響で特定の一つではないが色によって傾向はある。
現在判明しているのは
白:白い鳥になることが多い
黒:兎
赤:猫
黄:羊
緑:不明
橙:植物
青:不明

部品: 覚醒
オーマは人間を「地べたすり」と呼んでバカにする傾向があるが、記憶継承などによって人間から覚醒する場合も多い。

部品: 剣神と呼ばれる者
剣の腕前に関して並ぶものがない、神と呼称されるにふさわしい域に達した達人の尊称。剣神が剣を振るう様はもはや芸術のごときである。

部品: 到達した高み
修練による修練を重ねて到達した高み。もはや、剣を抜いて立っただけで武を生業とするものならその動きに圧倒されるだろう。

部品: 踏み込みの速さ
剣神の強さの一つに恐ろしいまでの踏み込みの速さが挙げられる。剣神にたどり着くまでの修練と素質がなければ出来ない動きで、敵に迫る。

部品: 重い一撃
剣神の繰り出す一撃一撃は速さと共に体重の乗った重い一撃である。例え得物が細剣であったとしても、想像以上の重さの一撃が相手を襲う。

部品: 隙のない動き
剣神はその経験と重ねた修練により、己の死角を把握している。常に死角がないよう隙のない動きをしつつ相手の動きの予想をしており、うかつに攻撃すれば難なく防がれカウンターに繫げられてしまう。

部品: 剣によるカウンター攻撃
ただでさえカウンター攻撃は恐ろしいものだが、剣神のカウンター攻撃は踏み込みの速さと一撃の重さが加わって恐ろしい威力を発揮する。

部品: 恐ろしいほどの体力
重ねた修練、日ごろのトレーニングにより恐ろしいまでの体力を保有している。仮に人数や武器の有利で剣神と互角に戦えていたとしても、決め手がなければスタミナ切れで敗北に追い込まれるだろう。

部品: 剣神の着用制限
経験と修練のみでたどり着くには難しい職業。定命の者なら剣術の素質を持っていて、やっと到達することが出来る。素質を持たぬものが到達することもできなくはないが、長い長い年月を必要とするため、長大な寿命を持つ種族、ACEやプレイヤーにしか着用できない。

部品: 更なる剣の修行
一人前の剣士として技術を身につけ、実戦を経て、さらなる高みへと踏み出すために費やされる期間。師と流派があれば、学び尽くすために、これまで以上の積み重ねを必要とするだろう。また、そうであっても、そうでなくても、自分の個性というものに気づき、欠点を補うために長所を伸ばし、補えないところは晒さないための工夫を凝らす。

部品: 熟練の剣技
身のこなしに隙は少なく、その攻撃は防御の間によく滑り込み、力加減の巧みさによって無駄な力みが少なく、長丁場にも耐え得る巧さがある。

部品: 熟練の盾防御
経験から来る予測は、防御に向ける意識と力を小さくしつつも、受ける角度とタイミング、場所のさりげなさによって、敵を大いに攻めあぐねさせる。

部品: 華麗なる大技
経験は臆病さを取り払い、それまでは決められなかった大胆な動きをしても問題ないことを理解させる。大きな動きから繰り出される、奇抜な、あるいは猛烈な一撃は、敵の防御をすり抜け、打ち砕いて届くだろう。

部品: 華麗なる足運び
無数の鍛錬と経験が、足運びに潜んでいたぎこちなさを美しいまでの合理性に満ちた自信ある振る舞いへと昇華させる。その巧さがまた、相手を怯ませ、力を削ぐ。

部品: 崩しの妙技
高度な技術は、高まるほどに、微に入り細を穿つ。敵の技量が未熟なら、何をされているか分からない間に体勢を崩されるし、そうでなくとも迂闊な攻めがしづらくなって、攻防は細かいやりとりへと深まっていく。

部品: 巧みな白兵戦術
上手くなれば、自然と目の行き届く範囲も広がっていく。それは、味方との連携を意識した動きが取れるようになったり、敵の動きの意図を深読みして見破ったりといった、戦術レベルの領域にも至るのである。

部品: 裂帛の気迫
練磨された技術と身体能力、経験に裏付けられた気迫は、自信となって対峙する相手を圧する。気迫を声に出せば威嚇になるし、目に込めればまたフェイントにも使える。

部品: 剣士としての修行
剣士に必要な、剣術と剣士装備の、知識と技術を一通り修めるだけの期間を費やし、それらを基礎体力と共に身につけている。

部品: 剣による攻撃
属する文化に基づいた形状の剣を用いての戦闘技術。刺突、斬撃、場合によっては無手やその他の武器・道具を組み合わせた、複合的な攻撃能力である。

部品: 剣による防御
属する文化に基づいた形状の剣を用いての戦闘技術。大前提として、戦闘は死ににくい兵士ほど優秀であり、必ずしも敵を倒さずとも目的の達成が可能であるケースは少なくない。このため、敵を切り倒し、突き崩すより、そこに至るまでの隙をいかに減らし、しのぎ、相手の隙を突くために粘るかという点に、技術的・体力的な練成の比率を大きく割いている。

部品: 丸盾による防御
片手剣を用いる際に運用する盾の技術。飛来する矢や礫を始めとする攻撃への防御や、非装備状態でどこに固定しておくかといった細やかな工夫を身につける。
また、盾自体、分類上は防具であるが、うまく受け崩すことで相手の体勢を崩したり、攻撃的に扱って打撃を加えたり、さらには、武器を叩き落とすといった用法もあって、これらを攻防一体の技として一括りに習得する。


部品: 丸盾との連携
片手剣と丸盾を組み合わせて、両腕をフルに動かしながら戦う技術、および、その習熟。両手に別々の働きを持たせるのには訓練が必要であり、それぞれ単独で身につける技術体系と重複する領域はあっても、実際に慣れるまでは実用に耐える練度にならないのである。

部品: 崩し
戦場では、相手の隙をついて華麗に倒すだけではなく、むしろそこに至るまでの工程こそが真髄となる。隙をさらすまいと互いに密着した状態からの押し合い、駆け引きであったり、自分が倒せずとも警戒を引きつけて味方に倒してもらったり、勝つまでの道筋はいくつもある。
崩しとは、体力、技術、戦術の、全てを織り込んだ上で行われる、勝つためのあらゆる手段と言い換えられる。
使い手それぞれに向いた手段、禁じている手段があり、訓練と実戦を経て、それらは研磨されていく。


部品: 足運び
相手の体幹および末端の要所に攻撃を集め、自分のそれらから攻撃を避け逸らすため、体ごと動くこと。また、そのための技術。あるいは、一撃の威力を引き出すための踏み込みと、そこに至るまでの何千何万何十万回と繰り返した、打ち込み経験に基づく瞬間的な一歩。およびそれらの組み合わせ。

部品: 剣の手入れ
厳密には剣だけでなく装備の手入れである。剣士なので代表的な装備として例示した。
刀身の歪みや刃こぼれ、握りの緩み、錆びといった剣の劣化を見極め、手に負えないものは修理に出したり買い換えるが、軽度のものは自分で手直しできるようにしなくては、手間と時間が嵩みすぎるため、手入れ道具や部品を買い揃え、これらを扱う知識と技術を身につける。
剣に限らず、戦士たるもの、身の回りに関しては同等の知識と技術を持ち備えて初めて一人前である。


部品: 習得する為の訓練
地形探索技術を身に付けるには知識と経験を積む必要がある。偵察兵としての訓練を受けなおかつ地形などの知識を得る為に1年、もしくはそれ以上の学習が必要になる。

部品: 位置把握
自らの位置を把握しておく事。向かった先で迷わないように地図を描いたり目印となるものを置いたりする事も技術一つである。時と場合により目印を残す事は危険にも繋がってしまう事もあるので慎重に行わなければならない。

部品: 風を読む
風の流れを読むことで川や出口を発見したり、隠された入り口を発見したり出来る。指に唾をつけ風が来る方向を調べるなど。

部品: 匂いから判断する
鍛えることによりその物体が危険か危険じゃないかを判断したり、その空間の匂いから生き物の有無を判断したりと活用する事ができる。当然ながら強い匂いの前では役に立たない。

部品: 記憶と比べる
持っている記憶や知識と比較し、一致するものが多いときにおおよその見当をつけそこから解決方法や答えを導き出す。例えば大地が流線状に削れていれば水が流れていたと考えられる。推測になってくるのでもちろん外れる事もある。

部品: 迂闊に周囲の物に触らない
見知らぬ土地で見知らぬものを見たときは慎重にならなければいけない。それが罠だったり毒を持っている可能性もあるのだ。

部品: 回避とは
回避とは、相手からの攻撃をかわしてダメージを受けないようにしたり、迫りくる危機を避けたりする行動のこと。回避する時には咄嗟の判断が命を守ることにつながる。

部品: 回避する方法
回避する方法は主に二つある。一つは目視で危機を察知し、避ける方法。二つめは聴覚で判断し、迫る攻撃などをかわす方法だ。これ以外にも五感を研ぎ澄まし、危ないことから自身を遠ざけることが必要である。

部品: 敵の攻撃から逃げる
回避には敵からの攻撃を避ける行為も含まれる。これは戦闘などで重要であり、自身の生命を自身で守るためには必要である。主に敵の攻撃範囲から離れることが回避につながる。(射撃であれば射線から移動するなど)

部品: 状況把握に努める
周囲に常に気を配ることが回避行動につながる。特に、回避の方法には視覚や聴覚など、五感をフル活用するため、状況をよんで危機に対応することが必要である。

部品: 安全かどうか判断する
回避する時に注意することがある。それは、回避行動をとった後の移動地点が安全かどうか判断することである。実際に咄嗟に逃げるときはそこまで考えるのは難しいかもしれない。しかし、回避したでまた危険な目に遭わないためにも念頭におくべきである。

部品: 慌てない心
道に迷った時になにより重要なのは慌てない事である。冷静に思い返せば、どこで道を間違えたか。あるいは、今いる地点がどこか思い出せるかもしれない。
本当に道に迷ったとしても、パニックを起こしてしまっては自分の持っている知識を使って乗り切ることもできない。
まずは落ち着くことである。

部品: 影で方角を知る
大雑把にだが太陽に照らされた影から方角を割り出すことが出来る。
太陽は東から昇って西に沈む。従って、午前中であれば影の向いている方向が西(西北西)、午後であれば東(東北東)ということになる。
この方法の欠点は、日没後は使えないこと。また時刻によって判定方法が変動するため、おおよその時間を把握しておかないと使えないことである。

部品: サバイバル知識
火の起こし方、野宿の仕方、食べられるものの見分け方、飲料水の確保、釣り、捕まえた動物の捌き方など、人に出会うまたは人里にたどり着くまでに生き延びるための知識である。

部品: 情報・状況からの危険察知
旅をしていると危険な事態にも多く遭遇する。そんな危険を回避する時に頼りになるのが、人から得る情報と経験による状況からの推測である。
どこの国が戦争の準備をしている、山道を歩いていて鳥や虫の声が聞こえなくなったなど、旅人は己の置かれている状況に気を配る。

部品: 旅人知識
長い旅暮らし、あるいは事前に調べた情報で多くのことを知っている。危険回避のために噂話なども積極的に仕入れるので、真偽はともかく地域に流布している話に詳しい。

部品: 旅人の社交術
上級階級の社交術ではなく、旅先で出会った人々と友好な関係を築くための社交術である。
小さな村などでは、よそ者は問答無用で疑われることも多いので、無用なトラブルを避けるために使われる。
笑顔や旅先で仕入れた噂話の披露など、その土地の人が好みそうな立ち居振る舞いをすることが大事である。

部品: 応急手当の知識
野山を歩いている時にけがや病気をした時のための簡易的な処置の心得。止血や瀉血、薬草の見分け方など、あくまで人里まで持たせるための一時的な処置知識。

部品: 持ち物のチェック
旅先ということは旅人を庇護する者はいないということなので、持ち物・所持金のチェックは非常に大事である。
特に初めて訪れた街などでは、スリなどに重々気を付けなくてはならない。

部品: 旅人の狩り
本式の道具を持ち歩くのは嵩張るのであまり大きな獲物を捕まえたりなどはしないが、路銀が尽きた、道に迷った、などで狩りをする必要にせまられることもある。
縄を使った簡単な罠の作成や、小動物の足跡などを見つけて狩りをすることが出来る。

部品: 旅人の料理
人里でなければ野営が基本になる。
持っている有り合わせのもので、作る。または狩りをした動物を捌いて簡単な料理を作ることができる。

部品: 黒にして黒
オーマのうちの一色、黒(ファウ)。
黒にして黒であるバロはその統領。
単独で動いていることも多いが、必要とあれば黒オーマの軍を率いて戦う。
また世界の敵が現れれば、剣を踏む女神の旗を掲げ戦うこともある。
オーマはオーマ以外の種族を軽んじることが多いが、バロを始めとする黒オーマはあまりそういう態度をとることがない。

部品: たくさんの名前
バロ以外にもたくさんの名前を持つ。
剣王アルフリード、マーズ、リードレイド、アラゴルン、知恵者など。
兎になっている時の名前もストライダー以外にありそうだが、確認は取れていない。

部品: 外見
長い髪を束ねた年のいった中年の優しい顔の男であり、身体は鍛え上げていますが背はさほど高くもありません。

部品: お酒好き
大変な酒好き、とにかくよく飲む。日本酒をよく飲んでいる模様。ただ、甘い酒は苦手のようで飲めないわけではないが、進んで飲むことはあまりないようだ。
酒豪のようで良く飲んでいるところを見かけるが、酔いつぶれているところは見たことがない。また、飲めない人に無理に進めることもない。

部品: ダンスが踊れる
実は本格的な社交ダンスが踊れる。上流階級の紳士や婦人が踊るあのダンスである。どこで覚えたのかは不明だが、高い身分だったことがあるようだ。
なお、あまり得意でない人をリードして踊れるほどの腕前。

部品: 兎としての姿
黒オーマであるため兎の姿を取ることが出来る。バロが兎化した姿はストライダー兎。
足元を旅する兎神で、善神とされる。中つ国(日本のことである)の第10紀に、人神族より譲られた称号を今につたえる存在である。折れた剣鈴を腰に帯びる。
この剣鈴が再び鍛えられたとき、称号はまた人の手に戻るとされる。

部品: 兎の時の格好
茶色い毛並みの普通の大きさの兎。
式神の城Vで伊勢薙乃の式神として登場した時は、防風メガネにベスト、スカーフを巻いた格好をしていた。

部品: 兎化によって避けられること
青い雪が降ったり高評価値の状態だと石化するような世界の状態になった時に、石化するのを避けることが出来る。

部品: 性格の変化
人の姿の時はおおらかで酒の好きな陽気なおっさんだが、兎の姿になると人参をかじるニヒルでクールな性格に変化する。

部品: 水の国の宝剣
三剣の一つ。
「シオネ・アラダより忠勇の戦士、面白いおじさん、我が叔父にこれを授く、この剣鈴に切れぬものなし。ただし乙女以外は」という文面が彫られている。
サトルさん曰く
「世界の剣の使用者自身の確定する運命は、愛しい人を殺し、剣がよりよい主人を見つけるその日まで戦いつづけ、
そして最後に剣と新しい持ち主によって殺される」

部品: 月長石の根付
漆塗りで真ん中に月長石のついている饅頭根付。
遠い昔(リアル時間で2008/01/02 に受け取っているはずの物)に、双海 環が贈ったクリスマスプレゼント。
もう持ってはいないかもしれないが、贈った贈られた記憶が二人にあれば嬉しいと双海 環は思っている。

部品: 経緯
〇出会い
初めての出会いはお見合い。
「全ニューワールドお見合いコンテスト」と銘打たれたお見合いで、黒オーマとの戦いを回避するために開催された。
バロの双海 環への印象は悪くなかったようで、以後おつきあいが始まる。

〇最初のデート
お涼さん(現在はコール・ポーさん)と一緒に、小笠原でダブルデートの予定がヤガミを不審者と判断したバロが戦闘を仕掛けるという盛大な事故が起こる。
とりあえず事なきは得たものの、バロに双海 環が子供っぽいと思われて残念な結果に。

〇お月見
最初のデートの反省を踏まえて、二人きり、大人っぽい感じで攻めたデート。
双海 環はお酒が飲めないのだが、バロのお酌をするなどしてなかなか良い雰囲気で終了。

〇双海 環の家でクリスマス
ゲートを開くためにラブラブを増産せよ。との建前の元実現したクリスマスデート。
なぜか双海 環がワイングラスにこだわってしまって失敗しそうになるものの、最後で立て直し、なんとかいい話風になった。
櫛をもらった日。

〇小笠原デート
なんと贅沢に二時間も使った生活ゲーム。一時間目は一緒にお散歩。この時の話の流れ的におめかしした姿を見せるため、2時間目は普通にデートに。
2月は黒オーマと赤オーマの恋の季節だと判明したりしたが、お話し的には双海 環がプロポーズを決意した感じで終了。

〇試練突破
一度失敗して二度目の試練挑戦。なんとか微笑青空勲章を獲得。試練は双海 環がピンチの時にバロの名前を呼ぶことだった。

〇地獄への旅
強制イベント。双海 環がシオネを探して迷宮に行ったバロを追って迷宮へ。バルクの助けを借りて、バロに追いつき連れ戻すことに成功。ただ、根本的な解決にはならなかったため、以後、バロが迷宮へたびたび行くことを止められないまま。

〇海沿いの道にて
E113の後のデート。ただひたすら双海 環がバロに抱き着いて泣いてるのを慰めてもらうという、当時は嬉しかっただけなのだが、あとで見返すとのたうちまわりそうになる展開。

〇支援相談
対クーリンガンに動いている黒オーマの軍に支援をする相談をしに行ったイベント。双海 環がリアル病気だったことをバロに把握されていて少し動揺している。仕事だったのにうっかりラブに走りかけたのはご愛嬌。

〇ウサギを探して
双海 環が行方不明のバロを探したお話。星鋼京に転藩して初めての生活ゲーム。事前にバロがウサギになっているという話を聞いていたので、ウサギを探していたのだがバロが人型にすでに戻っていたので話がややこしくなっていた。最終的にバロを宰相府の闘技場で発見する。

〇ダンスとすれ違い
途中まではダンスなど踊っていい雰囲気だったのに、お互いに拗ねたため微妙なラストに。そこは残念だったものの、ダンスがうまいなどどうもバロは身分が高かった時期があることが伺える貴重な話。




*インポート用定義データ

[
{
"id": 149227,
"title": "バロ・K・双海",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-24 12:27:58.214249",
"updated_at": "2017-11-24 12:27:58.214249",
"children": [
{
"id": 147302,
"title": "黒(ファウ)",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-22 15:13:46.036818",
"updated_at": "2017-11-22 15:13:46.036818",
"children": [
{
"id": 147292,
"title": "黒(ファウ)の基本構成",
"description": "オーマの一色。属性:汚染と暴走 オーマシンボル:背中合わせの男2人のオーマ\n 白より黒が生まれ出て、黒から青が生まれた。\n基本、男性で構成されている。\n武楽器は鍵戈。\n黒オーマは人間になることが出来るという。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-22 15:13:45.99863",
"updated_at": "2017-11-22 15:13:45.99863",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 2
},
{
"id": 147293,
"title": "黒(ファウ)の特徴",
"description": "男くさい。ギャグ、広い心(あまり気にしていない) 部屋が汚い。無駄なところでこだわる。きいてない、そんなことまできいてない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-22 15:13:46.006831",
"updated_at": "2017-11-22 15:13:46.006831",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 3
},
{
"id": 147294,
"title": "大半が男性で構成される",
"description": "黒(ファウ)は基本、男性で構成されているが、それはこのオーマの特性上、女性では絶技が使用できないからである。\n女性もいないこともないが、絶技が使えないため他のオーマから同情的にみられることがある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-22 15:13:46.008685",
"updated_at": "2017-11-22 15:13:46.008685",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 4
},
{
"id": 147295,
"title": "お肉大好き",
"description": "筋肉隆々の戦士タイプが多いためか、体を維持するために肉を好んで食べる傾向がある。食べ方もワイルド。\nあとは酒があれば言うことはないみたいである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-22 15:13:46.011121",
"updated_at": "2017-11-22 15:13:46.011121",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 5
},
{
"id": 147296,
"title": "黒の流儀",
"description": "黒は根っからの戦士で戦闘や戦争を好むが、秩序ある戦場を良しとする。\nこのため、戦争に勝利して土地を占領しても略奪や虐殺を行うことはまずない。\nまた戦闘をすることが目的で、勝って何かを得るのが目的でないので、土地を占領しても長期間滞在せず戦場を求めて移動してしまう。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-22 15:13:46.013871",
"updated_at": "2017-11-22 15:13:46.013871",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 6
},
{
"id": 147297,
"title": "黒の絶技",
"description": "物理攻撃系が多いが、すぐ服が脱げたりと一見するとギャグにしか見えない絶技が多数存在する。\n(金魚鉢をかぶると宇宙での行動が可能になるなど)\nこれはギャグとして扱うことで、絶技による悪影響を防いでいるため。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-22 15:13:46.015505",
"updated_at": "2017-11-22 15:13:46.015505",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 7
},
{
"id": 147298,
"title": "恋の季節",
"description": "赤(ビアナ)の女性と2月になると一か月間、恋の季節に突入する。\nこのため黒の男性は、2月になると赤の女性と出会うため旅に出る。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-22 15:13:46.017298",
"updated_at": "2017-11-22 15:13:46.017298",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 8
},
{
"id": 147299,
"title": "黒の相手は赤",
"description": "黒の結ばれる相手は赤であるとされており、他の色のオーマや種族と結ばれるのは至難であるとされる。\nしかし、難しいができないわけではなく試練を越えて結ばれるケースもある。\n昔から赤と黒はあれで仲がいいとされている(傍から見てると喧嘩ばかりしているように見えるが、当人たちは喧嘩していないと主張する)\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-22 15:13:46.0193",
"updated_at": "2017-11-22 15:13:46.0193",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 9
},
{
"id": 147300,
"title": "結婚しない",
"description": "女性と交流するのは、2月に赤の女性と。が基本で、結婚する風習はない。\nそのため、黒と結婚するためには色変えが必要だと言われている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-22 15:13:46.021449",
"updated_at": "2017-11-22 15:13:46.021449",
"children": [],
"position": "9",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 10
},
{
"id": 147301,
"title": "聖獣は兎",
"description": "黒の聖獣は兎でオーマであることの不具合を回避するために、兎になることが出来る。\n兎になった黒は兎神族と呼ばれる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-22 15:13:46.023178",
"updated_at": "2017-11-22 15:13:46.023178",
"children": [],
"position": "10",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 11
},
{
"id": 146096,
"title": "オーマ",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 12:22:24.561003",
"updated_at": "2017-11-20 12:22:24.561003",
"children": [
{
"id": 146089,
"title": "基礎情報(定義)",
"description": "七つの世界の構造を理解する、文化や文明、思想の体系。またはそれに属す人々。\n体系化されたある種の学問、対話技術体系みたいなものであり、一つの文化、文明、思想、血縁、地縁でもある。\nオーマとは、古エフタル語(=バルカラルのベース)で「無垢」「純粋」「無辜」「無知」といった意味である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 12:22:24.525061",
"updated_at": "2017-11-22 12:57:16.158578",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 13
},
{
"id": 146090,
"title": "オーマであるということ",
"description": "オーマであるということはリューンを操り風を渡る、すなわち世界移動存在であるということ。 人のヤオト体とも言われる。\nアラダと呼ばれることもある。\nアラダとは、第2世界の言葉(バルカラル語)で「オーマに属し、リューンを使いこなす戦士」の意。「歌い手」と「戦士」の意味を併せもつ。\nまた、オーマに家名はない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 12:22:24.532992",
"updated_at": "2017-11-20 12:22:24.532992",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 14
},
{
"id": 146091,
"title": "7色からなる",
"description": "白・黒・赤・黄・緑・橙・青の7色からなる。\n全てのオーマは白から生まれ出た。\nそれぞれの色で相争うが、パワーバランスの関係上、一番勢力の弱い色から調停者であるシオネ・アラダを選出して統領とする。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 12:22:24.535995",
"updated_at": "2017-11-20 12:22:24.535995",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 15
},
{
"id": 146092,
"title": "オーマネーム",
"description": "オーマである存在はオーマの色とオーマ内での色によるオーマネームを持つ。 \n呼び方は○○にして○○\n例を挙げると黒にして黒。など。\nオーマはオーマネームに決められた運命に縛られる。\nまた所属する色が変わる「色変え」が発生すると、オーマネームの最初の色も変わる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 12:22:24.538629",
"updated_at": "2017-11-20 12:22:24.538629",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 16
},
{
"id": 146093,
"title": "絶技の使用",
"description": "オーマはリューンを操る技により、それぞれの色の特色を持つ絶技を使用する。\n絶技は御技ともいうことがある。 音声命令、魔法も、世界で呼び方が異なる同じもの。\n全てのオーマが白から発生した経緯故、白は全ての色の絶技を使用することが出来る。\nまた、ある色より派生した色はその元の絶技も使える事がある。例としては、青が黒の絶技を使用するなど。\n特に関係はなくとも、代償を支払うことにより他の色の絶技を使用することもできる。\n例外として7色中でも黄は絶技を使用せず、己の身に着けた技のみで戦う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 12:22:24.540651",
"updated_at": "2017-11-20 12:22:24.540651",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 17
},
{
"id": 146094,
"title": "人以外の姿",
"description": "様々な事情から、オーマは人以外の姿をとることがある。\nとる姿は、色変えなどの影響で特定の一つではないが色によって傾向はある。\n現在判明しているのは\n白:白い鳥になることが多い\n黒:兎\n赤:猫\n黄:羊\n緑:不明\n橙:植物\n青:不明",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 12:22:24.545869",
"updated_at": "2017-11-20 12:22:24.545869",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 18
},
{
"id": 146095,
"title": "覚醒",
"description": "オーマは人間を「地べたすり」と呼んでバカにする傾向があるが、記憶継承などによって人間から覚醒する場合も多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 12:22:24.549283",
"updated_at": "2017-11-20 12:22:24.549283",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 19
}
],
"position": "11",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": true,
"localID": 12
}
],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": false,
"localID": 1
},
{
"id": 149156,
"title": "剣神(職業)",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.589881",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.589881",
"children": [
{
"id": 149148,
"title": "剣神と呼ばれる者",
"description": "剣の腕前に関して並ぶものがない、神と呼称されるにふさわしい域に達した達人の尊称。剣神が剣を振るう様はもはや芸術のごときである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.472358",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.472358",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 21
},
{
"id": 149149,
"title": "到達した高み",
"description": "修練による修練を重ねて到達した高み。もはや、剣を抜いて立っただけで武を生業とするものならその動きに圧倒されるだろう。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.481132",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.481132",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 22
},
{
"id": 149150,
"title": "踏み込みの速さ",
"description": "剣神の強さの一つに恐ろしいまでの踏み込みの速さが挙げられる。剣神にたどり着くまでの修練と素質がなければ出来ない動きで、敵に迫る。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.483185",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.483185",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 23
},
{
"id": 149151,
"title": "重い一撃",
"description": "剣神の繰り出す一撃一撃は速さと共に体重の乗った重い一撃である。例え得物が細剣であったとしても、想像以上の重さの一撃が相手を襲う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.485574",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.485574",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 24
},
{
"id": 149152,
"title": "隙のない動き",
"description": "剣神はその経験と重ねた修練により、己の死角を把握している。常に死角がないよう隙のない動きをしつつ相手の動きの予想をしており、うかつに攻撃すれば難なく防がれカウンターに繫げられてしまう。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.489733",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.489733",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 25
},
{
"id": 149153,
"title": "剣によるカウンター攻撃",
"description": "ただでさえカウンター攻撃は恐ろしいものだが、剣神のカウンター攻撃は踏み込みの速さと一撃の重さが加わって恐ろしい威力を発揮する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.491688",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.491688",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 26
},
{
"id": 149154,
"title": "恐ろしいほどの体力",
"description": "重ねた修練、日ごろのトレーニングにより恐ろしいまでの体力を保有している。仮に人数や武器の有利で剣神と互角に戦えていたとしても、決め手がなければスタミナ切れで敗北に追い込まれるだろう。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.493541",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.493541",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 27
},
{
"id": 149155,
"title": "剣神の着用制限",
"description": "経験と修練のみでたどり着くには難しい職業。定命の者なら剣術の素質を持っていて、やっと到達することが出来る。素質を持たぬものが到達することもできなくはないが、長い長い年月を必要とするため、長大な寿命を持つ種族、ACEやプレイヤーにしか着用できない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:44:01.495802",
"updated_at": "2017-11-24 11:44:01.495802",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 28
},
{
"id": 94751,
"title": "大剣士",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.34511",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.34511",
"children": [
{
"id": 94734,
"title": "更なる剣の修行",
"description": "一人前の剣士として技術を身につけ、実戦を経て、さらなる高みへと踏み出すために費やされる期間。師と流派があれば、学び尽くすために、これまで以上の積み重ねを必要とするだろう。また、そうであっても、そうでなくても、自分の個性というものに気づき、欠点を補うために長所を伸ばし、補えないところは晒さないための工夫を凝らす。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:47.899761",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:47.899761",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 30
},
{
"id": 94735,
"title": "熟練の剣技",
"description": "身のこなしに隙は少なく、その攻撃は防御の間によく滑り込み、力加減の巧みさによって無駄な力みが少なく、長丁場にも耐え得る巧さがある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.031081",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.031081",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 31
},
{
"id": 94736,
"title": "熟練の盾防御",
"description": "経験から来る予測は、防御に向ける意識と力を小さくしつつも、受ける角度とタイミング、場所のさりげなさによって、敵を大いに攻めあぐねさせる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.044175",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.044175",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 32
},
{
"id": 94737,
"title": "華麗なる大技",
"description": "経験は臆病さを取り払い、それまでは決められなかった大胆な動きをしても問題ないことを理解させる。大きな動きから繰り出される、奇抜な、あるいは猛烈な一撃は、敵の防御をすり抜け、打ち砕いて届くだろう。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.046597",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.046597",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 33
},
{
"id": 94738,
"title": "華麗なる足運び",
"description": "無数の鍛錬と経験が、足運びに潜んでいたぎこちなさを美しいまでの合理性に満ちた自信ある振る舞いへと昇華させる。その巧さがまた、相手を怯ませ、力を削ぐ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.04886",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.04886",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 34
},
{
"id": 94739,
"title": "崩しの妙技",
"description": "高度な技術は、高まるほどに、微に入り細を穿つ。敵の技量が未熟なら、何をされているか分からない間に体勢を崩されるし、そうでなくとも迂闊な攻めがしづらくなって、攻防は細かいやりとりへと深まっていく。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.051216",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.051216",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 35
},
{
"id": 94740,
"title": "巧みな白兵戦術",
"description": "上手くなれば、自然と目の行き届く範囲も広がっていく。それは、味方との連携を意識した動きが取れるようになったり、敵の動きの意図を深読みして見破ったりといった、戦術レベルの領域にも至るのである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.053275",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.053275",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 36
},
{
"id": 94741,
"title": "裂帛の気迫",
"description": "練磨された技術と身体能力、経験に裏付けられた気迫は、自信となって対峙する相手を圧する。気迫を声に出せば威嚇になるし、目に込めればまたフェイントにも使える。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.05551",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.05551",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 37
},
{
"id": 94750,
"title": "剣士",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.10138",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.10138",
"children": [
{
"id": 94742,
"title": "剣士としての修行",
"description": "剣士に必要な、剣術と剣士装備の、知識と技術を一通り修めるだけの期間を費やし、それらを基礎体力と共に身につけている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.058418",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.058418",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 39
},
{
"id": 94743,
"title": "剣による攻撃",
"description": "属する文化に基づいた形状の剣を用いての戦闘技術。刺突、斬撃、場合によっては無手やその他の武器・道具を組み合わせた、複合的な攻撃能力である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.061806",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.061806",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 40
},
{
"id": 94744,
"title": "剣による防御",
"description": "属する文化に基づいた形状の剣を用いての戦闘技術。大前提として、戦闘は死ににくい兵士ほど優秀であり、必ずしも敵を倒さずとも目的の達成が可能であるケースは少なくない。このため、敵を切り倒し、突き崩すより、そこに至るまでの隙をいかに減らし、しのぎ、相手の隙を突くために粘るかという点に、技術的・体力的な練成の比率を大きく割いている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.064049",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.064049",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 41
},
{
"id": 94745,
"title": "丸盾による防御",
"description": "片手剣を用いる際に運用する盾の技術。飛来する矢や礫を始めとする攻撃への防御や、非装備状態でどこに固定しておくかといった細やかな工夫を身につける。\nまた、盾自体、分類上は防具であるが、うまく受け崩すことで相手の体勢を崩したり、攻撃的に扱って打撃を加えたり、さらには、武器を叩き落とすといった用法もあって、これらを攻防一体の技として一括りに習得する。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.075189",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.075189",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 42
},
{
"id": 94746,
"title": "丸盾との連携",
"description": "片手剣と丸盾を組み合わせて、両腕をフルに動かしながら戦う技術、および、その習熟。両手に別々の働きを持たせるのには訓練が必要であり、それぞれ単独で身につける技術体系と重複する領域はあっても、実際に慣れるまでは実用に耐える練度にならないのである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.080281",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.080281",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 43
},
{
"id": 94747,
"title": "崩し",
"description": "戦場では、相手の隙をついて華麗に倒すだけではなく、むしろそこに至るまでの工程こそが真髄となる。隙をさらすまいと互いに密着した状態からの押し合い、駆け引きであったり、自分が倒せずとも警戒を引きつけて味方に倒してもらったり、勝つまでの道筋はいくつもある。\n崩しとは、体力、技術、戦術の、全てを織り込んだ上で行われる、勝つためのあらゆる手段と言い換えられる。\n使い手それぞれに向いた手段、禁じている手段があり、訓練と実戦を経て、それらは研磨されていく。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.082942",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.082942",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 44
},
{
"id": 94748,
"title": "足運び",
"description": "相手の体幹および末端の要所に攻撃を集め、自分のそれらから攻撃を避け逸らすため、体ごと動くこと。また、そのための技術。あるいは、一撃の威力を引き出すための踏み込みと、そこに至るまでの何千何万何十万回と繰り返した、打ち込み経験に基づく瞬間的な一歩。およびそれらの組み合わせ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.086151",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.086151",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 45
},
{
"id": 94749,
"title": "剣の手入れ",
"description": "厳密には剣だけでなく装備の手入れである。剣士なので代表的な装備として例示した。\n刀身の歪みや刃こぼれ、握りの緩み、錆びといった剣の劣化を見極め、手に負えないものは修理に出したり買い換えるが、軽度のものは自分で手直しできるようにしなくては、手間と時間が嵩みすぎるため、手入れ道具や部品を買い揃え、これらを扱う知識と技術を身につける。\n剣に限らず、戦士たるもの、身の回りに関しては同等の知識と技術を持ち備えて初めて一人前である。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-06 02:12:49.089562",
"updated_at": "2017-09-06 02:12:49.089562",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"localID": 46
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"expanded": true,
"localID": 38
}
],
"position": "9",
"character": {
"id": 48,
"name": "城 華一郎"
},
"expanded": true,
"localID": 29
}
],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": false,
"localID": 20
},
{
"id": 116447,
"title": "地形探索技術",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-08 12:08:34.201042",
"updated_at": "2017-10-08 12:08:34.201042",
"children": [
{
"id": 116441,
"title": "習得する為の訓練",
"description": "地形探索技術を身に付けるには知識と経験を積む必要がある。偵察兵としての訓練を受けなおかつ地形などの知識を得る為に1年、もしくはそれ以上の学習が必要になる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 12:08:33.956595",
"updated_at": "2017-10-08 12:08:33.956595",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 1929,
"name": "まんずう"
},
"localID": 48
},
{
"id": 116442,
"title": "位置把握",
"description": "自らの位置を把握しておく事。向かった先で迷わないように地図を描いたり目印となるものを置いたりする事も技術一つである。時と場合により目印を残す事は危険にも繋がってしまう事もあるので慎重に行わなければならない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 12:08:34.000989",
"updated_at": "2017-10-08 12:08:34.000989",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 1929,
"name": "まんずう"
},
"localID": 49
},
{
"id": 116443,
"title": "風を読む",
"description": "風の流れを読むことで川や出口を発見したり、隠された入り口を発見したり出来る。指に唾をつけ風が来る方向を調べるなど。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 12:08:34.01158",
"updated_at": "2017-10-08 12:08:34.01158",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 1929,
"name": "まんずう"
},
"localID": 50
},
{
"id": 116444,
"title": "匂いから判断する",
"description": "鍛えることによりその物体が危険か危険じゃないかを判断したり、その空間の匂いから生き物の有無を判断したりと活用する事ができる。当然ながら強い匂いの前では役に立たない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 12:08:34.019443",
"updated_at": "2017-10-08 12:08:34.019443",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 1929,
"name": "まんずう"
},
"localID": 51
},
{
"id": 116445,
"title": "記憶と比べる",
"description": "持っている記憶や知識と比較し、一致するものが多いときにおおよその見当をつけそこから解決方法や答えを導き出す。例えば大地が流線状に削れていれば水が流れていたと考えられる。推測になってくるのでもちろん外れる事もある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 12:08:34.029593",
"updated_at": "2017-10-08 12:08:34.029593",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 1929,
"name": "まんずう"
},
"localID": 52
},
{
"id": 116446,
"title": "迂闊に周囲の物に触らない",
"description": "見知らぬ土地で見知らぬものを見たときは慎重にならなければいけない。それが罠だったり毒を持っている可能性もあるのだ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-08 12:08:34.040829",
"updated_at": "2017-10-08 12:08:34.040829",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 1929,
"name": "まんずう"
},
"localID": 53
}
],
"position": "3",
"character": {
"id": 1929,
"name": "まんずう"
},
"expanded": false,
"localID": 47
},
{
"id": 129901,
"title": "回避能力",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-07 13:02:52.296064",
"updated_at": "2017-11-07 13:02:52.296064",
"children": [
{
"id": 129896,
"title": "回避とは",
"description": "回避とは、相手からの攻撃をかわしてダメージを受けないようにしたり、迫りくる危機を避けたりする行動のこと。回避する時には咄嗟の判断が命を守ることにつながる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 13:02:52.084796",
"updated_at": "2017-11-07 13:02:52.084796",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 1995,
"name": "サイモン"
},
"localID": 55
},
{
"id": 129897,
"title": "回避する方法",
"description": "回避する方法は主に二つある。一つは目視で危機を察知し、避ける方法。二つめは聴覚で判断し、迫る攻撃などをかわす方法だ。これ以外にも五感を研ぎ澄まし、危ないことから自身を遠ざけることが必要である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 13:02:52.222935",
"updated_at": "2017-11-07 13:02:52.222935",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 1995,
"name": "サイモン"
},
"localID": 56
},
{
"id": 129898,
"title": "敵の攻撃から逃げる",
"description": "回避には敵からの攻撃を避ける行為も含まれる。これは戦闘などで重要であり、自身の生命を自身で守るためには必要である。主に敵の攻撃範囲から離れることが回避につながる。(射撃であれば射線から移動するなど)",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 13:02:52.232913",
"updated_at": "2017-11-07 13:02:52.232913",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 1995,
"name": "サイモン"
},
"localID": 57
},
{
"id": 129899,
"title": "状況把握に努める",
"description": "周囲に常に気を配ることが回避行動につながる。特に、回避の方法には視覚や聴覚など、五感をフル活用するため、状況をよんで危機に対応することが必要である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 13:02:52.24547",
"updated_at": "2017-11-07 13:02:52.24547",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 1995,
"name": "サイモン"
},
"localID": 58
},
{
"id": 129900,
"title": "安全かどうか判断する",
"description": "回避する時に注意することがある。それは、回避行動をとった後の移動地点が安全かどうか判断することである。実際に咄嗟に逃げるときはそこまで考えるのは難しいかもしれない。しかし、回避したでまた危険な目に遭わないためにも念頭におくべきである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-07 13:02:52.259745",
"updated_at": "2017-11-07 13:02:52.259745",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 1995,
"name": "サイモン"
},
"localID": 59
}
],
"position": "4",
"character": {
"id": 1995,
"name": "サイモン"
},
"expanded": false,
"localID": 54
},
{
"id": 148984,
"title": "旅人の心得",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-24 08:50:06.422351",
"updated_at": "2017-11-24 08:50:06.422351",
"children": [
{
"id": 148976,
"title": "道に迷った時",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-24 08:50:06.014533",
"updated_at": "2017-11-24 08:50:06.014533",
"children": [
{
"id": 148973,
"title": "慌てない心",
"description": "道に迷った時になにより重要なのは慌てない事である。冷静に思い返せば、どこで道を間違えたか。あるいは、今いる地点がどこか思い出せるかもしれない。\n本当に道に迷ったとしても、パニックを起こしてしまっては自分の持っている知識を使って乗り切ることもできない。\nまずは落ち着くことである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 08:50:05.992023",
"updated_at": "2017-11-24 08:50:05.992023",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 62
},
{
"id": 148974,
"title": "影で方角を知る",
"description": "大雑把にだが太陽に照らされた影から方角を割り出すことが出来る。\n太陽は東から昇って西に沈む。従って、午前中であれば影の向いている方向が西(西北西)、午後であれば東(東北東)ということになる。\nこの方法の欠点は、日没後は使えないこと。また時刻によって判定方法が変動するため、おおよその時間を把握しておかないと使えないことである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 08:50:06.002113",
"updated_at": "2017-11-24 08:50:06.002113",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 63
},
{
"id": 148975,
"title": "サバイバル知識",
"description": "火の起こし方、野宿の仕方、食べられるものの見分け方、飲料水の確保、釣り、捕まえた動物の捌き方など、人に出会うまたは人里にたどり着くまでに生き延びるための知識である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 08:50:06.005332",
"updated_at": "2017-11-24 08:50:06.005332",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 64
}
],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": true,
"localID": 61
},
{
"id": 148977,
"title": "情報・状況からの危険察知",
"description": "旅をしていると危険な事態にも多く遭遇する。そんな危険を回避する時に頼りになるのが、人から得る情報と経験による状況からの推測である。\nどこの国が戦争の準備をしている、山道を歩いていて鳥や虫の声が聞こえなくなったなど、旅人は己の置かれている状況に気を配る。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 08:50:06.395034",
"updated_at": "2017-11-24 08:50:06.395034",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 65
},
{
"id": 148978,
"title": "旅人知識",
"description": "長い旅暮らし、あるいは事前に調べた情報で多くのことを知っている。危険回避のために噂話なども積極的に仕入れるので、真偽はともかく地域に流布している話に詳しい。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 08:50:06.399234",
"updated_at": "2017-11-24 08:50:06.399234",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 66
},
{
"id": 148979,
"title": "旅人の社交術",
"description": "上級階級の社交術ではなく、旅先で出会った人々と友好な関係を築くための社交術である。\n小さな村などでは、よそ者は問答無用で疑われることも多いので、無用なトラブルを避けるために使われる。\n笑顔や旅先で仕入れた噂話の披露など、その土地の人が好みそうな立ち居振る舞いをすることが大事である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 08:50:06.401899",
"updated_at": "2017-11-24 08:50:06.401899",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 67
},
{
"id": 148980,
"title": "応急手当の知識",
"description": "野山を歩いている時にけがや病気をした時のための簡易的な処置の心得。止血や瀉血、薬草の見分け方など、あくまで人里まで持たせるための一時的な処置知識。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 08:50:06.404214",
"updated_at": "2017-11-24 08:50:06.404214",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 68
},
{
"id": 148981,
"title": "持ち物のチェック",
"description": "旅先ということは旅人を庇護する者はいないということなので、持ち物・所持金のチェックは非常に大事である。\n特に初めて訪れた街などでは、スリなどに重々気を付けなくてはならない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 08:50:06.406696",
"updated_at": "2017-11-24 08:50:06.406696",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 69
},
{
"id": 148982,
"title": "旅人の狩り",
"description": "本式の道具を持ち歩くのは嵩張るのであまり大きな獲物を捕まえたりなどはしないが、路銀が尽きた、道に迷った、などで狩りをする必要にせまられることもある。\n縄を使った簡単な罠の作成や、小動物の足跡などを見つけて狩りをすることが出来る。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 08:50:06.408992",
"updated_at": "2017-11-24 08:50:06.408992",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 70
},
{
"id": 148983,
"title": "旅人の料理",
"description": "人里でなければ野営が基本になる。\n持っている有り合わせのもので、作る。または狩りをした動物を捌いて簡単な料理を作ることができる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 08:50:06.41181",
"updated_at": "2017-11-24 08:50:06.41181",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 71
}
],
"position": "5",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": false,
"localID": 60
},
{
"id": 149221,
"title": "バロの側面",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-24 12:27:57.615547",
"updated_at": "2017-11-24 12:27:57.615547",
"children": [
{
"id": 149216,
"title": "黒にして黒",
"description": "オーマのうちの一色、黒(ファウ)。\n黒にして黒であるバロはその統領。\n単独で動いていることも多いが、必要とあれば黒オーマの軍を率いて戦う。\nまた世界の敵が現れれば、剣を踏む女神の旗を掲げ戦うこともある。\nオーマはオーマ以外の種族を軽んじることが多いが、バロを始めとする黒オーマはあまりそういう態度をとることがない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 12:27:57.591423",
"updated_at": "2017-11-24 12:27:57.591423",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 73
},
{
"id": 149217,
"title": "たくさんの名前",
"description": "バロ以外にもたくさんの名前を持つ。\n剣王アルフリード、マーズ、リードレイド、アラゴルン、知恵者など。\n兎になっている時の名前もストライダー以外にありそうだが、確認は取れていない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 12:27:57.603227",
"updated_at": "2017-11-24 12:27:57.603227",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 74
},
{
"id": 149218,
"title": "外見",
"description": "長い髪を束ねた年のいった中年の優しい顔の男であり、身体は鍛え上げていますが背はさほど高くもありません。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 12:27:57.60552",
"updated_at": "2017-11-24 12:27:57.60552",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 75
},
{
"id": 149219,
"title": "お酒好き",
"description": "大変な酒好き、とにかくよく飲む。日本酒をよく飲んでいる模様。ただ、甘い酒は苦手のようで飲めないわけではないが、進んで飲むことはあまりないようだ。\n酒豪のようで良く飲んでいるところを見かけるが、酔いつぶれているところは見たことがない。また、飲めない人に無理に進めることもない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 12:27:57.607119",
"updated_at": "2017-11-24 12:27:57.607119",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 76
},
{
"id": 149220,
"title": "ダンスが踊れる",
"description": "実は本格的な社交ダンスが踊れる。上流階級の紳士や婦人が踊るあのダンスである。どこで覚えたのかは不明だが、高い身分だったことがあるようだ。\nなお、あまり得意でない人をリードして踊れるほどの腕前。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 12:27:57.609087",
"updated_at": "2017-11-24 12:27:57.609087",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 77
}
],
"position": "6",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": false,
"localID": 72
},
{
"id": 149147,
"title": "バロの兎化",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-24 11:41:15.299957",
"updated_at": "2017-11-24 11:41:15.299957",
"children": [
{
"id": 149143,
"title": "兎としての姿",
"description": "黒オーマであるため兎の姿を取ることが出来る。バロが兎化した姿はストライダー兎。\n足元を旅する兎神で、善神とされる。中つ国(日本のことである)の第10紀に、人神族より譲られた称号を今につたえる存在である。折れた剣鈴を腰に帯びる。\nこの剣鈴が再び鍛えられたとき、称号はまた人の手に戻るとされる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:41:15.279647",
"updated_at": "2017-11-24 11:41:15.279647",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 79
},
{
"id": 149144,
"title": "兎の時の格好",
"description": "茶色い毛並みの普通の大きさの兎。\n式神の城Vで伊勢薙乃の式神として登場した時は、防風メガネにベスト、スカーフを巻いた格好をしていた。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:41:15.290535",
"updated_at": "2017-11-24 11:41:15.290535",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 80
},
{
"id": 149145,
"title": "兎化によって避けられること",
"description": "青い雪が降ったり高評価値の状態だと石化するような世界の状態になった時に、石化するのを避けることが出来る。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:41:15.293603",
"updated_at": "2017-11-24 11:41:15.293603",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 81
},
{
"id": 149146,
"title": "性格の変化",
"description": "人の姿の時はおおらかで酒の好きな陽気なおっさんだが、兎の姿になると人参をかじるニヒルでクールな性格に変化する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 11:41:15.2953",
"updated_at": "2017-11-24 11:41:15.2953",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 82
}
],
"position": "7",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": false,
"localID": 78
},
{
"id": 149224,
"title": "バロの所持品",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-24 12:27:57.949228",
"updated_at": "2017-11-24 12:27:57.949228",
"children": [
{
"id": 149222,
"title": "水の国の宝剣",
"description": "三剣の一つ。\n「シオネ・アラダより忠勇の戦士、面白いおじさん、我が叔父にこれを授く、この剣鈴に切れぬものなし。ただし乙女以外は」という文面が彫られている。\nサトルさん曰く\n「世界の剣の使用者自身の確定する運命は、愛しい人を殺し、剣がよりよい主人を見つけるその日まで戦いつづけ、\nそして最後に剣と新しい持ち主によって殺される」",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 12:27:57.944004",
"updated_at": "2017-11-24 12:27:57.944004",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 84
},
{
"id": 149223,
"title": "月長石の根付",
"description": "漆塗りで真ん中に月長石のついている饅頭根付。\n遠い昔(リアル時間で2008/01/02 に受け取っているはずの物)に、双海 環が贈ったクリスマスプレゼント。\nもう持ってはいないかもしれないが、贈った贈られた記憶が二人にあれば嬉しいと双海 環は思っている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 12:27:57.946034",
"updated_at": "2017-11-24 12:27:57.946034",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 85
}
],
"position": "8",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": false,
"localID": 83
},
{
"id": 149226,
"title": "双海 環との関係",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-24 12:27:58.141023",
"updated_at": "2017-11-24 12:27:58.141023",
"children": [
{
"id": 149225,
"title": "経緯",
"description": "〇出会い\n初めての出会いはお見合い。\n「全ニューワールドお見合いコンテスト」と銘打たれたお見合いで、黒オーマとの戦いを回避するために開催された。\n バロの双海 環への印象は悪くなかったようで、以後おつきあいが始まる。\n \n〇最初のデート\nお涼さん(現在はコール・ポーさん)と一緒に、小笠原でダブルデートの予定がヤガミを不審者と判断したバロが戦闘を仕掛けるという盛大な事故が起こる。\nとりあえず事なきは得たものの、バロに双海 環が子供っぽいと思われて残念な結果に。\n \n〇お月見\n最初のデートの反省を踏まえて、二人きり、大人っぽい感じで攻めたデート。\n双海 環はお酒が飲めないのだが、バロのお酌をするなどしてなかなか良い雰囲気で終了。\n \n〇双海 環の家でクリスマス\nゲートを開くためにラブラブを増産せよ。との建前の元実現したクリスマスデート。\nなぜか双海 環がワイングラスにこだわってしまって失敗しそうになるものの、最後で立て直し、なんとかいい話風になった。\n櫛をもらった日。\n \n〇小笠原デート\nなんと贅沢に二時間も使った生活ゲーム。一時間目は一緒にお散歩。この時の話の流れ的におめかしした姿を見せるため、2時間目は普通にデートに。\n2月は黒オーマと赤オーマの恋の季節だと判明したりしたが、お話し的には双海 環がプロポーズを決意した感じで終了。\n \n〇試練突破\n一度失敗して二度目の試練挑戦。なんとか微笑青空勲章を獲得。試練は双海 環がピンチの時にバロの名前を呼ぶことだった。\n \n〇地獄への旅\n強制イベント。双海 環がシオネを探して迷宮に行ったバロを追って迷宮へ。バルクの助けを借りて、バロに追いつき連れ戻すことに成功。ただ、根本的な解決にはならなかったため、以後、バロが迷宮へたびたび行くことを止められないまま。\n \n〇海沿いの道にて\n E113の後のデート。ただひたすら双海 環がバロに抱き着いて泣いてるのを慰めてもらうという、当時は嬉しかっただけなのだが、あとで見返すとのたうちまわりそうになる展開。\n \n〇支援相談\n 対クーリンガンに動いている黒オーマの軍に支援をする相談をしに行ったイベント。双海 環がリアル病気だったことをバロに把握されていて少し動揺している。仕事だったのにうっかりラブに走りかけたのはご愛嬌。\n \n〇ウサギを探して\n双海 環が行方不明のバロを探したお話。星鋼京に転藩して初めての生活ゲーム。事前にバロがウサギになっているという話を聞いていたので、ウサギを探していたのだがバロが人型にすでに戻っていたので話がややこしくなっていた。最終的にバロを宰相府の闘技場で発見する。\n \n〇ダンスとすれ違い\n途中まではダンスなど踊っていい雰囲気だったのに、お互いに拗ねたため微妙なラストに。そこは残念だったものの、ダンスがうまいなどどうもバロは身分が高かった時期があることが伺える貴重な話。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-24 12:27:58.119517",
"updated_at": "2017-11-24 12:27:58.119517",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 87
}
],
"position": "9",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": false,
"localID": 86
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": true,
"localID": 0
}
]

パイロットスーツ(仮) 投稿者:双海 環@星鋼京 投稿日:2017/12/05(Tue) 00:34:18 No.561

宇宙服準拠でとりあえずザクッと作成。

//////////////////////////////

*部品構造

-大部品: パイロットスーツ RD:18 評価値:7
--大部品: パイロットスーツ概要 RD:2 評価値:2
---部品: パイロットスーツの目的
---部品: 製作はオーダーメイド
--大部品: スーツヘルメット RD:3 評価値:3
---部品: 頭部保護
---部品: 通信ヘッドセット
---部品: 割れないサングラス
--大部品: スーツ本体 RD:7 評価値:5
---部品: バイオスーツ
---部品: 冷却下着
---部品: 気密拘束層
---部品: 断熱防護層
---部品: トイレパック
---部品: 耐G性能
---部品: 衝撃吸収素材を使用
--大部品: 生命維持装置 RD:6 評価値:4
---部品: 生命維持装置概要
---部品: 主生命維持システム
---部品: バッテリー
---部品: 冷却器
---部品: 表示制御モジュール
---部品: カートリッジ



*部品定義

**部品: パイロットスーツの目的
宇宙用I=Dを操縦する際に着用するスーツ。I=Dが破損した際に、パイロットやコパイロットが宇宙空間でも生き延びられるように設計されている。また耐G性能や耐衝撃性能なども備え、加速や被弾時の被害軽減も目的としている。

**部品: 製作はオーダーメイド
布地の特殊さ、縫製する時の曲線の多さなどから基本的に手縫いの上、着る種族が人とは限らないことなどから、パイロットスーツは採寸の上のオーダーメイドである。

**部品: 頭部保護
パイロットの頭部を熱的環境や衝撃、機体外に出た場合に太陽からの強烈な日差しから保護する。金でコーティングした可動式日よけが装備されている。

**部品: 通信ヘッドセット
ヘルメットの内側に装備されている、通信用のヘッドセット。送受信マイク、電子回路などが組み込んである。

**部品: 割れないサングラス
ヘルメットのバイザーの視界に当たる部分には、様々に工夫された保護フィルムが貼り重ねられ、デブリの衝突の危険から保護するためにダイヤモンド・ライク・カーボンが施されている。
また月面などの大気がない地表の反射光のダメージを遮るために偏光フィルムが貼られ、直接光のみを通過させるようにしている。
これ以外にも、紫外線や放射線をカットするフィルムも貼られている。

**部品: バイオスーツ
ガス式加圧だとスーツが膨らみ過ぎて、I=D操縦に支障が出るため、形状記憶合金によるバネ式加圧。嵩張らないようにいろいろ省略されているために、長時間、真空で活動するには不向き。

**部品: 冷却下着
スーツは密封されているので、パイロットがが発する熱を外に逃がすことができず、内部はとても暑くなる。冷却しないとどんどん温度が上がり、死んでしまうので下着の表面にチューブを張り巡らせ、その中に冷水を流すことでパイロットの体温を下げている。
冷却水の流れを制御することで、内部温度の調整が出来る。

**部品: 気密拘束層
空気が外に漏れないようにする層。ガス式加圧だと、スーツ内の気圧を保つための効果を持つがバネ式加圧ではその効能より、気密性が一層重視される。

**部品: 断熱防護層
宇宙空間の熱やスペースデブリ等から体を防護するための層。宇宙空間は太陽の光が当たっているところは100℃以上になり、当たっていないところは−100℃以下と、かなりの温度差があり、高い断熱性が求められる。
また、宇宙線を遮断する機能も備えている。

**部品: トイレパック
I=Dに乗っている間は当然トイレには行けないので、股間にトイレパックがつけられている。操縦席に座る関係上、あまり容量は入らないがないと大変なことになる重要装備である。

**部品: 耐G性能
Gがかかることによる脳の虚血状態を防止する機能。過剰なGがパイロットに掛かると自動的に身体を圧迫し、血液の降下を軽減する。
戦闘機では高高度での凍結などの問題で空気式が一般的だが、パイロットスーツでは冷却下着を使っている関係上、液体式を採用している。

**部品: 衝撃吸収素材を使用
スーツには衝撃吸収素材が使われており、I=Dが被弾したり破損した場合の衝撃を和らげる。ただし、I=Dが被弾した場合は爆発したりなど致命的な場合が多いため、気休めと言えば気休めである。

**部品: 生命維持装置概要
スーツの内部気圧と温度をコントロールし、呼吸用の酸素や電力を供給する他、通信機能を提供するシステムであり、スーツの腰に取り付けられています。

**部品: 主生命維持システム
主生命維持システムは、スーツを外部に依存することなく、独立して使用できるようにするものであり、内部気圧と温湿度を制御するほか、酸素や電力を供給する。
スーツ内の空気は、システム内のカートリッジで余分な水分、二酸化炭素、その他の有害物質などを取り除いて再循環される。

**部品: バッテリー
スーツについている全ての電気機器の電源。着た状態のまま、エアロックの電力・供給用ケーブルを経由して一時的に充電することもできる。

**部品: 冷却器
冷却器は、氷の昇華熱を利用して冷却水の冷却を行う装置。冷却水の一部を毛細管を経由して宇宙空間に導いて凍らせ、氷が直接宇宙空間に昇華する際の昇華熱を利用して冷却する。

**部品: 表示制御モジュール
腕に腕時計のような形でついている。外部との音声通信や心電図データ、酸素消費量などを知らせるための通信装置、スーツにトラブルが発生した時の警告警報機能がある。

**部品: カートリッジ
呼吸用酸素浄化のための装置。微量成分(有毒ガス)の吸収、二酸化炭素の吸収、固体の微粒子の拡散防止などの役割を果たす。



*提出書式

大部品: パイロットスーツ RD:18 評価値:7
-大部品: パイロットスーツ概要 RD:2 評価値:2
--部品: パイロットスーツの目的
--部品: 製作はオーダーメイド
-大部品: スーツヘルメット RD:3 評価値:3
--部品: 頭部保護
--部品: 通信ヘッドセット
--部品: 割れないサングラス
-大部品: スーツ本体 RD:7 評価値:5
--部品: バイオスーツ
--部品: 冷却下着
--部品: 気密拘束層
--部品: 断熱防護層
--部品: トイレパック
--部品: 耐G性能
--部品: 衝撃吸収素材を使用
-大部品: 生命維持装置 RD:6 評価値:4
--部品: 生命維持装置概要
--部品: 主生命維持システム
--部品: バッテリー
--部品: 冷却器
--部品: 表示制御モジュール
--部品: カートリッジ


部品: パイロットスーツの目的
宇宙用I=Dを操縦する際に着用するスーツ。I=Dが破損した際に、パイロットやコパイロットが宇宙空間でも生き延びられるように設計されている。また耐G性能や耐衝撃性能なども備え、加速や被弾時の被害軽減も目的としている。

部品: 製作はオーダーメイド
布地の特殊さ、縫製する時の曲線の多さなどから基本的に手縫いの上、着る種族が人とは限らないことなどから、パイロットスーツは採寸の上のオーダーメイドである。

部品: 頭部保護
パイロットの頭部を熱的環境や衝撃、機体外に出た場合に太陽からの強烈な日差しから保護する。金でコーティングした可動式日よけが装備されている。

部品: 通信ヘッドセット
ヘルメットの内側に装備されている、通信用のヘッドセット。送受信マイク、電子回路などが組み込んである。

部品: 割れないサングラス
ヘルメットのバイザーの視界に当たる部分には、様々に工夫された保護フィルムが貼り重ねられ、デブリの衝突の危険から保護するためにダイヤモンド・ライク・カーボンが施されている。
また月面などの大気がない地表の反射光のダメージを遮るために偏光フィルムが貼られ、直接光のみを通過させるようにしている。
これ以外にも、紫外線や放射線をカットするフィルムも貼られている。

部品: バイオスーツ
ガス式加圧だとスーツが膨らみ過ぎて、I=D操縦に支障が出るため、形状記憶合金によるバネ式加圧。嵩張らないようにいろいろ省略されているために、長時間、真空で活動するには不向き。

部品: 冷却下着
スーツは密封されているので、パイロットがが発する熱を外に逃がすことができず、内部はとても暑くなる。冷却しないとどんどん温度が上がり、死んでしまうので下着の表面にチューブを張り巡らせ、その中に冷水を流すことでパイロットの体温を下げている。
冷却水の流れを制御することで、内部温度の調整が出来る。

部品: 気密拘束層
空気が外に漏れないようにする層。ガス式加圧だと、スーツ内の気圧を保つための効果を持つがバネ式加圧ではその効能より、気密性が一層重視される。

部品: 断熱防護層
宇宙空間の熱やスペースデブリ等から体を防護するための層。宇宙空間は太陽の光が当たっているところは100℃以上になり、当たっていないところは−100℃以下と、かなりの温度差があり、高い断熱性が求められる。
また、宇宙線を遮断する機能も備えている。

部品: トイレパック
I=Dに乗っている間は当然トイレには行けないので、股間にトイレパックがつけられている。操縦席に座る関係上、あまり容量は入らないがないと大変なことになる重要装備である。

部品: 耐G性能
Gがかかることによる脳の虚血状態を防止する機能。過剰なGがパイロットに掛かると自動的に身体を圧迫し、血液の降下を軽減する。
戦闘機では高高度での凍結などの問題で空気式が一般的だが、パイロットスーツでは冷却下着を使っている関係上、液体式を採用している。

部品: 衝撃吸収素材を使用
スーツには衝撃吸収素材が使われており、I=Dが被弾したり破損した場合の衝撃を和らげる。ただし、I=Dが被弾した場合は爆発したりなど致命的な場合が多いため、気休めと言えば気休めである。

部品: 生命維持装置概要
スーツの内部気圧と温度をコントロールし、呼吸用の酸素や電力を供給する他、通信機能を提供するシステムであり、スーツの腰に取り付けられています。

部品: 主生命維持システム
主生命維持システムは、スーツを外部に依存することなく、独立して使用できるようにするものであり、内部気圧と温湿度を制御するほか、酸素や電力を供給する。
スーツ内の空気は、システム内のカートリッジで余分な水分、二酸化炭素、その他の有害物質などを取り除いて再循環される。

部品: バッテリー
スーツについている全ての電気機器の電源。着た状態のまま、エアロックの電力・供給用ケーブルを経由して一時的に充電することもできる。

部品: 冷却器
冷却器は、氷の昇華熱を利用して冷却水の冷却を行う装置。冷却水の一部を毛細管を経由して宇宙空間に導いて凍らせ、氷が直接宇宙空間に昇華する際の昇華熱を利用して冷却する。

部品: 表示制御モジュール
腕に腕時計のような形でついている。外部との音声通信や心電図データ、酸素消費量などを知らせるための通信装置、スーツにトラブルが発生した時の警告警報機能がある。

部品: カートリッジ
呼吸用酸素浄化のための装置。微量成分(有毒ガス)の吸収、二酸化炭素の吸収、固体の微粒子の拡散防止などの役割を果たす。




*インポート用定義データ

[
{
"id": 159752,
"title": "パイロットスーツ",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-12-04 15:28:15.894978",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:27.850625",
"children": [
{
"id": 159732,
"title": "パイロットスーツ概要",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-12-04 15:28:13.944005",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:13.944005",
"children": [
{
"id": 159730,
"title": "パイロットスーツの目的",
"description": "宇宙用I=Dを操縦する際に着用するスーツ。I=Dが破損した際に、パイロットやコパイロットが宇宙空間でも生き延びられるように設計されている。また耐G性能や耐衝撃性能なども備え、加速や被弾時の被害軽減も目的としている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:13.920202",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:13.920202",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 2
},
{
"id": 159731,
"title": "製作はオーダーメイド",
"description": "布地の特殊さ、縫製する時の曲線の多さなどから基本的に手縫いの上、着る種族が人とは限らないことなどから、パイロットスーツは採寸の上のオーダーメイドである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:13.936011",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:13.936011",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 3
}
],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": true,
"localID": 1
},
{
"id": 159736,
"title": "スーツヘルメット",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.145511",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.145511",
"children": [
{
"id": 159733,
"title": "頭部保護",
"description": "パイロットの頭部を熱的環境や衝撃、機体外に出た場合に太陽からの強烈な日差しから保護する。金でコーティングした可動式日よけが装備されている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.132961",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.132961",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 5
},
{
"id": 159734,
"title": "通信ヘッドセット",
"description": "ヘルメットの内側に装備されている、通信用のヘッドセット。送受信マイク、電子回路などが組み込んである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.136768",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.136768",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 6
},
{
"id": 159735,
"title": "割れないサングラス",
"description": "ヘルメットのバイザーの視界に当たる部分には、様々に工夫された保護フィルムが貼り重ねられ、デブリの衝突の危険から保護するためにダイヤモンド・ライク・カーボンが施されている。\nまた月面などの大気がない地表の反射光のダメージを遮るために偏光フィルムが貼られ、直接光のみを通過させるようにしている。\nこれ以外にも、紫外線や放射線をカットするフィルムも貼られている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.139625",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.139625",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 7
}
],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": true,
"localID": 4
},
{
"id": 159744,
"title": "スーツ本体",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.607044",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.607044",
"children": [
{
"id": 159737,
"title": "バイオスーツ",
"description": "ガス式加圧だとスーツが膨らみ過ぎて、I=D操縦に支障が出るため、形状記憶合金によるバネ式加圧。嵩張らないようにいろいろ省略されているために、長時間、真空で活動するには不向き。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.475006",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.475006",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 9
},
{
"id": 159738,
"title": "冷却下着",
"description": "スーツは密封されているので、パイロットがが発する熱を外に逃がすことができず、内部はとても暑くなる。冷却しないとどんどん温度が上がり、死んでしまうので下着の表面にチューブを張り巡らせ、その中に冷水を流すことでパイロットの体温を下げている。\n冷却水の流れを制御することで、内部温度の調整が出来る。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.569744",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.569744",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 10
},
{
"id": 159739,
"title": "気密拘束層",
"description": "空気が外に漏れないようにする層。ガス式加圧だと、スーツ内の気圧を保つための効果を持つがバネ式加圧ではその効能より、気密性が一層重視される。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.577509",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.577509",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 11
},
{
"id": 159740,
"title": "断熱防護層",
"description": "宇宙空間の熱やスペースデブリ等から体を防護するための層。宇宙空間は太陽の光が当たっているところは100℃以上になり、当たっていないところは−100℃以下と、かなりの温度差があり、高い断熱性が求められる。\nまた、宇宙線を遮断する機能も備えている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.580133",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.580133",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 12
},
{
"id": 159741,
"title": "トイレパック",
"description": "I=Dに乗っている間は当然トイレには行けないので、股間にトイレパックがつけられている。操縦席に座る関係上、あまり容量は入らないがないと大変なことになる重要装備である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.585398",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.585398",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 13
},
{
"id": 159742,
"title": "耐G性能",
"description": "Gがかかることによる脳の虚血状態を防止する機能。過剰なGがパイロットに掛かると自動的に身体を圧迫し、血液の降下を軽減する。\n戦闘機では高高度での凍結などの問題で空気式が一般的だが、パイロットスーツでは冷却下着を使っている関係上、液体式を採用している。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.589255",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.589255",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 14
},
{
"id": 159743,
"title": "衝撃吸収素材を使用",
"description": "スーツには衝撃吸収素材が使われており、I=Dが被弾したり破損した場合の衝撃を和らげる。ただし、I=Dが被弾した場合は爆発したりなど致命的な場合が多いため、気休めと言えば気休めである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:14.593048",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:14.593048",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 15
}
],
"position": "3",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": true,
"localID": 8
},
{
"id": 159751,
"title": "生命維持装置",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-12-04 15:28:15.336053",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:15.336053",
"children": [
{
"id": 159745,
"title": "生命維持装置概要",
"description": "スーツの内部気圧と温度をコントロールし、呼吸用の酸素や電力を供給する他、通信機能を提供するシステムであり、スーツの腰に取り付けられています。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:15.317299",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:15.317299",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 17
},
{
"id": 159746,
"title": "主生命維持システム",
"description": "主生命維持システムは、スーツを外部に依存することなく、独立して使用できるようにするものであり、内部気圧と温湿度を制御するほか、酸素や電力を供給する。\nスーツ内の空気は、システム内のカートリッジで余分な水分、二酸化炭素、その他の有害物質などを取り除いて再循環される。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:15.319362",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:15.319362",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 18
},
{
"id": 159747,
"title": "バッテリー",
"description": "スーツについている全ての電気機器の電源。着た状態のまま、エアロックの電力・供給用ケーブルを経由して一時的に充電することもできる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:15.322906",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:15.322906",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 19
},
{
"id": 159748,
"title": "冷却器",
"description": "冷却器は、氷の昇華熱を利用して冷却水の冷却を行う装置。冷却水の一部を毛細管を経由して宇宙空間に導いて凍らせ、氷が直接宇宙空間に昇華する際の昇華熱を利用して冷却する。 ",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:15.325144",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:15.325144",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 20
},
{
"id": 159749,
"title": "表示制御モジュール",
"description": "腕に腕時計のような形でついている。外部との音声通信や心電図データ、酸素消費量などを知らせるための通信装置、スーツにトラブルが発生した時の警告警報機能がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:15.326543",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:15.326543",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 21
},
{
"id": 159750,
"title": "カートリッジ",
"description": "呼吸用酸素浄化のための装置。微量成分(有毒ガス)の吸収、二酸化炭素の吸収、固体の微粒子の拡散防止などの役割を果たす。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-12-04 15:28:15.328898",
"updated_at": "2017-12-04 15:28:15.328898",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"localID": 22
}
],
"position": "4",
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": true,
"localID": 16
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 202,
"name": "双海 環"
},
"expanded": true,
"localID": 0
}
]

ウェーブ対応:神殿 投稿者:フシミ@藩王 投稿日:2017/11/24(Fri) 22:35:53 No.524

魔法対策枝。

皇帝廟 投稿者:フシミ@藩王 投稿日:2017/11/24(Fri) 22:36:13 No.525

大部品: 皇帝廟 RD:17 評価値:7
-大部品: 皇帝廟とはどういうものか RD:3 評価値:3
--部品: 歴代の皇帝を祀る場
--部品: 複数存在する廟
--部品: 生者の参列
-大部品: 廟の建築様式 RD:4 評価値:3
--部品: 自由な様式
--部品: 数々の肖像画
--部品: 豪華な造り
--部品: 皇帝ゆかりの品
-大部品: 祀られてている代表的な人々 RD:4 評価値:3
--部品: 初代:シオネ・アラダ
--部品: 二代目:冬のツルギ
--部品: 先代:ウェスタ
--部品: 今代:ポチ
-大部品: 皇帝信仰 RD:3 評価値:3
--部品: 皇帝という偉大な存在
--部品: 護符の盾
--部品: 家庭に飾られる肖像画
-大部品: 得られる加護 RD:3 評価値:3
--部品: 魔法ならぬ魔法
--部品: 士気高揚
--部品: ヒロイック




【大部品: 皇帝廟とはどういうものか RD:3 評価値:3】
--部品: 歴代の皇帝を祀る場
--部品: 複数存在する廟
--部品: 生者の参列

部品: 歴代の皇帝を祀る場
皇帝廟とは歴代の皇帝を祀る場である。
とはいえ、皇帝の遺骸などがある訳でなく、帝國の礎を築いた偉大なる人々を敬う場として様々な場所に存在する。

部品: 複数存在する廟
その特性上、様々な場所に存在するが、特に歴代皇帝と思い出深い場所にはほぼ存在している。
そういった廟ではその地を踏まれた皇帝が強く取り上げられる傾向にある。

部品: 生者の参列
この廟には現役の皇帝や、存命の元皇帝なども祀られる。
それ故、死者への畏敬の場というよりは、皇室への忠義を改める場として存在しているのかもしれない。




【大部品: 廟の建築様式 RD:4 評価値:3】
--部品: 自由な様式
--部品: 数々の肖像画
--部品: 豪華な造り
--部品: 皇帝ゆかりの品

部品: 自由な様式
建物そのものの様式というものは決まっておらず、各藩各地ごとにめいめい自由な建築で成り立っている。
その理由は、歴代皇帝にとって忠誠は強制するものではないためであり、己の権威を表現する場ではないためである。
そして、また民が慕う事を歴代皇帝は咎める事もなかったため、各々のが自由な方法で己の主を想う場を作った。

部品: 数々の肖像画
これはほぼ全国共通だが、歴代皇帝の肖像画が飾られている。
生者のものも飾られているため、先代皇帝ウェスタや今代皇帝ポチのものも飾られている。

部品: 豪華な造り
ただし、造りそのものはどの国も非常に豪華なものとなっている。
あるいは一件、質素な造りであっても材質には気を使っているなど、目に見えない工夫が凝らされている。
これは帝國の主であるところの歴代皇帝陛下を祀るにあたり、粗末なものは国の恥じ、その地の名折れというものがあるのかもしれない。
あるいは、単に、皇帝への想い故なのかもしれない。

部品: 皇帝ゆかりの品
大きな、それこそ藩を代表するような廟ともあれば、皇帝と縁のあるものが安置されていることもある。
過去の皇帝から下賜された宝重や、皇帝が所持していた品々など、彼ら・彼女を想い起こすものが多い。
ただし、ほぼ全ての藩の廟に言える事だが、彼ら・彼女らの遺体やその一部が安置されているものは、ない。




【大部品: 祀られてている代表的な人々 RD:4 評価値:3】
--部品: 初代:シオネ・アラダ
--部品: 二代目:冬のツルギ
--部品: 先代:ウェスタ
--部品: 今代:ポチ

部品: 初代:シオネ・アラダ
わんわん帝國の始祖帝であり、伝説に謳われる女傑。
在位僅か半年という短さだが、彼女が立たねば帝國は無かった。
世界の滅びを救うために英雄たちを率いて戦った、として知られる。

部品: 二代目:冬のツルギ
シオネの亡き後、彼女の遺志を継ぎ、帝國をまとめて国の体制を整えた建国の英雄。
彼は子を為すことが出来なかった故に、以降の皇帝は選挙にて選ばれることになる。
これは皇帝であろうとも世襲ではなく、その意思、その夢を受け継いだ者が後を継ぐという在り方に繋がっていった。


部品: 先代:ウェスタ
偉大なる先帝。
ペルセウス銀河腕からオリオンアームへと参り、根源種族艦隊との戦いで傷ついた帝國を圧倒的な力で纏め上げ、叩き直した。
そのやり方は余りにも剛腕であったが、そのカリスマ性は凄まじく、彼を慕う帝國藩王も少なくはない。
また、極めて滅私的な人物であり、公務以外での人物像は驚くほど稀薄で、帝國を双肩に乗せるという事がどの様な事かを体現した人物としても知られる。

部品: 今代:ポチ
今代皇帝である史上稀に見る可憐なる皇帝。
多くの臣民臣下に支えられ、今や立派な皇帝として帝國を導く存在として、あらゆる民に愛され、敬われている。




【大部品: 皇帝信仰 RD:3 評価値:3】
--部品: 皇帝という偉大な存在
--部品: 護符の盾
--部品: 家庭に飾られる肖像画

部品: 皇帝という偉大な存在
帝國に住まうものにとって皇帝は当然ながら、偉大な存在として敬われる。
北国にとっては自分達を導く指導者として、東国にとっては自らが重視する王権の最たるものとして。
そして、はてない国にとっては身近に住まう特別な存在として。
藩を問わず、過去の多くの皇帝がそうであった事からも“皇帝とは偉大なもの”とされている。

部品: 護符の盾
特に今代の皇帝を信仰に等しいレベルまで敬う人種が、帝國騎士、すなわちパイロットである。
彼らの多くは、自らの乗騎に皇帝陛下(当時は王女殿下)自ら文言を書いていただいた者も少なくない。
その多くは盾に書かれた『がんばれ』という言葉であり、それに精神的・物理的に命を救われたものも多い。
「陛下の御言葉なくば死んでいたやもしれぬ」という想いは、数度重なれば、それは立派な信仰となりうるだろう。

部品: 家庭に飾られる肖像画
はてない国人にとって多くあることだが、その家の多くに皇帝陛下の肖像画(あるいは御写真)が飾られている。
特に今代の皇帝のものを飾るものが多いが、これははてない国などは歴代皇帝の別荘などがあるため、幼少時の彼らに実際に触れるものも多いからである。
当時、あるいは現在の彼ら・彼女らの姿を日々見る事は彼らへの想いを日々募らせることに繋がる。




【大部品: 得られる加護 RD:3 評価値:3】
--部品: 魔法ならぬ魔法
--部品: 士気高揚
--部品: ヒロイック

部品: 魔法ならぬ魔法
歴代皇帝を奉る事で利するものは、実際のところ、無い。
彼らはあくまで偉業を為した敬われる人々であり、彼らが不可思議の力を持って力を授けてくれる訳ではない。
だが、それでも彼らを想えば、帝國民ならば心に沸き立つものがあるだろう。
それを魔法というならば、そうなのかもしれない。想う事で意思が強くなることもあるだろう。

部品: 士気高揚
歴代皇帝を想う事で、彼らの築いた帝國の流れの中に自分もいることをも実感し、心強くあろうと思える。
二代目皇帝・冬のツルギの体現した通り、彼らの夢を継ぎ、帝國を良くしようという士気が高まる。

部品: ヒロイック
彼らが築き、礎となった現在ある帝國や人々を護ろうという気持ちが少し強くなる。
それは自らの住む国、住む地でもあるこの帝國を護るために重責に耐えた人々への畏敬の念によるものが強い。
例え絶望的な戦いであっても、人々を護るために戦った初代皇帝・シオネの様に、ヒロイックにあろうという触発される。

たたき台 投稿者:フシミ@藩王 投稿日:2017/11/26(Sun) 21:42:33 No.533

■星鋼京神殿群

●フントシュニィ神殿
・祭神:犬の神様
・場所:吾妻騎士領地

御社:フントシュニィ神殿
星鋼京に古くから在る神殿。
元は旧奇眼系領地にあった由緒正しき神殿として知られ、今でも奇眼系国民にとっては心の拠り所である。

特徴:円形広場
神殿の正面には立派な円形広場が作られており、ここは天幕などを立てて、演奏や芝居などが行えるようになっている。
これは後述の供物の為に整備されたものである。

祭神:犬の神様
フントシュニィ神殿に祭られている神は犬の神とされている。
具体的な神格では語られず、地に住まう神々の代表として星鋼京では扱われている。

御利益:五穀豊穣
フントシュニィ神殿は広大な麦の生産地の中心に存在している。
神殿はこの地に五穀豊穣がありますように、との願いを込めて建立されたといわれる。
(これは「犬の神の眼の届くところで農業を行うことで作物に悪さを行うものを遠ざけたい」という気持ちの表れといわれている)

供物:芸能奉納
犬の神様への供物は星鋼京では芸事されている。
神様が神殿で寂しくないように、と慰撫するために舞や芝居、あるいは演奏などを持って行われる。

行事:暮れの文化祭
年末に行われる行事で、その年の恵みの感謝と来年の豊穣を願う祭りで、フントシュニィ神殿にて年を越えるまで一晩中様々な催し物を行う。
近年では藩王夫妻による演奏と歌唱が人気。

護符:四葉のクローバー
ごく稀に神殿にて演奏や上演を行った際、誰もいないはずの場所から四葉のクローバーが降ってくるといわれている。
これは犬の神からのおひねりとされており、大変演技のよいものとして知られる。



●“風鳴りの丘”
・祭神:風の神“エンプ・アーラ”
・場所:キングダム騎士領地

御社:風の丘
厳密には神を祭る建築物ではなく、地形である。
国内最高峰のシティクス山から年中風が吹きおろす場所のことであり、森に囲まれた小高い丘にある。

特徴:風の報せ
丘には様々な色の布が巻かれた棒が数多く刺され、風になびいている。
どういう所以があり、誰が最初に始めたものかは知らないが、力強い風が吹き、一斉に風に布がなびく様は壮観である。

特徴:丘のふもとの家
丘のふもとに一軒の小屋があり、たまに人が出入りしている様子がある。
星鋼京にしては珍しい、騎士というよりは戦士の様な雰囲気を漂わせた姿の男性で、国民からは丘の管理人と思われている。
また、彼の縁者なのか護民官で知られる双海環の姿も同様に見かけることがある。

祭神:風の神“エンプ・アーラ”
もともとは星鋼京では移民してきた西国系の国民から伝わったとされる神。
男神であり、暴風を司る神として知られ、その姿は黒い戦士といわれている。
なお、寄寓にも帝國の古い戦闘機に同名のものが存在する。

御利益:風が吹く
御利益と言うべきものか、風に呟き、性根が正しければ良き風が吹くと言われている。
近所の農家などは製粉に今でも風車を使うため、時折、風の神が見ている、と意識して悪行を為さぬようにしている。
また、同様に航空系I=D乗りである騎士貴族も、その猛々しさを愛し、照覧あれとその名を呟くことが在る。

供物:酒
誰が言い始めたのかは知らないが、猛々しい男性神ということで、恐らく酒が好みだろうと時折酒を置いていくものがいる。
果実酒などよりは、強めの蒸留酒などが多く、本人が喜んでいるかはさておき、男くさい酒が多い。
勘違いしたものが、麓の小屋に届けに来ることもある。

行事:大掃除
経年劣化した布が風にちぎれて飛んでいき、森の木々に引っかかっていることがあるため、それらを定期的に取り除いている。
布には自身が成し遂げたい願いなどが書かれていることもあり、捨てるのも憚られるので、定期的に双海女史が炊きあげをしている。

護符:風の訪れを報せるもの
風見鶏や風車、風鈴などの風の訪れを報せるものが縁起物として知られる。
風の神がいると信じるものは、窓辺に風を報せるものを置くことが多い。


●“精霊の森”
・祭神:精霊
・場所:星鋼京各所

御社:精霊の森
国内各所に存在する森で“鎮守の森”とも言われている。
ただの森と異なる事は寄れば直ぐに気づくことが出来る。鬱蒼とした雰囲気の中、何かの息遣いを感じ取れることがあるためだ。

特徴:精霊指定地区
これらの森の多くは、星鋼京の王妃であるクロの名の下に保護されている。
森の近くには王家の紋章の描かれた石碑が置かれており、この森が精霊の住まう家であることを証明している。
国民はこれらを王妃のユーモアであると思っている節があるが、愛する王妃の言うこともあり、そうあるかのように振舞っている。

祭神:森の精霊
星鋼京に古くから住まう森の精霊で、美しい女性の姿をしているといわれる。
元々が転封によりこの地を与えられた藩王が国を作ったという経緯があるため、彼女らは自らより先住の者であるとして、敬われている。

御利益:インスピレーション
感性豊かなものは彼女たちが住まう森を見て、そこに彼女らの姿を浮かべるものがいる。
芸術を志すものたちにとっては、格好の題材として愛されている。

供物:静寂と安寧
彼らの住まう森を荒らさず、騒がず、あるがままにする、という旨が石碑には刻まれている。
これは彼らが日々を暮らしやすくするために欠かせぬもので、騒がしさを嫌う彼女らは、人が多く入った森からは去るといわれている。

行事:特になし
静寂を好む彼女たちの為に、特に何かを行うようなことはない。
ただ、彼女たちが住みよい場所を守るために森の周囲の清掃や、流れ込む水の汚染などには十分に気を使っている。

護符: 



●皇帝廟
・祭神:歴代皇帝
・場所:白亜宮

紫門作業用枝 投稿者:紫門 投稿日:2017/11/30(Thu) 00:19:09 No.539

紫門が作業してます。アイドレスの一時保存やメモなど……

一般家屋(星鋼京版) 投稿者:紫門 投稿日:2017/11/30(Thu) 00:23:31 No.540

メモのようなものですが……
付属パーツということで、こういうもので大丈夫でしょうか……
部品数13です。

〇大きな暖炉
部品:薪をストックする
暖炉の燃料として一般的に薪を使用する。そのために大量の薪をストックする必要がある。各家庭の庭には薪を割る作業スペースと薪を置いておく小屋が設置してある。

 部品:煙を外へ逃がすための煙突
暖炉があることから、その煙を外へ逃がすための煙突が必要になってくる。家の屋根から伸びる煙突が煙を吐くさまは、生活の場を感じさせる。

〇寒気を防ぐ二重扉の玄関
 部品:雪をはらうのに用いるブラシ
二重扉は寒気を防ぐ目的以外にも、外から家の中へ入るときに雪を掃うときに便利だ。その時にはブラシが重宝する。普段からブラシを壁にかけている。

 部品:玄関の足ふきマット
雪が降っているとき、外から帰ってくると靴の裏に雪がついている。室内でも靴を履く文化の星鋼京では、そのまま家の中に入っては床が水浸しになってしまい大変なことになる。そのため二重扉の最初の扉を開けた先には必ず足ふきマットを用意している。

〇立派な寝具
 部品:羽毛布団と毛布
星鋼京の寒い夜も、羽毛布団と毛布の二重使いなら暖かい。寝室用毛布は厚手で毛足が長いものが一般的。その分寝室用の毛布は持ち運ぶには少し重い……。

〇生花を飾る贅沢
 部品:花を飾るための花瓶(焼き物)
花を美しく魅せるためには花瓶にも気を配らなければならない。焼き物として、武骨なもの、白く繊細なつくりのものなど、花に合わせて花瓶を変えるのも、この贅沢の醍醐味だ。

〇生花の温室栽培
 部品:小型のビニールハウスを利用する
寒い気候である星鋼京では、特に冬季、屋外での生花の栽培は難しい。そのため温室として小型のビニールハウスを利用して成果を栽培することが多い。温室では暖かい気候の植物も育てられるので、花をよく飾る家庭は重宝している。

 部品:スプリンクラー
ビニールハウスの中での水撒きにはスプリンクラーがあると非常に便利。寒い時期水を汲みに行く手間が省けるためかなり重宝される。

+αで家具類なんかも……
〇家具類
 部品:毛足の長い絨毯
星鋼京の絨毯は毛足が長く厚いのが特徴。主に赤を基調としたデザインが多く、縁には金糸の房が付くなど豪華。

 部品:フカフカのソファー
星鋼京で好まれているソファーは、骨組みは木で作られ、座る部分は綿がふんだんに詰められていてフカフカ。木製の部分も彫り物が入るなど、装飾がなされているものが多い。

 部品:木製で重厚感のある食器棚
食器棚は大きく、木製で重厚感がある。観音開きタイプとスライド式のものがあるが、どちらも扉部分はガラス張りで中の食器が見える作りになっている。

 部品:武骨でモダンな食器
星鋼京での一般的なものは武骨なつくりをしており、表面に釉薬を塗ってあるものやそのままの部分があるものなど見た目は多種多様だがモダンな作風がみられるものも。芸術品としても価値があり、その静と動のある姿が評価されている。

部品:ステンドグラスのランプ
星鋼京では電灯にステンドグラスの傘を被せるたり、ステンドグラスのランプを飾ったりするのが流行している。見た目もよく、その暖かな光が、寒さを視覚から和らげる。

Re: 一般家屋(星鋼京版) 投稿者:紫門 投稿日:2017/12/01(Fri) 23:44:45 No.551

部品「花はカラフルなものが好まれる」「温度調節をこまめに」「角度のついた屋根」「家庭用サウナ室」を追加し、「スプリンクラー」は削りました。

〇大きな暖炉
部品:薪をストックする
暖炉の燃料として一般的に薪を使用する。そのために大量の薪をストックする必要がある。各家庭の庭には薪を割る作業スペースと薪を置いておく小屋が設置してある。

 部品:煙を外へ逃がすための煙突
暖炉があることから、その煙を外へ逃がすための煙突が必要になってくる。家の屋根から伸びる煙突が煙を吐くさまは、生活の場を感じさせる。

〇寒気を防ぐ二重扉の玄関
 部品:雪をはらうのに用いるブラシ
二重扉は寒気を防ぐ目的以外にも、外から家の中へ入るときに雪を掃うときに便利だ。その時にはブラシが重宝する。普段からブラシを壁にかけている。

 部品:玄関の足ふきマット
雪が降っているとき、外から帰ってくると靴の裏に雪がついている。室内でも靴を履く文化の星鋼京では、そのまま家の中に入っては床が水浸しになってしまい大変なことになる。そのため二重扉の最初の扉を開けた先には必ず足ふきマットを用意している。

〇立派な寝具
 部品:羽毛布団と毛布
星鋼京の寒い夜も、羽毛布団と毛布の二重使いなら暖かい。寝室用毛布は厚手で毛足が長いものが一般的。その分寝室用の毛布は持ち運ぶには少し重い……。

〇生花を飾る贅沢
 部品:花を飾るための花瓶(焼き物)
花を美しく魅せるためには花瓶にも気を配らなければならない。焼き物として、武骨なもの、白く繊細なつくりのものなど、花に合わせて花瓶を変えるのも、この贅沢の醍醐味だ。

 部品;花はカラフルなものが好まれる
飾る花は赤や青、黄色といったカラフルなものが好まれる傾向にある。これは、星鋼京が雪に覆われ一面真っ白になることから。花を窓際に飾り、雪の白と色彩豊かな花の対比を楽しむ。

〇生花の温室栽培
 部品:小型のビニールハウスを利用する
寒い気候である星鋼京では、特に冬季、屋外での生花の栽培は難しい。そのため温室として小型のビニールハウスを利用して成果を栽培することが多い。温室では暖かい気候の植物も育てられるので、花をよく飾る家庭は重宝している。

 部品:温度調節をこまめに
星鋼京の外気は低い。室内の温度が下がると一気に花が育たない環境になってしまう。そのため温室内の温度管理を怠ってはいけない。

+αで家具類
〇家具類
 部品:毛足の長い絨毯
星鋼京の絨毯は毛足が長く厚いのが特徴。主に赤を基調としたデザインが多く、縁には金糸の房が付くなど豪華。

 部品:フカフカのソファー
星鋼京で好まれているソファーは、骨組みは木で作られ、座る部分は綿がふんだんに詰められていてフカフカ。木製の部分も彫り物が入るなど、装飾がなされているものが多い。

 部品:木製で重厚感のある食器棚
食器棚は大きく、木製で重厚感がある。観音開きタイプとスライド式のものがあるが、どちらも扉部分はガラス張りで中の食器が見える作りになっている。

 部品:武骨でモダンな食器
星鋼京での一般的なものは武骨なつくりをしており、表面に釉薬を塗ってあるものやそのままの部分があるものなど見た目は多種多様だがモダンな作風がみられるものも。芸術品としても価値があり、その静と動のある姿が評価されている。

部品:ステンドグラスのランプ
星鋼京では電灯にステンドグラスの傘を被せるたり、ステンドグラスのランプを飾ったりするのが流行している。見た目もよく、その暖かな光が、寒さを視覚から和らげる。

 部品:角度のついた屋根
雪国である星鋼京では、角度のついた屋根でないと雪の重みで屋根がつぶれてしまう。角度のついた屋根は雪を屋根から落とし、建物を雪から守ってくれる形状なのだ。

 部品:家庭用サウナ室
寒い地域ではサウナが好まれる。焼いた石に水をかけることで蒸気が発生し、室内にこもる。暖かく、健康にもよいとされるが、暑さでのぼせるのには要注意。

一般家屋(星鋼京版) 更新 投稿者:紫門 投稿日:2017/12/03(Sun) 01:32:07 No.555

細かい部品を「星鋼京の一般的な家のつくり」からコピペで流用させていただきました。

*部品構造

-大部品: 一般家屋(星鋼京版) RD:26 評価値:8
--部品: 星鋼京の様々な住居
--大部品: 家屋の外観と設備 RD:12 評価値:6
---部品: 角度のついた屋根
---部品: 星鋼京の家の外観と積雪対策
---部品: 家のメンテナンスと掃除
---部品: 水を使う場所のレイアウト
---部品: 家のキッチンと自炊の稼働率
---部品: 家の風呂場と脱衣所と洗濯機
---部品: 家庭用サウナ室
---部品: 家の水洗トイレ事情
---大部品: 大きな暖炉 RD:2 評価値:2
----部品: 薪をストックする
----部品: 煙を外へ逃がすための煙突
---部品: 家のベランダとその扱い
---部品: 家の庭と用途各種
--大部品: 家の中の家具類 RD:7 評価値:5
---大部品: 立派な寝具 RD:1 評価値:1
----部品: 羽毛布団と毛布
---部品: 星鋼京の主立った家電製品
---部品: 毛足の長い絨毯
---部品: フカフカのソファー
---部品: 木製で重厚感のある食器棚
---部品: 武骨でモダンな食器
---部品: ステンドグラスのランプ
--大部品: 寒気を防ぐ二重扉の玄関 RD:2 評価値:2
---部品: 雪をはらうのに用いるブラシ
---部品: 玄関の足ふきマット
--大部品: 生花を飾る贅沢 RD:2 評価値:2
---部品: 花を飾るための花瓶(焼き物)
---部品: 花はカラフルなものが好まれる
--大部品: 生花の温室栽培 RD:2 評価値:2
---部品: 小型のビニールハウスを利用する
---部品: 温度調節をこまめに



*部品定義

**部品: 星鋼京の様々な住居
都市部(“星都”ヒアリス=アカム)の住居は低層住宅から10階を越える高層住宅(集合住宅)、高級住宅まで様々な外観がある。

**部品: 角度のついた屋根
一戸建ての住居は角度のついた屋根が多い。これは雪国である星鋼京では、角度のついた屋根でないと雪の重みで屋根がつぶれてしまうためである。角度のついた屋根は雪を屋根から落とし、建物を雪から守ってくれる形状なのだ。


**部品: 星鋼京の家の外観と積雪対策
地区によって高さ制限があり、壁の色は白色を基調にしていることが多い。逆に都市部以外の山に近い場所、郊外の家は、他の項でも指摘があるとおり、雪に備えて、屋根を大きく取り、角度を取った外観の家が多い。

**部品: 家のメンテナンスと掃除
長期に渡って使用する(居住する)ものなので、メンテナンスは欠かせない。普段の掃除はぞうきんや掃除機などで行うが、場合によってはそれぞれの部屋で、専門の業者に依頼して整備してもらうこともあるだろう。

**部品: 水を使う場所のレイアウト
水を使う場所(台所等)の近くなど、まとめてレイアウトされていることが多い。小物を仕舞う収納が備えられていることもある。

**部品: 家のキッチンと自炊の稼働率
料理を作る場所。手料理が中心であるためこの部屋の稼働率が高い。調理器具を棚にしまうか目立つ場所に置くか、料理をする人間によって使いやすいレイアウトとなっていく場所である。

**部品: 家の風呂場と脱衣所と洗濯機
体や髪を洗うための場所。シャワーのみの場合と、浴槽が備え付けられている場合がある。湿気やすい場所なので、掃除に注意すべき。また、脱衣所がある場合、ここに洗濯機を設置する家もある。

**部品: 家庭用サウナ室
寒い地域ではサウナが好まれる。焼いた石に水をかけることで蒸気が発生し、室内にこもる。暖かく、健康にもよいとされるが、暑さでのぼせるのには要注意。

**部品: 家の水洗トイレ事情
どこの家庭にもある、水洗トイレが備えられている部屋。大きな家だと階ごとにある場合も。外に面している(窓がある)家もあれば、家の中で完結している家もある。

**部品: 薪をストックする
暖炉の燃料として一般的に薪を使用する。そのために大量の薪をストックする必要がある。各家庭の庭には薪を割る作業スペースと薪を置いておく小屋が設置してある。


**部品: 煙を外へ逃がすための煙突
暖炉があることから、その煙を外へ逃がすための煙突が必要になってくる。家の屋根から伸びる煙突が煙を吐くさまは、生活の場を感じさせる。

**部品: 家のベランダとその扱い
二階以上の家がある場合は、ベランダを備えていることがある。ここで洗濯物を干したり、外を眺めたり、時にはプランターで植物や野菜を育てたりもする。冬は余程陽が当たらないと厳しく、雪が降る場合は更に厳しいが…。

**部品: 家の庭と用途各種
集合住宅ではなく一戸建ての場合、大なり小なり庭があることが多い。子供が遊ぶ場所や、作物を育てる家庭菜園、家の外にある倉庫など、庭の用途は様々である。

**部品: 羽毛布団と毛布
星鋼京の寒い夜も、羽毛布団と毛布の二重使いなら暖かい。寝室用毛布は厚手で毛足が長いものが一般的。その分寝室用の毛布は持ち運ぶには少し重い……。


**部品: 星鋼京の主立った家電製品
星鋼京の主立った家電製品は、冷蔵庫、水道、調理用コンロ、電気ポット、炊飯器、オーブン、トースター、ミキサーなど。家電製品の生産も盛んであるため。

**部品: 毛足の長い絨毯
星鋼京の絨毯は毛足が長く厚いのが特徴。主に赤を基調としたデザインが多く、縁には金糸の房が付くなど豪華。


**部品: フカフカのソファー
星鋼京で好まれているソファーは、骨組みは木で作られ、座る部分は綿がふんだんに詰められていてフカフカ。木製の部分も彫り物が入るなど、装飾がなされているものが多い。


**部品: 木製で重厚感のある食器棚
食器棚は大きく、木製で重厚感がある。観音開きタイプとスライド式のものがあるが、どちらも扉部分はガラス張りで中の食器が見える作りになっている。


**部品: 武骨でモダンな食器
星鋼京での一般的なものは武骨なつくりをしており、表面に釉薬を塗ってあるものやそのままの部分があるものなど見た目は多種多様だがモダンな作風がみられるものも。芸術品としても価値があり、その静と動のある姿が評価されている。


**部品: ステンドグラスのランプ
星鋼京では電灯にステンドグラスの傘を被せるたり、ステンドグラスのランプを飾ったりするのが流行している。見た目もよく、その暖かな光が、寒さを視覚から和らげる。


**部品: 雪をはらうのに用いるブラシ
二重扉は寒気を防ぐ目的以外にも、外から家の中へ入るときに雪を掃うときに便利だ。その時にはブラシが重宝する。普段からブラシを壁にかけている。


**部品: 玄関の足ふきマット
雪が降っているとき、外から帰ってくると靴の裏に雪がついている。室内でも靴を履く文化の星鋼京では、そのまま家の中に入っては床が水浸しになってしまい大変なことになる。そのため二重扉の最初の扉を開けた先には必ず足ふきマットを用意している。


**部品: 花を飾るための花瓶(焼き物)
花を美しく魅せるためには花瓶にも気を配らなければならない。焼き物として、武骨なもの、白く繊細なつくりのものなど、花に合わせて花瓶を変えるのも、この贅沢の醍醐味だ。


**部品: 花はカラフルなものが好まれる
飾る花は赤や青、黄色といったカラフルなものが好まれる傾向にある。これは、星鋼京が雪に覆われ一面真っ白になることから。花を窓際に飾り、雪の白と色彩豊かな花の対比を楽しむ。


**部品: 小型のビニールハウスを利用する
寒い気候である星鋼京では、特に冬季、屋外での生花の栽培は難しい。そのため温室として小型のビニールハウスを利用して成果を栽培することが多い。温室では暖かい気候の植物も育てられるので、花をよく飾る家庭は重宝している。

**部品: 温度調節をこまめに
星鋼京の外気は低い。室内の温度が下がると一気に花が育たない環境になってしまう。そのため温室内の温度管理を怠ってはいけない。




*提出書式

大部品: 一般家屋(星鋼京版) RD:26 評価値:8
-部品: 星鋼京の様々な住居
-大部品: 家屋の外観と設備 RD:12 評価値:6
--部品: 角度のついた屋根
--部品: 星鋼京の家の外観と積雪対策
--部品: 家のメンテナンスと掃除
--部品: 水を使う場所のレイアウト
--部品: 家のキッチンと自炊の稼働率
--部品: 家の風呂場と脱衣所と洗濯機
--部品: 家庭用サウナ室
--部品: 家の水洗トイレ事情
--大部品: 大きな暖炉 RD:2 評価値:2
---部品: 薪をストックする
---部品: 煙を外へ逃がすための煙突
--部品: 家のベランダとその扱い
--部品: 家の庭と用途各種
-大部品: 家の中の家具類 RD:7 評価値:5
--大部品: 立派な寝具 RD:1 評価値:1
---部品: 羽毛布団と毛布
--部品: 星鋼京の主立った家電製品
--部品: 毛足の長い絨毯
--部品: フカフカのソファー
--部品: 木製で重厚感のある食器棚
--部品: 武骨でモダンな食器
--部品: ステンドグラスのランプ
-大部品: 寒気を防ぐ二重扉の玄関 RD:2 評価値:2
--部品: 雪をはらうのに用いるブラシ
--部品: 玄関の足ふきマット
-大部品: 生花を飾る贅沢 RD:2 評価値:2
--部品: 花を飾るための花瓶(焼き物)
--部品: 花はカラフルなものが好まれる
-大部品: 生花の温室栽培 RD:2 評価値:2
--部品: 小型のビニールハウスを利用する
--部品: 温度調節をこまめに


部品: 星鋼京の様々な住居
都市部(“星都”ヒアリス=アカム)の住居は低層住宅から10階を越える高層住宅(集合住宅)、高級住宅まで様々な外観がある。

部品: 角度のついた屋根
一戸建ての住居は角度のついた屋根が多い。これは雪国である星鋼京では、角度のついた屋根でないと雪の重みで屋根がつぶれてしまうためである。角度のついた屋根は雪を屋根から落とし、建物を雪から守ってくれる形状なのだ。


部品: 星鋼京の家の外観と積雪対策
地区によって高さ制限があり、壁の色は白色を基調にしていることが多い。逆に都市部以外の山に近い場所、郊外の家は、他の項でも指摘があるとおり、雪に備えて、屋根を大きく取り、角度を取った外観の家が多い。

部品: 家のメンテナンスと掃除
長期に渡って使用する(居住する)ものなので、メンテナンスは欠かせない。普段の掃除はぞうきんや掃除機などで行うが、場合によってはそれぞれの部屋で、専門の業者に依頼して整備してもらうこともあるだろう。

部品: 水を使う場所のレイアウト
水を使う場所(台所等)の近くなど、まとめてレイアウトされていることが多い。小物を仕舞う収納が備えられていることもある。

部品: 家のキッチンと自炊の稼働率
料理を作る場所。手料理が中心であるためこの部屋の稼働率が高い。調理器具を棚にしまうか目立つ場所に置くか、料理をする人間によって使いやすいレイアウトとなっていく場所である。

部品: 家の風呂場と脱衣所と洗濯機
体や髪を洗うための場所。シャワーのみの場合と、浴槽が備え付けられている場合がある。湿気やすい場所なので、掃除に注意すべき。また、脱衣所がある場合、ここに洗濯機を設置する家もある。

部品: 家庭用サウナ室
寒い地域ではサウナが好まれる。焼いた石に水をかけることで蒸気が発生し、室内にこもる。暖かく、健康にもよいとされるが、暑さでのぼせるのには要注意。

部品: 家の水洗トイレ事情
どこの家庭にもある、水洗トイレが備えられている部屋。大きな家だと階ごとにある場合も。外に面している(窓がある)家もあれば、家の中で完結している家もある。

部品: 薪をストックする
暖炉の燃料として一般的に薪を使用する。そのために大量の薪をストックする必要がある。各家庭の庭には薪を割る作業スペースと薪を置いておく小屋が設置してある。


部品: 煙を外へ逃がすための煙突
暖炉があることから、その煙を外へ逃がすための煙突が必要になってくる。家の屋根から伸びる煙突が煙を吐くさまは、生活の場を感じさせる。

部品: 家のベランダとその扱い
二階以上の家がある場合は、ベランダを備えていることがある。ここで洗濯物を干したり、外を眺めたり、時にはプランターで植物や野菜を育てたりもする。冬は余程陽が当たらないと厳しく、雪が降る場合は更に厳しいが…。

部品: 家の庭と用途各種
集合住宅ではなく一戸建ての場合、大なり小なり庭があることが多い。子供が遊ぶ場所や、作物を育てる家庭菜園、家の外にある倉庫など、庭の用途は様々である。

部品: 羽毛布団と毛布
星鋼京の寒い夜も、羽毛布団と毛布の二重使いなら暖かい。寝室用毛布は厚手で毛足が長いものが一般的。その分寝室用の毛布は持ち運ぶには少し重い……。


部品: 星鋼京の主立った家電製品
星鋼京の主立った家電製品は、冷蔵庫、水道、調理用コンロ、電気ポット、炊飯器、オーブン、トースター、ミキサーなど。家電製品の生産も盛んであるため。

部品: 毛足の長い絨毯
星鋼京の絨毯は毛足が長く厚いのが特徴。主に赤を基調としたデザインが多く、縁には金糸の房が付くなど豪華。


部品: フカフカのソファー
星鋼京で好まれているソファーは、骨組みは木で作られ、座る部分は綿がふんだんに詰められていてフカフカ。木製の部分も彫り物が入るなど、装飾がなされているものが多い。


部品: 木製で重厚感のある食器棚
食器棚は大きく、木製で重厚感がある。観音開きタイプとスライド式のものがあるが、どちらも扉部分はガラス張りで中の食器が見える作りになっている。


部品: 武骨でモダンな食器
星鋼京での一般的なものは武骨なつくりをしており、表面に釉薬を塗ってあるものやそのままの部分があるものなど見た目は多種多様だがモダンな作風がみられるものも。芸術品としても価値があり、その静と動のある姿が評価されている。


部品: ステンドグラスのランプ
星鋼京では電灯にステンドグラスの傘を被せるたり、ステンドグラスのランプを飾ったりするのが流行している。見た目もよく、その暖かな光が、寒さを視覚から和らげる。


部品: 雪をはらうのに用いるブラシ
二重扉は寒気を防ぐ目的以外にも、外から家の中へ入るときに雪を掃うときに便利だ。その時にはブラシが重宝する。普段からブラシを壁にかけている。


部品: 玄関の足ふきマット
雪が降っているとき、外から帰ってくると靴の裏に雪がついている。室内でも靴を履く文化の星鋼京では、そのまま家の中に入っては床が水浸しになってしまい大変なことになる。そのため二重扉の最初の扉を開けた先には必ず足ふきマットを用意している。


部品: 花を飾るための花瓶(焼き物)
花を美しく魅せるためには花瓶にも気を配らなければならない。焼き物として、武骨なもの、白く繊細なつくりのものなど、花に合わせて花瓶を変えるのも、この贅沢の醍醐味だ。


部品: 花はカラフルなものが好まれる
飾る花は赤や青、黄色といったカラフルなものが好まれる傾向にある。これは、星鋼京が雪に覆われ一面真っ白になることから。花を窓際に飾り、雪の白と色彩豊かな花の対比を楽しむ。


部品: 小型のビニールハウスを利用する
寒い気候である星鋼京では、特に冬季、屋外での生花の栽培は難しい。そのため温室として小型のビニールハウスを利用して成果を栽培することが多い。温室では暖かい気候の植物も育てられるので、花をよく飾る家庭は重宝している。

部品: 温度調節をこまめに
星鋼京の外気は低い。室内の温度が下がると一気に花が育たない環境になってしまう。そのため温室内の温度管理を怠ってはいけない。





*インポート用定義データ

[
{
"title": "一般家屋(星鋼京版)",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "星鋼京の様々な住居",
"description": "都市部(“星都”ヒアリス=アカム)の住居は低層住宅から10階を越える高層住宅(集合住宅)、高級住宅まで様々な外観がある。",
"part_type": "part",
"localID": 1
},
{
"title": "家屋の外観と設備",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "角度のついた屋根",
"description": "一戸建ての住居は角度のついた屋根が多い。これは雪国である星鋼京では、角度のついた屋根でないと雪の重みで屋根がつぶれてしまうためである。角度のついた屋根は雪を屋根から落とし、建物を雪から守ってくれる形状なのだ。\n",
"part_type": "part",
"localID": 3,
"expanded": true
},
{
"title": "星鋼京の家の外観と積雪対策",
"description": "地区によって高さ制限があり、壁の色は白色を基調にしていることが多い。逆に都市部以外の山に近い場所、郊外の家は、他の項でも指摘があるとおり、雪に備えて、屋根を大きく取り、角度を取った外観の家が多い。",
"part_type": "part",
"localID": 4,
"expanded": true
},
{
"title": "家のメンテナンスと掃除",
"description": "長期に渡って使用する(居住する)ものなので、メンテナンスは欠かせない。普段の掃除はぞうきんや掃除機などで行うが、場合によってはそれぞれの部屋で、専門の業者に依頼して整備してもらうこともあるだろう。",
"part_type": "part",
"localID": 5,
"expanded": true
},
{
"title": "水を使う場所のレイアウト",
"description": "水を使う場所(台所等)の近くなど、まとめてレイアウトされていることが多い。小物を仕舞う収納が備えられていることもある。 ",
"part_type": "part",
"localID": 6,
"expanded": true
},
{
"title": "家のキッチンと自炊の稼働率",
"description": "料理を作る場所。手料理が中心であるためこの部屋の稼働率が高い。調理器具を棚にしまうか目立つ場所に置くか、料理をする人間によって使いやすいレイアウトとなっていく場所である。 ",
"part_type": "part",
"localID": 7,
"expanded": true
},
{
"title": "家の風呂場と脱衣所と洗濯機",
"description": "体や髪を洗うための場所。シャワーのみの場合と、浴槽が備え付けられている場合がある。湿気やすい場所なので、掃除に注意すべき。また、脱衣所がある場合、ここに洗濯機を設置する家もある。 ",
"part_type": "part",
"localID": 8,
"expanded": true
},
{
"title": "家庭用サウナ室",
"description": "寒い地域ではサウナが好まれる。焼いた石に水をかけることで蒸気が発生し、室内にこもる。暖かく、健康にもよいとされるが、暑さでのぼせるのには要注意。",
"part_type": "part",
"localID": 9,
"expanded": true
},
{
"title": "家の水洗トイレ事情",
"description": "どこの家庭にもある、水洗トイレが備えられている部屋。大きな家だと階ごとにある場合も。外に面している(窓がある)家もあれば、家の中で完結している家もある。 ",
"part_type": "part",
"localID": 10
},
{
"title": "大きな暖炉",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "薪をストックする",
"description": "暖炉の燃料として一般的に薪を使用する。そのために大量の薪をストックする必要がある。各家庭の庭には薪を割る作業スペースと薪を置いておく小屋が設置してある。\n",
"part_type": "part",
"localID": 13
},
{
"title": "煙を外へ逃がすための煙突",
"description": "暖炉があることから、その煙を外へ逃がすための煙突が必要になってくる。家の屋根から伸びる煙突が煙を吐くさまは、生活の場を感じさせる。",
"part_type": "part",
"localID": 14
}
],
"localID": 12,
"expanded": true
},
{
"title": "家のベランダとその扱い",
"description": "二階以上の家がある場合は、ベランダを備えていることがある。ここで洗濯物を干したり、外を眺めたり、時にはプランターで植物や野菜を育てたりもする。冬は余程陽が当たらないと厳しく、雪が降る場合は更に厳しいが…。",
"part_type": "part",
"localID": 11
},
{
"title": "家の庭と用途各種",
"description": "集合住宅ではなく一戸建ての場合、大なり小なり庭があることが多い。子供が遊ぶ場所や、作物を育てる家庭菜園、家の外にある倉庫など、庭の用途は様々である。 ",
"part_type": "part",
"localID": 15
}
],
"localID": 2,
"expanded": true
},
{
"title": "家の中の家具類",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "立派な寝具",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "羽毛布団と毛布",
"description": "星鋼京の寒い夜も、羽毛布団と毛布の二重使いなら暖かい。寝室用毛布は厚手で毛足が長いものが一般的。その分寝室用の毛布は持ち運ぶには少し重い……。\n",
"part_type": "part",
"localID": 18
}
],
"localID": 17,
"expanded": true
},
{
"title": "星鋼京の主立った家電製品 ",
"description": "星鋼京の主立った家電製品は、冷蔵庫、水道、調理用コンロ、電気ポット、炊飯器、オーブン、トースター、ミキサーなど。家電製品の生産も盛んであるため。 ",
"part_type": "part",
"localID": 19
},
{
"title": "毛足の長い絨毯",
"description": "星鋼京の絨毯は毛足が長く厚いのが特徴。主に赤を基調としたデザインが多く、縁には金糸の房が付くなど豪華。\n",
"part_type": "part",
"localID": 20
},
{
"title": "フカフカのソファー",
"description": "星鋼京で好まれているソファーは、骨組みは木で作られ、座る部分は綿がふんだんに詰められていてフカフカ。木製の部分も彫り物が入るなど、装飾がなされているものが多い。\n",
"part_type": "part",
"localID": 21
},
{
"title": "木製で重厚感のある食器棚",
"description": "食器棚は大きく、木製で重厚感がある。観音開きタイプとスライド式のものがあるが、どちらも扉部分はガラス張りで中の食器が見える作りになっている。\n",
"part_type": "part",
"localID": 22
},
{
"title": "武骨でモダンな食器",
"description": "星鋼京での一般的なものは武骨なつくりをしており、表面に釉薬を塗ってあるものやそのままの部分があるものなど見た目は多種多様だがモダンな作風がみられるものも。芸術品としても価値があり、その静と動のある姿が評価されている。\n",
"part_type": "part",
"localID": 23
},
{
"title": "ステンドグラスのランプ",
"description": "星鋼京では電灯にステンドグラスの傘を被せるたり、ステンドグラスのランプを飾ったりするのが流行している。見た目もよく、その暖かな光が、寒さを視覚から和らげる。\n",
"part_type": "part",
"localID": 24
}
],
"localID": 16,
"expanded": true
},
{
"title": "寒気を防ぐ二重扉の玄関",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "雪をはらうのに用いるブラシ",
"description": "二重扉は寒気を防ぐ目的以外にも、外から家の中へ入るときに雪を掃うときに便利だ。その時にはブラシが重宝する。普段からブラシを壁にかけている。\n",
"part_type": "part",
"localID": 26
},
{
"title": "玄関の足ふきマット",
"description": "雪が降っているとき、外から帰ってくると靴の裏に雪がついている。室内でも靴を履く文化の星鋼京では、そのまま家の中に入っては床が水浸しになってしまい大変なことになる。そのため二重扉の最初の扉を開けた先には必ず足ふきマットを用意している。\n",
"part_type": "part",
"localID": 27
}
],
"localID": 25,
"expanded": true
},
{
"title": "生花を飾る贅沢",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "花を飾るための花瓶(焼き物)",
"description": "花を美しく魅せるためには花瓶にも気を配らなければならない。焼き物として、武骨なもの、白く繊細なつくりのものなど、花に合わせて花瓶を変えるのも、この贅沢の醍醐味だ。\n",
"part_type": "part",
"localID": 29
},
{
"title": "花はカラフルなものが好まれる",
"description": "飾る花は赤や青、黄色といったカラフルなものが好まれる傾向にある。これは、星鋼京が雪に覆われ一面真っ白になることから。花を窓際に飾り、雪の白と色彩豊かな花の対比を楽しむ。\n",
"part_type": "part",
"localID": 30
}
],
"localID": 28,
"expanded": true
},
{
"title": "生花の温室栽培",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "小型のビニールハウスを利用する",
"description": "寒い気候である星鋼京では、特に冬季、屋外での生花の栽培は難しい。そのため温室として小型のビニールハウスを利用して成果を栽培することが多い。温室では暖かい気候の植物も育てられるので、花をよく飾る家庭は重宝している。",
"part_type": "part",
"localID": 32
},
{
"title": "温度調節をこまめに",
"description": "星鋼京の外気は低い。室内の温度が下がると一気に花が育たない環境になってしまう。そのため温室内の温度管理を怠ってはいけない。\n",
"part_type": "part",
"localID": 33
}
],
"localID": 31,
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": ""
}
]

一般家屋(星鋼京版) 更新2 投稿者:紫門 投稿日:2017/12/04(Mon) 22:00:48 No.559

付け足す要素を部品「先祖から引き継いだ古く大きな家が多い」にしてみました。

*部品構造

-大部品: 一般家屋(星鋼京版) RD:27 評価値:8
--部品: 星鋼京の様々な住居
--大部品: 家屋の外観と設備 RD:13 評価値:6
---部品: 先祖から引き継いだ古く大きな家が多い
---部品: 角度のついた屋根
---部品: 星鋼京の家の外観と積雪対策
---部品: 家のメンテナンスと掃除
---部品: 水を使う場所のレイアウト
---部品: 家のキッチンと自炊の稼働率
---部品: 家の風呂場と脱衣所と洗濯機
---部品: 家庭用サウナ室
---部品: 家の水洗トイレ事情
---大部品: 大きな暖炉 RD:2 評価値:2
----部品: 薪をストックする
----部品: 煙を外へ逃がすための煙突
---部品: 家のベランダとその扱い
---部品: 家の庭と用途各種
--大部品: 家の中の家具類 RD:7 評価値:5
---大部品: 立派な寝具 RD:1 評価値:1
----部品: 羽毛布団と毛布
---部品: 星鋼京の主立った家電製品
---部品: 毛足の長い絨毯
---部品: フカフカのソファー
---部品: 木製で重厚感のある食器棚
---部品: 武骨でモダンな食器
---部品: ステンドグラスのランプ
--大部品: 寒気を防ぐ二重扉の玄関 RD:2 評価値:2
---部品: 雪をはらうのに用いるブラシ
---部品: 玄関の足ふきマット
--大部品: 生花を飾る贅沢 RD:2 評価値:2
---部品: 花を飾るための花瓶(焼き物)
---部品: 花はカラフルなものが好まれる
--大部品: 生花の温室栽培 RD:2 評価値:2
---部品: 小型のビニールハウスを利用する
---部品: 温度調節をこまめに



*部品定義

**部品: 星鋼京の様々な住居
都市部(“星都”ヒアリス=アカム)の住居は低層住宅から10階を越える高層住宅(集合住宅)、高級住宅まで様々な外観がある。

**部品: 先祖から引き継いだ古く大きな家が多い
寒い気候の星鋼京では、寒さをしのぐために命を守る場所として最初に頑丈な家を建てる。そのため、星鋼京の一戸建て家屋は職人による大きく頑丈な作りが特徴的。寒さをしのぐために家を重視するのだ。また頑丈ゆえに先祖代々住み続けることが可能。

**部品: 角度のついた屋根
一戸建ての住居は角度のついた屋根が多い。これは雪国である星鋼京では、角度のついた屋根でないと雪の重みで屋根がつぶれてしまうためである。角度のついた屋根は雪を屋根から落とし、建物を雪から守ってくれる形状なのだ。


**部品: 星鋼京の家の外観と積雪対策
地区によって高さ制限があり、壁の色は白色を基調にしていることが多い。逆に都市部以外の山に近い場所、郊外の家は、他の項でも指摘があるとおり、雪に備えて、屋根を大きく取り、角度を取った外観の家が多い。

**部品: 家のメンテナンスと掃除
長期に渡って使用する(居住する)ものなので、メンテナンスは欠かせない。普段の掃除はぞうきんや掃除機などで行うが、場合によってはそれぞれの部屋で、専門の業者に依頼して整備してもらうこともあるだろう。

**部品: 水を使う場所のレイアウト
水を使う場所(台所等)の近くなど、まとめてレイアウトされていることが多い。小物を仕舞う収納が備えられていることもある。

**部品: 家のキッチンと自炊の稼働率
料理を作る場所。手料理が中心であるためこの部屋の稼働率が高い。調理器具を棚にしまうか目立つ場所に置くか、料理をする人間によって使いやすいレイアウトとなっていく場所である。

**部品: 家の風呂場と脱衣所と洗濯機
体や髪を洗うための場所。シャワーのみの場合と、浴槽が備え付けられている場合がある。湿気やすい場所なので、掃除に注意すべき。また、脱衣所がある場合、ここに洗濯機を設置する家もある。

**部品: 家庭用サウナ室
寒い地域ではサウナが好まれる。焼いた石に水をかけることで蒸気が発生し、室内にこもる。暖かく、健康にもよいとされるが、暑さでのぼせるのには要注意。

**部品: 家の水洗トイレ事情
どこの家庭にもある、水洗トイレが備えられている部屋。大きな家だと階ごとにある場合も。外に面している(窓がある)家もあれば、家の中で完結している家もある。

**部品: 薪をストックする
暖炉の燃料として一般的に薪を使用する。そのために大量の薪をストックする必要がある。各家庭の庭には薪を割る作業スペースと薪を置いておく小屋が設置してある。


**部品: 煙を外へ逃がすための煙突
暖炉があることから、その煙を外へ逃がすための煙突が必要になってくる。家の屋根から伸びる煙突が煙を吐くさまは、生活の場を感じさせる。

**部品: 家のベランダとその扱い
二階以上の家がある場合は、ベランダを備えていることがある。ここで洗濯物を干したり、外を眺めたり、時にはプランターで植物や野菜を育てたりもする。冬は余程陽が当たらないと厳しく、雪が降る場合は更に厳しいが…。

**部品: 家の庭と用途各種
集合住宅ではなく一戸建ての場合、大なり小なり庭があることが多い。子供が遊ぶ場所や、作物を育てる家庭菜園、家の外にある倉庫など、庭の用途は様々である。

**部品: 羽毛布団と毛布
星鋼京の寒い夜も、羽毛布団と毛布の二重使いなら暖かい。寝室用毛布は厚手で毛足が長いものが一般的。その分寝室用の毛布は持ち運ぶには少し重い……。


**部品: 星鋼京の主立った家電製品
星鋼京の主立った家電製品は、冷蔵庫、水道、調理用コンロ、電気ポット、炊飯器、オーブン、トースター、ミキサーなど。家電製品の生産も盛んであるため。

**部品: 毛足の長い絨毯
星鋼京の絨毯は毛足が長く厚いのが特徴。主に赤を基調としたデザインが多く、縁には金糸の房が付くなど豪華。


**部品: フカフカのソファー
星鋼京で好まれているソファーは、骨組みは木で作られ、座る部分は綿がふんだんに詰められていてフカフカ。木製の部分も彫り物が入るなど、装飾がなされているものが多い。


**部品: 木製で重厚感のある食器棚
食器棚は大きく、木製で重厚感がある。観音開きタイプとスライド式のものがあるが、どちらも扉部分はガラス張りで中の食器が見える作りになっている。


**部品: 武骨でモダンな食器
星鋼京での一般的なものは武骨なつくりをしており、表面に釉薬を塗ってあるものやそのままの部分があるものなど見た目は多種多様だがモダンな作風がみられるものも。芸術品としても価値があり、その静と動のある姿が評価されている。


**部品: ステンドグラスのランプ
星鋼京では電灯にステンドグラスの傘を被せるたり、ステンドグラスのランプを飾ったりするのが流行している。見た目もよく、その暖かな光が、寒さを視覚から和らげる。


**部品: 雪をはらうのに用いるブラシ
二重扉は寒気を防ぐ目的以外にも、外から家の中へ入るときに雪を掃うときに便利だ。その時にはブラシが重宝する。普段からブラシを壁にかけている。


**部品: 玄関の足ふきマット
雪が降っているとき、外から帰ってくると靴の裏に雪がついている。室内でも靴を履く文化の星鋼京では、そのまま家の中に入っては床が水浸しになってしまい大変なことになる。そのため二重扉の最初の扉を開けた先には必ず足ふきマットを用意している。


**部品: 花を飾るための花瓶(焼き物)
花を美しく魅せるためには花瓶にも気を配らなければならない。焼き物として、武骨なもの、白く繊細なつくりのものなど、花に合わせて花瓶を変えるのも、この贅沢の醍醐味だ。


**部品: 花はカラフルなものが好まれる
飾る花は赤や青、黄色といったカラフルなものが好まれる傾向にある。これは、星鋼京が雪に覆われ一面真っ白になることから。花を窓際に飾り、雪の白と色彩豊かな花の対比を楽しむ。


**部品: 小型のビニールハウスを利用する
寒い気候である星鋼京では、特に冬季、屋外での生花の栽培は難しい。そのため温室として小型のビニールハウスを利用して成果を栽培することが多い。温室では暖かい気候の植物も育てられるので、花をよく飾る家庭は重宝している。

**部品: 温度調節をこまめに
星鋼京の外気は低い。室内の温度が下がると一気に花が育たない環境になってしまう。そのため温室内の温度管理を怠ってはいけない。




*提出書式

大部品: 一般家屋(星鋼京版) RD:27 評価値:8
-部品: 星鋼京の様々な住居
-大部品: 家屋の外観と設備 RD:13 評価値:6
--部品: 先祖から引き継いだ古く大きな家が多い
--部品: 角度のついた屋根
--部品: 星鋼京の家の外観と積雪対策
--部品: 家のメンテナンスと掃除
--部品: 水を使う場所のレイアウト
--部品: 家のキッチンと自炊の稼働率
--部品: 家の風呂場と脱衣所と洗濯機
--部品: 家庭用サウナ室
--部品: 家の水洗トイレ事情
--大部品: 大きな暖炉 RD:2 評価値:2
---部品: 薪をストックする
---部品: 煙を外へ逃がすための煙突
--部品: 家のベランダとその扱い
--部品: 家の庭と用途各種
-大部品: 家の中の家具類 RD:7 評価値:5
--大部品: 立派な寝具 RD:1 評価値:1
---部品: 羽毛布団と毛布
--部品: 星鋼京の主立った家電製品
--部品: 毛足の長い絨毯
--部品: フカフカのソファー
--部品: 木製で重厚感のある食器棚
--部品: 武骨でモダンな食器
--部品: ステンドグラスのランプ
-大部品: 寒気を防ぐ二重扉の玄関 RD:2 評価値:2
--部品: 雪をはらうのに用いるブラシ
--部品: 玄関の足ふきマット
-大部品: 生花を飾る贅沢 RD:2 評価値:2
--部品: 花を飾るための花瓶(焼き物)
--部品: 花はカラフルなものが好まれる
-大部品: 生花の温室栽培 RD:2 評価値:2
--部品: 小型のビニールハウスを利用する
--部品: 温度調節をこまめに


部品: 星鋼京の様々な住居
都市部(“星都”ヒアリス=アカム)の住居は低層住宅から10階を越える高層住宅(集合住宅)、高級住宅まで様々な外観がある。

部品: 先祖から引き継いだ古く大きな家が多い
寒い気候の星鋼京では、寒さをしのぐために命を守る場所として最初に頑丈な家を建てる。そのため、星鋼京の一戸建て家屋は職人による大きく頑丈な作りが特徴的。寒さをしのぐために家を重視するのだ。また頑丈ゆえに先祖代々住み続けることが可能。

部品: 角度のついた屋根
一戸建ての住居は角度のついた屋根が多い。これは雪国である星鋼京では、角度のついた屋根でないと雪の重みで屋根がつぶれてしまうためである。角度のついた屋根は雪を屋根から落とし、建物を雪から守ってくれる形状なのだ。


部品: 星鋼京の家の外観と積雪対策
地区によって高さ制限があり、壁の色は白色を基調にしていることが多い。逆に都市部以外の山に近い場所、郊外の家は、他の項でも指摘があるとおり、雪に備えて、屋根を大きく取り、角度を取った外観の家が多い。

部品: 家のメンテナンスと掃除
長期に渡って使用する(居住する)ものなので、メンテナンスは欠かせない。普段の掃除はぞうきんや掃除機などで行うが、場合によってはそれぞれの部屋で、専門の業者に依頼して整備してもらうこともあるだろう。

部品: 水を使う場所のレイアウト
水を使う場所(台所等)の近くなど、まとめてレイアウトされていることが多い。小物を仕舞う収納が備えられていることもある。

部品: 家のキッチンと自炊の稼働率
料理を作る場所。手料理が中心であるためこの部屋の稼働率が高い。調理器具を棚にしまうか目立つ場所に置くか、料理をする人間によって使いやすいレイアウトとなっていく場所である。

部品: 家の風呂場と脱衣所と洗濯機
体や髪を洗うための場所。シャワーのみの場合と、浴槽が備え付けられている場合がある。湿気やすい場所なので、掃除に注意すべき。また、脱衣所がある場合、ここに洗濯機を設置する家もある。

部品: 家庭用サウナ室
寒い地域ではサウナが好まれる。焼いた石に水をかけることで蒸気が発生し、室内にこもる。暖かく、健康にもよいとされるが、暑さでのぼせるのには要注意。

部品: 家の水洗トイレ事情
どこの家庭にもある、水洗トイレが備えられている部屋。大きな家だと階ごとにある場合も。外に面している(窓がある)家もあれば、家の中で完結している家もある。

部品: 薪をストックする
暖炉の燃料として一般的に薪を使用する。そのために大量の薪をストックする必要がある。各家庭の庭には薪を割る作業スペースと薪を置いておく小屋が設置してある。


部品: 煙を外へ逃がすための煙突
暖炉があることから、その煙を外へ逃がすための煙突が必要になってくる。家の屋根から伸びる煙突が煙を吐くさまは、生活の場を感じさせる。

部品: 家のベランダとその扱い
二階以上の家がある場合は、ベランダを備えていることがある。ここで洗濯物を干したり、外を眺めたり、時にはプランターで植物や野菜を育てたりもする。冬は余程陽が当たらないと厳しく、雪が降る場合は更に厳しいが…。

部品: 家の庭と用途各種
集合住宅ではなく一戸建ての場合、大なり小なり庭があることが多い。子供が遊ぶ場所や、作物を育てる家庭菜園、家の外にある倉庫など、庭の用途は様々である。

部品: 羽毛布団と毛布
星鋼京の寒い夜も、羽毛布団と毛布の二重使いなら暖かい。寝室用毛布は厚手で毛足が長いものが一般的。その分寝室用の毛布は持ち運ぶには少し重い……。


部品: 星鋼京の主立った家電製品
星鋼京の主立った家電製品は、冷蔵庫、水道、調理用コンロ、電気ポット、炊飯器、オーブン、トースター、ミキサーなど。家電製品の生産も盛んであるため。

部品: 毛足の長い絨毯
星鋼京の絨毯は毛足が長く厚いのが特徴。主に赤を基調としたデザインが多く、縁には金糸の房が付くなど豪華。


部品: フカフカのソファー
星鋼京で好まれているソファーは、骨組みは木で作られ、座る部分は綿がふんだんに詰められていてフカフカ。木製の部分も彫り物が入るなど、装飾がなされているものが多い。


部品: 木製で重厚感のある食器棚
食器棚は大きく、木製で重厚感がある。観音開きタイプとスライド式のものがあるが、どちらも扉部分はガラス張りで中の食器が見える作りになっている。


部品: 武骨でモダンな食器
星鋼京での一般的なものは武骨なつくりをしており、表面に釉薬を塗ってあるものやそのままの部分があるものなど見た目は多種多様だがモダンな作風がみられるものも。芸術品としても価値があり、その静と動のある姿が評価されている。


部品: ステンドグラスのランプ
星鋼京では電灯にステンドグラスの傘を被せるたり、ステンドグラスのランプを飾ったりするのが流行している。見た目もよく、その暖かな光が、寒さを視覚から和らげる。


部品: 雪をはらうのに用いるブラシ
二重扉は寒気を防ぐ目的以外にも、外から家の中へ入るときに雪を掃うときに便利だ。その時にはブラシが重宝する。普段からブラシを壁にかけている。


部品: 玄関の足ふきマット
雪が降っているとき、外から帰ってくると靴の裏に雪がついている。室内でも靴を履く文化の星鋼京では、そのまま家の中に入っては床が水浸しになってしまい大変なことになる。そのため二重扉の最初の扉を開けた先には必ず足ふきマットを用意している。


部品: 花を飾るための花瓶(焼き物)
花を美しく魅せるためには花瓶にも気を配らなければならない。焼き物として、武骨なもの、白く繊細なつくりのものなど、花に合わせて花瓶を変えるのも、この贅沢の醍醐味だ。


部品: 花はカラフルなものが好まれる
飾る花は赤や青、黄色といったカラフルなものが好まれる傾向にある。これは、星鋼京が雪に覆われ一面真っ白になることから。花を窓際に飾り、雪の白と色彩豊かな花の対比を楽しむ。


部品: 小型のビニールハウスを利用する
寒い気候である星鋼京では、特に冬季、屋外での生花の栽培は難しい。そのため温室として小型のビニールハウスを利用して成果を栽培することが多い。温室では暖かい気候の植物も育てられるので、花をよく飾る家庭は重宝している。

部品: 温度調節をこまめに
星鋼京の外気は低い。室内の温度が下がると一気に花が育たない環境になってしまう。そのため温室内の温度管理を怠ってはいけない。





*インポート用定義データ

[
{
"title": "一般家屋(星鋼京版)",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "星鋼京の様々な住居",
"description": "都市部(“星都”ヒアリス=アカム)の住居は低層住宅から10階を越える高層住宅(集合住宅)、高級住宅まで様々な外観がある。",
"part_type": "part",
"localID": 1,
"expanded": true
},
{
"title": "家屋の外観と設備",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "先祖から引き継いだ古く大きな家が多い",
"description": "寒い気候の星鋼京では、寒さをしのぐために命を守る場所として最初に頑丈な家を建てる。そのため、星鋼京の一戸建て家屋は職人による大きく頑丈な作りが特徴的。寒さをしのぐために家を重視するのだ。また頑丈ゆえに先祖代々住み続けることが可能。",
"part_type": "part",
"localID": 3
},
{
"title": "角度のついた屋根",
"description": "一戸建ての住居は角度のついた屋根が多い。これは雪国である星鋼京では、角度のついた屋根でないと雪の重みで屋根がつぶれてしまうためである。角度のついた屋根は雪を屋根から落とし、建物を雪から守ってくれる形状なのだ。\n",
"part_type": "part",
"localID": 4,
"expanded": true
},
{
"title": "星鋼京の家の外観と積雪対策",
"description": "地区によって高さ制限があり、壁の色は白色を基調にしていることが多い。逆に都市部以外の山に近い場所、郊外の家は、他の項でも指摘があるとおり、雪に備えて、屋根を大きく取り、角度を取った外観の家が多い。",
"part_type": "part",
"localID": 5,
"expanded": true
},
{
"title": "家のメンテナンスと掃除",
"description": "長期に渡って使用する(居住する)ものなので、メンテナンスは欠かせない。普段の掃除はぞうきんや掃除機などで行うが、場合によってはそれぞれの部屋で、専門の業者に依頼して整備してもらうこともあるだろう。",
"part_type": "part",
"localID": 6,
"expanded": true
},
{
"title": "水を使う場所のレイアウト",
"description": "水を使う場所(台所等)の近くなど、まとめてレイアウトされていることが多い。小物を仕舞う収納が備えられていることもある。 ",
"part_type": "part",
"localID": 7,
"expanded": true
},
{
"title": "家のキッチンと自炊の稼働率",
"description": "料理を作る場所。手料理が中心であるためこの部屋の稼働率が高い。調理器具を棚にしまうか目立つ場所に置くか、料理をする人間によって使いやすいレイアウトとなっていく場所である。 ",
"part_type": "part",
"localID": 8,
"expanded": true
},
{
"title": "家の風呂場と脱衣所と洗濯機",
"description": "体や髪を洗うための場所。シャワーのみの場合と、浴槽が備え付けられている場合がある。湿気やすい場所なので、掃除に注意すべき。また、脱衣所がある場合、ここに洗濯機を設置する家もある。 ",
"part_type": "part",
"localID": 9,
"expanded": true
},
{
"title": "家庭用サウナ室",
"description": "寒い地域ではサウナが好まれる。焼いた石に水をかけることで蒸気が発生し、室内にこもる。暖かく、健康にもよいとされるが、暑さでのぼせるのには要注意。",
"part_type": "part",
"localID": 10,
"expanded": true
},
{
"title": "家の水洗トイレ事情",
"description": "どこの家庭にもある、水洗トイレが備えられている部屋。大きな家だと階ごとにある場合も。外に面している(窓がある)家もあれば、家の中で完結している家もある。 ",
"part_type": "part",
"localID": 11
},
{
"title": "大きな暖炉",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "薪をストックする",
"description": "暖炉の燃料として一般的に薪を使用する。そのために大量の薪をストックする必要がある。各家庭の庭には薪を割る作業スペースと薪を置いておく小屋が設置してある。\n",
"part_type": "part",
"localID": 13
},
{
"title": "煙を外へ逃がすための煙突",
"description": "暖炉があることから、その煙を外へ逃がすための煙突が必要になってくる。家の屋根から伸びる煙突が煙を吐くさまは、生活の場を感じさせる。",
"part_type": "part",
"localID": 14
}
],
"localID": 12,
"expanded": true
},
{
"title": "家のベランダとその扱い",
"description": "二階以上の家がある場合は、ベランダを備えていることがある。ここで洗濯物を干したり、外を眺めたり、時にはプランターで植物や野菜を育てたりもする。冬は余程陽が当たらないと厳しく、雪が降る場合は更に厳しいが…。",
"part_type": "part",
"localID": 15
},
{
"title": "家の庭と用途各種",
"description": "集合住宅ではなく一戸建ての場合、大なり小なり庭があることが多い。子供が遊ぶ場所や、作物を育てる家庭菜園、家の外にある倉庫など、庭の用途は様々である。 ",
"part_type": "part",
"localID": 16
}
],
"localID": 2,
"expanded": true
},
{
"title": "家の中の家具類",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "立派な寝具",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "羽毛布団と毛布",
"description": "星鋼京の寒い夜も、羽毛布団と毛布の二重使いなら暖かい。寝室用毛布は厚手で毛足が長いものが一般的。その分寝室用の毛布は持ち運ぶには少し重い……。\n",
"part_type": "part",
"localID": 19
}
],
"localID": 18,
"expanded": true
},
{
"title": "星鋼京の主立った家電製品 ",
"description": "星鋼京の主立った家電製品は、冷蔵庫、水道、調理用コンロ、電気ポット、炊飯器、オーブン、トースター、ミキサーなど。家電製品の生産も盛んであるため。 ",
"part_type": "part",
"localID": 20
},
{
"title": "毛足の長い絨毯",
"description": "星鋼京の絨毯は毛足が長く厚いのが特徴。主に赤を基調としたデザインが多く、縁には金糸の房が付くなど豪華。\n",
"part_type": "part",
"localID": 21
},
{
"title": "フカフカのソファー",
"description": "星鋼京で好まれているソファーは、骨組みは木で作られ、座る部分は綿がふんだんに詰められていてフカフカ。木製の部分も彫り物が入るなど、装飾がなされているものが多い。\n",
"part_type": "part",
"localID": 22
},
{
"title": "木製で重厚感のある食器棚",
"description": "食器棚は大きく、木製で重厚感がある。観音開きタイプとスライド式のものがあるが、どちらも扉部分はガラス張りで中の食器が見える作りになっている。\n",
"part_type": "part",
"localID": 23
},
{
"title": "武骨でモダンな食器",
"description": "星鋼京での一般的なものは武骨なつくりをしており、表面に釉薬を塗ってあるものやそのままの部分があるものなど見た目は多種多様だがモダンな作風がみられるものも。芸術品としても価値があり、その静と動のある姿が評価されている。\n",
"part_type": "part",
"localID": 24
},
{
"title": "ステンドグラスのランプ",
"description": "星鋼京では電灯にステンドグラスの傘を被せるたり、ステンドグラスのランプを飾ったりするのが流行している。見た目もよく、その暖かな光が、寒さを視覚から和らげる。\n",
"part_type": "part",
"localID": 25
}
],
"localID": 17,
"expanded": false
},
{
"title": "寒気を防ぐ二重扉の玄関",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "雪をはらうのに用いるブラシ",
"description": "二重扉は寒気を防ぐ目的以外にも、外から家の中へ入るときに雪を掃うときに便利だ。その時にはブラシが重宝する。普段からブラシを壁にかけている。\n",
"part_type": "part",
"localID": 27
},
{
"title": "玄関の足ふきマット",
"description": "雪が降っているとき、外から帰ってくると靴の裏に雪がついている。室内でも靴を履く文化の星鋼京では、そのまま家の中に入っては床が水浸しになってしまい大変なことになる。そのため二重扉の最初の扉を開けた先には必ず足ふきマットを用意している。\n",
"part_type": "part",
"localID": 28
}
],
"localID": 26,
"expanded": false
},
{
"title": "生花を飾る贅沢",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "花を飾るための花瓶(焼き物)",
"description": "花を美しく魅せるためには花瓶にも気を配らなければならない。焼き物として、武骨なもの、白く繊細なつくりのものなど、花に合わせて花瓶を変えるのも、この贅沢の醍醐味だ。\n",
"part_type": "part",
"localID": 30
},
{
"title": "花はカラフルなものが好まれる",
"description": "飾る花は赤や青、黄色といったカラフルなものが好まれる傾向にある。これは、星鋼京が雪に覆われ一面真っ白になることから。花を窓際に飾り、雪の白と色彩豊かな花の対比を楽しむ。\n",
"part_type": "part",
"localID": 31
}
],
"localID": 29,
"expanded": false
},
{
"title": "生花の温室栽培",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "小型のビニールハウスを利用する",
"description": "寒い気候である星鋼京では、特に冬季、屋外での生花の栽培は難しい。そのため温室として小型のビニールハウスを利用して成果を栽培することが多い。温室では暖かい気候の植物も育てられるので、花をよく飾る家庭は重宝している。",
"part_type": "part",
"localID": 33
},
{
"title": "温度調節をこまめに",
"description": "星鋼京の外気は低い。室内の温度が下がると一気に花が育たない環境になってしまう。そのため温室内の温度管理を怠ってはいけない。\n",
"part_type": "part",
"localID": 34
}
],
"localID": 32,
"expanded": false
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": ""
}
]

アッサム18メモ 投稿者:紫門 投稿日:2017/12/13(Wed) 23:27:47 No.577

アッサム18用メモ

小さな花を育てる メモ 投稿者:紫門 投稿日:2017/12/13(Wed) 23:28:49 No.578

小さな花を育てる。 難易2
提出条件
・藩国内に花屋がないと難易が+10される。
・藩国内に食料生産地(しかも農地)がないと難易が+10される。
・西国、北国、はてない国はそもそも難易が5増える(環境が厳しいため)
・前提としてその藩国のたいていのものが出来なければ意味がない。
・基幹部隊の構成、支援内容は提出アイドレスに記述された内容のみ受け付ける。

難易度 7

一般家屋(星鋼京版) サイモン RD:27 評価:8
http://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=159530
(小型ビニールハウスの記述から)
バザール 蓮田屋 藤乃 RD:13 評価:6
http://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=94048
(部品「バザールの取り扱い物資類」に生花の取り扱い記述がある)


8+5=12
小さな花を育てよう
部品:バザールから花を購入する。
花を入手するためにはどうしたらいいだろうか。そんな疑問を感じたら、バザールへ行くのがいいだろう。バザールでは生花も取り扱っている。そこで種や花を買って帰り、家で育てるのが良い。

部品:寒さから花を守る
星鋼京は気温が低く、屋外では花を育てることができない。そのため、各家庭の小型ビニールハウスを利用して花を栽培する。温度調節もしっかりと。

部品:適切に水をあげる
花には種類によって必要な水の量が違ってくる。水をあげすぎると根が腐ってしまい、枯れてしまうので注意が必要。育て方や水の量は花を売ってる人に聞くと教えてくれるかも。

軍人税12名分名前 投稿者:紫門 投稿日:2017/12/15(Fri) 00:21:19 No.586

男性
アルヴァ=ハルトマン
クラーク=ディッテンベルガー
ヒューゴ=エムバース
イアン=ヘイヤー
アベル=ケヴィッツ
カイン=ケヴィッツ
女性
アンネ=ガブリー
セシル=ラガーフェルド
ドロシー=シュラック
グレタ=ハルデンベルク
マルグレット=ヘルダー
マリー=アンソニー

近衛兵を用いた治安維持活動 案 投稿者:紫門 投稿日:2017/12/16(Sat) 05:10:27 No.601

近衛兵を用いた治安維持活動(T22)

主力
設定国民(星鋼京/近衛兵・改) RD:57 評価値:10
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=146900

支援(コンボ)
治安維持作戦ガイドライン RD:14 評価値:6
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=124286
(治安維持のガイドラインについて記述あり)
藩国交番(星鋼京T22版) RD:53 評価値:9
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=127738
藩国消防団(星鋼京T22版) RD:61 評価値:10
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=127735
(警察や消防との連携のため)
設定国民(星鋼京/機工職人) RD:55 評価:9
ttp://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/159944
(車両やI=Dの整備)
救急車 RD:26 評価値:8
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=142207
(重傷者の搬送のため)

10+5+5=20


部品:治安維持の目標と概要
治安維持とは、国民の平和な日常と財産を守ることを第一の目標とする。日々の活動によりこの目標を達成させる。そのために、官民が協力して、国は法令の制定・遵守、部隊や組織を運営、国民は国の規定を守り、避難訓練の実施や不審者・不審物を通報するなどしていく。

部品:治安維持のためのガイドラインの把握
治安維持のために、ガイドラインを作成したのちに近衛兵全体で把握する。そして、任務にあたる際はそのガイドラインに沿って行動する。

大部品:日常での治安維持活動
部品:日々の警らにより不安を取り除く
近衛兵による日々の警らにより、犯罪行為を事前に抑制する効果がある。また、警らにより国民の不安を取り除くこともできる。警らでは、犯罪を起こしうる人物・組織について調査することもある。

部品:任務中は二人一組でバディを組む
編成として、常に二人でバディを組み、バディ同士、また別のバディとも報連相を心がける。警ら中に何か起きた際は一人が対応にあたり、もう一人が本部に連絡を入れて増援を要請する。

部品:車両やI=Dの整備を事前にしっかりしておく
いざというときに車両で出動できないのでは意味がない。日課としてパトカーや救急車、消防ポンプ車、などを整備しておく。同様にI=Dもいつでも出撃可能なように整備する。

部品:警察や消防などのほかの組織との連携する
組織内だけでなく、ほかの組織(警察や消防)と連携し、治安維持に努めることも有効である。お互いの不得意な分野をカバーしあうことで、円滑に治安維持活動を行うことができる。ただし、関係のない組織への情報流出に注意するべし。

部品:国民とのコミュニケーションによる連携
その土地、その場所に明るいのは実際にそこに住んでいる住民である。そのため、国民とのコミュニケーションによる連携が必要である。国民へのヒアリングなどで犯罪が起きやすい危険個所などを知ることができる。

大部品:緊急時の対応
部品:通報があった時の対応
通報があった際は、通報者から場所と状況を聞き出す。通報者が興奮している場合は落ち着いて話すよう促す。そして、通報内容によって対策を即座に考えて行動に移す。

部品:国民の避難を優先する
緊急事態が起きた場合、国民の命が最優先である。大規模な災害やテロなどでパニック状態の人々を速やかに避難させることが、多くの人命を助けるカギとなる。

部品:不審物への対策
不審物を発見した場合、危険なものであるか慎重に調べるべきである。爆発物や薬物である場合、住人を遠ざけてから処理班が対応する。

部品:犯罪者を取り押さえる
犯罪行為を発見、もしくは通報がありかけつけた場合、まずは状況をしっかり把握し抵抗するようであれば増援を要請する。相手が武器を持っている場合でなおかつ人質がいる場合、人命を考え、まず人質を解放するよう説得する。人質が離れてから取り押さえる。相手が逃げた場合は連携して車両などを使って追跡する。

部品:けが人が出た時には
けがの重さによって対応を変え、状況によっては救急車を手配する。軽傷の場合は各自で病院に行ってもらう。骨折などの重傷の場合は救急車で病院に搬送する。

部品:テロが起きた際の対応方法
人通りが多い場所などはテロの現場になりやすい。そういった場所を重点的に見回りするべきだが、いざ起きてしまった時の対応を事前に考えておかなければならない。
国民を現場から避難させる。その後テロの実行犯を取り押さえる。
火災が起きた場合は消防団と連携して火を消す。

広域防災基地 投稿者:紫門 投稿日:2017/12/25(Mon) 00:12:01 No.624

*部品構造

-大部品: 広域防災基地 RD:50 評価値:9
--大部品: 広域防災基地とは何かの説明 RD:3 評価値:3
---部品: どんな時に使われるかなどの概要
---部品: 国の最後の砦ともいえる
---部品: 緊急時は国の重要機関がこの基地にシフトされる
--大部品: 基地内の各施設と設備 RD:36 評価値:8
---部品: 災害対策本部の施設
---部品: 通信管理室
---部品: 災害医療センター
---大部品: 救急車 RD:26 評価値:8
----大部品: 救急車の概説 RD:7 評価値:5
-----部品: 救急車の定義
-----部品: 救急車の運用
-----部品: 救急車の人員
-----部品: 救急車の国別状況
-----部品: 救急車の運用機関
-----部品: 救急車の連絡管理
-----部品: 救急車の優先走行
----大部品: 救急車の装備 RD:11 評価値:6
-----部品: 救急車の車内内容
-----部品: 広いように見えても
-----部品: プライバシーの配慮
-----部品: 整理整頓は大事
-----部品: 救急車の医療機器例
-----部品: 筆記用具セットなど
-----部品: 観察用器材セット類
-----部品: 患者を安全に輸送するために
-----部品: 救急車の車体上部警告灯
-----部品: サイレン・警告音出力装置
-----部品: 救急連絡無線機
----大部品: 自動車 RD:8 評価値:5
-----部品: 自動車とは
-----大部品: 構造 RD:7 評価値:5
------部品: 車体
------部品: 原動機
------部品: 動力伝達
------部品: 操舵装置
------部品: 制動・拘束装置
------部品: 運転装置
------部品: 公害対策
---部品: 災害用消防署
---部品: 軍用と医療用の共用ヘリポート
---部品: 飛行機、I=D用滑走路
---部品: 軍の駐屯地
---大部品: 物資備蓄庫 RD:2 評価値:2
----部品: 生活必需品
----部品: 非常用食料関係
---部品: 非常用電源
--大部品: 基地内にある各構成機関 RD:5 評価値:4
---部品: 政府組織
---部品: 災害復興技術班
---部品: 災害対策にあたる軍
---部品: 医療関係組織
---部品: 消防庁(支部)
--大部品: 普段の基地の様子 RD:6 評価値:4
---部品: 軍を配備し災害に備える
---部品: 医療研修機関としての利用
---部品: 消防署の訓練の場にもなる
---部品: イベントを開催して国民の防災意識を高める
---部品: 備蓄食料は期限までに交換すること
---部品: 日々の設備の点検はおろそかにしない



*部品定義

**部品: どんな時に使われるかなどの概要
広域防災基地とは、首都が大規模災害や大規模な侵攻による戦闘などの非常事態に陥り首都として機能しなくなった際に、国の機能を再開するための拠点である。

**部品: 国の最後の砦ともいえる
首都の機能を維持する施設が備わった基地であり、国の復興のための最終手段として使用される。そのため国の最後の砦ともいえる。基地内の建物はすべて大規模な地震も耐えうる頑丈な造りになっている。

**部品: 緊急時は国の重要機関がこの基地にシフトされる
緊急時は国の重要機関がこの基地にシフトされる。首都にある重要機関での活動をこの基地に移して平時の国としての活動を何としても維持する。

**部品: 災害対策本部の施設
この施設の中には臨時の政府、災害対策本部などが活動するための会議室などの設備が整っている。国の要人が集まる場所でもあるので基地内の建物の中でも最も強度が高い。

**部品: 通信管理室
災害が起きた際には情報の伝達と管理が重要になってくる。そのためこの施設で各地の基地や領主と通信し、適切な情報を発信する。施設内にはPCや電話などが多数完備されている。

**部品: 災害医療センター
大規模な災害や侵略に遭った際には、必ずと言っていいほど医療が必要になってくる。この災害医療センターは、非常時は病院として機能し、また、派遣された医師や看護師たちの拠点にもなる。

**部品: 救急車の定義
救急車は、傷病者を病院などの医療施設まで迅速かつ安全に搬送するための車両のことである。その運用は各藩国の法令により様々な形態をとる。

**部品: 救急車の運用
人工心臓マッサージ器や人工呼吸器、検査装置等の医療機械を搭載し、医療機関搬送前の現場などへ直接出動する。

**部品: 救急車の人員
救急車に搭乗する人員は、運転手、医師、救急隊員などである。国・地域によって、搭乗すべき人員が定められている。運転手も救急現場では救急活動に携わることがほとんどである。

**部品: 救急車の国別状況
救急車を運用する機関は、主として医療機関、救急専門機関、消防機関などであるが、国によって状況は大きく異なる。

**部品: 救急車の運用機関
自治体や中央政府が主要な救急車運用機関のこともあるが、民間企業(緊急医療サービス)が有料で救急搬送を実施している地域やボランティアが担っている地域も存在する。

**部品: 救急車の連絡管理
多くの国・地域では、救急車を必要としている人が救急車を迅速に呼べるようにするため、救急車を集中的に管理する施設を設置し、救急車の出動を要請する連絡先を一元的に管理している。

**部品: 救急車の優先走行
救急車は迅速性が求められることから、多くの国・地域で優先走行が認められている。例えば、停止信号でも優先的に進行したり、渋滞時には対向車線を走行するなどといった、他車に対する優先的な走行が可能となっている。

**部品: 救急車の車内内容
装備は、車両を所有する病院によって装備の内容が少しずつ異なっており画一化されていないが、通信・情報機器が備えられている事が多い。

**部品: 広いように見えても
外から見ると広いように見えるが、医療器具を乗せ後ろのドアから成人男性が横になっても十分な大きさのストレッチャーごと収納すると搭乗する職員以外には補助席に1〜2人くらいが限度となる。

**部品: プライバシーの配慮
患者のプライバシーを確保するため、外から中が見えにくいように工夫された窓やカーテンが装備されている。もちろん運転には支障がないように配慮されている。

**部品: 整理整頓は大事
狭い車内で処置を行えるように物品の整理整頓は大事である。医療機器の整備点検、消耗品の補充や使用期限切れがないように定期的に行っている。

**部品: 救急車の医療機器例
医療機器(ストレッチャー(または担架)医療用酸素ボンベ一式、患者モニター、除細動器(AED)、シリンジポンプ、輸液ポンプ)

**部品: 筆記用具セットなど
ハサミ、鉛筆やボールペン、メモ用紙等の記録用紙、計算機。病院へと引き継ぐために患者の状態や行った処置、使用薬品等記録を残したり処置に使用したりする。

**部品: 観察用器材セット類
聴診器、血圧計、ペンライト、パルスオキシメーター等患者の状態を把握するための道具類。今後の治療の指針となる。

**部品: 患者を安全に輸送するために
速やかに搬送させるため、ストレッチャーは車体に固定されるようになっている。医療器材も同様で激しい揺れに対応出来るようにしている。

**部品: 救急車の車体上部警告灯
車体上部に取り付けるワーニングライトである。LED式警光灯と軽量かつ低容積へと加工性の高い軽金属で作られていることが多い。

**部品: サイレン・警告音出力装置
特徴のある警告音で周囲の車両に知らせるための機構。マイクが備え付けられており、運転手が直接声で情報や指示を出すことができる。

**部品: 救急連絡無線機
病院や他の救急車に相互連絡できるシステム。サイレン・警光灯などと共に集中制御出来る制御盤が接続されダッシュボードに装備されている。

**部品: 自動車とは
自動車とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、レールや架線などを用いずに路上を走る車のことである。

**部品: 車体
車体は主に鋼鉄を使用したモノコック方式で作成されており、その車種の用途に応じた居住性、剛性、強度を備える。

**部品: 原動機
動力を発生させる内燃機関。シリンダー内で燃料を爆発させピストンの往復運動をクランクシャフトで回転運動に変換して出力する。

**部品: 動力伝達
原動機が効率的に出力を発揮する回転速度から、走行に適した回転速度へと変速機によって減速される。複数のギヤ比によってトルクと回転数を操作する。ここからシャフトへ動力を伝えタイヤを回転させることで走行する。

**部品: 操舵装置
操舵は前輪の方向を変えて車体を旋回させる前輪操舵方式が一般的で、ハンドルの回転は機構を介して車輪を左右に押す作用に換えられる。油圧やモーターによって操作を補助する機構が組み込まれている。

**部品: 制動・拘束装置
ブレーキの操作は、主に足踏み式のペダルで行う。ペダルに加えられた力は油圧や空気圧を介してブレーキ装置に伝達し、摩擦材を回転部分に押しつけ、運動エネルギーを熱エネルギーに変換してスピードを落とす。駐車時に車体が動き出さないように拘束するパーキングブレーキが備えられている。

**部品: 運転装置
運転者の座席は座部と背もたれを備えた椅子形のものが主流で、運転席の正面には操舵用のハンドルと加速用のアクセルペダルと減速用のブレーキペダル、あるいはクラッチペダルが備えられているのが標準的な自動車の構造である。

**部品: 公害対策
有毒な排気ガスは触媒を通し加熱する事で毒性を取り除き、駆動音などによる騒音は法令で一定以下になるよう義務付けられている。

**部品: 災害用消防署
災害時に火災が発生した場合は速やかに消火活動を行わなければ、二次被害、三次被害に繋がりかねない。この消防署は災害時に速やかに首都圏や各地へ出動できるよう常に備えをしている。

**部品: 軍用と医療用の共用ヘリポート
このヘリポートは軍のヘリとドクターヘリが共用できるもので、少し離れた位置に4カ所配置されている。基本その施設に近い場所のヘリポートを使う。

**部品: 飛行機、I=D用滑走路
飛行機とI=Dが使う滑走路で、首都が大規模侵攻に遭った際はすぐに出動できるようになっている。滑走路は4つある。

**部品: 軍の駐屯地
大規模侵攻で首都が壊滅状態にあるとき、軍は敵に反撃するため出動しなければならない。そうでなくても、各地の治安維持のために基地内に軍を配備し、いざというときに備える。

**部品: 生活必需品
備蓄庫にある物資……ライト、ろうそく、マッチ、ロープ、ブルーシート、軍手、ガムテープ、カイロ、非常用トイレ、ポリ袋(黒)、ビニール袋、ウエットティッシュ

**部品: 非常用食料関係
備蓄庫にある物資……非常食(レトルト食品、乾パン、保存用缶入りパン)、水、カセットコンロ、コンロ用ガスボンベ

**部品: 非常用電源
災害時は電気が通っていない可能性がある。そのため、非常用電源を備え、すぐに電気がつくようにすることが必要。

**部品: 政府組織
政府組織がいなければ国は重要な局面で決断ができない。そのため基地で政府組織を再建しつつ、災害や大規模侵攻の対策にあたる。

**部品: 災害復興技術班
復興するためには各分野の技術や知識が必要である。この組織は、そういった各分野の知識人たちが集まり、対策案に対して助言するためのものである。

**部品: 災害対策にあたる軍
災害対策にあたるための軍が駐屯地に滞在している。これは、侵攻以外にも、災害で民間だけでは片づけられない作業(大きなものを移動させる、国民の士気を高めるなど)を行うためである。

**部品: 医療関係組織
医療は災害時必須である。医療関係者で災害時の対策用に組織を結成し、災害医療センターを基地として活動する。

**部品: 消防庁(支部)
消防庁の支部として機能し、消防活動にあたるための情報管理などがいつでもこの基地へシフトできるようになっている。

**部品: 軍を配備し災害に備える
滑走路やヘリポートがあることから、軍の配備場所として訓練にも使える。この訓練のおかげで緊急時の対応を即座に開始することができる。

**部品: 医療研修機関としての利用
災害医療センターは災害医療の研修機関として平時は運営されている。ここでは医師や看護師たちが災害時にすぐ対応にあたることができるよう訓練している。

**部品: 消防署の訓練の場にもなる
基地内の消防署は平時の時は通常の消防署と同じように機能している。危険な場所に踏み込む職業であるため、日々の訓練、技術の向上が実際の現場で役に立つ。

**部品: イベントを開催して国民の防災意識を高める
国民の防災意識を高めるためにイベントを開催する。地震の揺れを体験するコーナーや軍の飛行機やヘリ、I=Dなどの記念撮影などができる。また応急手当や人工呼吸などの簡単な医療知識の体験も行っている。

**部品: 備蓄食料は期限までに交換すること
備蓄分の食料は消費期限が長いがそれでもいずれは食べられなくなる。その前にイベントで非常食体験として来場者に配るなどして交換する。

**部品: 日々の設備の点検はおろそかにしない
いざというときに設備が使えないのでは意味がない。日々の各施設や設備の点検はおろそかにしないこと。最低でも半年に一回の点検を心掛ける。



*提出書式

大部品: 広域防災基地 RD:50 評価値:9
-大部品: 広域防災基地とは何かの説明 RD:3 評価値:3
--部品: どんな時に使われるかなどの概要
--部品: 国の最後の砦ともいえる
--部品: 緊急時は国の重要機関がこの基地にシフトされる
-大部品: 基地内の各施設と設備 RD:36 評価値:8
--部品: 災害対策本部の施設
--部品: 通信管理室
--部品: 災害医療センター
--大部品: 救急車 RD:26 評価値:8
---大部品: 救急車の概説 RD:7 評価値:5
----部品: 救急車の定義
----部品: 救急車の運用
----部品: 救急車の人員
----部品: 救急車の国別状況
----部品: 救急車の運用機関
----部品: 救急車の連絡管理
----部品: 救急車の優先走行
---大部品: 救急車の装備 RD:11 評価値:6
----部品: 救急車の車内内容
----部品: 広いように見えても
----部品: プライバシーの配慮
----部品: 整理整頓は大事
----部品: 救急車の医療機器例
----部品: 筆記用具セットなど
----部品: 観察用器材セット類
----部品: 患者を安全に輸送するために
----部品: 救急車の車体上部警告灯
----部品: サイレン・警告音出力装置
----部品: 救急連絡無線機
---大部品: 自動車 RD:8 評価値:5
----部品: 自動車とは
----大部品: 構造 RD:7 評価値:5
-----部品: 車体
-----部品: 原動機
-----部品: 動力伝達
-----部品: 操舵装置
-----部品: 制動・拘束装置
-----部品: 運転装置
-----部品: 公害対策
--部品: 災害用消防署
--部品: 軍用と医療用の共用ヘリポート
--部品: 飛行機、I=D用滑走路
--部品: 軍の駐屯地
--大部品: 物資備蓄庫 RD:2 評価値:2
---部品: 生活必需品
---部品: 非常用食料関係
--部品: 非常用電源
-大部品: 基地内にある各構成機関 RD:5 評価値:4
--部品: 政府組織
--部品: 災害復興技術班
--部品: 災害対策にあたる軍
--部品: 医療関係組織
--部品: 消防庁(支部)
-大部品: 普段の基地の様子 RD:6 評価値:4
--部品: 軍を配備し災害に備える
--部品: 医療研修機関としての利用
--部品: 消防署の訓練の場にもなる
--部品: イベントを開催して国民の防災意識を高める
--部品: 備蓄食料は期限までに交換すること
--部品: 日々の設備の点検はおろそかにしない


部品: どんな時に使われるかなどの概要
広域防災基地とは、首都が大規模災害や大規模な侵攻による戦闘などの非常事態に陥り首都として機能しなくなった際に、国の機能を再開するための拠点である。

部品: 国の最後の砦ともいえる
首都の機能を維持する施設が備わった基地であり、国の復興のための最終手段として使用される。そのため国の最後の砦ともいえる。基地内の建物はすべて大規模な地震も耐えうる頑丈な造りになっている。

部品: 緊急時は国の重要機関がこの基地にシフトされる
緊急時は国の重要機関がこの基地にシフトされる。首都にある重要機関での活動をこの基地に移して平時の国としての活動を何としても維持する。

部品: 災害対策本部の施設
この施設の中には臨時の政府、災害対策本部などが活動するための会議室などの設備が整っている。国の要人が集まる場所でもあるので基地内の建物の中でも最も強度が高い。

部品: 通信管理室
災害が起きた際には情報の伝達と管理が重要になってくる。そのためこの施設で各地の基地や領主と通信し、適切な情報を発信する。施設内にはPCや電話などが多数完備されている。

部品: 災害医療センター
大規模な災害や侵略に遭った際には、必ずと言っていいほど医療が必要になってくる。この災害医療センターは、非常時は病院として機能し、また、派遣された医師や看護師たちの拠点にもなる。

部品: 救急車の定義
救急車は、傷病者を病院などの医療施設まで迅速かつ安全に搬送するための車両のことである。その運用は各藩国の法令により様々な形態をとる。

部品: 救急車の運用
人工心臓マッサージ器や人工呼吸器、検査装置等の医療機械を搭載し、医療機関搬送前の現場などへ直接出動する。

部品: 救急車の人員
救急車に搭乗する人員は、運転手、医師、救急隊員などである。国・地域によって、搭乗すべき人員が定められている。運転手も救急現場では救急活動に携わることがほとんどである。

部品: 救急車の国別状況
救急車を運用する機関は、主として医療機関、救急専門機関、消防機関などであるが、国によって状況は大きく異なる。

部品: 救急車の運用機関
自治体や中央政府が主要な救急車運用機関のこともあるが、民間企業(緊急医療サービス)が有料で救急搬送を実施している地域やボランティアが担っている地域も存在する。

部品: 救急車の連絡管理
多くの国・地域では、救急車を必要としている人が救急車を迅速に呼べるようにするため、救急車を集中的に管理する施設を設置し、救急車の出動を要請する連絡先を一元的に管理している。

部品: 救急車の優先走行
救急車は迅速性が求められることから、多くの国・地域で優先走行が認められている。例えば、停止信号でも優先的に進行したり、渋滞時には対向車線を走行するなどといった、他車に対する優先的な走行が可能となっている。

部品: 救急車の車内内容
装備は、車両を所有する病院によって装備の内容が少しずつ異なっており画一化されていないが、通信・情報機器が備えられている事が多い。

部品: 広いように見えても
外から見ると広いように見えるが、医療器具を乗せ後ろのドアから成人男性が横になっても十分な大きさのストレッチャーごと収納すると搭乗する職員以外には補助席に1〜2人くらいが限度となる。

部品: プライバシーの配慮
患者のプライバシーを確保するため、外から中が見えにくいように工夫された窓やカーテンが装備されている。もちろん運転には支障がないように配慮されている。

部品: 整理整頓は大事
狭い車内で処置を行えるように物品の整理整頓は大事である。医療機器の整備点検、消耗品の補充や使用期限切れがないように定期的に行っている。

部品: 救急車の医療機器例
医療機器(ストレッチャー(または担架)医療用酸素ボンベ一式、患者モニター、除細動器(AED)、シリンジポンプ、輸液ポンプ)

部品: 筆記用具セットなど
ハサミ、鉛筆やボールペン、メモ用紙等の記録用紙、計算機。病院へと引き継ぐために患者の状態や行った処置、使用薬品等記録を残したり処置に使用したりする。

部品: 観察用器材セット類
聴診器、血圧計、ペンライト、パルスオキシメーター等患者の状態を把握するための道具類。今後の治療の指針となる。

部品: 患者を安全に輸送するために
速やかに搬送させるため、ストレッチャーは車体に固定されるようになっている。医療器材も同様で激しい揺れに対応出来るようにしている。

部品: 救急車の車体上部警告灯
車体上部に取り付けるワーニングライトである。LED式警光灯と軽量かつ低容積へと加工性の高い軽金属で作られていることが多い。

部品: サイレン・警告音出力装置
特徴のある警告音で周囲の車両に知らせるための機構。マイクが備え付けられており、運転手が直接声で情報や指示を出すことができる。

部品: 救急連絡無線機
病院や他の救急車に相互連絡できるシステム。サイレン・警光灯などと共に集中制御出来る制御盤が接続されダッシュボードに装備されている。

部品: 自動車とは
自動車とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、レールや架線などを用いずに路上を走る車のことである。

部品: 車体
車体は主に鋼鉄を使用したモノコック方式で作成されており、その車種の用途に応じた居住性、剛性、強度を備える。

部品: 原動機
動力を発生させる内燃機関。シリンダー内で燃料を爆発させピストンの往復運動をクランクシャフトで回転運動に変換して出力する。

部品: 動力伝達
原動機が効率的に出力を発揮する回転速度から、走行に適した回転速度へと変速機によって減速される。複数のギヤ比によってトルクと回転数を操作する。ここからシャフトへ動力を伝えタイヤを回転させることで走行する。

部品: 操舵装置
操舵は前輪の方向を変えて車体を旋回させる前輪操舵方式が一般的で、ハンドルの回転は機構を介して車輪を左右に押す作用に換えられる。油圧やモーターによって操作を補助する機構が組み込まれている。

部品: 制動・拘束装置
ブレーキの操作は、主に足踏み式のペダルで行う。ペダルに加えられた力は油圧や空気圧を介してブレーキ装置に伝達し、摩擦材を回転部分に押しつけ、運動エネルギーを熱エネルギーに変換してスピードを落とす。駐車時に車体が動き出さないように拘束するパーキングブレーキが備えられている。

部品: 運転装置
運転者の座席は座部と背もたれを備えた椅子形のものが主流で、運転席の正面には操舵用のハンドルと加速用のアクセルペダルと減速用のブレーキペダル、あるいはクラッチペダルが備えられているのが標準的な自動車の構造である。

部品: 公害対策
有毒な排気ガスは触媒を通し加熱する事で毒性を取り除き、駆動音などによる騒音は法令で一定以下になるよう義務付けられている。

部品: 災害用消防署
災害時に火災が発生した場合は速やかに消火活動を行わなければ、二次被害、三次被害に繋がりかねない。この消防署は災害時に速やかに首都圏や各地へ出動できるよう常に備えをしている。

部品: 軍用と医療用の共用ヘリポート
このヘリポートは軍のヘリとドクターヘリが共用できるもので、少し離れた位置に4カ所配置されている。基本その施設に近い場所のヘリポートを使う。

部品: 飛行機、I=D用滑走路
飛行機とI=Dが使う滑走路で、首都が大規模侵攻に遭った際はすぐに出動できるようになっている。滑走路は4つある。

部品: 軍の駐屯地
大規模侵攻で首都が壊滅状態にあるとき、軍は敵に反撃するため出動しなければならない。そうでなくても、各地の治安維持のために基地内に軍を配備し、いざというときに備える。

部品: 生活必需品
備蓄庫にある物資……ライト、ろうそく、マッチ、ロープ、ブルーシート、軍手、ガムテープ、カイロ、非常用トイレ、ポリ袋(黒)、ビニール袋、ウエットティッシュ

部品: 非常用食料関係
備蓄庫にある物資……非常食(レトルト食品、乾パン、保存用缶入りパン)、水、カセットコンロ、コンロ用ガスボンベ

部品: 非常用電源
災害時は電気が通っていない可能性がある。そのため、非常用電源を備え、すぐに電気がつくようにすることが必要。

部品: 政府組織
政府組織がいなければ国は重要な局面で決断ができない。そのため基地で政府組織を再建しつつ、災害や大規模侵攻の対策にあたる。

部品: 災害復興技術班
復興するためには各分野の技術や知識が必要である。この組織は、そういった各分野の知識人たちが集まり、対策案に対して助言するためのものである。

部品: 災害対策にあたる軍
災害対策にあたるための軍が駐屯地に滞在している。これは、侵攻以外にも、災害で民間だけでは片づけられない作業(大きなものを移動させる、国民の士気を高めるなど)を行うためである。

部品: 医療関係組織
医療は災害時必須である。医療関係者で災害時の対策用に組織を結成し、災害医療センターを基地として活動する。

部品: 消防庁(支部)
消防庁の支部として機能し、消防活動にあたるための情報管理などがいつでもこの基地へシフトできるようになっている。

部品: 軍を配備し災害に備える
滑走路やヘリポートがあることから、軍の配備場所として訓練にも使える。この訓練のおかげで緊急時の対応を即座に開始することができる。

部品: 医療研修機関としての利用
災害医療センターは災害医療の研修機関として平時は運営されている。ここでは医師や看護師たちが災害時にすぐ対応にあたることができるよう訓練している。

部品: 消防署の訓練の場にもなる
基地内の消防署は平時の時は通常の消防署と同じように機能している。危険な場所に踏み込む職業であるため、日々の訓練、技術の向上が実際の現場で役に立つ。

部品: イベントを開催して国民の防災意識を高める
国民の防災意識を高めるためにイベントを開催する。地震の揺れを体験するコーナーや軍の飛行機やヘリ、I=Dなどの記念撮影などができる。また応急手当や人工呼吸などの簡単な医療知識の体験も行っている。

部品: 備蓄食料は期限までに交換すること
備蓄分の食料は消費期限が長いがそれでもいずれは食べられなくなる。その前にイベントで非常食体験として来場者に配るなどして交換する。

部品: 日々の設備の点検はおろそかにしない
いざというときに設備が使えないのでは意味がない。日々の各施設や設備の点検はおろそかにしないこと。最低でも半年に一回の点検を心掛ける。




*インポート用定義データ

[
{
"title": "広域防災基地",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "広域防災基地とは何かの説明",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "どんな時に使われるかなどの概要",
"part_type": "part",
"description": "広域防災基地とは、首都が大規模災害や大規模な侵攻による戦闘などの非常事態に陥り首都として機能しなくなった際に、国の機能を再開するための拠点である。",
"localID": 2
},
{
"title": "国の最後の砦ともいえる",
"part_type": "part",
"description": "首都の機能を維持する施設が備わった基地であり、国の復興のための最終手段として使用される。そのため国の最後の砦ともいえる。基地内の建物はすべて大規模な地震も耐えうる頑丈な造りになっている。",
"localID": 3
},
{
"title": "緊急時は国の重要機関がこの基地にシフトされる",
"part_type": "part",
"description": "緊急時は国の重要機関がこの基地にシフトされる。首都にある重要機関での活動をこの基地に移して平時の国としての活動を何としても維持する。",
"localID": 4
}
],
"expanded": true,
"localID": 1
},
{
"title": "基地内の各施設と設備",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "災害対策本部の施設",
"part_type": "part",
"description": "この施設の中には臨時の政府、災害対策本部などが活動するための会議室などの設備が整っている。国の要人が集まる場所でもあるので基地内の建物の中でも最も強度が高い。",
"localID": 6,
"expanded": true
},
{
"title": "通信管理室",
"part_type": "part",
"description": "災害が起きた際には情報の伝達と管理が重要になってくる。そのためこの施設で各地の基地や領主と通信し、適切な情報を発信する。施設内にはPCや電話などが多数完備されている。",
"localID": 7,
"expanded": true
},
{
"title": "災害医療センター",
"part_type": "part",
"description": "大規模な災害や侵略に遭った際には、必ずと言っていいほど医療が必要になってくる。この災害医療センターは、非常時は病院として機能し、また、派遣された医師や看護師たちの拠点にもなる。",
"localID": 8,
"expanded": true
},
{
"id": 142207,
"title": "救急車",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-18 11:55:42.932459",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:42.932459",
"children": [
{
"id": 142194,
"title": "救急車の概説",
"description": "",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-18 11:55:38.031744",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:38.031744",
"children": [
{
"id": 142187,
"title": "救急車の定義",
"description": "救急車は、傷病者を病院などの医療施設まで迅速かつ安全に搬送するための車両のことである。その運用は各藩国の法令により様々な形態をとる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:37.449463",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:37.449463",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 19
},
{
"id": 142188,
"title": "救急車の運用",
"description": "人工心臓マッサージ器や人工呼吸器、検査装置等の医療機械を搭載し、医療機関搬送前の現場などへ直接出動する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:37.901795",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:37.901795",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 20
},
{
"id": 142189,
"title": "救急車の人員",
"description": "救急車に搭乗する人員は、運転手、医師、救急隊員などである。国・地域によって、搭乗すべき人員が定められている。運転手も救急現場では救急活動に携わることがほとんどである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:37.915401",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:37.915401",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 21
},
{
"id": 142190,
"title": "救急車の国別状況",
"description": "救急車を運用する機関は、主として医療機関、救急専門機関、消防機関などであるが、国によって状況は大きく異なる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:37.933038",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:37.933038",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 22
},
{
"id": 142191,
"title": "救急車の運用機関",
"description": "自治体や中央政府が主要な救急車運用機関のこともあるが、民間企業(緊急医療サービス)が有料で救急搬送を実施している地域やボランティアが担っている地域も存在する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:37.947265",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:37.947265",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 23
},
{
"id": 142192,
"title": "救急車の連絡管理",
"description": "多くの国・地域では、救急車を必要としている人が救急車を迅速に呼べるようにするため、救急車を集中的に管理する施設を設置し、救急車の出動を要請する連絡先を一元的に管理している。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:37.962297",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:37.962297",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 24
},
{
"id": 142193,
"title": "救急車の優先走行",
"description": "救急車は迅速性が求められることから、多くの国・地域で優先走行が認められている。例えば、停止信号でも優先的に進行したり、渋滞時には対向車線を走行するなどといった、他車に対する優先的な走行が可能となっている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:37.976457",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:37.976457",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 25
}
],
"position": "1",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"expanded": true,
"localID": 18
},
{
"id": 142206,
"title": "救急車の装備",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-18 11:55:40.115605",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:40.115605",
"children": [
{
"id": 142195,
"title": "救急車の車内内容",
"description": "装備は、車両を所有する病院によって装備の内容が少しずつ異なっており画一化されていないが、通信・情報機器が備えられている事が多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:39.990051",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:39.990051",
"children": [],
"position": "1",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 27
},
{
"id": 142196,
"title": "広いように見えても",
"description": "外から見ると広いように見えるが、医療器具を乗せ後ろのドアから成人男性が横になっても十分な大きさのストレッチャーごと収納すると搭乗する職員以外には補助席に1〜2人くらいが限度となる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:39.996776",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:39.996776",
"children": [],
"position": "2",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 28
},
{
"id": 142197,
"title": "プライバシーの配慮",
"description": "患者のプライバシーを確保するため、外から中が見えにくいように工夫された窓やカーテンが装備されている。もちろん運転には支障がないように配慮されている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:40.011295",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:40.011295",
"children": [],
"position": "3",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 29
},
{
"id": 142198,
"title": "整理整頓は大事",
"description": "狭い車内で処置を行えるように物品の整理整頓は大事である。医療機器の整備点検、消耗品の補充や使用期限切れがないように定期的に行っている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:40.018488",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:40.018488",
"children": [],
"position": "4",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 30
},
{
"id": 142199,
"title": "救急車の医療機器例",
"description": "医療機器(ストレッチャー(または担架)医療用酸素ボンベ一式、患者モニター、除細動器(AED)、シリンジポンプ、輸液ポンプ)",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:40.024297",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:40.024297",
"children": [],
"position": "5",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 31
},
{
"id": 142200,
"title": "筆記用具セットなど",
"description": "ハサミ、鉛筆やボールペン、メモ用紙等の記録用紙、計算機。病院へと引き継ぐために患者の状態や行った処置、使用薬品等記録を残したり処置に使用したりする。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:40.032907",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:40.032907",
"children": [],
"position": "6",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 32
},
{
"id": 142201,
"title": "観察用器材セット類",
"description": "聴診器、血圧計、ペンライト、パルスオキシメーター等患者の状態を把握するための道具類。今後の治療の指針となる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:40.047017",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:40.047017",
"children": [],
"position": "7",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 33
},
{
"id": 142202,
"title": "患者を安全に輸送するために",
"description": "速やかに搬送させるため、ストレッチャーは車体に固定されるようになっている。医療器材も同様で激しい揺れに対応出来るようにしている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:40.051585",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:40.051585",
"children": [],
"position": "8",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 34
},
{
"id": 142203,
"title": "救急車の車体上部警告灯",
"description": "車体上部に取り付けるワーニングライトである。LED式警光灯と軽量かつ低容積へと加工性の高い軽金属で作られていることが多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:40.056996",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:40.056996",
"children": [],
"position": "9",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 35
},
{
"id": 142204,
"title": "サイレン・警告音出力装置",
"description": "特徴のある警告音で周囲の車両に知らせるための機構。マイクが備え付けられており、運転手が直接声で情報や指示を出すことができる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:40.062249",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:40.062249",
"children": [],
"position": "10",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 36
},
{
"id": 142205,
"title": "救急連絡無線機",
"description": "病院や他の救急車に相互連絡できるシステム。サイレン・警光灯などと共に集中制御出来る制御盤が接続されダッシュボードに装備されている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-18 11:55:40.068889",
"updated_at": "2017-11-18 11:55:40.068889",
"children": [],
"position": "11",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"localID": 37
}
],
"position": "2",
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"expanded": true,
"localID": 26
},
{
"id": 75773,
"title": "自動車",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-26 07:41:57.759979",
"updated_at": "2017-08-26 07:41:57.759979",
"children": [
{
"id": 75774,
"title": "自動車とは",
"description": "自動車とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、レールや架線などを用いずに路上を走る車のことである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 07:41:57.765302",
"updated_at": "2017-08-26 07:41:57.765302",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 163,
"name": "葉崎京夜"
},
"localID": 39
},
{
"id": 75775,
"title": "構造",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-26 07:41:57.792148",
"updated_at": "2017-08-26 07:41:57.792148",
"children": [
{
"id": 75776,
"title": "車体",
"description": "車体は主に鋼鉄を使用したモノコック方式で作成されており、その車種の用途に応じた居住性、剛性、強度を備える。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 07:41:57.79412",
"updated_at": "2017-08-26 07:41:57.79412",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 163,
"name": "葉崎京夜"
},
"localID": 41
},
{
"id": 75777,
"title": "原動機",
"description": "動力を発生させる内燃機関。シリンダー内で燃料を爆発させピストンの往復運動をクランクシャフトで回転運動に変換して出力する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 07:41:57.813319",
"updated_at": "2017-08-26 07:41:57.813319",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 163,
"name": "葉崎京夜"
},
"localID": 42
},
{
"id": 75778,
"title": "動力伝達",
"description": "原動機が効率的に出力を発揮する回転速度から、走行に適した回転速度へと変速機によって減速される。複数のギヤ比によってトルクと回転数を操作する。ここからシャフトへ動力を伝えタイヤを回転させることで走行する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 07:41:57.835629",
"updated_at": "2017-08-26 07:41:57.835629",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 163,
"name": "葉崎京夜"
},
"localID": 43
},
{
"id": 75779,
"title": "操舵装置",
"description": "操舵は前輪の方向を変えて車体を旋回させる前輪操舵方式が一般的で、ハンドルの回転は機構を介して車輪を左右に押す作用に換えられる。油圧やモーターによって操作を補助する機構が組み込まれている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 07:41:57.854567",
"updated_at": "2017-08-26 07:41:57.854567",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 163,
"name": "葉崎京夜"
},
"localID": 44
},
{
"id": 75780,
"title": "制動・拘束装置",
"description": "ブレーキの操作は、主に足踏み式のペダルで行う。ペダルに加えられた力は油圧や空気圧を介してブレーキ装置に伝達し、摩擦材を回転部分に押しつけ、運動エネルギーを熱エネルギーに変換してスピードを落とす。駐車時に車体が動き出さないように拘束するパーキングブレーキが備えられている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 07:41:57.873199",
"updated_at": "2017-08-26 07:41:57.873199",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 163,
"name": "葉崎京夜"
},
"localID": 45
},
{
"id": 75781,
"title": "運転装置",
"description": "運転者の座席は座部と背もたれを備えた椅子形のものが主流で、運転席の正面には操舵用のハンドルと加速用のアクセルペダルと減速用のブレーキペダル、あるいはクラッチペダルが備えられているのが標準的な自動車の構造である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 07:41:57.892741",
"updated_at": "2017-08-26 07:41:57.892741",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 163,
"name": "葉崎京夜"
},
"localID": 46
},
{
"id": 75785,
"title": "公害対策",
"description": "有毒な排気ガスは触媒を通し加熱する事で毒性を取り除き、駆動音などによる騒音は法令で一定以下になるよう義務付けられている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-26 07:45:36.165413",
"updated_at": "2017-08-26 07:45:36.165413",
"children": [],
"position": null,
"character": {
"id": 163,
"name": "葉崎京夜"
},
"localID": 47
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 163,
"name": "葉崎京夜"
},
"expanded": true,
"localID": 40
}
],
"position": "3",
"character": {
"id": 163,
"name": "葉崎京夜"
},
"expanded": true,
"localID": 38
}
],
"position": null,
"character": {
"id": 408,
"name": "御鷹"
},
"expanded": false,
"localID": 17
},
{
"title": "災害用消防署",
"part_type": "part",
"description": "災害時に火災が発生した場合は速やかに消火活動を行わなければ、二次被害、三次被害に繋がりかねない。この消防署は災害時に速やかに首都圏や各地へ出動できるよう常に備えをしている。",
"localID": 9
},
{
"title": "軍用と医療用の共用ヘリポート",
"part_type": "part",
"description": "このヘリポートは軍のヘリとドクターヘリが共用できるもので、少し離れた位置に4カ所配置されている。基本その施設に近い場所のヘリポートを使う。",
"localID": 10,
"expanded": true
},
{
"title": "飛行機、I=D用滑走路",
"part_type": "part",
"description": "飛行機とI=Dが使う滑走路で、首都が大規模侵攻に遭った際はすぐに出動できるようになっている。滑走路は4つある。",
"localID": 11,
"expanded": true
},
{
"title": "軍の駐屯地",
"part_type": "part",
"description": "大規模侵攻で首都が壊滅状態にあるとき、軍は敵に反撃するため出動しなければならない。そうでなくても、各地の治安維持のために基地内に軍を配備し、いざというときに備える。",
"localID": 12,
"expanded": true
},
{
"title": "物資備蓄庫",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "生活必需品",
"part_type": "part",
"description": "備蓄庫にある物資……ライト、ろうそく、マッチ、ロープ、ブルーシート、軍手、ガムテープ、カイロ、非常用トイレ、ポリ袋(黒)、ビニール袋、ウエットティッシュ",
"localID": 14
},
{
"title": "非常用食料関係",
"part_type": "part",
"description": "備蓄庫にある物資……非常食(レトルト食品、乾パン、保存用缶入りパン)、水、カセットコンロ、コンロ用ガスボンベ",
"localID": 15
}
],
"expanded": true,
"localID": 13
},
{
"title": "非常用電源",
"part_type": "part",
"description": "災害時は電気が通っていない可能性がある。そのため、非常用電源を備え、すぐに電気がつくようにすることが必要。",
"localID": 16
}
],
"expanded": true,
"localID": 5
},
{
"title": "基地内にある各構成機関",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "政府組織",
"part_type": "part",
"description": "政府組織がいなければ国は重要な局面で決断ができない。そのため基地で政府組織を再建しつつ、災害や大規模侵攻の対策にあたる。",
"localID": 49
},
{
"title": "災害復興技術班",
"part_type": "part",
"description": "復興するためには各分野の技術や知識が必要である。この組織は、そういった各分野の知識人たちが集まり、対策案に対して助言するためのものである。",
"localID": 50
},
{
"title": "災害対策にあたる軍",
"part_type": "part",
"description": "災害対策にあたるための軍が駐屯地に滞在している。これは、侵攻以外にも、災害で民間だけでは片づけられない作業(大きなものを移動させる、国民の士気を高めるなど)を行うためである。",
"localID": 51
},
{
"title": "医療関係組織",
"part_type": "part",
"description": "医療は災害時必須である。医療関係者で災害時の対策用に組織を結成し、災害医療センターを基地として活動する。",
"localID": 52
},
{
"title": "消防庁(支部)",
"part_type": "part",
"description": "消防庁の支部として機能し、消防活動にあたるための情報管理などがいつでもこの基地へシフトできるようになっている。",
"localID": 53
}
],
"expanded": true,
"localID": 48
},
{
"title": "普段の基地の様子",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "軍を配備し災害に備える",
"part_type": "part",
"description": "滑走路やヘリポートがあることから、軍の配備場所として訓練にも使える。この訓練のおかげで緊急時の対応を即座に開始することができる。",
"localID": 55
},
{
"title": "医療研修機関としての利用",
"part_type": "part",
"description": "災害医療センターは災害医療の研修機関として平時は運営されている。ここでは医師や看護師たちが災害時にすぐ対応にあたることができるよう訓練している。",
"localID": 56
},
{
"title": "消防署の訓練の場にもなる",
"part_type": "part",
"description": "基地内の消防署は平時の時は通常の消防署と同じように機能している。危険な場所に踏み込む職業であるため、日々の訓練、技術の向上が実際の現場で役に立つ。",
"localID": 57
},
{
"title": "イベントを開催して国民の防災意識を高める",
"part_type": "part",
"description": "国民の防災意識を高めるためにイベントを開催する。地震の揺れを体験するコーナーや軍の飛行機やヘリ、I=Dなどの記念撮影などができる。また応急手当や人工呼吸などの簡単な医療知識の体験も行っている。",
"localID": 58
},
{
"title": "備蓄食料は期限までに交換すること",
"part_type": "part",
"description": "備蓄分の食料は消費期限が長いがそれでもいずれは食べられなくなる。その前にイベントで非常食体験として来場者に配るなどして交換する。",
"localID": 59
},
{
"title": "日々の設備の点検はおろそかにしない",
"part_type": "part",
"description": "いざというときに設備が使えないのでは意味がない。日々の各施設や設備の点検はおろそかにしないこと。最低でも半年に一回の点検を心掛ける。",
"localID": 60
}
],
"expanded": true,
"localID": 54
}
],
"expanded": true,
"localID": 0
}
]

E73 使えるものと計算メモ 投稿者:紫門 投稿日:2017/12/29(Fri) 00:39:27 No.625

人種
星鋼京の民 フシミ RD:15 評価:6
  ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=130219
星鋼京の民(奇眼藩国系) 吾妻 勲 RD:18 評価:7
  ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=138102

教育
(学校)星鋼京の貴族学校 サカキ RD:42 評価値:9(星鋼京・初期状態1000時)
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=43290
抜き出し
学習内容 サカキ RD:7 評価値:5
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=43305

生活道具
生活家電セット フツカ・ニカ RD:10 評価値:5
  / ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=87001
  # 以下の家電(全て RD:2 評価値:1)のセットです。
   ・掃除機   ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=74079
   ・洗濯機   ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=73085
   ・アイロン  ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=74333
   ・照明器具  ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=75366
   ・換気扇   ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=76715
季節家電セット フツカ・ニカ RD:6 評価値:4
  / ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=87002
  # 以下の家電(全て RD:2 評価値:1)のセットです。
   ・暖房器具  ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=75466
   ・扇風機   ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=75693
   ・加湿器   ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=76712
キッチン家電セット フツカ・ニカ RD:10 評価値:5
  / http://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=86998
  # 以下の家電(全て RD:2 評価値:1)のセットです。
   ・炊飯器      ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=73082
   ・冷蔵庫      ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=73391
   ・調理用コンロ   ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=74328
   ・電気ポット    ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=75295
   ・オーブンレンジ  ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=84915

追記 1 投稿者:紫門 投稿日:2017/12/29(Fri) 00:45:16 No.626

シフト
一般家屋(星鋼京版) RD:27 評価値:8
http://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=159530
蓮田屋領地方孤児院 RD:17 評価値:7
http://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=146307

memo 投稿者:紫門 投稿日:2017/12/29(Fri) 02:48:58 No.627

おもてなしの極意 フツカ・ニカ RD:10 評価値:5
ttp://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/122379
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=122379


手料理派 フツカ・ニカ RD:3 評価値:2
ttp://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/47078
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=47078


星鋼京の自宅でのパーティー フツカ・ニカ RD:8 評価:5
ttp://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/147022
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=147022

吾妻作業枝 投稿者:吾妻 投稿日:2017/12/03(Sun) 00:19:28 No.553

作業枝お借りしますー。

撃墜王(案) 投稿者:吾妻 投稿日:2017/12/03(Sun) 00:31:51 No.554

#ひとまずこんな感じで作ってみました。
#星鋼京での性質上、教導や開発へのフィードバック、自前のチューン等の技能が考慮されたので、
#教導パイロットの流用が必須になりそうです;
#よろしくご検討お願い致します;

撃墜王(星鋼京版)
○撃墜王の概要
撃墜王とは
撃墜、即ち空戦における敵機破壊数で見る戦果が極めて高い者に対し、同じ戦域に立つ者同士が畏敬を込めた尊称ないし通称として慣習的に呼び始めた称号が起源とされる。

王と称される意味
王と称されるが王権等とは直接の関係は無い、非凡な実力者を称える尊称である。その空戦域を武によって支配し君臨せしめ、王者と呼ばれるに相応しき強き者…という意図が伺われる。

戦場で相見える事
撃墜王。その姿を味方として捉えたのであれば、その士気は否応なく高まるものであろう。敵として捉えたのであれば、その戦意が挫かれる事も致し方無しと言われよう。

戦歴が語る威風
撃墜王の撃墜王たるは、戦歴にて語られるものである。それを徒な破壊と殺戮の集積であるとさせぬのは、王と名指される者自身がまとう真摯なる剛さによって顕わされるものに外ならぬであろう。

○星鋼京における撃墜王…「ミーティアの騎士」
一人騎士としての誉れ
撃墜王と畏敬もて呼ばれる事は、騎士…ここでは星鋼京において、武門の象徴たるI=D等騎乗兵器を駆る者を指す…における磨き上げられた武の結実と言わしめる、武人たる者が目指す誉れである。

白金大十字星章
星鋼京における撃墜王…ミーティアの騎士たる者へ贈られる勲章、或いはその部隊を示す徽章そのものを指す。身につける者は、其処に護るべき誇りを戴くと言う。

略帽
それ自体は他の軍務関係者と変わりの無い略帽である。取り立てて特筆されるのは、特記として公的に制帽としての着用が許可されている点である。事至れば誰より先に最前線へ駆け出す身分故認められた特記であり、故にそれが星鋼京においては撃墜王の証の一つとして語られる。誰よりも略帽を美しく被って見せる事が、その在り方の一つとも言われる所以である。

黄色いジャンパー
通常であればカーキ等の色である上衣だが、ミーティアの騎士へ特別に支給されるものは輝くような黄色である。それは護るべき郷土の小麦畑の色だとも、夜戦の空に輝く騎士の証だとも言われる。真偽は誰も知らない。難燃性、防寒性はいずれも最高級を誇る。

○制度形態
制度化への経緯
I=D国家である星鋼京において、戦歴を重ねる内に卓抜した戦技と戦果を残して尚生還する者が現れた。この指標を制度化し戦力集団として単位化する事で、卓抜した技能や志を受け継ぐ事が出来ないかとの模索に始まったものである。

前線騎士としての最高章
騎士としての戦闘技能、戦い振りの精粋を評する顕彰であり、階級その他へ直接の影響を及ぼす制度ではない。但し、認定される技量から、役割や職責の幅は大きく拡がるものである。

継承出来ない
個人章である事から、本人限りのものである。故にこそ、実力本位という位置づけは疑いの余地が無いものであり、顕彰された事を疑われる行いを慎むという意味合いも生まれようものである。

謚号としての扱いを禁ず
継承に関する付帯事項として、死者へ贈る事は厳に戒められる。死する事を厭わぬ勇気は称えられようが、蛮勇に挑み死す事を誇らずとする慎みもまた、騎士の誉れとして忘れる勿れとの教えに基づくとされる。

撃墜数
厳密な規定は極秘として公表されていない。これは撃墜数を追い、蛮勇に逸る猪武者を諫めるとする心得と共に規定され、騎士としての道を歩もうとする者が始めに耳にするものの一つである。

戦闘技能
目安となる習得技能が、日々の修練の目安となるよう公開されている。極めて高度な戦闘マニューバから、ごく基礎的なI=D運用に関わる整備項目まで多岐に及ぶ。顕彰される者の技量を窺い知る一端である。

教導の適性
独自性が強い事も多々あるとは言え、機動戦において高度な技能を有する事から、その保存・継承を目的とした事による項目。顕彰者に教導パイロット出身者が多いと言われるのも、ある種無理からぬ事かもしれない。

アグレッサーパイロットとしての技量
アグレッサー…仮想敵とも言われる、訓練標的である。標的とは言え戦闘訓練である事から強くなくてはならず、而して訓練者を撃破などしては意味が無い…というバランスにおいて抜きん出た技量を求められる事から、最適の教官として割り当てられる事がある。それは一重に技量を物語るに十分な事実となっている。

○戦闘技巧者
戦闘指揮者としての技能応用
戦術レベルでの卓越した戦術洞察眼と戦闘経験、運用知識から、人型を有する戦術級機動兵器のみならず、戦術運用が求められる水上・宇宙艦艇の操縦についても可能であり、運用指揮を行う事が可能である。

カスタマイズの知識と感覚
操縦者として、自己と機体の関係をなるべく円滑なものとする感覚、そしてそれを実現させる為のチューニングや簡易整備の知識を有する事で、的確な調整を行える程度の技能を有する。これも戦果に繋がる技量の一つである。

環境を読む
もたらされる情報だけでなく、己の肌感覚や渡り歩いた戦場での経験等、自身が持てる記憶や感覚から、風向きや天候といった状況を知り、的確な戦術行動を己に課す事が出来る。

戦場を識る
地図や事前偵察からの情報等から戦場の情勢を考察、割り出される状況と、自身が置かれる状況を並行して想定し、より有利な展開を導く為に戦場を把握する考え方である。

敵を見定める
敵の情報のみならず、戦場となる場所に展開する必要性や優位性を検討する事で、敵の戦術性を評価し、それに対抗する自らの行動を割り出す思考のアプローチ形態である。

自らを量る
自身が置かれる事となる戦術情勢、戦場、自機の装備状況、自軍の配備状況等から自らの取れる行動を評価、対する敵の状況と比較検討する事で、最適と言える戦術を検討する。

操縦機と語らう
自身の想定、評価する戦術を的確に行える状態にあるか、自らの操縦する機体の調整状況を具に観察、出来る限り有益となる補助を施す事。これは機体のみならず、機体を受け持つ整備士等、関係する者との関わりを含む。

(以下に教導パイロット流用予定)

撃墜数規定の変更案 投稿者:吾妻 投稿日:2017/12/05(Tue) 00:26:11 No.560

#ここ以外はレス元から変更ありません。

> 撃墜数
> 厳密な規定は極秘として公表されていない。これは撃墜数を追い、蛮勇に逸る猪武者を諫めるとする心得と共に規定され、騎士としての道を歩もうとする者が始めに耳にするものの一つである。
>

撃墜数
認定基準は100機とされる。これには撃墜数を追い、蛮勇に逸る猪武者を諫めるとする心得が共に規定され、騎士としての道を歩もうとする者は規定より先に心得をそらんじるようになるとまで言われる。

専用機改修 案 投稿者:吾妻 投稿日:2017/12/10(Sun) 17:40:40 No.571

専用機改修

専用機改修の概要
カスタマイズとも言う。同一規格によって生産された機体を搭乗者に合わせた改修を加える事で、その性能を最大に引き出す事を目的とする。

適用範囲
基本的にはI=Dや戦闘機など、個人または少数で稼働させる機体に施される。これは主に搭乗者の意向を反映する意味において独自性が強くなる事を理由とした傾向であり、コストや同乗者の意思疎通等、条件をクリアすれば大型機でも可能ではある。

必要な設備
機体に施す改修の内容に応じた整備施設、機材、それらを運用出来る人員の動員が必要である。改修する機体の生産が可能な設備もしくは技術水準が使用可能である事が必要条件に相当する。

○機体の改造
機体の改造の概要
最も根本的な改修対象として、機体本体や搭載武装の構造を改造する事を指す。改造箇所の性能を大きく変動させる事が可能であり、規模が大きくなれば設計レベルからの改造というものまである。

構造材の強化
設計構造自体を大きく変更せず、使用する構造材を目的に応じ、軽量・強固な物へ変更する。一般機ではコストの都合から使用出来なかった部材などを盛り込む事で、機動性や装甲性を高める事が出来る。

駆動系の出力強化
機体運動機能や機動力、白兵戦における出力強化など、強く速い動作を強化する為に施す改造。改造強度によっては操縦系の難度が向上する、重量が増大する等のデメリットが発生する事もある為、自らの腕を見極める必要がある。

エネルギー回路の改造
重点的に行いたい動作を見越し、エネルギー供給経路と駆動部を結ぶ回路を設計・構造レベルで改造する作業。エネルギー効率や出力へ直接働きかける効果が期待出来る。

設計の専用化
機体全体から、モジュール構造I=Dであればパーツでの部分設計などまで、構造体の設計から専用での設計を織込む改造。ここでの設計が新機軸の機体へフィードバックされる事も有り得る。

○性能調整
性能調整の概要
チューニングとも呼ばれる項目。各種パーツの性能を、駆動タイミングやエネルギー供給のバランスを変更する等、想定される動作の範疇で調整する事により、狙った性能を引き出す改修作業を指す。

出力系統
主な方向性として、高出力低燃費か、低出力高燃費という方向性が提示出来る。動作を素早く強力に行うか、ゆっくり精密に行うかを微調整する事で、搭乗者が狙った挙動をより正確に行う為の調整も含まれる。

運動機能周辺
瞬発的な挙動を強化するか、柔軟で負荷に強い調整にするかが主な方向性となる。前者は機敏な行動を助けるが、搭乗者と機体への負荷が大きい短期決戦向き、後者は長距離移動や持久戦向きと言える。

センサー類
センサーの感度や感受閾値、照準のくせ等を搭乗者に合うよう調整する項目。一般機でも行う項目だが、専用機においてはより細かく深いチューニングを施す事で、一般機とは異なる挙動や戦術性を拓く事も考えられる。

内部管制システム
火器管制が代表的なものとされる機体の制御・管制を司るシステム周り。一般機では凡そ様々な使用者を想定した余裕のある設定となっている所を、使用者に応じた大規模な最適化によって精度や速度を実質的に向上させる。

○専用の機体塗装
専用の機体塗装概要
一般機は、生産時点で耐腐食性やステルス性等を考慮した、機能的な画一塗装が施されている。専用機においては、これを特殊な塗装に変更する事で、専用機としての外見を構築する要素とする事がある。

色彩効果
周囲の風景と見分けを付き難くする迷彩効果と、名だたる強者が居る事を示す威嚇・陽動効果の二通りが主な効果とされる。専用機としては主に後者を理由とする事が多く、その機体色を二つ名として呼ばれる事もあると言われる。

機能性塗料
表象する色彩以外の機能性…耐腐食性やステルス性等の性能に関しては、一般機に勝るとも劣らない性能を有する。機能性が色彩を左右する事も多い為、高機能で多彩な塗料を研究開発する分野が成立している。

○追加パーツ
追加パーツの概要
増加装備とも言われる。主に武装や装甲、プロペラント等、整備等を見越したストックが為される装備を流用する形で行われるが、中には改造や新規設計を施した専用装備を追加する事もある。

装甲の後付け
機体装甲に装甲を追加する事で強化を図る。単に装甲板を増やすだけでなく、防爆や耐熱性などの機能性の他、爆発反応装甲等の使い切り装甲を換装可能モジュールとして搭載する場合もある。専用機においてはデザイニングを兼ねる事もある項目。

武装の変更
単純に搭載武装を増やして攻撃能力や継戦能力を向上させる以外に、搭乗者が得意とする武装に偏重させる、戦い方に応じて全く別の武装を搭載する等、専用機としての性格付けという面も持ち合わせる項目。

センサー類の増強
索敵性や長距離狙撃・砲撃などを前提として強化するだけでなく、夜間戦闘や高速戦闘に対応する為の高感度センサーや敢えてレーダーレンジを狭めて分解能や探査スパンを向上させた物など、戦術に応じる増強を行う項目である。

増加スラスター・プロペラント
航続距離や速度の強化に限らず、複雑な挙動を可能にする為の小型スラスター等も含まれる。機体の燃料系統に接続出来ない場合は、スラスターとプロペラントを一体にしたパッケージとして装着する。

空力装備
追加装甲に準ずる装備ではあるが、重量の関係から装甲性ではなく空力構造を増補する為に装備するものを別枠扱いとしたもの。純然たるデザイニングの装飾パーツも含まれる。

○専用エンブレム
エンブレムの概要
エンブレムとは、図案化された意匠の組み合わせによって所属組織や個人を表象する目的を持つ図柄である。紋章とも言われるものであり、家系や所属国家、隊を示す目的で使われる事が一般的である。

専用機に付けられる意味
搭乗者個人を表す事で専用機である事を示す目的がある。名だたる猛者此処に在りを示す事で、味方への士気高揚、敵へ動揺を誘い、或いは標的を引きつける事で味方の戦況を優位に運ぶ等の意味がある。

描画部位及び方法
特殊な塗装によって描画される事が一般的。目立たせる必要性がある事から、擦過や光劣化等に強い塗料を用い、装甲の大きく開けた箇所や盾などに大きく描かれる。

御鷹作業枝 投稿者:御鷹 投稿日:2017/12/05(Tue) 20:33:46 No.563

作業枝として作成

計画都市 投稿者:御鷹 投稿日:2017/12/05(Tue) 20:35:03 No.564

ここまでできました。名前の差別化が必要かも

大部品: 星鋼京・“星都ヒアリス=アカム”天球市計画都市 RD:26 評価値:8
-大部品: 計画都市の成り立ち RD:26 評価値:8
--部品: 計画の始まり
--部品: 白亜宮の城下町
--部品: その裏では
--部品: 計画都市の名こそは星都・ヒムリス=アカム
--部品: 星都、その構図
--部品: それは星図のように
--部品: 幹線道の名前
--部品: 13の区画の内訳
--部品: 区画の形
--部品: ナーエ(ニアサイド)
--部品: ミットレー(ミッドサイド)
--部品: ヴァイテ(ファーサイド)
--部品: 景観を保つために
--部品: 区画別の役割
--部品: 住宅区域第1番区・低層住宅地区(下町)
--部品: 住宅区域第2番区・通称“月練の森”
--部品: 住宅区域第3番区・高級住宅地区
--部品: 文化自然区域第4番区学術の街“アルビレオ”
--部品: 文化自然区域第5番区・自然地区(森林、公園)
--部品: 文化自然区域第6番区・芸術地区
--部品: 商業区域第7番区・商業地区(繁華街)
--部品: 商業区域第8番区・職人町区(シュテルネンハオフェン)
--部品: 商業区域第9番区・金融街区“流星街”
--部品: 港湾工業区域第10番区・工業地区
--部品: 港湾工業区域第11番区・流通地区
--部品: 港湾工業区域第12番区・臨港地区


部品: 計画の始まり
元々白亜宮と同じく大規模公共事業として雇用促進を行い、失業力低下と、区画制度の設定を考えて計画が挙げられた。

部品: 白亜宮の城下町
充実したライフラインと調和された景観を持つ街並みを持つというコンセプトの元に、白亜宮の城下町として計画が持ち上がった。

部品: その裏では
藩王が夢に描いていたのは、クロ王妃の御髪の色である黒と対照に合うように白に統一した都市にしたという噂がある。それを聞いた職員が砂糖の代わりにアメ玉を投げたとかいう話もある

部品: 計画都市の名こそは星都・ヒムリス=アカム
ヒムリス=アカムとは“天盤”を意味する。その街は、各所に星のに因んだ名を持たされ、宛ら星図の如き様子であった

部品: 星都、その構図
都市は上空から見れば真円の形状をしている。また、街そのものが白を中心とした色彩で彩られ“白い舞台”とでも言うべき外見を持つ。 

部品: それは星図のように
全部で13の区画に分けられており、それは第0番区を中心として周囲に広がっている。それぞれ横道十二宮の名を関した幹線道に区切られている

部品: 幹線道の名前
幹線道にはそれぞれシンボルと名称があり、白羊通り・金牛通り・双児通り・巨蟹通り・獅子通り・処女通り・天秤通り・天蠍通り・人馬通り・磨羯通り ・宝瓶通り・双魚通りである

部品: 13の区画の内訳
13の区画は、それぞれ河川と道路によって更に細かく分割されている。中央区を中心に巨大な水路が全区画との間に円状の境界を作り上げ、各区画内部においても幹線道が環状に走り、区を細分化している。

部品: 区画の形
各区画を覆うように最外部を高速道路が走っている。これにより、一つの区画は三角形を横に3つに分断された構造を持つことになる。あるいはバウムクーヘンを切り分けたというべきか

部品: ナーエ(ニアサイド)
区画で1番白亜宮に近い中央区〜中央水路をさし、厳格な高さ制限が指定されている。どの区画でも概ねゴシックな街並みが広がる。

部品: ミットレー(ミッドサイド)
次に中心に近い中央水路〜幹線道がある区間。各区間ごとに緩い高さ制限がされている。ビルなどの建築物も多い。

部品: ヴァイテ(ファーサイド)
1番白亜宮から遠い区間となる。幹線道〜外縁には高さ制限はほぼ無い。また色彩制限も比較的緩いが、異なる色彩を用いるには税が掛かる。

部品: 景観を保つために
建築物の色彩に関しても白を基調としたもの以外は禁止されており、送電線なども地中に全て埋設式となっているので、この都市の空は非常に広い。

部品: 区画別の役割
中央区画として第0番区:官公庁区をはじめとして、住宅区域・文化自然区域・商業区域・港湾工業区域に区切られ、それぞれに3つの地区が設定されている

部品: 住宅区域第1番区・低層住宅地区(下町)
中央区より北側に進む白羊通りと金牛通りで区切られた第一区は、所謂下町区域である。中流階級から下流階級までが主流であり、猥雑ながらも活気に満ち溢れている。

部品: 住宅区域第2番区・通称“月練の森”
10階を越える高層マンションが多く並ぶ新興住宅街で、子どもを持つ世代や星鋼京の平均的な収入の国民が移住している。どのマンションも日照を考え、敷地的にゆとりのある建て方をされている。また、住宅街として設定されている区画である為に、建設できる商業施設は業務内容、建築基準などが法的に制限されている。

部品: 住宅区域第3番区・高級住宅地区
高級住宅街であり、ここに家を持つ事が一つのステータスとして認められている。中央には公園があり、緑と意匠を凝らした噴水が鎮座し、安らぎのスペースとなっている。治安も良く、道も舗装され、掃除も行き届いている。

部品: 文化自然区域第4番区学術の街“アルビレオ”
2つのエリアに分かれており、藩立図書館を中心とした藩立学校の“トパーズ”地区、国や企業の研究施設や神学研究所の“サファイア”地区となっている。両エリアの間、第四番区の中央に位置するのが、本屋街と飲食店・生活用品店街であり、区画そのものが“二重星”を形作っている。

部品: 文化自然区域第5番区・自然地区(森林、公園)
大きく円状に水路が設置され、内部と外部に分けられる。水路上の内部は公園部分、外部部分は森林となっており、街灯やライトアップ設備、綺麗に街路が敷かれている。施設は全て定期的にメンテナンスをされており、かつ警備の人間も在沖し、真夜中は閉鎖される

部品: 文化自然区域第6番区・芸術地区
街自体が美術館であるかのような荘厳さがあるが、彫刻や像の設置や画廊、美術館や演劇ホール等どれひとつとってもこだわりをみせる人がいるため、慎重に計画が進められている。

部品: 商業区域第7番区・商業地区(繁華街)
天秤通りと天蠍通りによって区切られた天球市最大の繁華街である。ビルは都市景観法に従って白を基調とされているが、第七区の内部に向ける場合に限り宣伝用のネオンや電飾の使用が許可されている。

部品: 商業区域第8番区・職人町区(シュテルネンハオフェン)
第七番区と第九番区に挟まれたこの区域は、〈シュテルネンハオフェン/星団〉と呼ばれている。一見すると普通の住宅街に見え、看板さえも街に溶け込んでいる不思議な地区だが、古美術を扱う店や服飾品の販売、宝石や装飾品の加工、更に変わり種では楽器の制作等を行う職人が店を構えている職人の街である。

部品: 商業区域第9番区・金融街区“流星街”
星鋼京の誇る金融街である。銀行や市場などの施設が存在し、その周囲に証券会社などのオフィスビルが寄り添っている。

部品: 港湾工業区域第10番区・工業地区
流れる河川に沿って、各種工場が並んでいる。比較的風が良く入り、空気が循環しやすく、また河川も流れているため、その河川に沿って工場を建てる事で理想的な立地となっている。エコにも力を入れており、工場内から排出する際、有毒ガス、汚水等を出す事は法律で硬く禁止されており、定期的に河川や空気のチェックが行われ、異常が見受けられた場合、直ちに原因となった工場を特定、営業停止を命じられる。

部品: 港湾工業区域第11番区・流通地区
中央区の北西に位置する第十一区は宝瓶通りと双魚通りで区切られた地区である。主な役割は港から引き上げられた荷物の管理と保管であり、その為の業者の事務所なども立ち並ぶ。他の区と比べて道路の幅が非常に大きく、この区での二車線は他区での三車線に相当するのが特徴。これは大型トラックやトレーラーなどの巨大な車が往来するため渋滞などを引き起こさないための処置である。

部品: 港湾工業区域第12番区・臨港地区
港湾を管理運営するために定める地区となる。西区、東区、中央区、人口島大きく分けてこの四つから成り立ち、貿易西区・観光東区・漁港中央区・12の塔がある人口島がある

JSON版計画都市 投稿者:御鷹 投稿日:2017/12/05(Tue) 21:00:22 No.565

[
{
"title": "星鋼京・“星都ヒアリス=アカム”天球市計画都市",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "計画都市の成り立ち",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "計画の始まり",
"part_type": "part",
"description": "元々白亜宮と同じく大規模公共事業として雇用促進を行い、失業力低下と、区画制度の設定を考えて計画が挙げられた。",
"localID": 2
},
{
"title": "白亜宮の城下町",
"part_type": "part",
"description": "充実したライフラインと調和された景観を持つ街並みを持つというコンセプトの元に、白亜宮の城下町として計画が持ち上がった。",
"localID": 3
},
{
"title": "その裏では",
"part_type": "part",
"description": "藩王が夢に描いていたのは、クロ王妃の御髪の色である黒と対照に合うように白に統一した都市にしたという噂がある。それを聞いた職員が砂糖の代わりにアメ玉を投げたとかいう話もある",
"localID": 4
},
{
"title": "計画都市の名こそは星都・ヒムリス=アカム",
"part_type": "part",
"description": "ヒムリス=アカムとは“天盤”を意味する。その街は、各所に星のに因んだ名を持たされ、宛ら星図の如き様子であった",
"localID": 5
},
{
"title": "星都、その構図",
"part_type": "part",
"description": "都市は上空から見れば真円の形状をしている。また、街そのものが白を中心とした色彩で彩られ“白い舞台”とでも言うべき外見を持つ。 ",
"localID": 6
},
{
"title": "それは星図のように",
"part_type": "part",
"description": "全部で13の区画に分けられており、それは第0番区を中心として周囲に広がっている。それぞれ横道十二宮の名を関した幹線道に区切られている",
"localID": 7
},
{
"title": "幹線道の名前",
"part_type": "part",
"description": "幹線道にはそれぞれシンボルと名称があり、白羊通り・金牛通り・双児通り・巨蟹通り・獅子通り・処女通り・天秤通り・天蠍通り・人馬通り・磨羯通り\t・宝瓶通り・双魚通りである",
"localID": 8
},
{
"title": "13の区画の内訳",
"part_type": "part",
"description": "13の区画は、それぞれ河川と道路によって更に細かく分割されている。中央区を中心に巨大な水路が全区画との間に円状の境界を作り上げ、各区画内部においても幹線道が環状に走り、区を細分化している。",
"localID": 9
},
{
"title": "区画の形",
"part_type": "part",
"description": "各区画を覆うように最外部を高速道路が走っている。これにより、一つの区画は三角形を横に3つに分断された構造を持つことになる。あるいはバウムクーヘンを切り分けたというべきか",
"localID": 10
},
{
"title": "ナーエ(ニアサイド)",
"part_type": "part",
"description": "区画で1番白亜宮に近い中央区〜中央水路をさし、厳格な高さ制限が指定されている。どの区画でも概ねゴシックな街並みが広がる。",
"localID": 11
},
{
"title": "ミットレー(ミッドサイド)",
"part_type": "part",
"description": "次に中心に近い中央水路〜幹線道がある区間。各区間ごとに緩い高さ制限がされている。ビルなどの建築物も多い。",
"localID": 12
},
{
"title": "ヴァイテ(ファーサイド)",
"part_type": "part",
"description": "1番白亜宮から遠い区間となる。幹線道〜外縁には高さ制限はほぼ無い。また色彩制限も比較的緩いが、異なる色彩を用いるには税が掛かる。",
"localID": 13
},
{
"title": "景観を保つために",
"part_type": "part",
"description": "建築物の色彩に関しても白を基調としたもの以外は禁止されており、送電線なども地中に全て埋設式となっているので、この都市の空は非常に広い。",
"localID": 14
},
{
"title": "区画別の役割",
"part_type": "part",
"description": "中央区画として第0番区:官公庁区をはじめとして、住宅区域・文化自然区域・商業区域・港湾工業区域に区切られ、それぞれに3つの地区が設定されている",
"localID": 15
},
{
"title": "住宅区域第1番区・低層住宅地区(下町)",
"part_type": "part",
"description": "中央区より北側に進む白羊通りと金牛通りで区切られた第一区は、所謂下町区域である。中流階級から下流階級までが主流であり、猥雑ながらも活気に満ち溢れている。",
"localID": 16
},
{
"title": "住宅区域第2番区・通称“月練の森”",
"part_type": "part",
"description": "10階を越える高層マンションが多く並ぶ新興住宅街で、子どもを持つ世代や星鋼京の平均的な収入の国民が移住している。どのマンションも日照を考え、敷地的にゆとりのある建て方をされている。また、住宅街として設定されている区画である為に、建設できる商業施設は業務内容、建築基準などが法的に制限されている。",
"localID": 17
},
{
"title": "住宅区域第3番区・高級住宅地区",
"part_type": "part",
"description": "高級住宅街であり、ここに家を持つ事が一つのステータスとして認められている。中央には公園があり、緑と意匠を凝らした噴水が鎮座し、安らぎのスペースとなっている。治安も良く、道も舗装され、掃除も行き届いている。",
"localID": 18
},
{
"title": "文化自然区域第4番区学術の街“アルビレオ”",
"part_type": "part",
"description": "2つのエリアに分かれており、藩立図書館を中心とした藩立学校の“トパーズ”地区、国や企業の研究施設や神学研究所の“サファイア”地区となっている。両エリアの間、第四番区の中央に位置するのが、本屋街と飲食店・生活用品店街であり、区画そのものが“二重星”を形作っている。",
"localID": 19
},
{
"title": "文化自然区域第5番区・自然地区(森林、公園)",
"part_type": "part",
"description": "大きく円状に水路が設置され、内部と外部に分けられる。水路上の内部は公園部分、外部部分は森林となっており、街灯やライトアップ設備、綺麗に街路が敷かれている。施設は全て定期的にメンテナンスをされており、かつ警備の人間も在沖し、真夜中は閉鎖される",
"localID": 20
},
{
"title": "文化自然区域第6番区・芸術地区",
"part_type": "part",
"description": "街自体が美術館であるかのような荘厳さがあるが、彫刻や像の設置や画廊、美術館や演劇ホール等どれひとつとってもこだわりをみせる人がいるため、慎重に計画が進められている。",
"localID": 21
},
{
"title": "商業区域第7番区・商業地区(繁華街)",
"part_type": "part",
"description": "天秤通りと天蠍通りによって区切られた天球市最大の繁華街である。ビルは都市景観法に従って白を基調とされているが、第七区の内部に向ける場合に限り宣伝用のネオンや電飾の使用が許可されている。",
"localID": 22
},
{
"title": "商業区域第8番区・職人町区(シュテルネンハオフェン)",
"part_type": "part",
"description": "第七番区と第九番区に挟まれたこの区域は、〈シュテルネンハオフェン/星団〉と呼ばれている。一見すると普通の住宅街に見え、看板さえも街に溶け込んでいる不思議な地区だが、古美術を扱う店や服飾品の販売、宝石や装飾品の加工、更に変わり種では楽器の制作等を行う職人が店を構えている職人の街である。",
"localID": 23
},
{
"title": "商業区域第9番区・金融街区“流星街”",
"part_type": "part",
"description": "星鋼京の誇る金融街である。銀行や市場などの施設が存在し、その周囲に証券会社などのオフィスビルが寄り添っている。",
"localID": 24
},
{
"title": "港湾工業区域第10番区・工業地区",
"part_type": "part",
"description": "流れる河川に沿って、各種工場が並んでいる。比較的風が良く入り、空気が循環しやすく、また河川も流れているため、その河川に沿って工場を建てる事で理想的な立地となっている。エコにも力を入れており、工場内から排出する際、有毒ガス、汚水等を出す事は法律で硬く禁止されており、定期的に河川や空気のチェックが行われ、異常が見受けられた場合、直ちに原因となった工場を特定、営業停止を命じられる。",
"localID": 25
},
{
"title": "港湾工業区域第11番区・流通地区",
"part_type": "part",
"description": "中央区の北西に位置する第十一区は宝瓶通りと双魚通りで区切られた地区である。主な役割は港から引き上げられた荷物の管理と保管であり、その為の業者の事務所なども立ち並ぶ。他の区と比べて道路の幅が非常に大きく、この区での二車線は他区での三車線に相当するのが特徴。これは大型トラックやトレーラーなどの巨大な車が往来するため渋滞などを引き起こさないための処置である。",
"localID": 26
},
{
"title": "港湾工業区域第12番区・臨港地区",
"part_type": "part",
"description": "港湾を管理運営するために定める地区となる。西区、東区、中央区、人口島大きく分けてこの四つから成り立ち、貿易西区・観光東区・漁港中央区・12の塔がある人口島がある",
"localID": 27
}
],
"expanded": true,
"localID": 1
}
],
"expanded": true,
"localID": 0
}
]

流用申請終わってなさそうなもの 投稿者:御鷹 投稿日:2017/12/08(Fri) 22:44:37 No.568

PCの流用申請は作った人が把握してないと探しづらいです
とりあえず流用使用の名前だけ挙げています


セタ・ロスティフンケ・フシミ(T22)
護衛騎士
藩王としての特別な所有物
藩王の基礎能力
帝國藩王共通大部品
政治家
儀礼刀 星鋼
 
・クロ
政治家
賢者
経済専門家(共用)

・ユイカ
学生(帝國共通)

・近衛兵(T22版)
帝国軍歩兵

・国立工房群 http://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/140089
汎用工場 
従業員の給与と休日

報告済 投稿者:フシミ 投稿日:2018/01/14(Sun) 07:38:15 No.643

セタ・ロスティフンケ・フシミ(T22)
(更新/不要)護衛騎士
(更新/不要)藩王としての特別な所有物
(更新/不要)藩王の基礎能力
(更新/不要)帝國藩王共通大部品
(更新/不要)政治家
儀礼刀 星鋼
 
・クロ
(連絡中)政治家
(連絡中)賢者
(報告済)経済専門家(共用)

・ユイカ
(共通/不要)学生(帝國共通)

・近衛兵(T22版)
(更新/不要)帝国軍歩兵

・国立工房群 http://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/140089
(報告済)汎用工場 
(報告済)従業員の給与と休日

建設会社 投稿者:御鷹 投稿日:2017/12/13(Wed) 22:20:08 No.576


○星鋼建設会社ヘーレホリツォント
○建設会社の概要と仕事内容
騎士:ボーデン・テアトロ
33歳、男性。ふわっふわの銀髪。陽光を反射してきらきら。足腰が強く長時間のマラソンにも耐えられる。若い頃から乗馬を嗜み障害もなんのその。

設置の経緯
建設会社は星鋼京にもいくつかあり、白亜宮や星キヒアリス=アカムの建設、高速道路にも関わったところもあるが、迷宮という乗り物やI=Dが使えない埋め立てのノウハウに関しては未知の領域だった

帝國での問題
とはいえ、高物理よりの藩国でも迷宮は出現しているという話があり、星鋼京でも出現している可能性を示唆されているため、対応に迫られた。

ノウハウの蓄積
未知の領域とはいえ、対策は必要となる。帝國全体で迷宮封印のため各国協力している中で情報を得られる機会を得た。フツカ・ニカ氏、サイモン氏、むねみ氏の迷宮競技会での経験も役に立った。

会社の本拠地
計画都市内商業区域第7番区の一画、ビルの中にある。迷宮の埋め立てを主に受注しているが、他の土木工事も請け負う

建設会社(汎用) (ID: 158138) を流用

フツカ作業枝 投稿者:フツカ 投稿日:2017/12/06(Wed) 21:42:01 No.566

フツカのT22用作業枝です

今の受け持ち
・T22作戦アイドレス

T22作戦アイドレス案 投稿者:フツカ 投稿日:2017/12/06(Wed) 21:45:55 No.567

・近衛兵を用いた治安維持活動
・帝国貴族・侍従を基にした作戦行動と、その支援

の2つができていれば星鋼京としては大丈夫かと。
あとは時間の許す限りアッサム課題。

・作戦アイドレス各種
(何が必要そうかの洗い出しからお願いします)


【懸念事項】
・金属探知機→アイドレス自体がないのと、サイボーグ系の方たちがいた場合の人権的な問題が不安なので保留してます
・危険情報のデータベース化→流出したら恐いので、もう少しセキュリティ強めにするにはどうしたら…
・監視カメラ導入予定とのことで、仮で部品を入れています


●技術・訓練・施設
治安維持作戦ガイドライン RD:14 評価値:6
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=124286
I=Dによる砲打撃戦の基本行動案 RD:6 評価値:4
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=124438
緊急避難訓練(星鋼京版) RD:101 評価値:11
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=140113
大規模災害救急対応 RD:38 評価値:9
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=140153
藩国交番(星鋼京T22版) RD:53 評価値:9
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=127738
藩国消防団(星鋼京T22版) RD:61 評価値:10
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=127735
藩国陸軍駐屯地(星鋼京T22版) RD:40 評価値:9
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=127741
通信・新聞事業社(星鋼京T22版) RD:39 評価値:9
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=127532
星鋼京の銀行 RD:40 評価値:9
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=97544
●職業
設定国民(星鋼京/近衛兵・改) RD:57 評価値:10
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=146900
設定国民(星鋼京/警官・改) RD:33 評価値:8
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=141657
設定国民(星鋼京/消防士) RD:27 評価値:8
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=141662
設定国民(星鋼京/機工職人) RD:55 評価:9
ttp://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/159944
●乗り物
救急車 RD:26 評価値:8
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=142207
パトカー RD:20 評価値:7
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=85015
消防ポンプ車 RD:16 評価値:6
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=93737
ダックス(後期量産型) RD:25 評価値:8
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=149629


■近衛兵を用いた治安維持活動(T22)
治安維持活動の重要性と協力体制の確立
日常生活を問題なく送るためには、日々の安全の積み重ねが何より大切である。官民それぞれが協力し合い、国は国民生活を守るための法令等の制定・遵守及び、それを実行するための部隊・組織の運営を行う。国民は国の規定を守り、政庁職員主導による避難訓練の実施や、犯罪に関わる不審者・不審物等の通報など、自らの命と生活守るための行動を行う。

○治安維持のための平時からの行動
関係各所へのガイドラインの徹底
治安維持に関わる者(国のトップ、近衛兵、藩国陸軍、交番(警官)、消防団(消防士)、パイロット等)、またそれらの補助的役割を行う者(政庁職員・自治体、救急・病院関係者、整備、インフラ会社、通信事業者、パイロット付き侍従等)に治安維持作戦ガイドラインの徹底を行い、緊急時に即時対応ができる土台を構築する。

日常的な警ら活動を行う
平時からの警ら活動を行い、異常がないかを見回る。特に市街地や人の出入りの多い場所、逆に郊外の倉庫のような人の目に触れにくい場所等に不審者や不審物等がないかを調べる。日常的にこれを行うことで、犯罪への抑止力を生む。

警ら中の国民とのコミュニケーション
日常の警らの際に、そこに住む住民との挨拶や会話を通じて、信頼関係の構築を行う。それによる、警らだけでは知り得ない国民からの情報提供や、通報しやすい体制を作り出す。

縦割りだけでなく、組織同士の横の連携の構築
組織内だけでの情報の周知だけでなく、治安維持に関わる組織同士の情報の共有も非常に大事である。不審者情報や重要な情報などを共有することにより、ひとつの組織だけではカバーしきれない範囲や得意不得意をカバーし合うことができる。この際、関係ない機関・組織に情報が漏れないよう細心の注意を図ること。

収集した情報のデータベース化による共有と分析【注・流出すると恐いのでもう少し検討】
各組織で入手した、不審者・反社会的組織・危険のありそうな場所等の情報を集積・分析し、必要な時に閲覧できるようデータベース化しておく。誰でも見られる訳ではなく、各組織内の許可された者のみが、業務上必要な情報のみ閲覧可能である。また、これらの情報は外に漏れないよう厳重に管理すること。

車両(パトカー、救急車、消防ポンプ車等)・I=Dの整備
緊急時に即時に駆けつけられるよう、信頼のおける整備士(または機工職人)に日常的なメンテナンスを依頼し、緊急車両を始めI=Dの整備は常日頃から行っておく。

反社会的組織の監視・内偵
起こってしまった事以外に、これから起こる可能性への抑止策も必要である。犯罪組織やそれに準ずる危険な思想を持って国民の生活を脅かす可能性のある集団・人について、調査や内偵を行う。確実に危険性があると判断された場合は、事前に銀行と連携しての資金凍結及び組織の解体(必要であれば捕縛・逮捕)を行う。この際も、相手に対し法に則った処置を行い、人道的な対応を怠ってはいけない。


○緊急時に行う国民を守るための行動
緊急時の国民への即時の情報発信
発災時、国民の安全を確保できるよう、国・自治体・通信事業者で連携して即時の情報発信体制を構築しておく。この情報の正確さ・素早さによりその後の安全な国民避難に繋がる。

戦闘や被害が起きた際の国民避難誘導
国民は、緊急避難指示が発令された時点で即座に緊急避難訓練に基づいた行動を行う。警察・消防等の指示に従い、速やかに身の安全を確保する。
藩国政庁職員による被害者確認などアフターフォローも含めた各種事務対応・事務整理なども行う。

発災による二次災害の防止
戦闘によって起こった火災・建物の倒壊などによって二次的な災害が起きぬよう、消防・警察は連携してこれにあたる。更に二次災害が起きそうな場所に避難者が近づかないよう、避難経路の誘導も行う。

爆発物等の不審物が発見された時
即時付近からの国民の退避を行い、爆発有効範囲には近づけないようバリケードの構築などを行う。
爆発物・不審物の処理には工兵及びダックスがあたり、対象を冷却・冷凍などの即時爆発の無効化を図った上で運びだし(対象によって適切な処理を行うこと)、人家や人気の無い場所において安全に処理する。
運び出しが不可能な場合、安全に最大限配慮した上で起爆装置との切り離しなどの解体処理を行う。

国民によるデモ等が発生した場合
まず第一に、武力行使ではなく話し合いをもってこれを解決するようにする。必要であれば、藩王自らの言葉によって和解を目指す。この際、藩王の身の安全が確約できる場所・もしくは電話・放送等によってこれを行う。関係ない国民の身体・生活にまで被害が及ぶ可能性がある場合、 治安維持作戦ガイドラインに則り、治安維持部隊及びダックスの投入による鎮圧のための行動を行う。(あくまでデモ隊の動きを止め、士気をくじく程度に留める)

市街戦におけるダックスによる敵の進路誘導
敵が通常I=Dでは身動きがとりにくい市街地などでの戦闘を開始した場合、小回りの利くダックスの投入により、被害を少なくできる広い場所への敵の誘導を行う。

・ダックスの投入による緊急時の経路の確保
建物の倒壊などによる緊急車両や避難者の通行困難なども、ダックスに搭乗した工兵による障害物の排除等により対応を行う。

・怪我人が発生した場合の対応
戦闘及び二次的な災害により怪我人が出た場合、救急による病院への搬送を行う。この際、搬送中に被害を受けないよう、近衛兵及びI=D部隊による安全な経路の構築及び、病院の警護を行う。また、大量の患者が発生した場合、救急・病院関係者は大規模災害救急対応に則った行動を行う。

・国民生活に被害があった場合の立て直し
国及びライフラインの各事業者は、インフラ設備・公共設備・住居等生活をしていく上で必要不可欠なものについて、災害・戦災対応復興プログラムに基づき速やかに立て直しのための行動を行う。ただし職員等の身の安全をまず第一とし、戦闘及び二次被害の影響がない安全な場所で事に当たること。
工兵は、破壊された建築物の立て直しや修復、仮設住居の設営を行う。
国民の避難場所に栄養管理士の派遣も行い、食事面でのサポートも行う。

・監視カメラの導入と運用【注・監視カメラが導入された場合】
監視カメラによる、不審者や不審物がないかの監視を行う。また、データベースと照合し、反社会的組織に関する者を発見した場合、これの監視(必要であれば捕縛)を行う。
実際に事件等が発生した場合、監視カメラのデータによる犯人の特定、追跡を行う。


■緊急時におけるパイロットの作戦行動及び支援(T22)
パイロット同士の連携ができる体制
戦闘の際、パイロット同士の密な連携が取れるよう、普段からのコミュニケーションが大切である。お互いの動きの癖や、得意な攻撃角度などを知り、いざという時互いにその位置取りや協調攻撃ができるようにしておく。日常の共同訓練やI=Dによる砲打撃戦の基本行動案等の共有はもちろんのこと、共に食事をして語らう、卓上遊戯を通じて互いの攻め手・守り手を知ることなども効果的である。

事前の情報収集を効率的に行うために
国だけでなく、藩国陸軍、警察、消防等との連携も行い、緊急時には常に最新の情報を入手できる体制を作っておく。出撃の際も敵の目的・規模・装備及び正確な位置情報を知り、素早い作戦行動に移れるようにする。

搭乗機のきめ細やかなチューンナップ
パイロットは普段から侍従及び機工職人・整備士と連携してのI=Dのメンテナンスを欠かさない。侍従は主人の操縦の上での特徴・好みを把握し、それを機工職人に伝えることでよりきめ細やかなチューンナップを実現する。出撃時にも作戦に合わせたチューンナップを即座に行い、作戦の支援を行う。

出撃の際の侍従の役割
出撃の際、侍従はコパイロットとして戦闘中のパイロットの操縦及び攻撃の補助を行い、更に的確な情報の収集及び伝達を行う。(国、警察、消防等からの情報含む)

国民の避難完了を待っての攻撃
緊急時、近衛兵やダックスによる国民避難の完了と、可能であれば攻撃可能な場所への敵の誘導が完了した後、I=Dによる敵への攻撃を行う。市街地等に敵が留まった場合、国民避難が完了していれば攻撃可能とするが、重要建造物やインフラ設備、攻撃による爆発の危険があるものなどが近くにある場合、まず敵の誘導を行ってから攻撃にうつる。

戦闘の際のI=D各機の役割担当
主としての役割は以下とし、各機連携してこれにあたる。
ケントSR2→主に狙撃を担当
A83/d・エバーライト2→主にケントSR2の支援を担当
A85リバーライト→主に偵察を担当

遠距離からの一撃必殺を狙う
敵に気づかれない遠距離からの砲撃による足止め及び対象の破壊を一番に狙う。それに失敗、もしくは不可能な場合、別機が敵の注意を引き、その隙に連携して別の機が敵の死角からの砲撃を狙う。この際、味方機も死角から敵に狙われる可能性があるため、味方同士連携してお互いの死角を補い合うようにする。

地上部隊との情報及び攻撃での連携
戦闘開始後も地上部隊と双方向で、敵及び国内状況について最新の情報のやり取りを行う。攻撃においても連携が可能な場合、双方支援を行う。

敵を市街地や避難場所にに向かわせない
戦闘による被害を最小限抑えるために、可能な限り市街地や重要な建造物等のある方向へ敵を向かわせないようにする。また、国民の避難している避難場所には絶対に近づけないようにする。

敵の市街地への移動を防ぐためには
敵が市街地や避難場所、重要建造物等のある方向へ向かおうとした場合、I=D同士連携して砲撃や機動により敵の進路を塞ぎ、行動範囲を狭めるもしくは別の方向へ押し返す等を行う。

常に国民を安全な場所へ
万が一敵に押し切られてしまった場合、即時その旨を報告し、国・近衛兵・工兵・藩国陸軍・警察・消防等に情報共有の上、地上部隊は急ぎ国民を再度安全な場所へと避難させる。攻撃を受ける危険がある場合、I=D部隊も国民の守りに向かう。

上空からの広い索敵を行う
余裕があれば上空からの索敵を行い、把握していない敵を発見した場合、即時部隊内及び地上部隊にも連絡、詳細を送る。可能であれば、地上部隊と連携しての攻撃を行う。

気づいたこと 投稿者:紫門 投稿日:2017/12/10(Sun) 23:45:51 No.572

気づいたことをリストアップいたしました。

日常的な警邏
・金属探知機の導入
藩国の主要建築物やイベント会場などの入場口に設置し、警備員が入場者一人一人調べていく

・防犯カメラの導入
町の中数メートル四方間隔で設置し、藩国公認の警備会社もしくは近衛兵に管理を任せる……かたちなのですが、プライバシー的に反発が出てくると怖いなぁと思います……

・情報収集と分析
集めた情報を分析し、危険個所をリストアップ、マップ化していく

・水際対策
テロリストの入国を阻止するため各国と連携を取り、顔などの情報交換をする。(各国との連携はできますでしょうか……?)



帝國貴族・侍従を基にした作戦
・I=Dによる上空からの追撃
敵が万が一逃走した場合、地上部隊と情報交換しながら上空から追撃する。

アッサム18(2)用メモ 投稿者:フツカ 投稿日:2017/12/10(Sun) 00:18:21 No.570

アッサム18(日常)用メモ

○生活関連の課題
■1)交通事故にあって救急搬送される。 難易7
提出条件
・藩国内に病院がないと患者は死亡する。威信点も下がる(今回は演習なので下がらない)
・藩国内に救急車両や搬送手段がないと難易+25
・森国、南国、東国はそもそも難易が5増える(これも運命だと思ってるため)
・ちょっと意地悪な上級問題。500人が同時に事故にあって救急搬送される。(難易22)これに成功できていれば中規模テロにも対応できる。
・基幹部隊の構成、支援内容は提出アイドレスに記述された内容のみ受け付ける。

星鋼京病院(T22) RD:65 評価値:10
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=142451
設定国民(星鋼京/医師) RD:32 評価値:8
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=141658
救急車 RD:26 評価値:8
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=142207
大規模災害救急対応 RD:38 評価値:9
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=140153
設定国民(蓮田男爵領/熟練配達人) RD:55 評価値:9
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=141663


・交通事故にあって救急搬送される。 難易7
基幹:星鋼京病院(T22) 評価10
コンボ:救急車 評価8(+5)
合計評価:10+5=15

〇交通事故にあって救急搬送される
救急への連絡と、救急車の手配
交通事故に遭ってしまった場合、もしくは事故を目撃して怪我人が発生している場合、すぐさま救急へ連絡して救急車の手配を行う。自力での手配が不可能な場合、近くにいる人に助けを求めて、救急車の手配をしてもらう。手配をした人間は救急の指示に従い、怪我人のいる場所の詳細(住所、もしくは近くにある特徴的な建物・店の名前など)、怪我人の状況を伝えることで、より迅速に呼ぶことができる。

救急車での迅速かつ安全な搬送
連絡を受けた救急は救急車の手配と同時に、通報人の情報から判断して搬送可能な医療施設を探す。受け入れ可能な病院が見つかったら、即時救急車と連絡を取り伝えること。救急車内では、搬送までに必要な応急的な手当てを行なう。搬送に際して、赤色灯とサイレンを鳴らすことで周囲の車等に救急車両であることを伝えて、通行上での協力を仰ぎ、迅速かつ安全に搬送する。



・500人が同時に事故にあって救急搬送される。(難易22)

13+5+5+3+=26
基幹:部隊番号E656 星鋼京医師部隊1 RD:224 評価値:13
コンボ1:星鋼京病院(T22) 評価10(+5)
コンボ2:部隊番号E666 蓮田男爵領ポストカード部隊1 RD:175 評価値:12(+5)
コンボ3:大規模災害救急対応 評価9(+5)

〇500人が同時に事故にあった場合の救急対応
大規模事故発生時の、病院内での対応
病院・救急等の関連各所は、大規模災害救急対応に応じた行動を即時行う。必要であれば、他国からの医療チームの受入れを行う。
病院→対策室の設置を行い、被害情報等の情報収集を行う。更に、搬送されてきた患者の治療を行う。
医師部隊→収集された情報を元に医師部隊の結成を行い、現場へと派遣する。

現場における、医師団の対応及び救急搬送
病院→各種病院との情報連絡を行い、搬送先の確保を行う。
医師部隊→大規模災害救急対応に従い、トリアージの実施を行う。1人あたり30秒を目途にし、患者にトリアージ・タッグを付ける。現場で治療可能な患者の対応を行う。
蓮田男爵領ポストカード部隊→病院及び医師部隊との連携を行う。トリアージ・タッグにより、より治療順位の高い傷病者から受け入れ先の病院へと搬送する。



■2)小学生が風邪にかかった。こじらせないように自分でどうにかする 難易7
提出条件
・藩国内に掃除や清潔さに関する記述がないと難易は+15される。ちなみに汚いと書いてある場合でも難易は上がらない。
・人アイドレスと日常アイドレス、一般的な家、小学校は使用できる。逆に言えばそれ以外は使用不可能。
・森国、南国、東国はそもそも難易が5増える(これも運命だと思ってるため)
・基幹部隊の構成、支援内容は提出アイドレスに記述された内容のみ受け付ける。

星鋼京の民 RD:15 評価値:6
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=130219
一般家屋(星鋼京版) RD:27 評価:8
ttp://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/159530
→家のメンテナンスと掃除という部品に掃除の記載あり

【具体例】
・普段の掃除→家の中は清潔にされてるので悪化はしない
・手料理が中心→家族の作った栄養のある料理を食べる
・一般家屋は頑丈で寒さをしのげる&立派な寝具→あったかくして眠る

8+5=13
主:一般家屋(星鋼京版) RD:27 評価:8
コンボ:星鋼京の民 RD:15 評価値:6(+5)

〇風邪をひいてしまった時の対応
まずは自宅に帰ってゆっくり休もう
体調の悪さを感じたら、自宅でゆっくりと休もう。日々の清掃が行き届いた室内にいれば、更に体調が悪化することを防ぐことができるだろう。何より家にいると落ち着くというのもある、身体的にも精神的にも安心できるお家へ帰ろう。

栄養のある食事を食べよう
風邪には消化の良い栄養のある食事が一番だ。食育基本法を参考に、健康に良い食事を家庭でも作ることができる。台所からはいい匂いがしてくる。今日も家族が作ってくれたあたたかい食事を食べよう。

たっぷり質の良い睡眠を取ろう
体調が悪いときはとにかく休息を取らなければいけない。星鋼京の夜は冷えるが、その分寝具は良質であたたかいものを使用している。ふかふかの布団でぐっすり眠って風邪を治そう。



■3)設定国民の女子高生があこがれの先輩に告白する 難易7
提出条件
・藩国内に告白できそうな場所がないとそもそもできない。ロマンチックな場所はあるかね。
・人アイドレスと日常アイドレス、学校までは使用できる。逆に言えばそれ以外は使用不可能。
・森国はそもそも難易が57増える。恋ってなに。魔法でどうにかすればいいじゃない。いひひひ。
・基幹部隊の構成、支援内容は提出アイドレスに記述された内容のみ受け付ける。

星鋼京の民 RD:15 評価値:6
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=130219
帝國環状線・星鋼京駅 RD:10 評価値:5
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=69857
手料理派 RD:3 評価値:3
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=47078
→部品:デートスポットとしての駅、“緑音の広場”あり

→場所はある。具体的な行動等は提出アイドレスに記載で大丈夫?
女子高生自体は必要??

6+1=7
基幹:星鋼京の民 RD:15 評価値:6
コンボ:帝國環状線・星鋼京駅 RD:10 評価値:5

【具体例】
・星鋼京駅“緑音の広場”に呼び出す、もしくは一緒に行く
・見目麗しいが……→容姿は関係なく中身で勝負
・セリフが長い!→ロマンティックに言葉を尽くす

〇設定国民の女子高生があこがれの先輩に告白
雰囲気のいい場所に呼び出そう
帝國環状線・星鋼京駅は交通の要所であるだけでなく、様々なデートスポットもある複合施設である。沢山の幸せそうなカップルが行き交うのを眺めながら、私もいつかここでデートを…と。はやる気持ちを抑えながら、駅の上層階にある庭園“緑音の広場”にて、呼び出しているあこがれの先輩を待つ。

容姿よりも中身で勝負!
星鋼京の民は、大半が見目麗しい。そのため恋愛において外見はさほど重要な要素ではないのである。だからこそ、中身で相手に認めてもらうことが何よりも大切であり、同時にとても難しいことでもある。小手先だけでなく、誠心誠意尽くして自分の想いを伝えなければいけない。

何よりも言葉がないと伝わらない
どんなに好きで、どんなに心の中で想っていても、想いは相手に見せることはできない。言葉にして初めて形になって相手に伝わるものである。星鋼京の民らしく、言葉を尽くして自分の想いを言葉にして伝えよう。短い言葉で伝わらなければ、ロマンティックな言葉を並べて自分の想いを伝えよう。

アッサム18(1)日常用メモ 投稿者:フツカ 投稿日:2017/12/14(Thu) 00:23:43 No.580

■綺麗な水を飲む。 難易3
提出条件
・藩国内に水道施設がないと難易が+10される。→上水道・浄水場設備事業社あり
・藩国内に川の、水源の地形がないと難易が+15される。→シティクス山のアール川あり
・西国はそもそも難易が5増える(環境が厳しいため)
・前提としてその藩国のたいていのものが出来なければ意味がない。
・基幹部隊の構成、支援内容は提出アイドレスに記述された内容のみ受け付ける。

上水道・浄水場設備事業社(星鋼京T22版) RD:42 評価値:9
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=125850
シティクス山(星鋼京T22地形アイドレス) RD:99 評価値:11
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=147455
→大部品: 主要河川アール河 RD:4 評価値:3

9+5=14
基幹:上水道・浄水場設備事業社(星鋼京T22版) RD:42 評価値:9
コンボ:シティクス山 RD:99 評価値:11

〇綺麗な水を飲む
ピリカヴァッサー社から供給される安全な飲料水
ピリカヴァッサー社は国内の上下水道を管理しており『おいしい水と豊かな暮らしづくり』を掲げて、安全な水の供給と水道整備を日々行っている。ここから供給される上水道が、飲用や料理用、または生活用水として、国民の生活に欠かせないものとなっている。

国の水瓶であるアール川
国内で使用される水の殆どは、星鋼京で最も大きな河川「アール川」を水源としている。アール川に流れる水は、星鋼京の象徴とも言うべきシティクス山からの地下水・雪融水である。万年雪に覆われたこの山から流れる豊富な水源が、国民生活を心身ともに支えている。


■足の悪い人が買い物に行く。 難易5
・藩国内に公共交通網がないと難易が+10される。
→星鋼京駅に国内鉄道の政庁駅の記載とバスの記載あり
・藩国内に店(雑貨屋)がないと難易が+25される。→バザール
・前提としてその藩国のたいていのものが出来なければ意味がない。
・基幹部隊の構成、支援内容は提出アイドレスに記述された内容のみ受け付ける。

帝國環状線・星鋼京駅 RD:10 評価値:5
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=69857
バザール改正型 RD:22 評価値:7
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=125750

7+1=8
基幹:バザール改正型 RD:22 評価値:7
コンボ:帝國環状線・星鋼京駅 RD:10 評価値:5

〇足の悪い人が買い物に行く
国内交通の要でもある星鋼京駅
帝國環状線・星鋼京駅は交通の要である。買い物に観光にと、毎日沢山の人々が利用している。国内公共交通機関である国内鉄道の政庁駅及びバスとも接続しており、乗換も楽に行うことができる。家の近くのバス停や駅から星鋼京駅まで来れば、国内の殆どの場所へ行くことができるだろう。線の数も多いため、始めのうちは乗換は少し難しいかもしれないが、駅職員に尋ねれば正しい乗換を教えてもらうことができる。

買い物するならバザールへ
食料品、日用品、衣料品、ゲーム・書籍等の娯楽品など、様々な物を扱うのがバザールである。とにかくバザールに行けば必要なものは売っているだろうというのが買い物客の認識である。活気もあり、見ているだけでも楽しい時間を過ごせる。そのかわり、思わず必要ないものまで買ってしまいがちである。余計なものを買いすぎないよう、お財布の紐は固く…という気構えが必要である。

アッサム18 軍事課題 投稿者:フツカ 投稿日:2017/12/15(Fri) 16:44:33 No.594

○初心者用軍事課題(例によって初心者用とかいってるがこの程度は兵士3人くらいで突破しないとやばい)
A・周辺20kmを歩兵部隊でパトロールする。 難易10
提出条件
・車両がない場合、難易は+10される。→パトカー有り
・偵察に使えると判定されるものが60%以上ないといけないが部品オフしてはならない。
・西国は難易が5下がる(見通しがいいため)
・小判定:怪しいところを徒歩で調べる 徒歩移動10→偵察部隊が下車して対応
・基幹部隊の構成、支援内容は提出アイドレスに記述された内容のみ受け付ける。

星鋼京偵察部隊 RD:216 評価値:13
設定国民(星鋼京/帝国軍歩兵:運転) RD:45 評価:9
ttp://maki.wanwan-empire.net/parts/as_tree/173177
パトカー RD:20 評価値:7
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=85015

13+5+3=21
基幹:星鋼京偵察部隊 RD:216 評価値:13
シフト1:設定国民(星鋼京/帝国軍歩兵:運転) RD:45 評価:9(+5)
シフト2:パトカー RD:20 評価値:7(+1)


B(Aの続き)・テロリストの小さな基地を見つけた。即座に攻撃しろと言われる 難易20
提出条件
・まず400m距離から攻撃しないといけない。使用するハードウェアに射程に具体的距離がない場合、難易は+10される。
・陣地にこもる敵と戦闘になる。対応する手段を持ち合わせてないと難易は+20される。→ダックスにて対応
・小判定:相手を吹き飛ばせない限り室内戦を行わないといけない。難易20→射撃と同時に吹き飛ばす、もしくはダックスの90mmランス
・基幹部隊の構成、支援内容は提出アイドレスに記述された内容のみ受け付ける。

13+5+5=23
シフト1:E668 星鋼京近衛兵部隊 RD:207 評価値:13
シフト2:E669 星鋼京近衛兵ダックス部隊 RD:83 評価値:10
シフト3:E680 星鋼京ケントSR2部隊 RD:567 評価値:15


C(A、Bの続き)・演習終わったので宴会する。 難易3
提出条件
・宴会向けの場所がないと難易が+20される。
・人種などがOFFされている場合、人権は全部無視されている。そもそも成功しない。
・魔法を使ってはならない。(酔って使うのはねえ)
・前提としてそのたいていの兵士が出来なければ意味がない。
・基幹部隊の構成、支援内容は提出アイドレスに記述された内容のみ受け付ける。

星鋼京の自宅でのパーティー RD:8 評価値:5
ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=147022

5+1=6
基幹:初心者用軍事課題(星鋼京) RD:10 評価値:5
シフト:星鋼京の自宅でのパーティー RD:8 評価値:5

初心者用軍事課題(星鋼京) RD:10 評価値:5
〇周辺20kmを歩兵部隊でパトロールする
広範囲のパトロールのやり方
国内の広範囲のパトロールを行う場合、パトカーに乗車の上、帝国軍歩兵がこれを担当する。複数人で同乗の上作業を分担し、きめ細かくかつ安全なパトロールを行えるようにする。

パトロールの際の注意点
パトカーでのパトロールの際は、ルールを守った安全運転を心がけること。不審者・不審物・不審車両等がいないかを、運転手以外の乗員が目視で確認しながら進む。怪しいと感じた場合は安全な場所に車を止め、下車して調査・職務質問等を行う。
乗車時に不審者及び不審車両の追跡のためにやむを得ずスピードを出す場合は、警告灯を点灯の上、周囲や通行人に最大限気をつけ、事故を引き起こすような無茶な追跡は行わない。これ以上の追跡は危険を伴うと判断した場合は一度やめ、再度立て直しの上、他部隊と連携して別の追跡方法を考える。

各員のパトロール中の担当作業
設定国民(星鋼京/帝国軍歩兵:運転)→パトカーの運転を担当。車両でのパトロールを行う。
星鋼京偵察部隊1→怪しい場所等を発見した場合、同乗している偵察役がパトカーから降りて徒歩での調査・偵察を行う。

〇テロリストの基地を攻撃する
偵察部隊の情報に基づいた部隊編成
偵察部隊からの情報を受け、それに基づいた部隊編成と装備の上、攻撃へとうつる。
星鋼京近衛兵部隊は、偵察役の帝国軍歩兵から情報を引き継ぎ、近衛兵ダックス部隊、ケントSR2部隊と連携して事に当たる。

遠方からの射撃よる攻撃
即時攻撃において、相手に気づかれない遠距離からの攻撃は有用である。
400m距離からの攻撃は、ダックス(後期量産型)が担当。
星鋼京ケントSR2部隊は、これの援護にあたる。

陣地に敵がこもった場合
通常のI=Dより小型のダックス(後期量産型)を使用する。発煙弾発射機による敵の屋外へのあぶり出し、もしくはダックスによる敵陣地の攻撃により、敵の屋外退避を誘う。

さらに室内戦を避けるために
A74P/Sc ケントSR2/スナイパーカスタムによる攻撃、ダックス(後期量産型)の突撃支援装備により敵陣地の破壊を行う。陣地破壊による、敵の屋外退避を誘う。

屋外に出てきた敵への対処
味方同士連携して、陣地から出てきた敵への攻撃を行う。
屋外に出てきた敵に対し、星鋼京近衛兵部隊による攻撃を行う。
ダックス(後期量産型)の高圧放水砲により相手を吹き飛ばす。また、突撃支援装備にて近衛兵部隊の支援攻撃を行う。
ケントSR2部隊もダックス同様近衛兵部隊の支援攻撃を行う。


一仕事終わった後のパーティー
任務が終了した後は、互いの無事と検討をたたえ合うためのパーティーを行う。星鋼京は外食ができる場所が中々ないため、自宅に人を招いてのパーティーとなる。そもそもの、星鋼京の民が人を家に招いてもてなすことが好きなため、良く見る光景でもある。

偵察部隊を主導とした偵察行為 投稿者:フツカ 投稿日:2017/12/16(Sat) 18:16:21 No.603

13+5+5+3=26(予定)
基幹:星鋼京偵察部隊 RD:216 評価値:13
支援:星鋼京近衛兵部隊 RD:207 評価値:13
支援:雷羅来(T22)帝国歩兵一般装備 RD:124 評価値:11
支援:刑事特捜部“シュヴァリニエリ” RD:102 評価値:11
(支援:藩国交番(星鋼京T22版) RD:53 評価値:9)

偵察部隊を主導とした偵察行為(T22) RD:13 評価値:6
偵察の概要と役割
偵察とは、敵の人数・所持している武器や危険物等の情報や、敵の居場所及び周囲の地形、行動パターンなど、相手の情報を収集することを言う。これにより、他部隊の後の対応や攻撃の際に有利に立てる可能性を増やす目的がある。

偵察の際に必要とされる「SALUTE」
規模(size)、行動(activity)、位置(location)、部隊(unit)、時間(time)、装備(equipment)の頭文字を取ったもので、主としてこの六つの情報を入手し、味方陣営に報告することを目的とする。

生きての帰還が何より大事
偵察とは、情報を持ち帰ることが最大の目的である。深追いをし過ぎず、生きての帰還が何より大切である。
帰還後、「SALUTE」に基づいて入手した情報を、味方本隊に報告しての任務完了とする。

〇偵察前の事前行動と訓練
偵察に特化した技能の訓練
通常の作戦行動と違い、隠密性を要求されることが多い。そのため普通の訓練以外にも、隠密・偵察に特化した訓練を日ごろから行う必要がある。音を立てずに移動する練習、暗闇での移動及び調査の練習、物陰に隠れる練習、情報収集のためのマッピングの練習、チーム内でのハンドサインの練習等も行い、偵察任務に備える。

日常の警らで得た情報の提供
藩国交番や星鋼京警察部隊から、日常の警らで得た情報を教えてもらい、事前に怪しい場所・怪しい人・懸念事項等の情報の入手をしておく。警官による日常の警らの積み重ねによる市民生活と結びついた情報は、一度の偵察では得られない物もあり、貴重な情報源である。

防諜組織による情報の提供
偵察前の事前情報が必要な場合、補助的に刑事特捜部による不審情報がないか等の事前調査を行い、情報を回してもらう。刑事特捜部は補助的なものとして考え、本格的な偵察は基本偵察部隊にて行うこととする。

チームワークの向上のために
偵察を行う上で、計画にない単独行動やミスにより敵に発見されることは部隊全体の危険に繋がるため、チームワーク良く行動することが大切となる。普段から訓練や生活を共にすることによって、仲間意識の向上を図る。星鋼京の民らしく、互いを食事に招きあって親睦を深めるのも効果的である。

事前の綿密な打ち合わせを行う
作戦前には、事前に入手できた情報をチーム内で共有の上、作戦実行のための綿密な打ち合わせを行う。ひとりひとりが計画の詳細を把握することが、チームの偵察成功率や生還率を上げることにも繋がる。
更に敵の情報を入手の上、全員で無事帰還するという意識を強く持つことが重要である。

〇実際の偵察における行動
音を立てずに、ひっそりと
偵察を行う際は、特別な場合を除いて出来る限り隠密行動を心がける。その際、大きな物音を立てない、会話は小声で必要最低限、地形を利用して身を隠しながらの移動を心がける。偵察先の地形に似せた色・柄の服(迷彩服等)を着用することで、隠密効果が上がる。

暗闇を利用しての偵察行為
人数が多い場合など、日中の明るいうちでは目立ちすぎてしまうことがある。緊急を迫られていない場合は、夜を待っての暗い中での行動の方がいい場合もある。その分、普段から夜目を効かせるための訓練や、暗闇用の装備の導入などが望ましい。

隠密偵察:隠密状態での情報収集
相手にこちらの動きを悟られないようにして、情報を収集することを言う。進んでの戦闘は行わない方針だが、敵に見つかった場合や身の危険がある場合等に、即時攻撃に移りつつ離脱・味方との合流ができる体制を取っておく必要がある。
・帝国軍歩兵による偵察部隊が主として担当する
・雷羅来は帝國古参兵としての豊富な経験及び索敵能力を使用し、偵察部隊へ適切な指示も行う

威力偵察:相手との交戦を前提とした情報収集
相手の情報を入手するために(もしくは相手の居場所を知るために)、相手と交戦することで情報の収集を行う。これにより、相手の人数・所持武器・居場所等を知ることができる。ヒットアンドアウェイを前提とし、情報を入手できた時点で即時撤退とする。
・帝国軍歩兵による偵察部隊が主として担当する
・隠密部隊の補助及び護衛として、近衛兵部隊も随伴する
・雷羅来は帝國古参兵としての豊富な経験及び索敵能力を使用し、偵察部隊及び近衛兵へ適切な指示も行う

敵に発見・攻撃された場合
目的は偵察のため、直ちに撤退のための行動を行う。無理な深追いはせず、協力しての撤退を目指す。バトル・バディーと共にの心を忘れず、一人にならず仲間同士協力し合っての攻撃を行いながらの撤退を行う。
偵察部隊・近衛兵部隊・雷羅来は、主として移動射撃を行いながらの退却を行う

敵の攻撃により撤退が困難な仲間がいる場合
偵察部隊・近衛兵部隊による、援護射撃での敵の誘導を行い、仲間の退路を開く。
敵の誘導が難しい、もしくは負傷により移動困難な場合、盾持ちとして雷羅来による負傷者の保護・回収を行う。
この際、偵察部隊・近衛兵部隊は援護射撃を行いながら、負傷者の保護・回収の補助を行う。

イベント98(前データ) 投稿者:双海 環@星鋼京 投稿日:2017/12/31(Sun) 19:33:06 No.628

42:星鋼京:

難易:15:詩歌吟遊詩人の補正-1:その他の補正なし:14

■フントシュニィ神殿にて“暮れの文化祭”を行い、新年を迎える準備を行う。
(この際、設定的補強として、暁の円卓よりゲストを招き、国家間交流を図る)

基幹:− :フントシュニィ神殿:7:5:ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=154185
基幹:E696:アレシア・アマデオ@T22:70:10:ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=130336
基幹:E687:サカキ@T22:182:12:ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=129795
基幹:E697:クロ・エプイスペン・フシミ:134:12:ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=140556


★設定的補強
・歌い手部隊
E366:特務部隊・黒歌(ルイス 漣):60:10:ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=164972

・輸送部隊(馬車での陸上輸送)
E379:パイルライダー(光正・令弥):94:11:ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=166728:ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=150891:

提出評価:14:14:イラストあり

※イラストがある場合
イラスト:https://pbs.twimg.com/media/DSPYHCJVoAAyfWH.png:42-00919-01:フツカ・ニカ

イベント98(訂正データ) 投稿者:双海 環@星鋼京 投稿日:2017/12/31(Sun) 19:35:41 No.629

42:星鋼京:

難易:15:詩歌吟遊詩人の補正-1:その他の補正なし:14

■フントシュニィ神殿にて“暮れの文化祭”を行い、新年を迎える準備を行う。
(この際、設定的補強として、暁の円卓よりゲストを招き、国家間交流を図る)

基幹:− :フントシュニィ神殿:7:5:ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=154185
基幹:E696:アレシア・アマデオ@T22:70:10:ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=130336


★設定的補強
・E697:クロ・エプイスペン・フシミ:134:12:ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=140556

・歌い手部隊
E366:特務部隊・黒歌(ルイス 漣):60:10:ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=164972

・輸送部隊(馬車での陸上輸送)
E379:パイルライダー(光正・令弥):94:11:ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=166728:ttp://frogwell.fam.cx/idress4/groupviewer?id=150891:


提出評価:20:20:イラストあり

※イラストがある場合
イラスト:https://pbs.twimg.com/media/DSPYHCJVoAAyfWH.png:42-00919-01:フツカ・ニカ

- WebForum -